今では考えられないガラケー時代の常識!電源落ちや高額な通信費とは

  • 2019年1月4日
  • by 
今では考えられないガラケー時代の常識!電源落ちや高額な通信費とは

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

パケホーダイがなく、毎月パケット数を気にして使っていた

画像引用元:携帯電話の歩み/mova N505iS

  • 女性
  • 30歳・フリーター
  • 利用しているキャリア:ドコモ
  • 初めて携帯を持った年月:2004年16歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:高校進学をきっかけに
  • 初めてのキャリア:ドコモ
  • 初めての機種:move N505is
  • よく使った機能:電話、キャリアメール
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:3年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:7000円くらい
  • メル友の人数:10人
  • どこで買ったか:キャリアの正規店

高校進学時に親との連絡をとるために購入しました。高校まで自転車と電車で片道1時間くらいかけて通学していたので、送迎などの関係で電話をしたりメールをしていました。

初めて携帯を持ったのは、ガラケーでした。壊れたら新しい機種を購入して、三代目まではガラケーで過ごしていました。

中学まで公衆電話を利用していたので、携帯をもって大変便利になりました。

キャリアは親が使っていた携帯と同じキャリアを選び、家族割を活用していました。特に、選ぶ上で、こだわりはなかったです。

その当時、自分でパソコンを持っていなかったので、iモードでネットを使用していました。

最初の頃は、パケホーダイの料金設定がなく、毎月定額でパケット数を決めてネットも使用しなくてはなりませんでした

設定以上のパケット数を使うと、料金上乗せで請求になりました。

なので、「iモードのページをログオフしないと一晩で数万円かかった」などの話も聞き怖々と利用していました。

一番持ち始めの頃は、キャリアが違うとメールの絵文字も文字化けして送れなかったりしたこともありました

なので、記号を使って工夫して独自の顔文字を作ったりしていました。

メールの受信や電話の着信の相手によって鳴る音を変えていました。着信メロディーです。

携帯のアンテナが着信によって光るように設定もできました。そして、メール既読の表示がなかったので、そのメロディーや光が鳴るのが楽しみでした。

当時の写メは、今のスマホよりも画素数が低く、画質が悪かったです。夜景は、ほとんど撮影できませんでした。

でも、携帯を手に入れて、カメラで撮影して写真屋さんに現像に行くこともなくなり、便利だと思っていました。

出始めの頃のガラケーは、今のスマホに比べて、使用できる機能も少なかったですが、メールや電話といった基本的な機能を使うにはシンプルで利用しやすいです

ガラケーの頃は、今より電話で話していました。最近では、LINEの文字のやり取りで済ませてしまいます。便利ですが、少し寂しい気もします。

料金はガラケーもスマホもネットを利用すると大して変わりありません。機種本体代も分割にすると実質0円なので大差なしです。

ガラケーからスマホに乗り換える時のお得なキャンペーンと手続き方法

誕生日などメールが連続で来ると、電源が落ちていた

画像引用元:携帯電話の歩み/docomo PRIME series SH-01A

  • 男性
  • 28歳・社内SE
  • 利用しているキャリア:ドコモ
  • 初めて携帯を持った年月:2008年18歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:高校3年生のとき
  • 初めてのキャリア:ドコモ
  • 初めての機種:SH-01A
  • よく使った機能:キャリアメール
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:4年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:6000円くらい
  • メル友の人数:5人
  • どこで買ったか:ケータイショップ

初めて携帯電話をもったとき、高校生でしたが大人の仲間入りのような気がしてすごく感動したことを覚えています。

学校でしか接点がなかった友達とメールを通して意思疎通ができるようになり、自分の世界がかなり広がった気がしていました

今はガラパゴス携帯は社用携帯でしか見ないのですが、私が初めて携帯を所持したときは学校の周りの人たちがガラパゴス携帯で通信しているという時期でした。

あのパカパカしてボタンを押して文字を書いていたことに慣れてしまい、スマートフォンへ移ったときのボタンがなくても文字入力ができることに対しての違和感がものすごくありました。

また、画面がむき出しで折りたたむことができないことで画面に傷をつけてしまわないか心配をしながら扱っていたことが懐かしく感じます。

最初から今までずっとドコモユーザですが、これは単純に両親がドコモユーザであり、家族割の適用を行うため、このキャリア以外の選択肢がなかったためというのが正直な理由です。

初めて携帯を持った時と初めて彼女ができた時期が近かったため夜遅くまで、メールのやり取りを行ったり、親に隠れて電話をしたりという青春の1ページの大切な道具の一つになったのではないかと考えております。

また、携帯を所持したときの誕生日に、友人数人が連続して誕生日メールを送り続けて携帯が固まり電源を落とした経験も今では考えられない思い出となっています

現在はそれから10年たちメールよりもスマホのアプリで簡単にチャットのように意思疎通ができるようになりました。

非常に便利になった反面10年前のようにメールを心待ちにすることや、開くまですべて内容がよめないドキドキ感というものが薄れてしまい少し残念な気持ちもあります

より便利さを求め進化をしている携帯電話は今後退化することはないかと思いますが、当時のメールでのやり取りのような一生懸命考え長文を送ることを続けていきたいと思います。

携帯は過去も現在もそして未来でもなくてはならない意思疎通の道具であることに変わりはないと考えています。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

ガラケーからスマホへ写真や画像データ移行の方法【iPhone/Android】

編集部まとめ

今回は初めての携帯をドコモで契約していた、アラサーの男性・女性に当時のエピソードを聞いてみました。

たしかにパケット通信費は無制限な上に高かったので、毎日気にしながら使っていた方がほとんどですよね。

スマホは便利で生活になくては欠かせませんが、あの不便さゆえのドキドキ感や面白さを経験できた世代でよかったと思います。

皆さんもこれを機に当時のことを思い出してみてください!

音声通話・ガラケーにこだわる人の携帯の乗り換えトップ3

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ドコモのジョジョスマホ「JOJO L-02K(648円)」が1月21日に入荷予定!... 品切れ中だったジョジョスマホこと「JOJO L-02K」の入荷予定の情報です! 1月21日にドコモオンラインショップにて入荷する予定です!しかも18日に実施された割引額の増額により、43,416円だった実質負担金が、648円になってい...
ドコモの料金プランを見直し・変更!利用料金を今より安くする方法... サービスは充実しているものの、格安SIMに比べると料金が高いドコモ。 しかし、スマートフォンの使用状況を見直すことで、大幅に月額料金が削減できることをご存知でしょうか? 今回は、民間会社や総務省が行った調査を基に、現代人のスマー...
Xperia XZ3は「カメラ機能」がすごい!AI機能で風景もより美しくなる... 画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ3 ソフトバンク | カメラ | ソニーモバイル公式サイト インカメラは1320画素で、美肌加工機能付き 男性 自営業 購入状況:発売後に在庫購入 利用して...
ドコモ人気のGalaxy S9・Xperia XZ2など機種変更時の割引額が増額!... ドコモの2018年夏モデルであるGalaxy S9・Xperia XZ2といった人気機種の割引額が増額です! 契約形態は新規契約と機種変更で、2018年夏モデルのほとんどの機種が対象です。 さらに最近大量入荷のあったiPhone...