GitLab-CIを試してみた ~その1:環境構築編

GitLab-CIを試してみた ~その1:環境構築編

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ショーケース・ティービー社内でも開発では普段からGitLabを使っています。
CICDが比較的に容易そうなので試してみたという感じです。

しかし、作業フローとしてまとめた資料も用意していなかったので、残しておきたいという目的も含めて記事とさせていただいた次第です。

ただし、一回にまとめてしまうと煩雑になりがりですので、計3回の集中連載企画とします。

第1回:環境構築編 →ご覧頂いている本記事です
第2回:ユニットテスト編(PHPで実施/JavaScriptで実施)
第3回:デプロイ編

実際に手探りで実践したところもありますので、誤りやより良い方法があるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。

では、今回の『環境構築編』です。

GitLab-CI環境構築の準備をする

まずは“お試し”程度で考えていたので、環境は以下ような構成で進めてみました。

構成

VirtualBox:Debian8 (※Debian9だとGitLab関連のインストールが面倒。。。)
Disc:8GB
Memory:2GB
CPU:1
※なお、ホストはMac OS X El Capitan 10.11.6

ちなみに自宅のノートPC「ThinkPad X260」だとVirtualBoxのセットアップが面倒で、以下の対応は必要になりました。

  • UEFIを無効
  • BIOSにてVT、VTxの有効

実施をする

大まかなフローは以下の4つになります。

  1. VirtualBoxにDebian8を構築する
  2. GitLabをインストールする
  3. GitLab-Runnerをインストールする
  4. サンプルリポジトリを作成する

なお、VirtualBox自体のインストールは、サイトからダウンロードすれば簡単に対応できてしまいますので、ここては割愛します。

手順1:VirtualBoxにDebian8を構築する

「debian-8.5.0-amd64-netinst.iso」を下記サイトからダウンロードをしていきます。
http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian-cd/current/amd64/iso-cd/

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築... 最近、サーバ構築を実施する必要がありました。 まずは仮想環境を作り、サーバ構築を……と思ったのですが、私はインフラ周りの経験が浅く、色々困ったことが頻出してしまいました。 今回の記事では、私と同じような “サーバ構築ビギナー” ...
内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた... ショーケース・ティービーではメール誤送信防止という観点から、社内連絡ではチャットツールを使用しています。 現在使用しているツールは「HipChat」。 <bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”Hip Chat”』>...
Amazon EC2|Red Hat Linux 7.3で“Muninインストール“や“パッケージ導... ナマステ~! 私はナラヤンです! 今回が初投稿になるのですが、実はこれまで何度か本bitWave上でも登場していました。 <bitWave関連記事『おもてなしの企業の社員が、ネパール人をおもてなししてみた!』> <bitWave関...
継続的インテグレーションツール『Jenkins』を触ってみた... こんにちは。M.Sです。 現在、『Jenkins』からSeleniumを実行するお題に取り組んでいます。 『Jenkins』ってなに? 身近な継続的インテグレーションとは 『Jenkins』はjavaで実装されたオープンソー...