Galaxy S10+ 東京オリンピックモデル発売!ドコモ限定で1万台のみ

Galaxy S10+ 東京オリンピックモデル発売!ドコモ限定で1万台のみ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019/11/01【追記】
ドコモより発表があり、2019年11月1日から取扱い店舗を拡大し、オンラインショップだけでなく、ドコモショップや量販店などでも購入可能になりました。

7月24日午前10時からドコモオンライン限定モデルGalaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lが発売を開始します。

1万台限定で2019年5月16日から予約を開始していますが、まだ購入可能です!

東京オリンピックという大イベントとコラボしていることもさることながら、端末それ自体の性能も超ハイスペックです。

機種変更・乗り換え(MNP)を考えている方の、最後の後押しになればと思います。

ドコモオンラインショップで機種変更する7つのメリットとデメリット

トップ画像引用元:Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L

Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lは超高性能

エステンプラスオリンピックモデル

画像引用元:Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L

“オリンピック限定モデルだから買う”のも理由としてもちろんアリです。

ですが、ことこのGalaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L(もう長くてタイピングしんどいからGalaxy S10+ SC-05Lって略します。)に関しては、今最高のスマホが欲しいという方にもおすすめです。

こういうコラボってどこかハイエンドモデルは敬遠してきた感がありますが、Galaxy S10+ SC-05Lはゴリゴリのハイエンドモデルです。

それではどれだけハイエンドかスペックを見てみましょう。せっかくだからGalaxy S10 SC-03LとノーマルGalaxy S10+ SC-04Lと比較します。

項目Galaxy S10
SC-03L
Galaxy S10+
SC-04L
Galaxy S10+
SC-05L
本体サイズ高さ:149.9mm
幅:70.4mm
厚さ:7.8mm
高さ:157.6mm
幅:74.1mm
厚さ:7.8mm
高さ:158mm
幅:74mm
厚さ:7.8mm
SoCSnapdragon855
2.8GHz+1.7GHz
オクタコア
OSAndroid 9
ストレージ128GB
メモリ8GB
画面サイズ6.1インチ OLED
3,040×1,440
6.4インチ OLED
3,040×1,440
バッテリー容量3,300mAh4,000mAh
メインカメラ12MP+12MP+16MP
トリプルカメラ
サブカメラ10MP10MP+8MP
デュアルカメラ

とこんな感じ。ほとんど違いはないですね。1番大事なSoC、メモリが同じということは処理速度は互角ということです。

つまり3機種とも超ハイスペックです。このスマホでできないゲームはほとんどのスマホでできないでしょう。

RAM8GBはハイエンドモデルの中でもまだ珍しいです。下記記事にまとめているので興味ある人はぜひ。

RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2019年最新版】

Galaxy S10+ SC-05Lの価格

さて、スペックに違いがないことはわかりました。じゃあ価格は?という話になってきますね。

価格を見てみましょう。

価格Galaxy S10
SC-03L
Galaxy S10+
SC-04L
Galaxy S10+
SC-05L
通常89,424円101,088円114,696円
スマホおかえしプログラム適用時59,616円67,392円76,464円
購入ドコモオンラインショップ

Galaxy S10+ SC-04LとGalaxy S10+ SC-05Lの通常価格には約13,000円程差がありますね。

スペックが同じだとするとオリンピックご祝儀代なのか…そんなことありません。

1万円の差かどうかは個人の感じ方次第ですが、ちゃんと違いはあります。

次の章ではそれを見ていきましょう。

Galaxy S10+ SC-05Lのスペックと価格
  • Galaxy S10+ SC-04Lとスペックの違いはない
  • 全スマホの中でもRAM8GBは最高クラス
  • SoCも現在のSnapdragon最新型
  • Galaxy S10+ SC-04Lとの価格差は約13,000円

Galaxy S10+ SC-05LはSC-04Lと何が違う?

スペックがそれほど変わらないなら何が違うか。1番の違いはボディカラーです。

Galaxy S10+ SC-05Lはプリズムホワイト一択です。Galaxy S10+ SC-04Lはプリズムブラック一択です。

ちなみにGalaxy S10 SC-03Lはプリズムホワイト・プリズムブラックのほかにもう1色プリズムブルーというカラーがあります。

もう1つ大きな違いはこれもデザインですが背面に五輪マークがあることです。

それでは実際に見てみましょう。

Galaxy S10+ SC-04L

ギャラクシーエステン

画像引用元:Galaxy S10+ SC-04L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

Galaxy S10+ SC-05L

エステンプラスオリンピックモデル

画像引用元:Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L

いかがでしょうか。プリズムホワイトのカラー自体もイケてますよね。私は好きです。こう…なんていうか…未来的?みたいな。

五輪のエンブレム…オリンピックシンボルというらしいですが、あっても全然違和感ないですね。

ちなみに五輪のエンブレムは5大陸とその相互の結合・連帯を意味しているそうな。豆知識。

Galaxy S10+ SC-05Lにはオリジナルコンテンツあり

スペックではないのですが中身もちょっと違います。

Galaxy S10+ SC-05Lにはオリンピックをテーマにした壁紙がデフォルトで入っています。ホーム画面とロック画面の両方にそれはあります。

上の画像ではまさにロック画面にオリンピックシンボルが表示されていますね。

また、Always On Display(AOD)にもオリジナル要素があり、ミライトワが表示されます。

Always On Display(AOD)とは…画面がOFFの状態でもカレンダーや時計といった情報を画面に表示できる機能です。

引用元:Galaxy Mobile Japan 公式サイト

その他、スマホ本体ではないですが付属でついてくる完全ワイヤレスイヤホンGalaxy Budsにもオリンピックシンボルが入っています。

Galaxy Buds

画像引用元:Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L

ケースというあまり目につかない所を凝るというのが粋ですね。

しかも完全ワイヤレスイヤホンを付属品でつけるとは…お得すぎじゃね。

Galaxy S10+ SC-05LとGalaxy S10+ SC-04Lの違い
  • ボディカラーの違い
  • 端末背面のオリンピックシンボルの有無
  • オリンピックオリジナルコンテンツの有無
  • 付属のGalaxy Budsのオリンピックシンボルの有無

Galaxy S10+ SC-05Lに適用されるキャンペーン

スマホおかえしプログラム

画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

端末のスペック等は理解できたと思います。ここからは実際買うにあたって適用されるキャンペーンを見ていきます。

実はGalaxy S10+ SC-05Lに適用できるキャンペーンは1個しかありません。2019年6月1日から始まった「スマホおかえしプログラム」のみです。

これは月々サポートと端末購入サポートがなくなった代わりに出来たプログラムです。

Galaxy S10+ SC-05Lにスマホおかえしプログラムを適用すると…
  • 114,696円が76,464円になり38,232円安く買える
  • 24回目の支払い後に機種変更するのがMAX安くなる
  • 端末は返さなければならない

スマホおかえしプログラムは36回分割支払いで購入し、対象機種を返却すると最大12回分の支払いが免除されるプログラムです。

つまり実質負担金は通常価格の2/3になるイメージです。25ヶ月以上使うとどんどん支払い免除額は減っていきます。

途中で「やっぱ入ーろ」はできないので購入時にプラグラムに加入する必要があります。

Galaxy S10+ SC-05Lに適用できるキャンペーンは1個と書きましたが、新料金プランに対するキャンペーンはあります。

ドコモの新料金プラン「ギガホ」にすると月額料金から1,000円(税別)が割り引かれます。

また、ケータイからスマホへの変更の場合は、「ギガホ」「ギガライト」に申し込むと最大12ヶ月間月額料金から1,000円(税別)が割り引かれます。

Galaxy S10+ SC-05Lにはスマホおかえしプログラムを適用し、新料金プランにすれば月額から割引も受けられます。

ドコモ「スマホおかえしプログラム」なら携帯返却で最大12回分の支払いが不要に

東京オリンピックは生きてる内にはもうないかも

私よし松は今年32歳になります。私が生きてからの東京オリンピックは1回目です。

1964年にも東京オリンピックがありました。今から55年前ですね。当時20歳の人は今75歳。

あれ意外と生きてるうちに2回体験できるかも…それはさておき、滅多にないことは確かです。

ドコモ限定、1万台限定、東京オリンピックモデル…めちゃめちゃレアじゃないですか!?

せっかくだから2台買って1つは観賞用にするのもありじゃないでしょうか。

Galaxy S10+ SC-05Lというスマホ
  • 現スマホの最高スペック
  • ドコモオンライン限定・1万台限定
  • 通常価格:114,696円
  • 適用できるキャンペーンは「スマホおかえしプログラム」のみ
  • ボディカラーがSC-04Lと違う
  • 端末背面とGalaxy Budsにオリンピックシンボルがある
  • 機能としてオリンピックオリジナルコンテンツがある
ドコモのGalaxy S10+東京オリンピックモデルにお得に機種変更する方法

ちょっと豆知識:ドコモユーザーは必須レベル!?「dカード GOLD」

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているゴールドカード「dカード GOLD」をご存知ですか?

「dカード GOLD」は、ドコモの支払いで利用することで10%がポイント還元される、お得なカードなのです。月に8,000円の携帯料金なら800円のポイントが戻ってきます。年間ではなんと9,600ポイントにもなります。

他にも、ドコモオンラインショップで端末代金をdカードで決済するとdポイントが2倍ケータイ補償で最大10万円の無料サポートがつくので、万が一でも安心。家族で利用できるので、利用していないと損をしているかもしれません。

年会費は1万円なので、一見高く感じますが、携帯料金の10%が還元される上に、ローソン・マクドナルドなどの特約店でも5%還元されるため、年に1万円なら十分過ぎるほど回収できる凄いカードです。是非とも1枚もっておきたいですよね。

▽dカード GOLD入会特典はこちら

dカード GOLDを最大限利用したら年間5万円以上もお得になる話

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • 還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
よし松
よし松
山形出身。ゆとり第一世代に属し、大学4年の時は就職氷河期を味わう。ろくすっぽ就活をせずに麻雀に明けくれ新卒採用を逃す。中学3年生で初めて携帯を持ち、23歳でiPhone 4を購入。以後iPhone 6→iPhone XS。AirPodsとMacを持ってスタバにいくズブズブスタイル。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ