Galaxy S10の噂…発表は2019年2月21日?今わかっている情報まとめ

  • 2019年2月9日
  • by 
Galaxy S10の噂…発表は2019年2月21日?今わかっている情報まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年2月21日に新製品の発表会を予定しているサムスンですが、今回はその時に発表されるであろう最新のGalaxyスマホ「Galaxy S10」に関する情報・噂をまとめました。

Galaxyの中でも最もハイスペックなフラッグシップモデルであるSシリーズの最新機種ということで、世界中で期待が高まっています。

それと同時に、一体どんな機種になるのか、さまざまな噂も飛び交っているようです。

そこで、見た目のデザインやスペック、価格など、Galaxy S10に関するさまざまな噂をまとめました。話題の最新スマホが気になる人はぜひチェックしてみてください。

トップ画像引用元:Galaxy UNPACKED 2019 – The Official Samsung Galaxy Site

1 サムスンの最新スマホGalaxy S10とは

画像引用元:Galaxy UNPACKED 2019 – The Official Samsung Galaxy Site

まずはGalaxyシリーズとGalaxy S10の基本的な情報を確認しておきましょう。

1-1 サムスンからGalaxy S10が登場

画像引用元:Galaxy UNPACKED 2019 – The Official Samsung Galaxy Site

韓国の大手メーカーサムスンが日本時間の2月21日(現地サンフランシスコでは2月20日)に、新たなスマホを発表する予定です。

現在、「折り畳み式」のスマホの方が何かと話題になってはいますが、同時に発売されるGalaxy S10も見逃せません。

Galaxy S10は、2018年に発売されたGalaxy S9の後継機種にあたります。

Galaxy Sとは?

Galaxy SのS(エス)は、「Super Smart」のSです。

サムスンのリーディングブランドであるGalaxyシリーズの中でも、最先端技術を用いて高性能なスペックを実現させたフラッグシップモデルをラインナップ。

2010年に無印のGalaxy Sが発売されて以来、ほぼ毎年新しいモデルが登場しています。

Galaxyブランドの10周年を目前に控えた2019年。Galaxy S10は、これまで伸び悩んでいたGalaxyの販売拡大を狙った、ハイスペックかつ全部入りの機種となりそうです。

1-2 発表される機種は3つか4つ

画像引用元:Galaxy S9 and S9+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy S10は過去のGalaxyシリーズと同様、1種類ではなく複数のタイプが同時に発表されると言われています。

  • 廉価版の「S10 Lite」
  • スタンダードな「S10」
  • 大型の「S10 Plus」
  • 5G対応と噂される「S10 X」

の4種類です(名称は仮)。

機種ごとにスペック差が出てくるとは思いますが、最先端技術の導入・高性能なカメラ・ディスプレイの性能などは、全機種において期待しても良いポイントでしょう。

2 デザイン・スペックはどうなる?Galaxy S10の噂まとめ

Galaxy S10に関するリーク情報や公式発表から、分野ごとに情報をまとめました。

2-1 Galaxy S10のデザイン

新機種が発売されるとなると、一番気になるのはその見た目、デザインでしょう。機種への注目度が高ければ高いほど、多くのリーク画像が出回るのは、毎度恒例のことですよね。

もちろんGalaxy S10も例外ではありません。

Galaxy S10の外観

過去に多くのリーク情報を流し、しかも外すことがないと有名なRoland Quandt氏から、レンダリング画像(データを元につくられたイメージ画像)がTwitterで報告されました。

その画像によると、Galaxy S10の下部には細いベゼルがありますが、上と左右は本体の際までディスプレイが広がっているようです。

また、iPhone Xなど、他の多くのモデルで採用されている「ノッチ(切り欠き)」はありませんでした。

そして、インカメラはディスプレイに穴が開いたような「ホールパンチディスプレイ」のようです(この方式はGalaxy A8sで採用されています)。

リーク画像で確認する限りでは、恐らく「3.5mmイヤホンジャック」が残っている、という点も注目を集めています。

Galaxy S10のカラーリングの噂

有名リーカーであるevleaks氏も、Galaxy S10 Plusの部分的な実機画像をリークしています。

そのリーク画像によると、Galaxy S10 Plusのカラーは、「セラミックホワイト(パールホワイト)」、ブラック、 プリズムブラック、セラミックブラック、グリーン、イエロー、ホワイト、ブルーなど。

特に、非常に美しい「セラミックホワイト(パールホワイト)」が注目を集めています。

Galaxyシリーズは過去にもさまざまなカラーを発売しているので、Galaxy S10ではどんなカラーが登場するのか楽しみですね。

2-3 Galaxy S10は最先端ハイスペック機種か

画像引用元:Snapdragon 855 Mobile Platform | Qualcomm

ハイスペックであることが予想されているGalaxy S10。それぞれのパーツに関する噂を検証してみました。

高性能な複数カメラの噂

Galaxy S10は、最近のトレンドにのった複数の高性能カメラを搭載した機種となるようです。

モデルによってカメラの数は異なりますが、最もハイグレードなS10 Xでは、背面に最多クラスの4カメラ、前面にも2カメラが搭載されるという噂です。

複数レンズには望遠レンズも含まれており、前後両方のカメラでポートレート撮影・深度マッピング・拡張現実などが楽しめるのでは、と言われています。

最新CPUを搭載しているらしい

Galaxyで採用されるCPUは販売国によって異なりますが、日本ではクアルコムのSnapdragonが基本です。Galaxy S10でも、最新のSnapdragon 855が採用されると言われています。

Galaxy S9で採用されたSnapdragon 845とベンチマークテストの結果を比較すると、その処理性能はなんと1.4倍!

最新OSを搭載?

Galaxy S10に搭載されるOSは、おそらく最新のAndroid 9.0が採用されるだろうと言われています。

Android 9.0では、スマホのカスタマイズ性が従来よりもさらにアップ。

機械学習(AI)によるアプリの提案や、画面明度の切り替えなど、ユーザー個人に合った使い方ができるよう機能強化されています。

また、サムスン独自のUIである「TouchWiz UI」の最新版も採用されることになりそうです。

次世代のモバイルネットワークに対応するか

Galaxy S10の中でもハイエンドモデルとなるGalaxy SXは、次世代モバイルネットワークの「5G」対応モデルとなることが予測されています。

さらに、Wi-Fiの最新規格である、WiFi 6ことIEEE 802.11axにも対応しそうです。

高性能指紋認証が可能に?

指紋認証によるロック解除は搭載されるだろうという噂です。

しかし、端末にホームボタンがないため、「どこで指紋を読み取るのか」という点については、さまざまな憶測が飛び交っています。

また、Galaxy S10では、従来の指紋センサーよりも速く正確に認証できる、最新指紋認証技術が採用されるという噂もあるようです。

これは、ディスプレイ内から超音波を発射して、指紋の形状を認識するというもの。

もしこの技術を用いるのであれば、ディスプレイ上のどこに指を置いても指紋認証ができる、という仕様になりそうですね。

2-4 Galaxy S10のストレージ、バッテリー性能は?

画像引用元:Samsung Breaks Terabyte Threshold for Smartphone Storage with Industry’s First 1TB Embedded Universal Flash Storage – Samsung Global Newsroom

1TBの大容量ストレージを搭載か

サムスンの新機種で注目したいのが、1TBというまさに桁違いの大容量ストレージの搭載です。これは、プレミアムノートPCに匹敵する記憶容量となります。

1月30日(現地時間)、1TBのeUFS(embedded Universal Flash Storage:内蔵型フラッシュストレージ)の量産を開始したという発表が公式に行われました。

UFSはSDカードに替わる家電向けのフラッシュストレージの規格で、データの転送速度が速く消費電力も少ないのが特長です。

サムスンは、2017年11月に業界最大容量となる512GBのeUFSの量産を開始し、自社のスマホにも搭載してきました。

それからおよそ2年経った今、パッケージサイズは同じながら、容量が倍になった1TBのeUFSが発表されたのです。

データの転送速度も速く、典型的なmicroSDカードの10倍の速度(1,000MB / s)に。

また、ランダム書き込みは高性能microSDカード(100 IOPS)より500倍も速い、最大50,000 IOPSと言われています。

大容量バッテリー&高機能充電の噂

バッテリーも大容量のものが搭載されるという噂ですが、容量やサイズに関してはあらゆる憶測が飛び交っています。

ただ、少なくとも3,100mAh以上となりそうです。

また、バッテリー機能で注目したいのは、充電だけではなく給電も可能かもしれないという点でしょう。これが本当であれば、Galaxy S10をモバイルバッテリー代わりに利用することも可能です。

ちなみに同様の機能は、ファーウェイのMate 20 Proにも搭載されています。

ここまでGalaxy S10にまつわるさまざまな噂を見てきましたが、カメラ・ディスプレイ・処理性能、その他細かい部分のどこを取っても、最先端の技術が詰まったモデルであることに間違いはなさそうですね。

Galaxy SシリーズとAシリーズの違い|日本はフラグシップモデルの宝庫

次のページでは気になる価格・発売日に関する噂をまとめました。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

Xperia L3は低価格モデル|価格とスペックを鑑みてコスパはどう?... Sonyは2019年2月、Xperia L3という新機種を海外で発売しました。Xperiaというと10万円近くする高価格機種というイメージですが、なんとこの新機種は2万円台で販売されているようです。 このページでは、Sonyの新機種X...
Meizu「Zero」世界初の穴なし(ゼロ)スマホの利便性と欠点を考察... 年々スマホの画面が大きくなったり、有機ELディスプレイなどの新しい技術が搭載されていく中で、中国のスマホメーカーMeizuが新たなスマホの開発に打ち出しました。 その名もMeizu 「Zero」、世界初の穴なし・端子なしのスマホだそう...
HUAWEI Mate 20 Xレビュー|トリプルカメラ搭載の高機能スマホ... 中国の通信機器メーカーHUAWEIのスマホは、イギリスやフランスなどのヨーロッパ圏で広く使われている機種です。 2018年10月16日にフラグシップモデルMateシリーズの最新版「HUAWEI Mate 20シリーズ」が解禁され、新た...
Xiaomi POCOPHONEはRAM8GB・大画面・高コスパ…買わない理由は?... 中国の総合家電メーカーXiaomiから、新ブランド「POCO」シリーズのAndroidスマホ「POCOPHONE」が発売されました。 価格の割に高性能と話題になり、コスパ重視で狙っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、X...