変わりゆくスマホの料金事情。本体価格やパケット代の劇的な変化とは

  • 2019年1月14日
  • by.mayo

c2b61c4e8abfd83a662f6798c65e35a2_m

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

パケット定額制が登場し、ネットを利用しやすくなった

画像引用元:auケータイ図鑑|おもいでタイムライン

  • 男性
  • 29歳・会社員
  • 利用しているキャリア:au
  • 初めて携帯を持った年月:2003年16歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:専門学校に入学したのを機に
  • 初めてのキャリア:Tu-Ka
  • 初めての機種:TT22
  • よく使った機能:インターネット
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:2年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:30000円くらい
  • メル友の人数:20人
  • どこで買ったか:ケータイショップ

中学生で周りの友人が携帯を持ち始めた時代でした。親にかなり頼み込んでようやく買ってもらえたと思います。

念願の携帯を手に入れてとてもうれしかった記憶があります。キャリアは今はなきTu-Kaで、KDDIグループのキャリアです。

両親が同じキャリアの携帯を使用していたため、自然とTu-Kaの携帯を契約する形になりました。

購入してもらった機種はTT22という二つ折りのガラケーでした。

歴代使用してきた携帯を捨てずに残しておいているため、久しぶりに取り出してみましたが、当時の携帯としては割とサイズも小さめだと思います。

ですが、まだカメラが付いていない時代の携帯でしたので、画質などはお世辞にも良いとは言えなかった印象です

現在のスマートフォンの性能が良すぎるというのが正直なところですが、初めて手にする携帯にしてはシンプルでよかったものだと思います。

当時はパケット定額制がなく、ネット利用やメールで使用したパケットがそのまま通信料に反映されたため、ネットを使い過ぎて怒られることが多かったです

当然料金の支払いは親がしてくれていたため、使用時以外は電源を切って親に預けていた気がします。

ですが、パケット定額制が登場し、現在ではそのパケットを使い過ぎたら数千円から追加で購入する時代になりました

通信業界で一時期働いた経験がありますが、現在の通信技術の進歩も目覚ましいものだと改めて実感しています。

ガラケー時代はPCサイトは別のブラウザを使用してようやく閲覧できる機能があったと記憶しています。

現在ではPCサイトもスマホであまり違和感なく閲覧ができ、動画も再生できる時代になり、とても便利になったと思います

冒頭でも書きましたが、最初は必死にお願いして買ってもらった携帯を今では自分で購入し、料金も自分で支払っています。

このレビューを書いて、改めて技術の進歩を感じましたし、とても懐かしい記憶を思い出すことができました。

auのガラホでLINEを使える機種は?料金プランと合わせて解説

格安SIM利用で、月額料金が2000円ほどに収まっている

画像引用元:携帯電話の歩み/デジタル・mova F503iS HYPER

  • 男性
  • 36歳
  • 利用しているキャリア:楽天モバイル
  • 初めて携帯を持った年月:2002年19歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:専門学校に入学したのを機に
  • 初めてのキャリア:ドコモ
  • 初めての機種:F503iS
  • よく使った機能:キャリアメール
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:1年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:7000円くらい
  • メル友の人数:10人
  • どこで買ったか:ケータイショップ

私が初めて携帯を持ったのはガラケー(富士通のF503I)でした。

当時は広末涼子がドコモ携帯電話でアプリ機能を搭載し、ゲームができるということで凄く話題になってました

当時の価格は新規契約で2万円くらいでした。

その前はPHSだったのですがPメールが1通5円に対し、ドコモは1円でしたのでメールしか使わない私にはドコモの携帯電話がピッタリでした。

そこから新機種が出る度にアルバイトで稼いだお金で携帯電話を機種変更していました。

記憶が定かではないのですが、ガラケーからスマホになる前はガラケー本体の割引が非常に高く、2万円もあればハイスペックな機種に交換することができました。

スマホに変更してからもドコモを3年間ほど契約をしていました。

その理由としては、スマホが販売されてから3年後くらいにドコモの月額料金の変更が大きく変わり、月々980円~のパケット通信でスマホが持てたのです

その時はソフトバンク、WiMAX、ドコモ、au、イーモバイルから月額3880円でポケットWi-Fiが発売されていました。

ドコモだけが5980円と割高だったのですがイーモバイルのGP02という端末が20Mほどの速度が出ていたので、ドコモのスマホ980円と3880円という低価格で契約をしていました。

しかし、イーモバイルがソフトバンクに吸収されることをきっかけに契約内容も変更になるとのことで、イーモバイルを解約しました。

しかし、ドコモも同時に契約内容が変更されてしまい低価格がで持つことが出来なくなりました。

今はドコモのクロッシー端末を使いながら楽天モバイルにSIMを変更しています

今住んでいる所はインターネットが無料で使えるので楽天モバイルの月額料金約2000円程です。

更に最近、楽天モバイルは通信速度制限が解放されたので更に快適に使えるようになりました。

そして、公共料金や家賃を楽天カードで支払っていますからポイントが付与されて、そのポイントで支払うことが出来るので殆ど料金がかからなくなりました

楽天モバイルでスマホを持てばガラケーよりも安く持てるので本当にオススメなキャリアだと思います。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

[2020]ドコモのガラホおすすめランキング|料金プランとLINEの注意点も

編集部まとめ

今回はどんどん変化していく携帯の料金事情に関するエピソードをまとめてみました。

ガラケーからスマホに代わってから本体価格は高くなりましたが、反対にパケットが定額になったのでインターネットなどが安価で使えるようになりましたよね。

最近では格安SIMが段々と主流になってきたので、さらなるプライスダウンが期待できそうです。

音声通話・ガラケーにこだわる人の携帯の乗り換えトップ3

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ