ガラケーで格安SIMを使った場合料金は安くなるのか?検証してみた

ガラケーで格安SIMを使った場合料金は安くなるのか?検証してみた

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

スマホより機種代金が安いガラケー。

そんなガラケーは、実は格安SIMでも動作するのです。

そこで今回は、大手キャリアと格安SIMでガラケー用プランの料金差を比較。

キャリアから格安SIMに乗り換えることで、スマホと同じく料金が安くなるのかについて、いくつかのパターンに分けて検証してみました。

トップ画像引用元:楽天モバイル、渋谷と池袋の中心地に大型店を出店 | お知らせ | 楽天モバイル株式会社

ガラケー+格安SIMはドコモと比べてどのくらい安い?

ガラホやスマホ

ここからは、大手キャリア3社のガラケー用プランと、格安SIMの料金を比較していきます。

まずは、ドコモとの比較です。

ドコモでは、2019年6月1日よりスマホの新料金プラン開始にあわせて、ガラケー用プランも一新されました。

新料金プランでは以下3つを選べます。

  • ケータイプラン
  • ギガライト
  • ギガホ

今回は、ガラケーのプランとして最もポピュラーなケータイプランについて見ていきましょう。

項目ドコモ備考
基本料金1,200円
・通話料は20秒毎に30円
・+700円で5分以内の
国内通話無料
・+1,700円で
24時間国内通話無料
データ
通信料金
0円
・無料分は100MBまで
・超過分は、1,000円/GBで
追加可能
合計1,200円-

※2年契約(自動更新・解約金あり)の場合

ドコモでガラケーを利用した場合、最安料金は1,200円になることが分かりました。

ここで最も注目すべきなのは、無料で利用できるデータ量が100MBである点です。

後述するauとソフトバンクの場合、無料で使える容量は500KBだけ。

ドコモでは、その約200倍ものデータ量を無料で利用できるということです。

これは大きなアドバンテージと言えるでしょう。

100MBというサイズは、普通にガラケーを利用する上では十分なデータ容量です。

2つの格安SIMとドコモの料金を比較!

ドコモショップ

では、ドコモと格安SIMの料金を比較してみましょう。

今回は、ドコモのガラケーで動作確認が取れている、以下2つの格安SIMと比較します。

  • 楽天モバイル
  • IIJmio

まずは、各格安SIMの最安料金と比較してみました。

項目ドコモ楽天モバイルIIJmio
プラン料金1,200円
1,480円
(楽天会員の場合)
1,600円
無料通話
内容
・通話料は
20秒毎に
30円
・+700円で
5分以内の
国内通話
無料
・+1,700円
で24時間
国内通話
無料
・10分以内
の国内通話
無料
・超過分は
30秒毎
10円
・通話料は
30秒毎に
10円
・+600円
で3分以内の
国内通話
無料
・+830円
で10分以内
の国内通話
無料
月に使える
データ量
・無料分は
100MB
まで
・超過分は
1GBにつき
1,000円で
追加可能
・2GBまで無料・3GBまで無料

※ドコモは2年契約(自動更新・解約金あり)の場合
※楽天モバイルは3年契約(解約金あり)の場合

最安値は、なんとキャリアのドコモという結果に。

しかし、格安SIMの2社のような無料通話分はありません。

また、「5分以内の国内通話無料」をプラスした場合、今度はドコモが最も高額になります。

よって、ガラケーで通話する機会が多いのであれば、「10分以内の国内通話無料」を備えている楽天モバイルが強いですね。

また、楽天モバイルとIIJmioは共に、1ヶ月間に無料で使用できるデータ量が2GBを超えています。

ドコモの100MBとはかなりの差です。

もしドコモで2GB利用したい場合は、2,000円の追加料金が必要となります。

そのため、総合的に考えると、この勝負は格安SIMの方に軍配が上がりますね。

ワイモバイルバナー

LINEアプリを利用した場合の月額料金で比較!

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

最近のガラケーの多くは、スマホと同じ「Android」のOSを搭載している「ガラホ」と呼ばれています。

外観はガラケーながら中身はスマホに近いという特徴をよく表しているネーミングですよね。

そんなガラホでは、一部のスマホアプリをインストールして利用することができます。

特に人気なのが、スマホでもコミュニケーションツールとして利用されている「LINE」です。

LINEで利用する容量と料金プラン

LINEはメッセージのやり取りを行う度に、通信量がどんどん蓄積していきます。

LINEで発生する、気になる平均通信量は以下のとおりです。

LINEで発生する通信量
  • トーク1件:約3KB
  • スタンプ1件:約7KB
  • 写真(静止画)1件:約100KB(解像度などにより大きく変化)
  • 動画1件:1MB以上(解像度などにより大きく変化)

「あれ、こんなに少ないの?」と思われた方が多いのではないでしょうか。

しかし、振り返ってみてください。

LINEでちょっと会話が盛り上がったとき、1つの話題でトークやスタンプを10回以上送った経験はないでしょうか?

これが蓄積すると、100~200MBには簡単に到達してしまいます。

さらに、写真や動画なども送れば、数百MBなど本当にあっという間です。

もちろんLINEアプリの通信量には個人差があります。

しかし、LINEアプリを利用するのであれば、容量に余裕のあるデータプランがおすすめです。

よって、ここでは月に使えるデータ量を1GBとした場合の通信料金を比較していきます。

データ量1GBのプランで料金比較

項目ドコモ楽天モバイルIIJmio
プラン料金1,200円
1,480円
(楽天会員の場合)
1,600円
無料通話
内容
・通話料は
20秒毎に
30円
・+700円で
5分以内の
国内通話
無料
・+1,700円で24時間
国内通話
無料
・10分以内の国内通話無料
・超過分は
30秒毎
10円
・通話料は
30秒毎に
10円
・+600円
で3分以内の
国内通話
無料
・+830円
で10分以内
の国内通話
無料
月に使える
データ量
・無料分は
100MB
まで
・超過分は
1GBにつき
1,000円で
追加可能
・2GBまで
無料
・3GBまで
無料
追加データ
料金
+1,000円
(1GB追加)
なしなし
合計
月額料金
2,200円1,480円1,600円

※ドコモは2年契約(自動更新・解約金あり)の場合
※楽天モバイルは3年契約(解約金あり)の場合

ドコモは先程まで最安値でしたが、データ追加料金によって最高値となってしまいました。

反対に、もともとデータ容量に余裕のあった楽天モバイルとIIJmioは、料金に変化がありません。

これまでの比較から、次のことが分かりました。

ガラケー利用時のドコモと格安SIMの比較結果まとめ
  • 通話も通信もそれほどしない場合、最安値はドコモ
  • 10分以内の通話が多い場合や、LINEを多く利用する場合は、楽天モバイルが最も安くなる

ガラケー利用のauと格安SIMを比較!

auショップ

次はauと格安SIMを比較していきます。

auの最安ガラケープランは次のとおりです。

項目au備考
基本料金1,200円
・5分以内の国内通話無料
・通話料は20秒毎に30円
データ
通信料金
0~4,200円
・無料分は500KBまで
・500KB超過分は、0.03円/KB
・上限は137.2MBまで
インターネット
使用料
300円-
合計1,500円~5,700円-

※2年契約(自動更新・解約金あり)の場合

auのガラケープランは、ドコモにはなかった「5分以内の国内通話無料」が含まれています。

しかし、無料で使えるデータ量は500KBと非常に少ないです。

LINEを使ったら、あっという間に枯渇してしまうでしょう。

また、500KBを超えた後の料金は増加スピードが速く、約137MBで上限の4,200円に達してしまいます。

auでは1GBで2,900円の定額プランも提供しているので、LINEを利用するのであれば、こちらを選択した方が良いでしょう。

2つの格安SIMとauの料金を比較!

ドコモのときと同じく、楽天モバイル・IIJmioと比較します。

比較結果は下の表のとおり。

項目au楽天モバイルIIJmio
プラン料金1,200円
1,480円
(楽天会員の場合)
1,600円
無料通話
内容
・5分以内
の国内通話
無料
・通話料は
20秒毎に
30円
・10分以内
の国内通話
無料
・超過分は
30秒毎10円
・通話料は
30秒毎に
10円
・+600円
で3分以内の
国内通話
無料
・+830円
で10分以内
の国内通話
無料
月に使える
データ量
・無料分は
500KBまで
・500KB
超過分は
0.03円/KB
・上限は
137.2MB
まで
・2GBまで
無料
・3GBまで
無料
インター
ネット
使用料
300円0円0円
追加データ
料金
0円~
4,200円まで
なしなし
合計
月額料金
1,500円~5,700円1,480円1,600円

※auは2年契約(自動更新・解約金あり)の場合
※楽天モバイルは3年契約(解約金あり)の場合

最安値は楽天モバイルですが、3社とも月額料金はほぼ変わらない結果に。

ただし、LINEアプリ利用を想定し、月に使用するデータ量を1GBとすると、結果はかなり変わります。

項目au楽天モバイルIIJmio
プラン料金1,200円
1,480円
(楽天会員の場合)
1,600円
無料通話
内容
・5分以内の
国内通話
無料
・通話料は
20秒毎に
30円
・10分以内
の国内通話
無料
・超過分は
30秒毎
10円
・通話料は
30秒毎に
10円
・+600円
で3分以内
の国内通話
無料
・+830円
で10分以内
の国内通話
無料
月に使える
データ量
・1GBまで・2GBまで
無料
・3GBまで
無料
インター
ネット
使用料
300円0円0円
追加データ
料金
2,900円なしなし
合計
月額料金
4,400円1,480円1,600円

※auは2年契約(自動更新・解約金あり)の場合
※楽天モバイルは3年契約(解約金あり)の場合

楽天モバイルとIIJmioの料金に変化はなく、auの料金だけが大幅にアップしました。

auの料金プランには、先程までの従量課金制のものではなく、1GBの定額プランを採用しています。

こちらの方が1,000円以上も安くなるはずなのですが、それでも格安SIMよりはだいぶ高めです。

ガラケー利用時のauと格安SIMの比較結果まとめ
  • 通話も通信もそれほどしない場合、最安値は楽天モバイルだが、3社ともそれほど変わらない
  • 5分以内の通話が多い場合は、auか楽天モバイルがおすすめ
  • LINEアプリを利用する場合は、楽天モバイルかIIJmioがおすすめ。auは他の2社に比べて割高になる
auのおすすめガラケーランキング|スマホと2台持ちするならどれ?

次のページでは、ソフトバンクと格安SIMの料金を比較していきます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー
この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ