Galaxy A9(2018)のスペックと価格|日本での発売はあり?なし?

Galaxy A9(2018)のスペックと価格|日本での発売はあり?なし?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2016年にSamsungが発売した「Galaxy A9」

日本では発売されなかったものの、6インチディスプレイを搭載したミドルレンジスマホとして多くの国で人気が出たスマホです。

そんなGalaxy A9の後継機が2018年10月11日に発表され、多くの人が発売を待ち望んでいます。

そこでこの記事ではそんなGalaxy A9の後継機「Galaxy A9(2018)」について詳しくチェックしていきましょう!

スペックやデザインはもちろん、発売日に関する情報などもみていきますので必見です。

トップ画像引用元:Samsung Galaxy A9 – The Official Samsung Galaxy Site

この記事のポイント

  • Galaxy A9(2018)のスペックを紹介
  • 気になるデザインをチェック
  • 特徴と気になる価格を紹介

1 Galaxy A9(2018)のスペックを徹底チェック!


画像引用元:Samsung Galaxy A9 – The Official Samsung Galaxy Site

まずはGalaxy A9(2018)のスペックをみていきましょう。

前代モデルであるGalaxy A9と比較していきますのでどの程度進化したかに注目です。

Galaxy A9(2018) & Galaxy A9スペック比較表

項目/機種Galaxy A9(2018)Galaxy A9
発売日2018年11月中旬予定
(2018年10月11日発表)
2018年9月21日
SoCSnapdragon 660Snapdragon 652
OS(発売時点)Android 8.0 (Oreo)Android 6.0.1(Marshmallow)
RAM容量6GB/8GB4GB
ストレージ(ROM)128GB
※512GBまでのmicroSD使用可
32GB
※256GBまでのmicroSD使用可
ディスプレイ解像度1,080 x 2,2201,080 x 1,920
ディスプレイサイズ6.3インチ(OLED)
Super AMOLED Infinity display
6インチ(OLED)
Super AMOLED
バッテリー容量3,800 mAh5,000 mAh
アウトカメラ24MP(メインカメラ)
10MP(ズーム用)
8MP(広角)
5MP(被写界深度測定用)
※クアッドレンズ
16MP
インカメラ24MP8MP

基本的なスペックは上記の表に記載されているとおりです。
この表から分かることを少しみていきましょう。

1-1 SoCについて


画像引用元:Snapdragon 660 Mobile Platform with Spectra ISP and Hexagon 680 DSP | Qualcomm

最初に気になるSoCについて詳しくチェックしていきましょう。

Galaxy A9(2018)にはQualcomm社が開発した「Snapdragon 660」が搭載されます。

Snapdragon 660はミドルレンジスマホ用SoCで、ASUSが発売しているZenFone 4などにも搭載されているSoCです。

有名ベンチマークソフト「AnTuTu」でスコアを調べると次のようになっています。

AnTuTuスコア

  • Snapdragon 660: 約140,000
  • Snapdragon 652: 約100,000
  • Snapdragon 845: 約275,000

AnTuTuはSoCの性能を単独で測るものではありませんが、全体の傾向を掴むために有益な情報を提供してくれます。

Snapdragon 660はハイエンドスマホ用のSoCであるSnapdragon 845よりは大幅に劣るものの、Snapdragon 652よりは性能が向上しています。

こうして考えてみるとミドルレンジスマホとして十分な性能を備えているといえるかもしれません。

1-2 RAMについて


画像引用元:Samsung Galaxy A9 – The Official Samsung Galaxy Site

RAM容量は6GBのものと8GBのものの2種類がリリースされます。

2018年のハイエンドスマホの主流になりつつある6GBのRAM容量ですが、それを上回る8GBのものをラインナップしてきたところからもSamsungの本気度合いが垣間見られます。

6GB/8GBのRAM容量があればゲームなどの重いアプリを動かしてもRAM容量不足に陥る心配は少ないでしょう。

なお、ハイエンドスマホに位置するGalaxy Note 9も6GBと8GBの2種類のRAM容量をラインナップしています。

逆に、SoCの性能の方がボトルネックになる可能性があるので注意しておいてください。

1-3 ディスプレイについて


画像引用元:Samsung Galaxy A9 – The Official Samsung Galaxy Site

Galaxy A9(2018)は6.3インチのOLED(有機ELディスプレイ)を搭載しています。

解像度は1,080 x 2,220なので標準的といえるでしょう。

6インチ台のディスプレイを搭載したスマホが増えてきており、人気があるためGalaxy A9(2018)もその流れに乗ったといえそうです。

1-4 カメラについて


画像引用元:Samsung Galaxy A9 – The Official Samsung Galaxy Site

Galaxy A9(2018)のスペックをみていく時に絶対に見逃せないのがカメラです。

特にアウトカメラが特徴的ですのでここでしっかりみていきましょう!

アウトカメラに注目!

アウトカメラにはなんとクアッドレンズが採用されています。

これまで、HUAWEI P20 Proなどの一部機種にはトリプルレンズカメラを搭載したものも存在していましたが、それを上回るクアッドレンズを搭載してきました。

レンズの構成は次の通りです。

アウトカメラ構成解像度レンズ種類
1
8MP広角レンズ(120°)
2
10MPテレフォトレンズ
3
24MPメインレンズ
4
5MP被写界深度測定用レンズ

これまでSamsungが発売するスマホは広角+望遠のデュアルレンズカメラが多かったものの、Galaxy A9(2018)にはテレフォトレンズや被写界深度測定用のレンズなどが搭載されています。

そのため、より高品質な写真を撮影することができるでしょう。
写真にこだわりたい人にとって見逃せないスマホといえそうです。

インカメラの性能は?

インカメラの性能についてもみておきましょう。
インカメラはシングルレンズカメラで、解像度は24メガピクセルとなっています。

一部のスマホにはインカメラにもデュアルレンズカメラを搭載したものがありますが、こちらは標準的なものになっているようです。

しかし他の機種では7~8メガピクセルのレンズが多く利用されているものの、Galaxy A9(2018)では24メガピクセルのレンズが搭載されています。

こうしてみてみるとインカメラにもこだわって作られていることがわかるかもしれません。

セルフィーなどでインカメラを多用する人にとっても見逃せないスマホといえそうです!

スペックを細かくチェックしていくと、Galaxy A9(2018)はミドルレンジスマホであるものの、カメラにこだわっていることがわかりました。

もちろん、日常利用において性能面で困ることもなさそうですのでカメラ重視の人だけでなくコストパフォーマンス重視の人にもオススメです。

Galaxy Note 9レビュー|Sペンは大きく進化!スペックと価格はどう?

次のページではGalaxy A9(2018)のデザインと特徴についてみていきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ