GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを設定して開通するまでの手順

  • 2019年8月20日
  • by 
GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを設定して開通するまでの手順

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

今回はGMOとくとくBB×ドコモ光のメリットと、v6プラスを使うまでの手順を解説します。

GMOとくとくBBはv6プラス対応ルーターの無料レンタルもあることで、簡単にv6プラスが始められます。

ここでv6プラス開通までの流れチェックしてくださいね!

トップ画像引用元:ドコモ光「v6」について| 速いドコモ光なら GMOとくとくBB

そもそもv6プラスは何がいいのか?

v6プラス

画像引用元:v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービス) | 日本ネットワークイネイブラー株式会社

v6プラスのメリットは、単純に「通信速度が速い」と考えてOKです。
ここ最近、多くのプロバイダがIPv6に対応し始めていますね。

ただ、IPv6接続は従来のIPv4接続が相手では通信できないというデメリットがあります。

もし相手がIPv4接続の場合、IPv6接続を利用していても従来通りIPv4での通信に切り替わるので、通信速度が遅くなってしまいます。

このデメリットを解消したものがv6プラスで、IPv6接続相手はもちろん、IPv4接続が相手でもほとんど変わらない速度で通信できます。

接続方法と速度について
  • IPv4接続:最も普及している反面、混雑していて遅い
  • IPv6接続:新しく速い通信、相手もIPv6の必要がある
  • v6プラス:IPv6・IPv4どちらも快適な通信速度

今後IPv6が標準となればIPv6接続もv6プラスも大きな違いはなくなるでしょうが、現時点ではv6プラスが最も快適に使えるということですね!

v6プラスには対応した機器が必要

WXR-1750DHP2

画像引用元:WXR-1750DHP2 : Wi-Fiルーター : AirStation | バッファロー

v6プラスを使えば家のネット・Wi-Fiは快適になります。

ただ、v6プラスは対応した機器(ホームゲートウェイまたはWi-FIルーター)がないと利用できないことに注意しましょう。

v6プラス対応ホームゲートウェイ
  • RT-S300シリーズ
  • PR-S300シリーズ
  • RV-S340シリーズ
  • RT-400シリーズ
  • PR-400シリーズ
  • RV-440シリーズ
  • RT-500シリーズ
  • PR-500シリーズ
  • RS-500シリーズ
  • PR-600シリーズ
  • RX-600シリーズ

ドコモ光開通時に、NTTが設置するホームゲートウェイが上記のモデルなら、Wi-Fiルーター無しでもv6プラスが利用できます。

しかし、設定やその後の使い勝手は、v6プラス対応のWi-Fiルーターの方がいいでしょう。

v6プラスの対応機器(一部抜粋)

メーカー機種名・シリーズ名
BUFFALOWRM-D2133HP
WTR-M2133HP
WXR-2533DHP2
WXR-2533DHP
WSR-2533DHP2
WXR-1900DHP3
WXR-1901DHP3
WXR-1900DHP2
WXR-1900DHP
WXR-1750DHP
WXR-1750DHP2
WXR-1751DHP2
I・O DATAWN-AX1167GR
WN-AX1167GR/V6
WN-AX1167GR2
WN-AX2033GR
WN-AX2033GR2
docomoドコモ光ルーター 01
NECAterm WG2600HS
Aterm WG2600HP3
Aterm WG1900HP2
Aterm WG1800HP4
Aterm WG1200HS3
Aterm WG1200HP3
ELECOMWRC-1750GSV
WRC-1167GST2
WRC-1750GST2
WRC-1900GST2
WRC-2533GST2

全てのv6プラス対応ルーターをチェック(JPNE)

今利用しているWi-Fiルーターを使い続けたい方は、対応表に型番があるか確認してくださいね。

なお、対応機器でもモデルによってはv6プラスを利用するための設定が必要になることもあります。

GMOとくとくBBがレンタルしてくれるWi-Fiルーターなら初めからv6プラスが使える状態なので、設定が面倒な方はGMOとくとくBBのWi-Fiルーターレンタルを利用しましょう。

GMOとくとくBBは対応ルーター無料レンタル

先にお伝えした通り、GMOとくとくBBはv6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタルしてくれます。

レンタルしてくれるWi-Fiルーターは3モデルから選べ、どのWi-Fiルーターを選んでも接続するだけでv6プラスに対応できるため楽ですね。

レンタルできるWi-Fiルーター
  • BUFFALO WXR-1750DHP2
  • NEC Aterm WG1900HP2
  • ELECOM WRC-2533GST2

また、選べるWi-Fiルーターそれぞれに特徴があり、使い方に合わせて選べるのが嬉しいポイントでしょう。

GMOとくとくBB×ドコモ光で選べるWi-Fiルーターはどっちがいい?

どのWi-Fiルーターを選ぶにせよ、普通に購入すると1〜2万円の商品です。

せっかくGMOとくとくBBを契約するなら、忘れずにWi-Fiルーターはレンタルしてくださいね!

次の章ではGMOとくとくBBでv6プラスを利用開始するまでの流れを解説します。

GMOとくとくBBのv6プラス利用手順

続いて、GMOとくとくBBのv6プラス利用手順を確認しましょう。

GMOとくとくBBのv6プラスは、ドコモ光が開通したらすぐに利用できます。

しかし、IPv6 IPoE接続の配信をONにする必要があります。

GMOとくとくBBのv6プラス利用までの流れ
  1. GMOとくとくBBを申し込む
  2. Wi-Fiルーターレンタルを申し込む
  3. IPoE配信手続きを行う
  4. ドコモ光開通後、Wi-Fiルーターを接続する

1 GMOとくとくBBを申し込む

GMOとくとくBB

画像引用元:速いドコモ光なら GMOとくとくBB | クチコミで人気 ! お得で安いプロバイダー

まずはGMOとくとくBBの公式サイトからドコモ光に申し込みをしましょう。

今利用している光回線によって、工事の要否が異なります。

利用回線と工事の要否
  • フレッツ光:転用で工事不要
  • 他光コラボ:事業者変更で工事不要
  • auひかり・NURO光:工事が必要

GMOとくとくBBを申し込む

2 Wi-Fiルーターレンタルを申し込む

Aterm WG1900HP2

画像引用元:Aterm WG1900HP2 | 製品一覧 | AtermStation

GMOとくとくBBを申し込んだ後は、登録した電話番号宛にSMSが届きます。

このSMSにWi-FiルーターレンタルページへのURLが記載されているので、忘れずにレンタル申し込みを行いましょう。

  1. GMOとくとくBBから届いたSMS記載のURLをタップ
    (SMSのURLは30日間の有効期限)
    開通日に関わらず、SMS到着後はすぐ手続きを開始してくださいね。
  2. 契約者の生年月日・電話番号・郵便番号を入力して「ログイン」
  3. 「v6プラス対応高品質Wi-Fiルーター」のバナーをタップ
  4. 支払い方法を登録する
    ドコモ光の利用料金はドコモスマホと合算で請求されます。
    ここで支払い方法を登録しますが、GMOとくとくBBのオプション利用等、別途支払いが必要になる契約をしなければ料金は発生しません。
  5. レンタルするルーターを選んで「お申し込み内容の確認」に進む
  6. 登録内容が間違いないか確認
  7. 「上記の全てに同意する」にチェックを入れて「お申し込み」をタップ

これでWi-Fiルーターの申し込みは完了です。

Wi-Fiルーターはいつ届く?

GMOとくとくBBのWi-Fiルーターは、次の条件を満たせば開通日までに届きます。

開通前に届く条件
  • GMOとくとくBBの支払い方法にクレジットカードを登録
  • 開通日前日までに申し込み完了

逆に条件を満たせない場合は、申し込みからWi-Fiルーター到着まで1週間前後かかります。

開通からWi-Fiルーター設置までに時間が空くと、その間はIPv4接続で通信することになり、面倒な開通設定が必要になります。

これからドコモ光を申し込む方は、開通日までにWi-Fiルーターが届くように手配してくださいね。

なお、クレジットカードを利用していない方はdカード GOLDがおすすめです。

dカード GOLDならドコモスマホとドコモ光の利用料金が大幅にお得になります。

dカード GOLDを最大限利用したら年間8万円以上もお得になる話

dカード GOLDのお申込みはこちらから

3 IPoE配信手続きを行う

GMOとくとくBBのv6プラスは、マイページ「BBnavi」でIPoE配信の開始手続きが必要です。

GMOとくとくBBの登録証が届いたら、BBnaviにログインしてIPoE配信の手続きを進めましょう。

  1. BBnaviにログイン
    ログインに必要な会員IDと初期パスワードは登録証に記載されています。
  2. 「IPv6配信手続き」に進む
  3. 「対象のWi-Fiルーターを持っている」に進む
  4. レンタルしたWi-Fiルーターの型番を選択する
  5. IPoE開始連絡を受け取るメールアドレスを入力して「確認へ」に進む
  6. 入力内容をチェックして申し込みを完了

これでIPoE配信の手続きは完了です。

GMOとくとくBBからメールでIPv6配信が通知されるのを待ちましょう。

なお、問題なければドコモ光開通済みの方は1営業日、開通前の方は工事完了から2営業日後にメールが配信されます。

4 IPv6配信メールを受診したらWi-Fiルーターを接続する

GMOとくとくBBからIPv6配信メールを受け取ったら、レンタルしたWi-Fiルーターを接続しましょう。

Wi-Fiルーターの接続例

WiFiルーター設置例

画像引用元:レンタルWi-Fiルーターが届いたのですがどうしたら良いですか(Wi-Fiルーター設置方法)|GMOとくとくBB

基本的にWi-Fiルーターを接続・オート設定にしておけば、自動的にv6プラスで接続されます。

後はスマホやパソコンをWi-Fi接続するだけですね!

5 v6プラスで通信しているかチェック

最後に、v6プラスで通信できているかを確認しましょう。

>v6プラス確認はこちら

Wi-Fi接続した機器で上記のリンクを開くと、IPv4・IPv6のどちらで接続されているかが表示されます。

ここでさらに「v6プラスで接続しているか確認するにはこちら」に進み、「○」が表示されればv6プラスで接続されています。

もし「v6プラスではありません」と表示された場合は、Wi-Fiルーターやホームゲートウェイのリセットをしましょう。

GMOとくとくBBのv6プラス注意点

最後に、GMOとくとくBBのv6プラスを利用するまでの流れで注意したいポイントを見ていきましょう。

ドコモ光新規契約の場合は使えない期間がある

GMOとくとくBB×ドコモ光を新規で申し込む場合、v6プラスの利用開始時期は「ドコモ光の工事+2営業日後」が最短です。

そのため、ドコモ光開通から2日間はv6プラスが使えません。

その間もインターネットに接続したい方は、GMOとくとくBBの登録証に記載されている「接続ID・接続パスワード」を利用したPPPoE接続で設定する必要があります。

PPPoE接続のデメリット
  • v6プラスより遅い
  • v6プラス利用時に設定変更が必要

PPPoE接続で設定してしまうと再設定が面倒なので、新規契約をする方は「工事+2日間は使えない期間」と割り切った方が楽かもしれませんね。

転用や事業者変更の場合はWi-Fiルーターのリセットが必要

今フレッツ光や他の光コラボを利用している方は、ドコモ光×GMOとくとくBBは転用・事業者変更で申し込むことになります。

転用も事業者変更も、今使っている回線・接続機器はそのままドコモ光に乗り換えることになります。

そのため、GMOとくとくBBのv6プラスを利用する時に設定内容をリセットする必要があります。

もしリセットをせずに接続された場合でも、v6プラスになっていないことがほとんどです。

リセットが必要になるのは…
  • ホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター)に接続設定をしている場合
  • Wi-Fiルーターに接続設定をしていて、ドコモ光でも継続利用する場合

GMOとくとくBBのv6プラスが開通したら、各機器をリセットして確実にv6プラスで繋がるようにしましょうね。

GMOとくとくBBのv6プラス開通手順まとめ

今回はGMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを利用するまでの手順や注意点を解説しました。

v6プラスは簡単に言ってしまえば、最も速い通信ができる接続方法です。

接続方法と速度まとめ
  • IPv4接続:最も普及している反面、混雑していて遅い
  • IPv6接続:新しく速い通信、相手もIPv6の必要がある
  • v6プラス:IPv6・IPv4どちらも快適な通信速度

せっかくv6プラスに対応したGMOとくとくBBを利用するなら、確実にv6プラスで接続したいですよね!

v6プラス申し込みの流れまとめ
  1. GMOとくとくBBに申し込む
  2. Wi-Fiルーターレンタルを申し込む
  3. IPoE配信手続きを行う
  4. Wi-Fiルーターを接続

GMOとくとくBBのv6プラスは、面倒な設定不要のWi-Fiルーターがレンタルできるので簡単に始められます。

今回の解説を参考に、ぜひv6プラスの超快適な通信を体験してくださいね!

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ