ドコモのギガホ割はいつまで?期間・割引金額・併用可能キャンペーン

  • 2019年5月2日
  • by 
ドコモのギガホ割はいつまで?期間・割引金額・併用可能キャンペーン

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

いよいよ2019年6月1日からドコモの新プラン「ギガホ」「ギガライト」が提供開始されます。

それに伴い、ギガホ専用の期間限定割引「ギガホ割」も開始されます。

ただ、今までのプランのまま利用した方が安いのか、ギガホに変更した方が安いのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、ギガホの内容やギガホ割の受付期間・割引金額・併用可能なキャンペーンを解説し、従来プランと比較します。

先にお伝えしてしまうと、家族でドコモを利用してベーシックシェアパックで15GB以上使っているなら、確実にギガホの方が安いですね。

家族3人のギガホと従来プランの比較

プランギガホ
(1人30GB)
ベーシック
シェアパック
(15GB〜30GB)
通話プラン20,940円
(6,980円×3回線)
2,940円
(980円×3回線)
spモード900円
(300円×3回線)
データ定額16,000円
(主回線:15,000円
子回線:500円×2回線)
みんなドコモ割-3,000円
(-1,000円×3回線)
-
ギガホ割6ヶ月間:-3,000円-
月額6ヶ月間:14,940円
それ以降:17,940円
19,840円

ドコモの新プランにするか悩んでいる方は、ここでしっかりギガホにするか吟味して、得ならプラン変更してくださいね!

トップ画像引用元:これからはシンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

1 新プラン「ギガホ」「ギガライト」はどんなプラン?

ギガホ

画像引用元:これからはシンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

まずはドコモの新プラン「ギガホ」と「ギガライト」のプラン内容をチェックしましょう。ギガホは30GBのデータ定額プランです。

ギガホの月額料金

データ量定期契約あり定期契約なし
30GB6,980円8,480円

30GBまでならデータ量に関わらず6,980円定額で、データ量を超過すると通信速度が最大1Mbpsまで制限されます。

従来プランでは速度制限中は128kbpsで全く使い物になりませんでしたが、最大1Mbpsなら制限中でもある程度は許容できるでしょう。

一方、ギガライトは7GBまでの段階制定額で、データ利用量が少ない方ほどお得です。

ギガライトの月額料金

データ量定期契約あり定期契約なし
0〜1GB2,980円4,480円
1〜3GB3,980円5,480円
3〜5GB4,980円6,480円
5〜7GB5,980円7,480円

利用するデータ量が規定値に達すると、自動的に1つ高い料金にシフトします。
また、データ量が7GBになると、それ以降は最大128kbpsまで通信速度が遅くなってしまいます。

128kbpsではGoogle検索すらかなり待たされるようになり、Webサイトによってはタイムアウトすることも。

普通に使うには1GBを1,000円で追加する必要があるので、普段から7GBギリギリの方はギガホの方がいいですね。

ギガホとギガライト
  • ギガホは30GBの大容量定額プラン。超過してもある程度の速度がでる。
  • ギガライトは7GBまでの段階制定額プラン。データ利用量が少ないほどお得。7GBを越えるとかなり遅い。

2 ギガホ割の受付期間と割引金額

ギガホ割の受付期間と割引金額

ギガホ割は、ギガホを対象とした期間限定の割引キャンペーンです。

受付期間中にギガホへのプラン変更や、ドコモへの新規契約・MNPで条件を満たせば、最大6ヶ月間1,000円割引が受けられます。

ギガホ割の受付期間
  • 2019年5月22日〜2019年9月30日

ギガホ割の受付期間はギガホの予約開始と同時の2019年5月22日からです。

あらかじめ予約しておけば、2019年6月からギガホへ切り替わり、同時にギガホ割の割引も適用されます。

MNP・機種変更するならギガホ+ギガホ割を選ぼう

ギガホとギガライトで迷っている方は、毎月のデータ量が5GBを超えるか否かで判断しましょう。

ギガホ割を利用すれば、ギガホの利用料金が月額5,980円となり、ギガライトの5〜7GBの料金と同額です。

その上で30GBまで利用できるので、多少動画やアプリのダウンロードができるので、データ量をほとんど気にせずたっぷり使えます。

特にドコモへMNPや機種変更で新しいスマホを手に入れると、初期設定や必要なアプリのインストールがあるので、5GB以上確実にデータ消費しますよね。

そのため、初めの6ヶ月間はギガホを利用し、その後は利用方法に合わせてギガライトと使い分けるのがいいですね!

ギガホ割を活かすには
  • 初めの6ヶ月間はギガホがおすすめ
  • その後は使用量に合わせて

3 ギガホ割と併用できるキャンペーン・割引

続いてギガホ割と併用できるドコモのキャンペーンや割引をチェックしましょう。

ギガホ割と併用できるキャンペーン・割引
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割
  • ずっとドコモ特典
  • はじめてスマホ割

3-1 みんなドコモ割

みんなドコモ割

画像引用元:みんなドコモ割 | 料金・割引 | NTTドコモ

みんなドコモ割では、同じファミリー割引グループ内のギガホ・ギガライトなどの対象プランを契約している回線数に応じて月々500円〜1,000円割引が受けられます。

条件を満たす限りはずっと割引対象となるので、家族まとめてドコモを使っている方には嬉しい割引ですね!

みんなドコモ割の割引額

回線数割引額
1回線0円
2回線-500円
3回線以上-1,000円

割引対象となるプランはギガホ・ギガライトの2つですが、従来プランも回線数のカウント対象になります。

主なカウント対象のプラン
  • カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン
  • シンプルプラン
  • タイプXi

そのため、ギガホ・ギガライトにする家族が1人だとしても、簡単に1,000円割引が受けられますね。

3-2 ドコモ光セット割

ドコモ光セット割

画像引用元:ドコモ光セット割 | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモ光セット割では、ドコモ光のペア回線と同じファミリー割引内のギガホ・ギガライト利用料金から、最大1,000円割引が受けられます。

ドコモ光セット割の割引額

プラン割引額
ギガホ-1,000円
ギガライト
5〜7GB
-1,000円
ギガライト
3〜5GB
-1,000円
ギガライト
1〜3GB
-500円
ギガライト
0〜1GB
-

従来の料金プランでは、シェアパックの代表回線しか割引対象になりませんでした。
しかし、ギガホ・ギガライトのドコモ光セット割は全ての回線が割引対象になります。

家族3人以上でドコモを使っているなら、みんなドコモ割と合わせて1回線2,000円割引に!

ギガホ・ギガライトを使う家族が多いほどお得になるので、今まで以上にドコモ光セット割の重要性が増しますね!

3-3 ずっとドコモ特典

dポイント

画像引用元:dポイントカードとは|d POINT CLUB

ずっとドコモ特典では、毎年誕生月にdポイントクラブのステージに応じたdポイント(期間・用途限定)がもらえます。

ずっとドコモ特典のdポイント

dポイントクラブ
ステージ
dポイント
プラチナステージ3,000ポイント
4thステージ2,000ポイント
3rdステージ1,500ポイント
2ndステージ1,000ポイント
1stステージ500ポイント

プラチナステージの方なら、1年に1回3,000ポイントももらえますね!

ただ、もらえるポイントは期間・用途限定となっているので、次の使い方はできません。

  • ポイント交換商品
  • ケータイ利用料
  • データ量の追加

しかし、最近はdポイント提携店が増えているので、dポイントカードを作ればローソンやマクドナルドなど様々な場所で使えます。

長くドコモを使っている方は、忘れずにdポイントカードまたはdカードを作っておきましょうね!

3-4 はじめてスマホ割

はじめてスマホ割

画像引用元:はじめてスマホ割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

はじめてスマホ割は、ガラケーから初めてスマホに乗り換える方を対象に、12ヶ月間1,000円の割引が受けられます。

ドコモのガラケーからの契約変更だけでなく、他者のガラケーを使っている方も対象になるのでMNPでも安心ですね!

3-5 全ての割引を使うとギガホが2980円で使える!

全ての割引を使うとギガホが2980円で使える!

ここまで解説した割引を全て使うと、ギガホが2,980円で使えます!
各割引・キャンペーンの割引期間に応じた利用料金は次の通りです。

割引適用後のギガホ月額料金

項目1〜6ヶ月目7〜12ヶ月目13ヶ月目〜
ギガホ6,980円6,980円6,980円
ギガホ割-1,000円0円0円
みんなドコモ割-1,000円-1,000円-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円-1,000円-1,000円
はじめてスマホ割-1,000円-1,000円0円
月額2,980円3,980円4,980円

最初の半年間は2,980円と30GBのプランとしては格安SIMより安くなります。

その後は割引の終了に伴って料金が上がりますが、それでも月々4,980円とかなり安く使えますね!

複数のキャンペーン・割引が対象の方は、積極的にギガホへプラン変更していいでしょう。

ギガホ割とキャンペーンを併用すると
  • 全部利用できたらギガホが2,980円
  • 割引が終了したら4,980円
  • 併用できるキャンペーンが多いならギガホプランに変更がおすすめ

次の章ではギガホ・ギガライトと従来プランを比較し、どちらがお得に使えるか比較します。

ドコモの新料金プランが難解すぎる…結局誰がどう使えばお得なのか?

4 ギガホ・ギガホライトと従来プランはどちらがお得?

ギガホ・ギガホライトと従来プランはどちらがお得?

ここからは、新プラン「ギガホ」「ギガライト」と、従来プランではどちがお得になるのかをデータ量別に確認しましょう。

特にMNPや機種変更で新しいスマホを購入すると、機種代金も必要になります。
料金プランだけではなく機種代金にも注目して比較してみましょう。

4-1 ギガホ・ギガライトでの機種代金について

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

ギガホ・ギガライトは分離プランとなり、従来の月々サポートや端末購入サポートなどの割引は利用できません。

月サポ・端サポに変わる新しい割引の疑問
  • 新しい機種代金割引があるのか?
  • どういった割引になるのか?

現段階でドコモは機種代金割引を検討中とのことで、具体的な内容は不明です。

ただ、auやソフトバンクでは機種代金を事実上「半額」にする施策が中心なので、ドコモでも同程度の機種代金割引が行われると期待していいでしょう。

特にドコモは、auやソフトバンクが実施している事実上4年縛りになる施策には否定的なので、24ヶ月で完結する割引に期待したいですね。

実際に機種代金を半額で提供してくれると仮定してiPhone XSの機種代金を見てみましょう。

まず、2019年4月現在のiPhone XSの機種代金は次の通りです。

iPhone XSの機種代金(従来プラン)

項目64GB256GB512GB
機種代金5,157円×24回
総額123,768円
5,913円×24回
総額141,912円
6,939円×24回
総額166,536円
月々サポート-2,457円×24回
総額-58,968円
-2,457円×24回
総額-58,968円
-2,457円×24回
総額-58,968円
実質価格2,700円×24回
総額64,800円
3,456円×24回
総額82,944円
4,482円×24回
総額107,568円
購入ドコモ公式ショップ

月々サポートは容量に関わらず一定なので、iPhoneの容量が大きくなるほど実質負担の割合が増えていきますね。

続いて、ギガホ・ギガホライトで端末代金を半額にしてくれるとしたら、iPhone XSの機種代金は次のように予想できます。

半額になったiPhone XSの機種代金予想

項目64GB256GB512GB
元の機種代金総額128,952円147,096円171,720円
半額の機種代金64,476円73,548円85,860円
月々の機種代金2,687円3,065円3,578円

iPhone XSに関しては、月々サポートより半額にする施策が開始された方が機種代金は安くなりますね。

どういった機種代金割引が実施されるかは予想の域を出ませんが、今回は上記の予想価格のiPhone XS 64GBで従来プランと新プランの料金を比較します。

4-2 1人30GB使いたい or 家族で15GB使っているならギガホがお得!

1人30GB使いたい or 家族で15GB使っているならギガホがお得!

新料金プラン「ギガホ」の定額となっている30GBを利用する場合、従来のウルトラデータLLパックよりギガホの方が安くなります。

ギガホとウルトラデータLLパック比較

プランギガホウルトラデータLL
通話プラン6,980円980円
spモード300円
データ定額8,000円
機種代金2,687円5,157円
月々サポート0円-2,457円
月額9,667円11,980円

利用料金のみの比較でもギガホの方が安くなりますが、機種代金を含めても十中八九ギガホの方が安くなるでしょう。

また、家族3人の場合は、ベーシックシェアパックで10GB以上使う場合にもギガホの方が安くなります。

ギガホとベーシックシェアパック10GB〜15GB比較

プランギガホ
(1人30GB)
ベーシック
シェアパック
(10GB〜15GB)
通話プラン20,940円
(6,980円×3回線
2,940円
(980円×3回線
spモード900円
(300円×3回線
データ定額13,000円
(主回線:12,000円
子回線:500円×2回線)
機種代金8,060円
(2,687円×3回線
15,471円
(5,157円×3回線
月々サポート0円-7,371円
(-2,457円×3回線
ドコモ光5,200円5,200円
ドコモ光セット割-3,000円
(-1,000円×3回線)
-1,200円
みんなドコモ割-3,000円
(-1,000円×3回線)
-
月額28,200円28,940円

家族で利用する方はドコモ光を契約しているケースが多いので、今回はドコモ光を含めて計算しました。

今ベーシックシェアパックで利用している方は、ギガホにするだけで月額料金を押さえてデータ量が増やせますね!

4-3 契約者の多い1人3〜5GBはギガライトがお得!

契約者の多い1人3〜5GBはギガライトがお得!

一般的に利用者の多い1人3〜5GBのデータ量を使っている方は、ギガライトを契約する方がお得になります。

ギガライトとベーシックパック比較

プランギガライトベーシックパック
通話プラン4,980円980円
spモード300円
データ定額5,000円
機種代金2,687円5,157円
月々サポート0円-2,457円
月額7,667円8,980円

また、家族で利用する場合は、みんなドコモ割とドコモ光セット割が効果的に働き、ベーシックシェアパック15GBより毎月6,000円以上お得になります。

ギガライトとベーシックシェアパック比較

プランギガライト
(1人3〜5GB)
ベーシック
シェアパック
(10GB〜15GB)
通話プラン14,940円
(4,980円×3回線
2,940円
(980円×3回線
spモード900円
(300円×3回線
データ定額13,000円
(主回線:12,000円
子回線:500円×2回線)
機種代金8,060円
(2,687円×3回線
15,471円
(5,157円×3回線
月々サポート0円-7,371円
(-2,457円×3回線
ドコモ光5,200円5,200円
ドコモ光セット割-3,000円
(-1,000円×3回線)
-1,200円
みんなドコモ割-3,000円
(-1,000円×3回線)
-
月額22,200円28,940円

1人でも家族でも、そこまでデータ量を消費しない方はギガライトを契約した方がいいですね!

5 ドコモのギガホは積極的に申し込もう!

ギガホ

画像引用元:これからはシンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

今回はドコモの新しい料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の概要と、期間限定割引の「ギガホ割」について解説しました。

ギガホ・ギガライトは通話プランからデータ定額までまとまって、従来プランより分かりやすくなりましたね。

ギガホ・ギガライトまとめ
  • ギガホ:30GBのデータ定額、データ量超過しても最大1Mbpsと快適
  • ギガライト:0〜7GBの段階制定額、7GB以上使うと128kbpsで遅い

また、ギガホを申し込むと期間限定割引のギガホ割が適用されます。

ギガホ割まとめ
  • 受付期間:2019年5月22日〜2019年9月30日
  • 最大6ヶ月間1,000円割引

ギガホ割と併用できる割引も多くあるので、上手に活用するとかなり安く使えます。

ギガホ割併と併用できる施策まとめ
  • みんなドコモ割:1,000円割引
  • ドコモ光セット割:500円〜1,000円割引
  • はじめてスマホ割:12ヶ月間1,000円割引
  • ずっとドコモ特典:年間最大3,000ポイント

全ての割引・キャンペーンを合わせると、ギガホが2,980円から使えます。
また、従来プランと比較しても、基本的にギガホ・ギガライトを利用した方がお得になりますね!

新旧プラン比較まとめ
  • 1人30GB使いたい:ギガホがお得
  • 家族で15GB以上使う:ギガホがお得
  • 3〜5GB使う:ギガライトがお得

今回の解説を参考に、ぜひあなたの利用方法にピッタリなプランを選んでください!

携帯料金比較|ドコモ・au・ソフトバンクでスマホ代はどこが1番安い?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ