【GMOとくとくBB VS UQ WiMAX】料金やキャンペーン、コスパはどちらが優秀?

【GMOとくとくBB VS UQ WiMAX】料金やキャンペーン、コスパはどちらが優秀?

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

WiMAXを提供する事業者は数多いものの、中でも人気を誇るサービスがGMOとくとくBBです。

果たしてこのGMOとくとくBBは本当にお得なのでしょうか?

そこで本家「UQ WiMAX」と「GMOとくとくBB」をあらゆる視点から比較しました。

本当にお得なサービスを徹底追及します。

GMOとくとくBBとUQ WiMAXの比較結果
  • 月額料金はUQ WiMAXが有利
  • キャッシュバックを含めるとGMOとくとくBBのほうが2年間の利用料は21,600円安い
  • GMOとくとくBBはLTEオプションが無料
  • GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンあり
  • 通信速度やエリアはWiMAX回線のために両社同じ
  • GMOとくとくBBは端末代無料

WiMAXのおすすめプロバイダ6選と機種の選び方【2020年最新】

トップ画像引用元:【公式】GMO GMOとくとくBB|UQ WiMAX(ワイマックス)が月額2,590円(税抜)〜

GMOとくとくBB とUQ WiMAX、お得なのはどっち?

W06

画像引用元:製品トップ│UQ WiMAX(ルーター)|【公式】UQコミュニケーションズ

本記事ではGMOとくとくBB とUQ WiMAXを以下の6項目で比較ししました。

GMOとくとくBBとUQ WiMAXの比較項目
  • プランの月額料金
  • 契約年数・解約金
  • LTEオプションの内容
  • キャンペーン内容
  • 通信速度
  • Wi-Fiルーター端末のスペックと機種代金

では、両者のプラン料金から見ていきましょう。

プラン料金で優れているのはどっち?

料金はGMOとくとくBB とUQ WiMAXがメインとしている「ギガ放題プラン」で比較します。

項目とくとくBBUQ WiMAX
月額料金3,609円(1~2ヶ月目)
4,263円(3ヶ月目以降)
3,880円
使えるデータ量3日間で10GB制限3日間で10GB制限
事務手数料3,000円3,000円

両者で違うのは月額料金のみ。

契約から1~2ヶ月目はGMOとくとくBBの方が安いですが、それ以降はUQ WiMAXの方が安くなります。

よって、料金プランではUQ WiMAXの方が優れていると言えますね。

契約年数・解約金もチェック!

次は、ギガ放題プランの契約年数と解約金です。

こちらは圧倒的とも言える内容でUQ WiMAXの方が優れています。

項目とくとくBBUQ WiMAX
契約年数3年2年
解約金1~24ヶ月目:約20,000円
25ヶ月目以降:9,500円
1,000円
更新月の長さ1カ月3ヶ月

GMOとくとくBBは解約金がかなり高いです。

契約状況によって金額は変わってきますが約20,000円かかると考えてください。

一方、UQ WiMAXの解約金はたった1,000円です。

しかも、更新月以外の解約はすべてこの金額になります。

契約年数も、GMOとくとくBBが3年間であるのに対して、UQ WiMAXは2年間。

さらに更新月もGMOとくとくBBは1ヶ月と短いですが、UQ WiMAXは3ヶ月と長いです。

契約年数と解約に関してはUQ WiMAXの圧勝と言えるでしょう。

LTEオプションはかなり重要!

WiMAXを使うなら必ずチェックしたい項目が「LTEオプション」です。

LTEの有無はWi-Fiルーターの使い勝手に直結します。

WiMAXの電波の特徴

電波には周波数と呼ばれる特性があり、下記のような特徴があります。

周波数の数値が高いほど、多くのデータを送れるが、障害物に弱くなる。

WiMAXの電波の周波数は2.5GHz、スマホで使われるLTEの周波数は800M~2.1GHzです。

つまりWiMAXはスマホに比べると障害物に弱いと言えます。

そのためWiMAXの電波はLTEにくらべると、使える場所が限られます。

WiMAXが登場したての頃は、「外では使えるけど、自宅内では使えない」ということもよくありました。

現在はかなり改善されたものの、今でもこのような不満はTwitterやネットで多く見かけます。

そんなときに心強いのが、LTEオプションです。

LTEに切り替えれば、建物内でも問題なく使えるようになります。

では、両者のLTEオプションの内容を比べてみましょう。

項目とくとくBBUQ WiMAX
オプション月額料金無料1,005円
月間データ量7GB7GB

GMOとくとくBBが無料であるのに対し、UQ WiMAXは月額1,005円です。

月間7GBの制限がある点は同じなので、GMOとくとくBBの方が優秀であると言えますね。

お試しプランで電波状況の確認を

上述したとおり、WiMAXの電波は障害物に弱いので、自宅で本格的に利用する前に、きちんと動作確認しておくのがベストです。

そのため、GMOとくとくBBとUQ WiMAXでは、それぞれお試しプランを用意しています。

項目お試しプラン内容
とくとくBB申し込みから20日以内であれば解約金なしで解約可能。
端末の送料はユーザー負担。
UQ WiMAXプラン名:Try WiMax
申し込み日から15日間、無料でUQ WiMAXを試せる。
返却時の送料はUQ WiMAX負担。

UQ WiMAXには、「Try WiMax」というお試し専用プランがあります。

15日間限定でUQ WiMAXを試せますが、この期間中にUQ WiMAXを気に入ったとしても、そのまま利用を継続することはできません。

UQ WiMAXの場合、必ず一度、機器を返却します。

一方、GMOとくとくBBにはお試し専用プランがありません。

その代りに、申し込みから20日以内であれば、デメリットなしで解約できます。

20日間のお試し期間中にGMOとくとくBBを気に入った場合、解約や機器の返却等の手続きは必要ありません。

ただし、機器を返却して解約する場合は、送料をユーザーが負担する必要があります。

気軽に試せるという点では、GMOとくとくBBのほうが優秀です。

料金プランの詳細

GMOとくとくBBとUQ WiMAXの、ギガ放題プラン以外の料金プランも確認しておきましょう。

GMOとくとくBBの料金プラン

項目ギガ放題プラン7GBプラン
月額料金3,609円(1~2ヶ月目)
4,263円(3ヶ月目以降)
3,609円
使えるデータ量3日間で10GB制限1ヶ月で7GBまで
LTEオプション無料
月に7GBまで
無料
月に7GBまで
契約年数3年3年
解約金約20,000円(1~24ヶ月目)
9,500円(25ヶ月目以降)
詳細GMOとくとくBB 公式サイトへ

7GBプランは、月間データ量が7GBに制限されていますが、その分月額料金が安いプランです。

その他の項目はすべてギガ放題プランと同じです。

7GBプランは、あまりネットを利用しないライトユーザー向けプランだと言えますね。

UQ WiMAXの料金プラン

項目ギガ放題プランUQ Flatツープラス ギガ放題
月額料金3,880円4,380円
使えるデータ量3日間で10GB制限3日間で10GB制限
LTEオプション1,005円
月に7GBまで
無料
月に7GBまで
契約年数2年3年
解約金1,000円19,000円(1~12ヶ月目)
14,000円(13~24ヶ月目)
9,500円(25ヶ月目以降)
詳細UQ WiMAX 公式サイトへ

※「UQ Flatツープラス ギガ放題」はすでに新規受付を終了しています。

UQ WiMAXは2019年12月まで「UQ Flatツープラス ギガ放題」が主流でした。

UQ Flatツープラス ギガ放題は月額料金や解約金が高いものの、LTEオプションが無料でした。

月額料金と解約金、LTEオプション料金を総合的に見ると、現在のギガ放題プランの方がお得です。

GMOとくとくBBとUQ WiMAXのキャンペーンを比較!

おうちのネットはWiMAXに決まり

画像引用元:WiMAX HOMEへの乗り換えガイド│UQ WiMAX(ルーター)|【公式】UQコミュニケーションズ

次は、GMOとくとくBBとUQ WiMAXの常設キャンペーンを比較していきましょう。

項目とくとくBBUQ WiMAX
キャンペーン内容最大26,200円の
キャッシュバック
LTEオプション料
永年無料
新規受付終了

※UQ WiMAXの「LTEオプション料 永年無料」はすでに新規受付を終了しています。現在、利用中の方は引き続き利用可能です。

上表を見ると、キャンペーンではGMOとくとくBBの方が優れていますね。

近年ではキャッシュバックキャンペーンはほとんど見られなくなりました。

今2万円以上のキャッシュバックを受けられることは、とてもお得です。

一方で、UQ WiMAXの唯一の常設キャンペーン「LTEオプション料 永年無料」は、既に受け付けが終了しています。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの詳細

GMOとくとくBBでは、常設キャンペーンとして最大26,200円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバック額は利用する端末によって異なりますが、現時点で最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT WX06」なら最高額の26,200円がゲット可能です。

しかも、GMOとくとくBBは端末代が0円なので、最新機種を選ぶのにためらう必要はありません。

キャンペーンの利用条件は下記のとおりです。

キャンペーンページから「GMOとくとくBB WiMAX 2+接続サービス」を申し込む

条件はGMOとくとくBBのWiMAXを申し込むだけです。非常に簡単ですね。

ただし、キャッシュバックの受け取り方には注意する必要があります。

キャッシュバックを受け取れるのは11ヶ月後!

本キャンペーンのキャッシュバックをゲットできるのは、端末発送月を1ヶ月目とした11ヶ月目です。

その間にWiMAXを解約した場合、キャッシュバックは受け取れないので注意してください。

キャッシュバックをもらえる11ヶ月目に、GMOとくとくBBから案内のメールが送られてきます。

このメールには必ず返信をしましょう。返信をしないと、キャッシュバックは受け取れません。

キャッシュバック込みでトータルの料金はいくらになる?

月額料金はUQ WiMAXの方が優れていました。

では、GMOとくとくBBのキャッシュバック金額を月額料金に充てた場合、2年間でかかる料金の総額に差がつくのでしょうか。

GMOとくとくBBのキャッシュバック額は26,200円なので、これを24回に分けると、1回あたり1,091円です。

この金額分を月額料金から割引した場合、トータルでかかる費用は下表のとおりになります。

項目とくとくBBUQ WiMAX
1ヶ月目事務手数料:3,000円
月額料金:2,518円
事務手数料:3,000円
月額料金:3,880円
2ヶ月目月額料金:2,518円月額料金:3,880円
3~24ヶ月目月額料金:3,172円月額料金:3,880円
合計料金74,820円96,120円

なんとトータルで約21,300円の差がつきました。

キャッシュバック込みで考えると、GMOとくとくBBの方がお得と言えますね。

GMOとくとくBBとUQ WiMAXの通信速度と電波のエリア

GMOとくとくBB Wimaxの対応エリア

画像引用元:WiMAX(ワイマックス)サービスエリア|GMO GMOとくとくBB

Wi-Fiルーターを利用する際、電波のエリアと通信速度は使い勝手に直結します。

しかしGMOとくとくBBとUQ WiMAXを比較する場合、エリアと通信速度はあまり意味がありません。

なぜなら、GMOとくとくBBもUQ WiMAXも同じWiMAXの電波を使用しているからです。

当然ながら、電波が届くエリアは同じですし、通信速度も同じになります。

また、LTEに関しても同じです。両者ともauのLTEを利用しているので、提供エリアと通信速度に違いはありません。

Wi-Fiルーター端末を比較!

Speed Wi-Fi NEXT WX06

画像引用元: 【公式】GMOとくとくBB | Speed Wi-Fi NEXT WX06スペック詳細

最後はWi-Fiルーターを比較します。

GMOとくとくBBとUQ WiMAXが提供しているWi-Fiルーターは同じです。

しかし端末代金には大きな差があります。

Speed Wi-Fi NEXT WX06の機種代金
  • GMOとくとくBB:0円
  • UQ WiMAX:15,000円

UQ WiMAXでは通常の機種代金がかかりますが、GMOとくとくBBならなんと端末代が0円。

端末代金では完全にGMOとくとくBBが優れていると言えますね。

Wi-Fiルーターのスペック

最新Wi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」のスペックは下表のとおりです。

項目内容
機種名Speed Wi-Fi NEXT WX06
サイズ約111×62×13.3mm
質量約127g
最大接続数16台
受信最大
通信速度
440Mbps
Wi-Fi規格
IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
バッテリー
使用時間
連続通信時間:約840分
連続待受:約700時間
カラーライムグリーン
クラウドホワイト

サイズは手に持って運べるくらいコンパクト。しかも、スマホより軽いので、持ち運びには困りません。

屋外での長時間使用にも十分耐えられますし、端末の最大接続数が16台と豊富なので、家族みんなで利用できます。

ただし、受信最大通信速度には注意してください。

通常使用で440Mbpsという速度を出すのは不可能に近いです。利用状況にもよりますが、実際の速度は30~50Mbps程度になるでしょう

総合力ではGMOとくとくBBが上!

では、これまで比較してきた項目をまとめましょう。

GMOとくとくBBとUQ WiMAXの比較結果
  • 月額料金はUQ WiMAXが有利
  • キャッシュバックを含めるとGMOとくとくBBのほうが2年間の利用料は21,600円安い
  • GMOとくとくBBはLTEオプションが無料
  • GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンあり
  • 通信速度やエリアはWiMAX回線のために両社同じ
  • GMOとくとくBBは端末代無料

総合的に見ると、GMOとくとくBBの方が優れているという結果になりました。

月額料金はUQ WiMAXの方が優れていましたが、GMOとくとくBBのキャッシュバックも考慮に入れると、GMOとくとくBBの方がトータルで約20,000円も安くなります。

解約金の額だけはUQ WiMAXの圧勝ですが、GMOとくとくBBにも解約金を回避する方法は用意されているので、やはりGMOとくとくBBの方がお得と言えるでしょう。

WiMAXを検討中の方はぜひ本記事を参考にしていただき、快適なWiMAXライフを送ってください。

GMOとくとくBB WiMAXの評判は?料金や速度、キャンペーンまとめ

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ