メールやWordファイルの文字化け~原因やデータを守る復元方法を徹底解説

メールやWordファイルが文字化けしてしまうことがあります。文字化けの原因がHDDやSSDの不具合であれば、自力で復元しようとしてデータが消失してしまうこともあり、復元には注意が必要です。本記事では、データが文字化けしてしまった時の原因と復元方法を解説しています。
  • 2022年10月28日
  • by.bitdds

PC

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「届いたメールが文字化けして読むことができない」「ファイル名が文字化けしていて読めない」といった経験はありますか?

さまざまな要因によって文字化けは生じてしまいますが、最も重大なのはHDDなど記憶媒体に不具合が生じているときです。

この場合、むやみに個人で復元することは非常に難しいです。

本記事では、文字化けした際の原因と復元方法について解説し、確実に復元したい時の為に編集者のおすすめするデータ復旧業者を紹介します。

文字化けしたときの対処法
  • 筐体を変更する
  • ソフトウェアを変更する
  • ファイルをダウンロードする
  • 文字化け専用ツールを使用する
  • データ復旧専門業者へ相談する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

文字化けとは

PC

「文字化け」とは「文字コード」の設定の誤りなどによって、文字が意味不明な羅列を組んで表示されることです。

コンピュータは「数値」として文字を捉えていて、あらかじめ決められた数値に基づき、文字を表示させます。

あらかじめ決められたコードは、使用する媒体によって異なるため、入力した文字コードと表示される文字コードが違うことで文字化けが発生してしまうのです。

文字化けが起こる原因とは

ここでは、メールが文字化けするときと、Wordファイルが文字化けするときの2つのパターンに分けて解説します。

文字化けが起こる主な2パターン
  • メールが文字化けするとき
  • wordファイルが文字化けするとき

メールが文字化けするとき

メールが文字化けするときは主に3つの原因が考えられます。

メールが文字化けするとき
  • 文字コードが相違している
  • 機種依存文字が使われいる
  • HTLMメールで送信されている

文字コードが相違している

通常であれば、パソコンには私たちが日常に使っているいくつかの種類の文字しか表示されません。

しかし、パソコンは文字を「データ処理」しており、「文字コード」の規定に基づき表示される仕組みになっています。

メールで文字を入力するときには、「シフトJIS(Shift_JIS)」という日本語入力が用いられている一方、メールソフトでは「ISO-2022-JP(JISコード)」が用いられているのです。

メールを受信する際、この「ISO-2022-JP(JISコード)」は「シフトJIS(Shift_JIS)」に戻されますが、送信する側と受信する側で設定された文字コードが異なるとき、正しく表示されずに文字化けしてしまうのです。

機種依存文字が使われいる

メールの一部が文字化けしているときには、機種依存文字が使われていることが疑われます。

この機種依存文字とは、一部の機種やOSにのみ対応する機種のことを指します。

Windowsのパソコンにおいて、変換予測で表示された文字の横に「環境依存」と表示されている場合、その文字は機種依存文字のため注意しましょう。

HTLMメールで送信されている

HTLMメールとは、メールマガジンなどでよく見受けられる、カラフルな文字や画像を入れるときに使用する形式のことです。

この形式は時折メールソフトでは読み込めないことがあり、文字化けしてしまいます。

wordファイルが文字化けするとき

wordファイルが文字化けするときは、以下のような原因が見受けられます。

wordファイルが文字化けするとき
  • ファイルの拡張子が異なっている
  • Wordエンコードが異なっている
  • Wordのバージョンが異なっている
  • Wordファイル破損している

ファイルの拡張子が異なっている

「.docx」や「.doc」は、Wordファイルの拡張子ですが、これが書き換えられたり、間違ったりしてしまうことがあります。

そのまま起動してもWord文書が正常に開かず、文字化けする原因になるのです。

Wordエンコードが異なっている

外部のサイトからコピペした文書やメモ帳などで作成した文書をWordに出力すると、文字化けの原因になります。

これは、文字を変換する方法であるUnicodeやJISといった「ワードエンコード(文字コード)」が設定やプログラムによってそれぞれ異なるために起こります。

Wordのバージョンが異なっている

Wordには色々なバージョンが存在し、随時アップデートすることで更新されていきます。

Wordのバージョンが作成したときと開こうとしたときで異っている場合、文字化けする可能性があるのです。

Wordファイル破損している

ファイルが何らかの原因で破損しているときも文字化けする原因になります。

Wordファイルから「開いて修復」を選択し、修復することができますが、誤った操作をしてしまうとデータを上書き・フォーマットする可能性があります。

不安な方はデータ復旧業者に復旧依頼しましょう。

記録媒体に障害が起きている

HDDやSSD、USBやSDといった記録媒体に「論理障害」が生じていることが考えられます。

「論理障害」とは内部のデータが破損する障害のことですが、論理障害を個人で修理することは非常に難しいと言われています。

最悪の場合、データが消えてしまう危険性があるので、なるべく早くデータ復旧業者に相談することをおすすめします。

文字化けしたときの対処法

文字化けした時の対処法として、以下の方法が挙げられます。

文字化けしたときの対処法
  • 筐体を変更する
  • ソフトウェアを変更する
  • ファイルをダウンロードする
  • 文字化け専用ツールを使用する
  • データ復旧専門業者へ相談する

筐体を変更する

WindowsとMacのように、使用する文字データに違いがある場合、通常通りに文字を表示させるためには、筐体を変更することが有効であると言えます。

一度筐体を変更することを試してみましょう。

ソフトウェアを変更する

昔に作成されたホームページなどに対してソフトウェアの変更やソフトウェア自体の文字コードの変更を行うことで文字化けが解消されることがあります。

また、メールが文字化けする場合、メールのアプリケーションを変更すると、同様に文字化けが解消され、通常通りに表示される可能性があります。

ファイルをダウンロードする

ファイルなどをプレビュー画面で開いていると、メーラーとファイルの文字コードが一致しないことによって文字化けが生じることがあります。

送られてきたファイルなどは一度ダウンロードしてソフトで開くことが有効と言えるでしょう。

文字化け専用ツールを使用する

文字化け専用ツールに文字化けしているテキストを張り付けると、文字が解読できるようになることがあります。

ただし、この方法では容量が大きいファイルやデータを対応できない可能性が高いため注意が必要です。

また、この方法で解消しない場合、記憶媒体の損傷など重度の障害の発生が考えられ、誤った操作をしてしまうと最悪の場合にデータが取り出せなくなってしまう可能性があります。

文字化け専用ツールを使用するは症状が軽いときのみにし、なるべくそのままの状態でデータ復旧業者に依頼しましょう。

データ復旧専門業者へ相談する

HDDやSSD、USBやSDといった記録媒体に「論理障害」が生じている場合、内部で複雑な問題が生じている可能性があります。

この場合、個人で文字化けを解消しようとするとデータの消失につながる恐れがあります。

そのため、知識と技術が豊富な専門業者に相談して、文字化けの原因を特定し、修復してもらうことが一番確実な方法です。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と信頼できる実績があります。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応できる、官公庁・法人からの依頼実績も多数など、技術力の高さは間違いありません。

また相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

メールやWordファイルが文字化けしたときの対処法まとめ

今回は、メールやWordファイルが文字化けしてしまったときの原因と対処法についてお伝えしました。

文字化けはさまざまな原因で生じる可能性がありますが、特に記憶媒体に問題が発生している場合は、データが消失する危険性があります。

自力で対処するのはデータが消えてしまったり上書きしてしまう可能性があるため、不安な方や確実に復旧したい方はデータ復旧業者に相談しましょう。

文字化けしたときの対処法
  • 筐体を変更する
  • ソフトウェアを変更する
  • ファイルをダウンロードする
  • 文字化け専用ツールを使用する
  • データ復旧専門業者へ相談する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。