Galaxy S10のスペックと価格は!?予想ではトリプルカメラ搭載スマホ

  • 2018年11月3日
  • by.pnatsu

galaxy-s9_design_kv_l

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

SAMSUNG Sシリーズの最新モデルであるGalaxy S10のスペックなどの概要についての情報が出始めています。

SAMSUNGの人気のスマホSシリースですが、現行モデルであるGalaxy S9は2018年5月に発売されています。

前モデルであるGalaxy S8は2017年6月に発売されていることから、新モデルの発売は2019年の5月前後になるものと予想されてきました。

しかし、次期モデルGalaxy S10は予想よりも前倒しで発売される可能性があるという情報が確認されています。

そこで気になるのは、次期GalaxyであるGalaxy S10のスペックやカメラ機能がどう進化しているのかということです。

また、次期GalaxyのネーミングはこれまでどおりのナンバリングでGalaxy S10となるのか、他のネーミングとなるのかも気になるところです。

ここでは現在確認されている情報を元にGalaxy S10の詳細に迫っていきますので、Galaxy Sシリーズの次期モデルが気になっている方は是非参考にしてください。

トップ画像引用元:製品情報|Galaxy S9/S9+|Galaxy公式サイト

※画像はGalaxy S9のものです

1 発売日予想

冒頭でも触れましたが、Galaxy Sシリーズの最新モデルであるGalaxy S10の発売日が通常のサイクルよりも前倒しされるとの見方が強まっています。

最近のGalaxy Sシリーズの日本国内での発売日をまとめると以下のようになります。

直近のGalaxyシリーズの発売次期
  • Galaxy S9:2018年 5月
  • Galaxy S8:2017年 6月
  • Galaxy S7 edge:2016年 5月

これまでGalaxy Sシリーズは5月前後の発売が一般的で、現行モデルのGalaxy S9も5月に発売されています。

通常の発売サイクルで行くと2019年5月ごろに発売と予想されるところですが、次期モデルではるGalaxy S10は年明け早々に発売されるとの見方が強まっています。

現行モデルであるGalaxy S9は前モデルであるGalaxy S8に比較して大きな変更が行われなかったという状況ががあります。

それは、2019年がGalaxy誕生から10周年を迎える年であることから2019年発売モデルへの注力が目的であったのかもしれません。

そのような流れからすると10周年という節目に発売されるGalaxy S10はスペックや機能面でも期待がもてるモデルとなりそうです。

早ければ2019年の2月ごろには発売される可能性もあるため、最速で手に入れたい方はそろそろ準備をしておく必要があります。

Galaxy S10発売日予想
  • 2019年2月ごろ

2 Galaxy S10の気になるカメラ性能は

最近のフラッグシップモデルはカメラ性能へのこだわりが強く、高解像度のレンズを搭載したものやデュアルレンズなどの複数レンズを搭載したモデルも増えつつあります。

HUAWEIのフラッグシップモデルP20 Proは先駆けてトリプルレンズカメラを採用し、カメラ性能の高さから話題を集めたことも記憶に新しいところです。

GalaxyシリーズにはSシリーズの他にAシリーズが存在しており、Sシリーズは性能重視のハイスペックモデルAシリーズはミドルハイモデルという位置付けです。

Galaxy SシリーズとAシリーズの違い
  • Sシリーズ:スペック重視のハイエンドモデル
  • Aシリーズ:価格を抑えたミドルハイモデル

Galaxy Aシリーズの動向も最新Galaxy Sシリーズの動向に影響を与える可能性がありますが、Galaxy Aシリーズ最新モデルであるGalaxy A9が先ごろ発表されたばかりです。

そのGalaxy A9のカメラはクアッドレンズカメラを採用しているため、技術的な面からするとクアッドレンズカメラを搭載したGalaxy S10の投入も十分可能です。

しかし、前モデルのGalaxy A8と同時期のGalaxy S8のフロントカメラの性能を比較すると必ずしもクアッドレンズにはならない可能性もあります。

以下は、前モデルのGalaxy A8と同時期のGalaxy S8のフロントカメラの性能を比較したものです。

Galaxy A8・Galaxy S8フロントカメラ性能比較
  • Galaxy A8:F値1.9 1600万画素+800万画素(デュアルレンズ)
  • Galaxy S8:F値1.7 800万画素カメラ

スペック的にはGalaxy A8に比較しGalaxy S8の方が上回っていますが、Galaxy A8のフロントカメラはデュアルレンズ化され解像度も上回っています

このようにGalaxy AシリーズはSシリーズに比較してある機能が特化しているという特徴があるため、次期モデルでも同じような傾向がみられる可能性があります。

Galaxy S10のカメラは以下のような構成のトリプルカメラになる可能性が高いと考えられています。

Galaxy S10のメインカメラ
  • 広角レンズ
  • 望遠レンズ
  • 超広角レンズ

従来の広角と望遠レンズのほかに超広角レンズも搭載されることで、集合写真などを撮影したいときも高画質で撮影することが可能になります。

次の章では気になるGalaxy S10のスペックを予想します。

3 Galaxy S10のスペック予想


SAMSUNGのGalaxy Sシリーズは、高スペックを売りにしているため最新モデルのGalaxy S10のスペックは注目しておきたいところです。

CPUはどうか

画像引用元:Products|MobileProcessors|Qualcomm公式サイト

直近ののGalaxyシリーズのCPUをみると以下のようにQualcomm製のSnapdragonを採用してきました。

直近のGalaxy SシリーズのCPU
  • Galaxy S9:Qualcomm Snapdragon 845
  • Galaxy S8:Qualcomm Snapdragon 835
  • Galaxy S7 edge:Qualcomm Snapdragon 820

これは日本国内向けのモデルですが、例えばGalaxy S9のグローバルモデルのCPUはExynos 9810を採用しています。

このExynos 9810はSAMSUNGが独自に開発したCPUになっており、性能面ではQualcommのSnapdragonと同等です。

これまでの状況を踏襲すると日本国内発売のGalaxy S10にはQualcomm製の最新のSnapdragonが搭載される可能性が高いです。

その候補と考えられるのがQualcomm製の最新CPUである以下CPUになります。

Qualcomm最新CPU
  • Snapdragon 855

この最新CPUの処理能力がどの程度のものかが気になるところですが、Snapdragon 855
のAnTuTuベンチマークテストの結果は35万点程度とされています。

現行のSnapdragon 845のAnTuTuベンチマークテストの結果は25万点程度なので、単純に比較すると1.4倍程度処理能力が向上すると推測されます。

メインメモリ12GB搭載モデルも


メインメモリは、スマホのアプリを動作させるうえで重要なパーツとなっており、メモリの容量が大きいほど安定感は増してきます。

参考のために、現行のGalaxy S9の搭載メモリを見ると以下のようになっています。

Galaxy S9の搭載メモ
  • Galaxy S9:4GB
  • Galaxy S9+:6GB

現行モデルのGalaxy S9では液晶画面のサイズの違いによる2モデル設定されていますが、より負荷のかかる液晶画面の大きい「+」モデルのほうが大きなメモリを積んでいます

次期モデルGalaxy S10はこれまでのように無印Galaxy S10Galaxy S10+の他に5Gに対応した上位機種を投入するとされています。

上位機種のネーミングは確定ではありませんが、Galaxy10周年を意識したプレミアムモデルという位置付けで「X」が付与されそうです。

上位機種を仮にGalaxy S10 Xとした場合、それぞれのモデルでの搭載メモリは以下のようになると予想されています。

Galaxy S10の搭載メモリ
  • Galaxy S10:8GB
  • Galaxy S10+:10GB
  • Galaxy S10 X:12GB

Galaxy S9発売以降も各社から発売されるスマホのメモリは大型化する傾向が加速し、8GBや10GBモデルも見かけるようになってきました。

そのため、次期Galaxy S10では最大12GBのメモリを搭載するということも現実味を帯びています。

ストレージ(ROM)の容量はどうなるか


スマホで撮影した写真や動画のほか、各種ドキュメントなどのデータを保存しておくストレージ(ROM)ですが新しいモデルが登場するたびに大型化する傾向になります。

次期モデルであるGalaxy S10のストレージ(ROM)がどれぐらいになるかを予想するうえで参考になるのが現行モデルのストレージ(ROM)です。

現行モデルのストレージ(ROM)
  • Galaxy S9:64GB
  • Galaxy S9+:64GB
  • Galaxy Note 9:128GB

現行モデルであるGalaxy S9のストレージ(ROM)は64GBで、Noteシリーズの最新モデルであるGalaxy Note 9は128GBとなっています。

Galaxy Note 9にもグローバル版の設定があり、国内モデルにはないバリエーションの中には512GBものストレージを搭載したモデルもあります。

そのような観点からいくと、Galaxy S10のストレージ(ROM)は64GBモデルの他に、256GBや512GBモデルもラインナップされる可能性もあります。

4 Galaxy S10の液晶画面サイズはどうなるか

画像引用元:製品情報|Galaxy S9/S9+|Galaxy公式サイト

液晶画面のサイズについては確定的な情報はないものの、現行のGalaxy S9同様に2サイズ展開になり、更にサイズが大きくなる見込みです。

ノッチはつくのか


液晶画面サイズは大きくなる反面、本体サイズの大型化を抑えるためにベゼルレス化も今以上に進むとされています。

そこで気になるのが、ベゼルレス化にともないフロントカメラ部分がノッチ付きになるのかということです。

Galaxy S10のフロントカメラは液晶画面内に格納されノッチなしになる可能性が高いため、これが実現すれば上端部分も完全にベゼルレス化されることになります。

背面の指紋認証センサー廃止

画像引用元:製品情報|Galaxy S9/S9+|Galaxy公式サイト

現行モデルのGalaxy S9は生体認証として指紋と顔に対応していますが、指紋認証用のセンサーは背面に配置されています。

背面にあることで、取り付けるカバーのタイプによってはセンサーに触りにくいということや、持ち方によっては触りにくいというデメリットもありました。

そこで、次期モデルであるGalaxy S10では指紋認証センサーが前面に配置される可能性が高くなっていますが、液晶画面埋め込みタイプの指紋認証センサーが採用されそうです。

フロントカメラと指紋認証センサーが液晶画面に内蔵されることで前面部分が上下ともにベゼルレス化されることになります。

そのため、液晶画面サイズが現行モデルのGalaxy S9よりも大型化されるとしても本体のサイズ自体にはほぼ変更がない可能性もあります。

Androidスマホのロックを設定・解除|指紋/虹彩/顔認証3つの方法

次の章では気になるGalaxy S10の価格に迫ります。

気になるGalaxy S10の価格はいくらか


Galaxy S10の概要が見えてきたところで、気になることいえばいくらで販売されるのかということになります。

まず、国内モデルがどのキャリアから発売されるかということになりますが、直近モデルの傾向からするとdocomoauから発売されることになるでしょう。

スペックの部分でも触れたように、メモリや指紋認証などの各種パーツ類は特殊はものを使っているため、それに伴い価格も増加するものと考えられます。

ハイスペックモデルは、15万円に迫る価格になる可能性もあり各モデルの価格帯は以下のようになると考えられます。

各モデルの価格予想
  • Galaxy S10:100,000円
  • Galaxy S10+:120,000円
  • Galaxy S10 X:150,000円

Galaxy S10のスペックや価格の予想まとめ

ここまで、Galaxy S10のスペックや価格など現段階で確認できる情報から予想した結果をまとめると以下になります。

発売次期
  • 2019年2月ごろ
モデル展開
  • Galaxy S10
  • Galaxy S10+
  • Galaxy S10 X
メインカメラの特徴
  • トリプルレンズカメラ
  • カメラ種類:広角、ズーム、超広角
搭載CPUとメモリなど
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 855
  • メインメモリ:8GB〜12GB
  • ストレージ(ROM):64GB〜512GB
液晶画面
  • ノッチなしでベゼルレス化
  • 指紋認証センサー内蔵
予想価格
  • Galaxy S10:100,000円
  • Galaxy S10+:120,000円
  • Galaxy S10 X:180,000円

Galaxyの最新モデルGalaxy S10は10周年記念のプレミアムモデルが投入される可能性が高く、ネーミングも「X」の称号があたえられるかもしれません。

プレミアムモデルは5Gにも対応し、メモリやストレージも大容量のものが搭載される可能性あることから価格面ではかなり高額になると考えられています。

また、注目するべきはカメラが現行モデルよりも大幅に進化し、トリプルカメラになり超広角からズームまでを専用レンズで撮影することが可能になります。

投入次期もこれまでのサイクルよりも早まる可能性も高いため、気になっている方は今後の動向に注目しておくとよいでしょう。

iPhoneとAndroidどっち派?性能・機能・使い勝手の違いを比較してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ