スマホ用3軸ジンバルATOMが凄い!動画撮影の手ブレ防止におすすめ

  • 2018年12月12日
  • by 
スマホ用3軸ジンバルATOMが凄い!動画撮影の手ブレ防止におすすめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホのカメラはどんどんと高画質になっています。

iPhone XSのポートレートモードで撮影した写真は、一眼レフと見間違えるほど美しいです。

SNSに投稿するならもうカメラ単体では不要!な時代ですが、動画はどうでしょうか?

Instagramではストーリーだけでなく、動画を投稿することがかなり増えてきました。
スマホの動画撮影で気になるのは「手ブレ」

その手ブレを解消して滑らかな動画を撮影するためのグッズがジンバルです!

この記事ではSnoppaから登場した3軸ジンバルの新商品「ATOM」の魅力を徹底解説していきます。

トップおよび全ての画像引用元:Atom

スマホ用3軸ジンバル「ATOM」はかなり凄い!

iPhone XSなどの最新機種では手ブレ補正が付いていますが、実際にアクティブな動画を撮るにはまだまだ物足りないのが現実です。

そんな時に役に立つアイテムが今回紹介する「ATOM」をはじめとした「ジンバル」です。

ジンバルを利用することで、手ブレすることなく美しい動画を撮影することが可能になります。

SNOPPAから登場したスマホ用ジンバル「ATOM」は誰でも簡単に手ブレのない美しい動画を撮ることができる便利アイテム。

「ATOM」の魅力はそれだけではなく、動画や写真をもっと自由に楽しく、美しく作成する機能が満載です。

「ATOM」を利用すればさらにSNSの投稿が楽しみになること間違いなしです!

そもそも3軸ジンバルってなに?

Snoppa ATOMの紹介に入る前に、「そもそもジンバルってなに?」という方のために簡単に説明します。
ジンバルは英語で書くと「Gimbal」

元々の意味は「1つの軸を中心として物体を回転させる回転台の一種」です。
上の画像がスマホ用ジンバルですが、なんとなく理解できるのではないでしょうか?

まだイメージが掴めない人用に、ジンバルで撮影している人の画像を。

一見、ただのスマホ用三脚のように見えますが、ジンバルは動きに対して水平に保つ動きをします。

ですから写真を撮る側がグラグラ揺れても、スマホ自体は揺れません。

しかもジンバルは電動ですので、手ブレや体の動きをジンバルのモーターが補正して、滑らかな動画が撮れてしまうという驚きグッズです。

「スマホで動画を撮りたいんだけど、いつも手ブレしてまともな動画が撮れない!」

とお悩みの方はいますぐジンバルを購入するのが良いでしょう。もちろんこれから紹介するATOMも電動で動く優れものです。

ちなみに3軸とは

  • パン(水平・左右)、ティルト(垂直・上下)、ロール(回転)の3つ。軸が多いほどブレのない動画が撮れるという認識で大丈夫です!

SNOPPAってどんな会社?

「ATOM」はSNOPPAという会社が開発しました。

SNOPPAは、革新的なテクノロジーイノベーション企業でハードウェアおよびソフトウェアによるモーショングラフィックスの撮影開発をしている会社です。

SNOPPAの主力製品は、以下のもの。

  • ハンドヘルド
  • 車載カメラ
  • スポーツカメラ
  • 3軸ジンバル

SNOPPAは先進的な多軸安定化技術を持っており映像撮影ツールを専門家や一般の人々に提供しています。

SNOPPAは今まで日本の「GOOD DESING AWARD」、ドイツの「REDDOT AWARD」、アメリカの「IDEA大賞」など獲得しているすごい会社なんです。

ちなみに「ATOM」はクラウドファウンディングによって資金調達して製品を開発したとのこと。

他製品では目標の50倍の額を投資いただいたそうです。

Snoppa ATOMの魅力1:スマートフォンジンバルに革命を – 世界最小ジンバル

ジンバルのこと、SNOPPAのことがなんとなく理解できたところで本題である「ATOM」の魅力をご紹介します。
ATOMの最大のウリはそのコンパクトさにあります。

本体の重さは440g、支えることが可能なスマホの重量は330g

ATOMは「世界最小のジンバル」とうたっているだけあって、持ち運びが簡単ですので普段使いにも最適。

これは一眼レフにもいえるのですが、カメラ周りは軽さがとっても重要です。

ミラーレス人口が増えているのも、重い一眼レフを持ち運びたくないといった点からです。

そういった意味でもATOMの取り回しの良さは、ジンバルにとって最も大切な部分。

重量はスマートフォンiPhone XS、2つほどと軽量です。手にホールドしやすいデザインですし、小さなカバンで持ち歩きたい人にはぴったりです。

Snoppa ATOMの魅力2:デザインや本体素材も素晴らしい

ジンバルは外で使うことが多いので、耐久性は重要な要素です。

ATOMの本体はアメリカの最新技術を使用した特製ナイロン製ですから、ATOMは耐久性と安定性に優れています。

傾斜アームデザインを採用しており、サイドの稼働部がスマートフォンの動きを妨げることなく、ストレスフリーに動画撮影を行えます。

様々なデバイスにフットするのもATOMの強みです。iPhone Xs / iPhone Xs Max、Samsung S9+ 、Huawei P20 Proやその他様々なスマートフォンに対応しています。

可動アーム構造のおかげでどんなスマホでも自由に設置できるとのこと。

Snoppa ATOMの魅力3:折りたたみ可能

はい、これ重要です。
折りたたむと上記の写真のように、とてもコンパクトに。

どのくらいコンパクトになるかというと、
123×73×297(mm)だった本体が、50×106×178(mm)と約半分になります。

このくらいの大きさなら、小さなバックへの収納も容易ですね。

Snoppa ATOMの魅力4:24時間稼働

ジンバルにとって外せないのは電池の持ち
どれだけ優秀なジンバルでもすぐに充電がなくなっては、元も子もありません。

ちなみにジンバルは支えるだけの自撮り棒などとは違い、本体自体も稼働するので充電が必要です。

ATOMは、なんと24時間連続使用が可能というから驚きです。

ATOMは2つの内蔵型大容量バッテリーを搭載しています。

ビルトインQIワイヤレスモジュールで、スマホのワイヤレス充電が可能というのも嬉しいところ。

噛み砕いて説明すると、「ATOMにスマホを装着しているだけでスマホ自体の充電も行え、なおかつATOM自体の機能も使える」ということです。

※ただしスマホの充電を行った場合には、ATOMを単体で使用した時よりも稼働時間は短くなります。

タイムプラスなどの長時間録画にも向いていると言えますね。
ワイヤレス充電に対応していないスマホでも安心のUSB type-Cポートが付属していますのでケーブルを使っての充電も可能です。

もちろんLightningケーブルも付属しているので、iPhone・Androidどちらのユーザーでも利用できます。

Snoppa ATOMの魅力5:SNOPPA ATOMのアプリは機能満載!

ATOMはSnoppa ATOMのアプリをスマホにインストールすることで、様々な機能を利用することが可能です。

アプリをインストールすることで機能が拡張し、手元のグリップにあるジョイスティックやボタンで操作できます。
メニューを切り替えたり、選んだり、といった感じです。

ジンバルの操作

  • ジンバル設定
  • ファームウェアの更新
  • キャリブレーション

写真

  • リアルタイム顔補正
  • シャッターを切る
  • 自動パノラマ
  • ライトフィールド写真
  • ライトプリンティング
  • 長時間露出
  • グリッドビュー

動画

  • リアルタイム顔補正
  • ビデオ録画
  • 静的タイムプラス
  • モーションタイムプラス
  • 対象追跡
  • 顔追跡
  • スローモーション

夜景もこんなに綺麗に!

Snoppa ATOMのアプリを利用すれば夜景もかなり明るく撮影することができます。

これは長時間の露出をすることで、暗い環境でも高輝度と低ノイズの写真を撮影するという仕組み。

また「物&顔トラッキング」では撮影ターゲットをキャッチすることも簡単に行えます。

アプリをインストールしなくても操作はもちろん可能

アプリをインストールしなくても、操作ボタンで動画撮影のオンオフができます。
ちなみにATOMとスマホはBluetoothで接続されていますので、コード類は一切不要です。

実際にATOMで動画を撮影してみました

ATOMを使って実際に編集部が動画を撮影してみました。
場所はグアム!

海外旅行では高価な一眼レフや録画機器を持ち運ぶのは気が引ける…という人にはATOMが活躍します。

グアムはとっても治安が良いのですが、それでも注意は必要です。
また海に山にとアクティブな行動をする場所では落として壊しそう…という心配もATOMでは無用です。

ちなみに動画は両方ともスケートボードに乗っての撮影です。
ATOMを使わなかった場合と、使用した場合の違いをみてみましょう。

ATOMを使わずにスケボーに乗りながら撮影

ATOMを使用してスケボーに乗りながら撮影

特に説明することもないほど違いがありますね。

ATOMを使っていない動画は、地面がぐわんぐわんと揺れているのが分かります。
ある意味臨場感がありますが、これでは酔ってしまいそうです。

一方、ATOMを利用した場合は地面が水平に保たれています。

iPhoneにはもともと手ブレ補正が搭載されていますが、ここまで違いがあるとジンバルが欲しくなってしまいます。

ATOMの価格は?

ATOMの現在の価格は139ドル(2018年11月13日時点:約15,828円)〜のようです。

このATOMはクラウドファンディングのINDIEGOGOにて購入できます。

また、以下のクラウドファンディングサイトにおいても3軸ジンバルATOMの販売がスタートしました。
→クラウドファンディングサイトで3軸ジンバルを購入する

スタンダードパックが13,860円で販売中です。こちらでの販売が12月15日までで、12月末以降に発送予定となっております。

3軸ジンバル「ATOM」のまとめ

ATOMの魅力を簡単におさらいしてみましょう。

ATOMの魅力

  • 世界最軽量の3軸ジンバル
  • 24時間持つ大容量バッテリー
  • スマホのワイヤレス充電にも対応
  • アプリを使えばさらに高機能に

いかがでしょうか?

今まで3軸ジンバルに興味のなかった方も1台あると便利なグッズであると感じたのではないでしょうか?

旅行に行く人は三脚と一眼レフという重装備よりも、ジンバル+スマホというパターンに切り替えても良いかもしれません。
手ブレが軽減されると動画をもっと撮りたくなりますよね。

SNSへのアップもさらにワクワクすること間違いなしです。
ATOMを利用してもっと色々な動画にチャレンジしてみてくださいね。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ