Galaxy Note 9レビュー|Sペンは大きく進化!スペックと価格はどう?

Galaxy Note 9レビュー|Sペンは大きく進化!スペックと価格はどう?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

SAMSUNGのGalaxy Noteの最新機種Galaxy Note 9が発表されたことで、詳細が気になっている方も多いのではないでしょうか。

Galaxy NoteはSAMSUNGのGalaxyシリーズの中でも最も大きな液晶画面を搭載しています。

そして、Sペンと呼ばれるスタイラスペンが付いているという特徴があり「Note」の由来はそこにあります。

手書きメモやペイント系アプリを利用する際に、便利なSペンですが、Galaxy Note 9で大きな進化を遂げでいます。

ここでは、格段に使い勝手が増したSペンの進化の詳細のほか、Galaxy Note 9のスペック詳細を紹介します。

最も気になる「Galaxy Note 9の価格はどうなのか?」についても調査しています。

最新のGalaxy Note 9が気になっているという方やハイスペックスマホをお探しの方は、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

1 Galaxy Note 9のスペック詳細


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

まずはGalaxy Note 9のスペックを紹介します。

項目詳細
サイズ161.9mm x 76.4mm x 8.8mm
重量201g
カラーバリエーションOceanBlue、MidnightBlack、LavenderPurple、MetallicCopper
OSAndroid 8.1
CPUQualcomm® Snapdragon™ 845
メモリ(RAM)6GB/8GB
ストレージ128GB/512GB
外部メモリmicroSD(最大512GB)
ディスプレイ6.4インチ(2969×1440 Quad HD+ 有機EL)
バッテリー4,000mAh
メインカメラ1,200万画素+1,200万画素
サブカメラ800万画素
防水防塵IP6/8
生体認証指紋・顔・虹彩

ストレージは最大1TB以上も


Galaxy Note 9はストレージ容量により以下の2パターンのモデルが準備されています。

Galaxy Note 9はストレージにより2モデル展開
  • 128GBモデル
  • 512GBモデル

最近ではPCでも512GBは容量が多い部類に入りますが、スマホでこの容量はすごいです。

Galaxy Note 9はmicroSDにも対応するため、512GBのmicroSDを搭載することで合計1TBも可能です。

スマホのカメラはモデルチェンジのたびに高画質化が進み、比例してデータ容量も大きくなります。

また、音楽や動画などの配信サービスではダウンロードして、オフラインでも楽しめるものが増えています。

これらデータをどんどん詰め込んでいくと、すぐに容量不足に陥ってしまうことがあります。

しかし、1TBもの容量があれば、残り容量を気にしてデータを出し入れすることなくどんどん詰め込めますね。

Androidスマホの容量不足を解消|ストレージの空き容量を増やす方法

処理能力はどうか


画像引用元:Products|Platforms|Snapdragon 845 Mobile Platform|Qualcomm公式サイト

Galaxy Note 9のCPUはQualcomm製のSnapdragon 845を搭載しています。

Snapdragonの800番代はQualcommのCPUでは最上級グレードに位置付けられています。

Snapdragon 845はその中でも最新CPUであるため、周辺のスマホの中では最速であるといえます。

AnTuTuベンチマーク結果は、一世代前が20万点に対して最新の845は27万点オーバーの結果も確認できます。

ゲームなどを頻繁に利用する方であっても、処理能力の面で不足を感じることはないでしょう。

また、ハードな使い方をするわけではないという方でも、アプリの起動や切り替えなど、サクサク動作するためストレスフリーで利用できます。

PC並のメインメモリ

処理能力や動作の安定性に影響があるのがメインメモリで、Galaxy Note 9はストレージによるモデルの違いに対応して以下のメモリが搭載されています。

各モデルとメモリの関係
  • 128GBモデル:6GB
  • 512GBモデル:8GB

1つのアプリを動作させるだけであれば、1世代前のスマホ並みの3GBから4GBもあれば十分です。

しかし、最近のスマホアプリはバックグラウンドで動作するものも多く、マルチタスク時にも快適に利用するためには、多くのメモリが必要です。

最新のスマホは6GBのメモリを積んでいるモデルも増えてきましたが8GBはまだ珍しいです。

8GBメモリは、そこそこ性能の高いPC並のため、DeXなどを使う場面でも安心感があります。

RAM6GB以上の高性能Androidスマホおすすめランキング【2020年最新版】

DeX機能とは


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

先程の項目でDeXのお話をしましたが、このDeXがどのような機能なのかもあらためて紹介します。

DeXとは、大型ディスプレイなどにGalaxy Note 9を接続した際に、PCのように使える機能です。

前モデルからこの機能自体はあったものの、以前は専用のドックに接続する必要がありました。

しかし、Galaxy Note 9はHDMIケーブルでモニターと接続するだけでDeX機能が使えます。

Galaxy Note 9とHDMIケーブルさえあれば、自宅でも会社でもモニターのある場所ではPCのように使うことができてしまいます。

使い方次第では、PCレスを実現できるかもしれません。

大容量バッテリーで長時間利用も安心


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

大画面と多機能であることから、ゲームや動画視聴などの他にもドキュメントの作成や編集など様々なことが快適にできます。

出先では、DeX機能でプレゼンにをしたり、会議のメモをとったりと活躍する場面が多いことから、心配になるのはバッテリーの持ちです。

Galaxy Note 9は4,000mAhもの大容量バッテリーを搭載しているため、1日1回の充電で丸一日バッテリー切れを心配せずに利用することができます。

そして、充電方法ですがワイヤレス充電にも対応しています。

次の章ではGalaxy Note 9のカメラ機能と進化したSペンの魅力に迫ります。

スマホのバッテリー交換の費用と寿命を延ばして長持ちさせる方法
Galaxy Note 9のスペック
  • 最大1TB以上ものストレージ
  • 最上級グレードの処理能力
  • PC並のメインメモリ
  • HDMIケーブルのみでDeX機能が使用可能
  • 長時間利用できる大容量バッテリー

2 カメラ機能


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Note 9のメインカメラの画質は1200万画素×2のデュアルレンズを採用しています。

この2つのレンズは広角レンズ光学式2倍のレンズの組み合わせで構成されています。

遠くの被写体を撮影する場合には、光学式レンズでズームすることで、デジタルズームのような画質の劣化を防ぐことができます。

また、2つのレンズを組み合わせて撮影することで、一眼レフカメラのようなポートレート写真を撮影することも可能にしています。

また、特筆すべき点としては広角レンズはF値が1.5と2.4の切り替えが可能になっているということです。

これにより、明るい場所でシャープな写真を撮影することができますし、暗い場所では光を多く取り入れて明るい写真を撮影することが可能です。

最新スマホはトリプルカメラが主流!?4眼5眼もあるけど増えればいいの?

3 進化したSペン


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Bluetoothでリモコン操作が可能


Galaxy Noteシリーズには以前からSペンが付属していましたが、今回のGalaxy Note 9でSペンは大きな進化を遂げています。

その進化したところがどこかというと、Bluetooth機能を搭載していることです。

Bluetoothを搭載することで、SペンをリモコンとしてGalaxy Note 9を遠隔操作できるようになりました。

リモコン操作の用途は以下のようなものがあります。

カメラの切り替えと写真撮影


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

旅行先などで集合写真を撮影する際、スマホカメラのタイマーを利用する方法もありますが、良いタイミングで撮影できないということがあります。

Galaxy Note 9のSペンはカメラアプリ使用時には、メインカメラとサブカメラの切り替えや、シャッターボタンとして使うことができます。

Sペンさえ手にしておけば、最適なタイミングでシャッターを切ることができるため、集合写真などでも決定的なタイミングを逃すことはありません。

YouTubeの再生と停止


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

スペックの項目でもお伝えしましたが、DeX機能を使うことでYouTubeも大画面テレビなどで再生することができます。

その際にはSペンはリモコンとして使用できるため、YouTubeの再生や停止を行うことができます。

Galaxy Note 9はHDMIケーブルでテレビの近くに置いておき、Sペンのみ手元に置いておけば快適にYouTubeの視聴ができます。

PowerPointのスライド操作


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Note 9はデフォルトでPowerPointアプリがインストールされています。

そのため、移動中に資料の確認や修正をするという利用方法が可能になるばかりではなく、DeX機能でプレゼンをすることもできます。

その際には、Sペンを使ってPowerPointのページ送りのリモコンとして利用することが可能になります。

とてもコンパクトなSペンのみ手にしてプレゼンができるため、ビジュアル的にもスマートさをアピールすることができます。

Galaxy Note8レビュー|鉛筆のような書き心地のSペンが大画面で活きる
その他のSペンの特徴
  • カスタマイズして様々な動作を割り当てることが可能
  • Sペン内にバッテリーを内蔵しているがサイズは前モデル並み
  • Sペンを本体に格納することで自動充電
  • 40秒の充電で30分程度利用可能

画面オフメモ


画像引用元:製品|Galaxy Note 9|Galaxy Mobile Japan 公式サイト

画面オフメモ機能とは、Galaxy Note 9をスリープ状態のまま、Sペンを取り出すことで自動的に手書きメモモードに切り替わります

画面いっぱいにメモを書き込むことができるため、会議中など急にメモを取りたいという場面ではとても便利な機能です。

画面オフメモの機能は前モデルGalaxy Note 8にも搭載されていた機能ですが、Galaxy Note 9では本体のカラーによりメモの文字の色に違いがあります。

本体カラーと手書きメモの文字色の関係
  • OceanBlue:黄色
  • MidnightBlack:白
  • LacenderPurple:ボディー同色
  • MetallicCopper:ボディー同色

ここに記入したメモを、後で確認する必要のあるものは、ノートアプリに保存することも可能です。

次の章ではGalaxy Note 9の価格とまとめをお伝えします。

4 価格はどうなのか


ここまで、スペックや進化したSペンの詳細がわかってきました。

そこで、Galaxy Note 9はいくらで購入できるのかということが気になってきます。

グローバルモデルは以下のようなサイトで購入することができます。

販売サイト:CLOVEでの価格
  • Galaxy S9 128GBモデル:£740.00(103,600円)
  • Galaxy S9 512GBモデル:£915.83(128,216円)

※1ポンド140円換算

単純に円換算すると、Galaxy S9 128GBモデルは10万円前後Galaxy S9 512GBモデルは13万円前後になります。

そのため、国内モデルの場合にも上記金額か若干割増価格で販売される可能性があります。

日本モデルの発売時期などは確定していませんが、10月ごろを目処に発売される可能性が高いです。

販売キャリアはどこになるのか

前モデルであるGalaxy Note 8は、ドコモとauから発売されました。
また、Galaxy S9とGalaxy S9+もドコモとauからの発売となっています。

この流れからいくとGalaxy Note 9もドコモとauから発売されるという見通しが濃厚です。

Galaxy Note 9レビューまとめ

ここまでGalaxy Note 9のスペックや機能について紹介してきた内容をまとめると以下になります。

スペックまとめ
  • ストレージにより128GBと512GBモデルがある
  • メモリは128GBモデルが6GB、512GBモデルが8GB
  • メインカメラは1200万画素のデュアルカメラ
  • バッテリーは4,000mAhと大容量
機能まとめ
  • DeX機能はHDMIケーブル接続のみで使用可能
  • SペンはBluetooth搭載でリモコンとして使える
価格まとめ
  • Galaxy S9 128GBモデル:103,600円前後
  • Galaxy S9 512GBモデル:128,216円前後

スペックの高さや今回の目玉とも言える、大幅に進化したSペンの詳細が確認できたことですぐにでも欲しくなってしまいますね。

日本国内での発売は間もなくと予想できますが、キャリアはまだ確定はしていません。

大まかな価格も予想ができることから、Galaxy Note 9が気になっている方は、購入計画を立てておくと良いでしょう。

また、購入する際には何かとお得なオンラインショップがお勧めです。

詳細は以下にまとめていますので、合わせてご確認いただけたらと思います。

MNPでキャッシュバックを最大限に!オンラインショップの選び方とコツ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ