ガラケー時代はSNS黎明期!初めて持った携帯のスペックや当時の流行

  • 2019年1月2日
  • by 
ガラケー時代はSNS黎明期!初めて持った携帯のスペックや当時の流行

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

画像引用元:auケータイ図鑑|おもいでタイムライン

SNS黎明期を間近で体験することができた

画像引用元:auケータイ図鑑|おもいでタイムライン

  • 男性
  • 25歳・フリーター
  • 利用しているキャリア:au
  • 初めて携帯を持った年月:2009年15歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:高校進学をきっかけに
  • 初めてのキャリア:au
  • 初めての機種:H001
  • よく使った機能:モバゲー
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:4年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:5000円くらい
  • メル友の人数:150人
  • どこで買ったか:家電量販店

地方出身で、実家も小さな村にあったため、高校進学まで携帯を持たせてもらえませんでした。

高校に合格し、合格祝いに買ってもらった携帯はとてもうれしかった記憶があります。

最初に持った携帯は日立のワンセグ機能が付いた携帯で、当時としては珍しい有機ELディスプレイのガラケーでした

両親ともにauを使っていたため、私自身もauの携帯になりました。

年上のいとこや友人の何人かはすでに携帯を持っていたため、とてもうらやましく思っていました。

はじめてのガラケーは今でも実家にとってあります。結局その携帯は電池パックを変えつつ大学進学時まで使用し続けていました

ちょうど高校三年生のころ、今でいうスマートフォンが発売されたのを覚えています。

あれから10年近くたちますが、スマホ一つで様々なことができるようになった今、ガラケー時代のさまざまな思い出がとても懐かしく感じます

着うたフルで好きなアーティストの着メロを購入したり、ゲームのし過ぎで通信費が高くなり、親にさんざん叱られたり。

好きな娘にメールで告白したり。当時撮ったプリクラはいまだにガラケーのSDカードに入っていると思います。

電池パックのところにプリクラを入れたりしていたのも懐かしい記憶です。

高校時代、モバゲーやmixi全盛期を過ごした私の世代は、ある意味SNSの黎明期を間近に体験した世代なのかもしれません

ツイッターやフェイスブック、LINEも青春時代にサービスが開始されたように記憶したいます。

ツイッターは高校三年の時に始めましたが、ツイッターを通じて受験仲間を作って情報交換したり、ゲーム仲間と知り合ったり、今でも連絡を取り合う仲間と知り合えたのは良い思い出です。

大学進学を機に、ガラケーからiPhoneへと機種変更しました。

すでにiPod touchを使用していたため、カルチャーショックのようなものは感じませんでしたが、アプリの便利さ、パソコンのようなスペック等、一気に技術が進んだように感じました。

ガラケーからスマホに乗り換える時のお得なキャンペーンと手続き方法

最低限でシンプルなガラケーに魅力を感じる

画像引用元:auケータイ図鑑|おもいでタイムライン

  • 男性
  • 41歳・会社員
  • 利用しているキャリア:LINEモバイル
  • 初めて携帯を持った年月:2002年25歳の時
  • 携帯を持ったきっかけ:彼女ができたこと
  • 初めてのキャリア:au
  • 初めての機種:A1014ST
  • よく使った機能:電話
  • 最初の機種変更まで何年使ったか:4年
  • 月々の携帯料金はいくらだったか:4000円くらい
  • メル友の人数:5人
  • どこで買ったか:キャリアの直営店

2002年ぐらいのことなのでかなり昔の話ですが、初めて携帯を持つことになったきっかけは彼女ができたことでした。

当時はまだ固定電話しか持っていなかったのですが、それほど不自由には感じていませんでした。

ただ、彼女に携帯電話を持ってほしと言われ、お金もあまりなかったので気は進まなかったのですが、止む無く加入することにしました。

その当時はまだスマートフォンは存在しておらず、選択肢はガラケーのみでした。

キャリアはauを選びました。

選んだ理由は、彼女のキャリアがauだったということと、当時私は学生だったので、auが「学割で半額」などと学生が安く入れることをCMなどで盛んにアピールしていたからです

実際、学生だとかなり安く使うことができ、だいたい月額で3000~4000円くらいだったと記憶しています。

選んだ機種はSANYOが出していたA1014STというもので(記念にまだ捨てずに持っています)、当然ですが今のスマートフォンに比較すると機能がはるかに少なく、メールと電話ぐらいしか使っていなかったです。

ただ、機能が少ない分電池の持ちは素晴らしく良く、あまり頻繁に携帯電話を使うほうではなかったので1週間近く充電せずに使えていたと記憶しています。

今使っているスマートフォンは1日ですら充電が持たないのでモバイルバッテリーを常備しているぐらいなので、電池の持ちに関しては圧倒的にガラケーのほうがよかったです

また、スマートフォンでは1~2年程度でバッテリーが劣化して新しいバッテリーに交換したり、あるいはバッテリーが交換できない機種では買い替えたりしたことがあります。

しかしガラケーを使っていてそのような経験はないので、バッテリー自体の寿命もガラケーのほうが長かったと思います

スマートフォンは多機能ではありますが、正直余分な機能もかなりついていると思います。フルセグとか財布機能とかついていますが使ったことがないです。

もう現在ではガラケーは絶滅しかけていますが、私のような最低限の機能しか必要ない人間にとってはガラケーのほうが魅力的なので、なくなってしまうのはとても残念です。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

ガラケーからスマホへ写真や画像データ移行の方法【iPhone/Android】

編集部まとめ

今回は初めて携帯を購入することになったきっかけと、ガラケー時代のエピソードについてまとめてみました。

私も中高生時代にmixiやGREEが流行っていたので、お互いの紹介文を書いたりする文化が懐かしいです。

スマホに代わってから、写メや着メロのような言葉が当たり前のように使われなくなっているのも面白いですよね。

これを機にガラケー時代のことを思い出してみてください!

音声通話・ガラケーにこだわる人の携帯の乗り換えトップ3

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

スマホ・携帯料金を節約する方法|平均よりも安くする5つの技術... 携帯料金は安くはありません。 2016年の総務省の家計調査によれば、平均で約6,400円でした。しかし、これは一人あたりの平均料金ですから、家族全員がスマホを持っていれば数万円単位にもなります。 実は、スマホ・携帯ユーザーのほと...
5インチ台のスマホ最新おすすめランキング【2019春】iPhone/Android... 今回は5インチ台のおすすめ小型スマホをランキング形式で紹介します。 手が小さい方や子供用に買う方など、小型スマホが欲しい方も多いですよね。 しかし、ここ最近は6インチ以上の大型スマホが主流となり、小型スマホの選択肢が少なくなっていま...
auひかりとUQモバイルのセット割引はない!狙うならキャッシュバック... 今、スマホ業界のキャッシュバックや割引のキャンペーンが規制されていますが、光回線のキャンペーンに熱い案件が多いことはご存知ですか。 コラボ光と呼ばれる、光回線とauやドコモなどの携帯会社のサービスが提携した光回線サービスの多くは、お得...
男ならこれだろ!頑丈なタフネススマホおすすめランキング【2019年版】... 「落としてくすに壊れてしまうスマホ」「水に濡れたぐらいで使えなくなってしまうスマホ」そんなスマホはいらん。 そんな男性におすすめしたい「男ならこれだろ!頑丈なタフネススマホおすすめランキング」の2019年版を紹介していきます。 ...