さよならSNS疲れ…やめる方法、やめて良かったこと、未練があること

さよならSNS疲れ…やめる方法、やめて良かったこと、未練があること

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホの利用のメインとなっている、SNS。

あなたは『SNS疲れた』と感じたことはありませんか?

「楽しんでいたはずのSNSが最近全く楽しくない」「いつの間にかSNSでの返信がストレスやプレッシャーの原因になっている」と感じるのであれば、それはSNS疲れかもしれません。

重度のSNS疲れの場合、原因であるSNSから離れるのも1つの手ですが、やめたいと思ってもなかなか思い切れないという方も多いようです。

そこで今回は、実際にSNSをやめた方や利用頻度を大幅に減らした方の体験談から、

  • SNSをやめる方法
  • やめて良かったこと
  • 未練があること

などをまとめました。

SNSをやめようと思ってもなかなかやめられないと悩んでいる方は、ぜひ1度ご覧ください。

SNS疲れを感じたらSNSをやめるべきなのか?

SNS疲れを感じてやめたいと思っても、その後のデメリットが気になってなかなか思い切れないという人もいるはずです。

そこでSNSをやめたらどうなるのか、実際にやめた人や利用頻度を減らした人の体験談を集めたところ、次のようなことがわかりました。

SNSをやめる方法とその影響
  • SNSをやめたメリットを感じる人は多い
  • デメリットは対処法があったり気にならない人が多い
  • アカウント削除しなくてもSNSをやめる方法がある

実際にSNSをやめた人の体験談では、「良かった」というポジティブな意見が多いようです。

また、デメリットももちろんありますが、それほど深刻な影響がある方は少ないようでした。

SNSをやめる方法、やめた後に感じた良かったことや未練があることの詳しい内容については、この後紹介していきます。

SNS疲れの原因を理解してみる

SNS疲れは、SNS上のコミュニケーションが原因で精神的疲労やストレスを感じてしまう現象です。

SNS疲れになる主な要因としては、

  • 攻撃的・批判的な投稿を見てしまう
  • 他人の投稿・メッセージに反応しなければという義務感
  • 他人のリア充ぶりと自分を比較してしまう
  • 注目を浴びる投稿をするために必要以上に頑張ってしまう

といったことが挙げられています。

SNSはいつでも手軽に他人と交流を計れるのが魅力ですが、度が過ぎるとその交流が負担になったり、四六時中SNSに監視されているようだと感じてしまうこともあるようです。

もし、SNS疲れを感じた時は、原因となるSNSをやめるか、一時的にでも離れるのが1番の対処法といえます。

とはいえ、SNSをずっと使っている人は、やめた後にどんな影響が出るのかわからなくてやめにくいという方もいるかもしれません。

そこで、実際にSNSをやめた人の体験談で「良かったこと・メリット」や「未練があること・デメリット」を紹介します。

SNSをやめて良かったこと

まずは、実際にSNSをやめた方や利用する機会を減らした人の体験談から「SNSをやめて良かったこと」をまとめてみます。

自由な時間が増えた

SNSをやめて良かったこととして一番に挙げられているのが「自由な時間が増えて、もっと有意義なことができるようになった」というものです。

SNS疲れを感じている方は、1日の中でSNSに費やしている時間が多いのではないでしょうか。

それほどSNSに時間を使っているつもりはない、という方もぜひ1日の間でSNSに触っている時間を振り返ってみてください。

起床直後、通勤・通学中、昼休み中、家に帰ってからなど、暇さえあればついついSNSを見ていませんか。

また、直接SNSに触れていなくても、「インスタ映えする写真を求めて奔走する時間」などもSNSから離れることで自由な時間に生まれ変わります。

しかも、SNSによるストレスやプレッシャーから解放された分、新しく何かに打ち込む気力が湧いてくることも多いようです。

空いた時間を、

  • 趣味・仕事・習い事
  • 運動・ストレッチ
  • 家族や友人と直接会話する
  • ゆっくり休憩する

などにあてることで、以前よりも充実した日々を送れるようになったと感じている人が多いようです。

空いた時間に何をするか思いつかない時は、ゆっくり休憩して日頃の疲れをリフレッシュする時間にするのもおすすめです。

リアルの人付き合いが充実する

SNS疲れを感じてもやめられない方には「SNSをやめると他人とのコミュニケーションが取れなくなってしまうのでは?」と心配している方も多いでしょう。

確かにSNSをやめることで、「SNS上だけで繋がっている人との交流がなくなってしまった」という声はあります。

しかし、「逆にリアルの人付き合いが充実するようになった」という方もいます。

例えば、

  • 今までSNS上で済ませていた会話も直接会って話をするようになった
  • 飲み会やイベントの誘いに参加する余裕ができた
  • 新しく始めた趣味や習い事を介して人と交流する機会が増えた

リア充度がアップしたという体験談も多いのです。

コミュニケーションの機会が減るのが心配でSNSをやめられないという方は、ぜひSNSに使っていた時間と気力をリアルの交友に使ってみましょう。

自分から情報を集めるようになった

体験談の中には、SNSをやめてからの方が有用な情報を入手する機会が増えたという声もありました。

どういうことかというと、SNSをやめた後は自分にとって必要な情報を意識的に集めるので、手に入る情報の質・量ともに良くなったということでした。

例えば、タイムラインやフィードで雑多な情報を眺めていると、何となく色んなことを知ったような気になりますが、後で何を見たか振り返ってもあまり覚えていない、なんて経験はないでしょうか。

SNSで流れてくる情報の中には、自分に関係ない情報や興味のない情報も大量にあります。

そういった利用しない情報を何となく眺めているよりも、自分から必要な情報をピンポイントで集めた方が手に入る情報の質・量ともに良くなるというはわかる気がします。

ここまで、SNSをやめて良かったこと・メリットを紹介してきました。

しかし、SNSをやめたデメリットもあるはずです。

次のページでは、SNSをやめた後に感じたデメリットや未練があることについて紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
yuu5yoshikawa
yuu5yoshikawa
関西在住のお茶をこよなく愛するライター。得意ジャンルはWebサービス・ガジェット・アプリのレビュー、日常のお役立ち情報など。長年タブレット+ガラケー2台持ちだったが、ようやくスマホ(ZenFone 5)を購入を決意。買ったからにはとことん役立てようと探求中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ