【限界突破WiFi VS どんなときもWiFi】徹底比較|どっちがいいか?その理由

【限界突破WiFi VS どんなときもWiFi】徹底比較|どっちがいいか?その理由

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

どんなときもwifi

海外利用時の比較

画像引用元: 【公式】エックスモバイル – X-mobile_限界突破WiFi

海外では、普段使っているWi-Fiルーターは使用できません。

海外専用の端末をレンタルする必要があります。

しかし、レンタル料金やプラン料金が割高だったりと、Wi-Fiルーターの海外利用は何かと不便が多いものです。

では、限界突破WiFiとどんなときもWiFiではどうなのでしょうか。

項目限界突破Wi-FiどんなときもWi-Fi
対応国数世界107カ国世界107カ国
料金380円~/日1,280円~/日
利用方法必要なのは設定のみ
端末そのまま使用可
レンタル不要
必要なのは設定のみ
端末そのまま使用可
レンタル不要

両者とも海外利用は非常に便利!

限界突破WiFiとどんなときもWiFiは、海外でも利用できます。

海外で使うために必要となるのは、普段利用している端末の設定のみです。

煩わしい手続きは一切要りません。

海外利用料金は複雑!

上の表中の金額は、海外利用時の最低料金です。

今回は説明のためシンプルにまとめましたが、実際はより複雑な構成となっています。

ここでそのすべてを紹介するのは難しいので、例として、ポピュラーなものだけピックアップしました。

限界突破WiFiの料金

国名300MB/1日1GB/7日3GB/30日
アメリカ(ハワイ・アラスカ含む)
カナダ
メキシコ
580円1,480円2,980円
プエルトリコ
グアム・サイパン
780円1,680円4,480円

どんなときもWiFiの料金

国名1GB/1日
アジア・オセアニア・
ヨーロッパ・北米
1,280円
中東・南米・アフリカ1,880円

どんなときもWiFiのプランは1種類のみです。

人気の旅行地の料金が安いのは嬉しいですね。

ただ、中東のドバイなど、一部の超人気旅行地は料金が高めです。

1日で使えるプランを比較

項目限界突破Wi-FiどんなときもWi-Fi
1日で使える
データ量
300MB1GB
日額料金580円1,280円
1MBあたりの価格1.93円1.28円

限界突破WiFiは、1日に使えるデータ量が300MBと少なく、1MBあたりの料金も高めです。

対するどんなときもWiFiは、1日に1GB使える上に、料金も割安となっています。

よって、海外利用では、どんなときもWiFiの方が優れていると言えるでしょう。

通信速度の比較

最後は、Wi-Fiルーターで最も重視すべき通信速度の比較です。

Wi-Fiルーター端末の最大下り通信速度は両者共に150Mbpsですが、実際の通信速度は測定する場所や環境によってかなり差が出ます。

そこで、使用者の通信速度に関するツイートを抜粋したものを下の表にまとめました。

項目限界突破WiFiどんなときもWiFi
各地での
通信速度
東京都
新宿区:36Mbps
千代田区:20.8Mbps
港区:32.4Mbps
渋谷区:43.6Mbps

愛知県
蒲郡市:39.2Mbps

茨城県
ひたちなか市:45.0Mbps
東京都
(平均30.1Mbps)
渋谷区:15.4Mbps
新宿区:24.2Mbps
千代田区:27.1Mbps
港区:43.0Mbps
立川市:13.5Mbps

神奈川県
横浜市:24Mbps

長野県
長野市:55.4Mbps

限界突破WiFiは2019年10月10日にサービスを開始したばかりということもあり、速度に関するツイートはかなり少なめ。

しかし、表のとおりどの地域でも20Mbpsを超えていました。

対するどんなときもWiFiの速度は、どの地域も概ね10Mbps越えという結果に。

数字だけを見ると限界突破WiFiの方が優れているように見えますが、ソースの量にかなりの差があるので、これだけで優劣を決めるのは危ないかもしれません。

ただ、両者共にWi-Fiルーターとして十分な速度を持っていることだけは確かです。

おすすめできるWi-Fiはどっち?

では、これまで比較してきた項目をまとめてみましょう。

比較項目限界突破Wi-FiどんなときもWi-Fi
データ容量互角互角
料金×
電波の提供エリア互角互角
Wi-Fiルーター端末×
海外利用×
※比較できなかった通信速度は除外

このとおり、より優れている点が多かったのは限界突破WiFiのほうでした。

もちろん、どんなときもWiFiがダメなWi-Fiというわけではありません。

どんなときもWiFiのサービス内容は、現在でも他社を圧倒するくらい優秀なものです。

それに勝利した限界突破WiFiは、かなりの実力を持ったWi-Fiルーターであると言えます。

端末発送は遅れるかも…?

今でも大人気のどんなときもWiFiは、サービス開始当初、あまりにも注文が殺到した結果、しばらくは在庫不足の状態が続いていました。

中には、端末の発送まで最大1ヶ月以上待ったという人もいたほどです。

さて、今回登場した限界突破WiFiは、そんなどんなときもWiFiにサービス内容で勝っています。

つまり、どんなときもWiFiと同様の現象が起きてしまう可能性が十分にあるのです。

2019年10月末時点で、すでにこの徴候は現れており、注文~端末発送まで1週間待ちの状態でした。

今後、この待ち時間がさらに増えていくかどうかは、現時点ではわかりません。

しかし、良い評判が増えればより人気が加速していくはずですから、注文を検討している方は早めに行動することをおすすめします。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

どんなときもwifi
この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ