Galaxy Note 9レビュー|Sペンは大きく進化!スペックと価格はどう?

Galaxy Note 9レビュー|Sペンは大きく進化!スペックと価格はどう?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

SAMSUNGのGalaxy Noteの最新機種Galaxy Note 9が発表されたことで、詳細が気になっている方も多いのではないでしょうか。

Galaxy NoteはSAMSUNGのGalaxyシリーズの中でも最も大きな液晶画面を搭載しています。

そして、Sペンと呼ばれるスタイラスペンが付いているという特徴があり「Note」の由来はそこにあります。

手書きメモやペイント系アプリを利用する際に、便利なSペンですが、Galaxy Note 9で大きな進化を遂げでいます。

ここでは、格段に使い勝手が増したSペンの進化の詳細のほか、Galaxy Note 9のスペック詳細を紹介します。

最も気になる「Galaxy Note 9の価格はどうなのか?」についても調査しています。

最新のGalaxy Note 9が気になっているという方やハイスペックスマホをお探しの方は、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

1 Galaxy Note 9のスペック詳細


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

まずはGalaxy Note 9のスペックを紹介します。

項目詳細
サイズ161.9mm x 76.4mm x 8.8mm
重量201g
カラーバリエーションOceanBlue、MidnightBlack、LavenderPurple、MetallicCopper
OSAndroid 8.1
CPUQualcomm® Snapdragon™ 845
メモリ(RAM)6GB/8GB
ストレージ128GB/512GB
外部メモリmicroSD(最大512GB)
ディスプレイ6.4インチ(2969×1440 Quad HD+ 有機EL)
バッテリー4,000mAh
メインカメラ1,200万画素+1,200万画素
サブカメラ800万画素
防水防塵IP6/8
生体認証指紋・顔・虹彩

ストレージは最大1TB以上も


Galaxy Note 9はストレージ容量により以下の2パターンのモデルが準備されています。

Galaxy Note 9はストレージにより2モデル展開

  • 128GBモデル
  • 512GBモデル

最近ではPCでも512GBは容量が多い部類に入りますが、スマホでこの容量はすごいです。

Galaxy Note 9はmicroSDにも対応するため、512GBのmicroSDを搭載することで合計1TBも可能です。

スマホのカメラはモデルチェンジのたびに高画質化が進み、比例してデータ容量も大きくなります。

また、音楽や動画などの配信サービスではダウンロードして、オフラインでも楽しめるものが増えています。

これらデータをどんどん詰め込んでいくと、すぐに容量不足に陥ってしまうことがあります。

しかし、1TBもの容量があれば、残り容量を気にしてデータを出し入れすることなくどんどん詰め込めますね。

Androidスマホの容量不足を解消|ストレージの空き容量を増やす方法

処理能力はどうか


画像引用元:Products|Platforms|Snapdragon 845 Mobile Platform|Qualcomm公式サイト

Galaxy Note 9のCPUはQualcomm製のSnapdragon 845を搭載しています。

Snapdragonの800番代はQualcommのCPUでは最上級グレードに位置付けられています。

Snapdragon 845はその中でも最新CPUであるため、周辺のスマホの中では最速であるといえます。

AnTuTuベンチマーク結果は、一世代前が20万点に対して最新の845は27万点オーバーの結果も確認できます。

ゲームなどを頻繁に利用する方であっても、処理能力の面で不足を感じることはないでしょう。

また、ハードな使い方をするわけではないという方でも、アプリの起動や切り替えなど、サクサク動作するためストレスフリーで利用できます。

PC並のメインメモリ

処理能力や動作の安定性に影響があるのがメインメモリで、Galaxy Note 9はストレージによるモデルの違いに対応して以下のメモリが搭載されています。

各モデルとメモリの関係

  • 128GBモデル:6GB
  • 512GBモデル:8GB

1つのアプリを動作させるだけであれば、1世代前のスマホ並みの3GBから4GBもあれば十分です。

しかし、最近のスマホアプリはバックグラウンドで動作するものも多く、マルチタスク時にも快適に利用するためには、多くのメモリが必要です。

最新のスマホは6GBのメモリを積んでいるモデルも増えてきましたが8GBはまだ珍しいです。

8GBメモリは、そこそこ性能の高いPC並のため、DeXなどを使う場面でも安心感があります。

RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2019年最新版】

DeX機能とは


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

先程の項目でDeXのお話をしましたが、このDeXがどのような機能なのかもあらためて紹介します。

DeXとは、大型ディスプレイなどにGalaxy Note 9を接続した際に、PCのように使える機能です。

前モデルからこの機能自体はあったものの、以前は専用のドックに接続する必要がありました。

しかし、Galaxy Note 9はHDMIケーブルでモニターと接続するだけでDeX機能が使えます。

Galaxy Note 9とHDMIケーブルさえあれば、自宅でも会社でもモニターのある場所ではPCのように使うことができてしまいます。

使い方次第では、PCレスを実現できるかもしれません。

大容量バッテリーで長時間利用も安心


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

大画面と多機能であることから、ゲームや動画視聴などの他にもドキュメントの作成や編集など様々なことが快適にできます。

出先では、DeX機能でプレゼンにをしたり、会議のメモをとったりと活躍する場面が多いことから、心配になるのはバッテリーの持ちです。

Galaxy Note 9は4,000mAhもの大容量バッテリーを搭載しているため、1日1回の充電で丸一日バッテリー切れを心配せずに利用することができます。

そして、充電方法ですがワイヤレス充電にも対応しています。

次のページではGalaxy Note 9のカメラ機能と進化したSペンの魅力に迫ります。

スマホのバッテリー交換の費用と寿命を延ばして長持ちさせる方法

Galaxy Note 9のスペック

  • 最大1TB以上ものストレージ
  • 最上級グレードの処理能力
  • PC並のメインメモリ
  • HDMIケーブルのみでDeX機能が使用可能
  • 長時間利用できる大容量バッテリー

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ