速度制限のイライラにさよなら!原因と対策、制限を解除する方法

  • 2019年12月2日
  • by.n-fujii

スマホ ギガ

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

動画やゲームといった娯楽面に、SNSやコミュニケーションツールとしても今やなくてはならないスマホですが、使用頻度が高いというのはそれだけデータ量を消費するものです。

データ量が多くなると気になるのはやはり速度制限です。

今回はこの速度制限の原因と対策、そして速度制限が掛かってしまった際の解除方法を紹介します。

通信速度制限の原因と解除法、そして対策
  • 通信速度制限は月に設定された使用データ量上限を超えた場合や短期間で大容量データ通信を行った場合
  • 一定期間経過による自然解除・データ容量購入による即時解除の2種類がある
  • 最も効果的な対策はWi-Fiの活用
  • 端末側の設定で上手に使用データ量の節約
  • プランの再検討も効果的
  • 普段の使用データ量を把握しておくことが重要

快適なスマホライフを阻害する通信速度制限

スマホのトラブルに悩む女性

スマホの通信速度制限は以前からありました。

ただ、最近は月額利用料を抑えるために格安スマホに移行する人も多く、これが原因で以前よりも通信速度制限を気にするようになったという声をよく聞きます。

もちろんドコモ、au、ソフトバンクといった大手3大キャリアであれば無関係という訳ではありません。

格安スマホの普及に伴って大手3大キャリアも料金プランを下げたりしているため、プランによっては安さの代わりにデータ容量上限が低いというケースもあります。

通信速度制限が掛かる原因は大きく分けて下記の2種類があります。

通信速度制限が掛かる原因
  • 月の使用データ量上限を超えた場合
  • 短い期間で大容量データ通信を行った場合

2種類とも往々にして発生しうるパターンです。

月の使用データ上限を知らず知らずのうちに超えてしまい、気が付いたら通信速度制限の連絡が来るというパターンが多いようです。

また、データ通信無制限のプランであっても短い期間で大容量データ通信を行った場合、回線全体のバランスをとるために通信速度制限が入る場合があります。

実際にソフトバンクでは無制限プランにおいて過去3日間で約3GB以上のデータ通信を行うと通信速度制限が掛かかります。

通信速度制限は一定期間で解除が基本

通信速度制限が掛けられてしまっても、基本的には定められた『期間のみの制限』で時間経過で自然解除されます。

通信速度制限が解除される期間はドコモとauの場合制限が掛けられた当月末までで、毎月1日の0時に順次解除されます。

ソフトバンクの場合は10日、20日、末日のいずれかの請求締め日までが期限で翌日に解除されます。

ドコモやauと比較すると少し特殊なので下記の表にスケジュールをまとめました。

項目制限の掛かった日制限が解除される日
締め日10日当月1日~10日
当月11日
当月11日~末日翌月11日
締め日20日当月1日~20日
当月21日
当月21日~末日翌月21日
締め日末日当月1日~末日 翌月1日

通信速度制限が掛からない方が良いのですが、制限が掛かりそうな場合には、このスケジュールを把握さえしておけば最低限の備えが出来るため有用といえます。

通信速度制限を即時解除する方法

スマホをみてビックリする女性

動画や音楽のストリーミングや大容量データ通信を必要とするゲームなどをプレイした場合、思わぬところで通信速度制限に掛かってしまう事は仕方のないことです。

前述の通り、通信速度制限は一定期間が経過すれば元の速度に戻ります。

人によっては低速のままに過ごすこともあるかもしれませんが、やはり可能ならばすぐにでも制限を解除したいものです。

通信速度制限の解除方法は、一定期間内を経過する自然回復の他に、データ容量を新たに買い増すことで即時解除する方法があります。

現在ドコモ、au、ソフトバンクの大手3社はデータ容量が足りなくなった場合の措置として下記のオプションを利用することでデータを買い増すことが出来ます。

各キャリアの追加データオプション
  • ドコモ:1GB追加オプション
  • au:データチャージ
  • ソフトバンク:追加データ

いずれも1GB/1,000円という価格で販売されていて、auとソフトバンクに関しては0.5GB/550円での販売も行われています。

また、いずれのキャリアも名称は違いますがデータ容量上限を超えた場合には自動で買い増してストレスなくネットを楽しめるという自動追加オプションが備わっています。

しかし、自動追加の場合はユーザーが気が付かないうちに加算されて請求金額が膨れ上がってしまうというケースも発生しますので注意が必要です。

通信速度制限が掛かったまま使用し続けるとどうなるのか

通信速度制限が掛かってしまうと「ネットの利用が出来なくなる」と考えているユーザーは少なからずいるようです。

しかし、基本的に通信速度制限が掛かっても、ネット利用自体は可能です。

これはスマホ自体が最低限の通信をしなければならない場合があるためです。

多くの場合、速度制限が掛かると通常より10分の1の速度に落ち込んでしまいます。

そのため、普段のメールや通話のやり取りは問題なく、簡単な調べものなども特に支障なく利用することが可能です。

ただし、動画やゲームといった容量の大きなものを利用するとストレスが掛かる可能性が高くなっています。

また、通信速度制限自体には料金が増減することはありません。

通信制限を解除する方法
  • 一定期間経過による自然解除:お金はかからない
  • データ容量購入による即時解除:オプション料金発生

「お金を掛けてでもストレスなくネットを利用したいのか?」を考えるなど、ユーザーのライフスタイルに合わせた対応がポイントとなります。

格安SIMの速度制限対策!無制限プランやカウントフリーの利用で回避

次の章では具体的に、通信速度制限に掛からないための対策を紹介していきます。

通信速度制限に掛からないための対策

エプロン姿の女性

通信速度制限は仮に掛かってしまっても期間内での自然解除や追加データ量買い増しによる即時解除などで対応することが可能です。

しかし、通信速度制限に掛からないことに越したことはありません。

制限が掛けられてしまう大多数の理由としてはデータ容量の使い過ぎにあるため、対策としては日頃からデータ容量の節約を心掛けることが大切です。

そのため、具体的な対策を講じる前に自分がどれだけのデータ容量を使用しているかの確認をする必要があります。

使用データ容量は各キャリアが用意している『ユーザーページ』で確認することができます。

また、使用している端末によってはキャリア側の計測とは別に使用データ容量を記憶しているものもあります。

それでは次項より通信速度制限に掛からないための具体的な対策を紹介していきます。

Wi-Fiの活用

どんなときもWiFiのモバイルルーター

画像引用元:D1|【公式】どんなときもWiFi

使用データ容量を節約するのにまず最初に考えられ、最も高い効果が期待できるのはWi-Fiの活用です。

これは使用しているスマホとは別にWi-Fiを提供している会社やサービスに申し込む必要がありますが、スマホでのデータ通信量がそのままWi-Fi側に移るので、劇的な節約が見込めます。

加えて、スマホとWi-Fiの2つを利用することにより互いの電波が届かない部分をカバーすることが出来るため、ネット環境の安定化という意味合いでも高いメリットがあります。

また、Wi-Fiを別途契約しての対策に不満がある場合は街にある「フリーWi-Fiスポット」の利用を積極的に行う事で同様の効果が得られます。

最近ではコンビニや外食店などにおいて「フリーWi-Fiスポット」を用意しているところも多く、自分の活動範囲の中でどこにフリーWi-Fiスポットがあるかを確認するだけでも有用といえます。

ただし、フリーWi-Fiスポットはプロバイダと別途契約してのWi-Fiと違い、セキュリティ面において若干の不安要素がありますので、利用の際には注意が必要です。

活用例:動画や音楽のストリーミングはWi-Fi接続時使用する

Wi-Fiを利用したデータ容量節約方法の中でも具体的かつ効果的なのものに、動画や音楽のストリーミング再生を視聴するのはWi-Fi接続時のみにするというのがあります。

スマホのデータ使用量の中でも多いのは動画再生というのが多いのではないでしょうか。

4GLTEの普及により一言で動画といっても以前とは比べ物にならないほど高い画質となっています。

当然、画質が上がればやりとりされるデータ量が増えるため、動画や音楽のストリーミング再生をWi-Fi接続時のみに限定するのは、節約という点において高い効果が得られます。

また、Wi-Fi端末を所持しているというユーザー以外でも家の固定回線を無線LANというユーザーは多く、動画を見る時には家の無線LANを利用するだけでも違ってきます。

知っておきたいフリーWi-Fi|安全な使い方とおすすめスポットとは

バックグラウンド通信に制限を

代表的な大容量データ通信は前述の通り動画や音楽のストリーミング再生ですが、スマホが大容量テータ通信を行うのはなにもユーザーの任意で行う通信だけではありません。

代表的なのはスマホアプリの更新やダウンロードで、煩わしさから自動更新を設定しているユーザーも多く、バックグラウンドで行われている自動通信に制限を掛けるのも有効な方法です。

また、更新やダウンロードの他にもアプリによってはユーザーの知らないところで通信を行っているものもあるため、端末でバックグラウンド通信の確認をする事が先決といえます。

確認方法は下記になります。

  • iPhone:設定→APPのバックグラウンド更新
  • Android:設定→モバイルデータ通信

いずれもバックグラウンドで通信を行っているアプリを確認することが出来、同項目内で通信のオンオフ設定もできるため、必要なものを残してオフにすることをおすすめします。

SNSの動画自動再生機能をOFFに

動画や音楽のストリーミング再生などをWi-Fiで使用するなどして使用データ容量の節約を心掛けていても思いがけないところでデータを使用するケースがあります。

その中でも代表的なのがSNSの動画自動再生です。

TwitterやInstagramといったSNSは今やスマホユーザーにとって必須のコミュニケーションツールで、通常の投稿以外でも自分以外が投稿した動画を楽しむという事も往々にしてあります。

普段何気なく楽しんでいるSNS上の動画ですが、これは初期設定が自動再生となっている場合が多く、再生時には相応のデータ通信が行われています。

そのため、ここでも知らないうちにデータ容量を使用していることがあります。

データ容量の使いすぎを回避するためにも各アプリの設定で自動再生をオフにすることをおすすめします。

契約プランの見直し

ソフトバンクの料金プラン

画像引用元:請求・料金の仕組み(スマートフォンの場合) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Wi-Fiを利用したり、アプリや端末側の細やかな設定を行ったりと節約に励んでも、いまいち効果が見られないかもしれません。

この場合は、根本的に現在契約しているプランを見直すというのも有用です。

通信速度制限が掛かってしまう場合の多くは月に設定されたデータ使用量上限を超えてまうからですが、これはユーザーが月に使うデータ容量と契約したデータ容量のミスマッチなこともあると考えられます。

そのため、プランの見直しは根本的な使用データ容量上限を上げてしまおうという考え方で、これまで紹介した節約方法も合わせて実行すれば高い効果を期待できます。

また、最近ではスマホにおけるデータ使用量の比率で最も高い動画配信やSNSのデータ通信のみを無制限とするプランも登場しています。

これらは、ユーザー自身に合ったプランを選びやすい環境であるといえます。

BIGLOBEモバイル|格安SIMで上限気にせず動画見放題のエンタメフリーとは?

使用データ量の把握が重要

指を出す女性

快適なネットライフを阻害するデータ通信速度制限の発生条件に制限解除、そして通信速度制限を受けないための対策を紹介してきましたが、如何でしたでしょうか。

前述のように、通信速度制限に掛かってしまった場合は普段よりも通信速度が10分の1にまで落ち込んでしまいます。

そのため快適なネットライフを過ごすためには、なぜ通信速度制限が掛かってしまうのかという原因を知り、制限が掛からないための対策を講じてこそが大切です。

通信速度制限に掛からないための対策
  • Wi-Fiの活用
  • バックグラウンド通信に制限
  • SNSの動画自動再生機能をOFFに
  • 契約プランの見直し
ポケットWiFiの無制限・縛りなし・レンタルで安いおすすめランキング

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
n-fujii
n-fujii
東京都市部出身。本業の傍らライター業を営んでいたが、徐々にライター業の比率を増やして現在に至る。ネット回線とスマホが無いと生きていくのが困難な人。iPhoneアンチというわけではないが、スマホは専らAndroid派。愛用しているのはAQUOSシリーズ。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ