Google Homeでできること|初期設定の仕方や使い方、対応アプリ一覧

  • 2018年12月22日
  • by 
Google Homeでできること|初期設定の仕方や使い方、対応アプリ一覧

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Google Homeは、Googleが開発したスマートスピーカーです。ユーザーはGoogle Homeに話しかけることで、音楽を再生したり、家電を遠隔操作したりすることができます。

このページでは、新発売のGoogle Homeについて、その概要や初期設定の仕方、オススメのアプリなどを紹介していきます。

1 スマートスピーカーってなんだ?

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

Google Homeはスマートスピーカーと呼ばれる製品で、日本ではまだ聞き慣れないものだと思いますが、英語圏などでは利用される機会が増えているようです。

スマートスピーカーはAIスピーカーとも呼ばれ、スマホやPCを介さなくても音声によってあらゆる操作ができるというものです。

スマートスピーカーとしてはGoogle Homeの他、Amazonの「Echo」やLINEの「Clova WAVE」、Appleの「HomePod」などが存在します。

1-2 スマートスピーカーでできること

スマートスピーカーの特徴は、スマホやPCを操作しなくても、音声によってインターネット検索や音楽・動画の再生、家電の遠隔操作ができることです。

スマホにも「OK, Google」や「Hey Siri」と呼びかけることで起動する機能がありますが、それをかなり高性能にしたイメージですね。

スマートスピーカーはAI技術を駆使しているということもあり、将来性も含めて非常に注目度が高まっています。

2 Google Homeでできること

画像引用元:Google Home – スマート スピーカー&ホーム アシスタント – Google ストア

それでは、実際にGoogle Homeでできることを見てみましょう。

GoogleはかねてよりAIの研究・開発を進めてきただけあって、他社スマートスピーカーと比べてもなかなか面白い機能を有しています。

2-1 音声からGoogleで調べ物ができる

画像引用元:Google Home – スマート スピーカー&ホーム アシスタント – Google ストア

Google Homeに話しかけることで、音声だけでGoogleの検索機能を使うことができます。まさにGoogleらしい機能ですね。

例えば「今日の天気は?」と聞けば、検索してくれて音声で返してくれます。スマホを手にとる必要はありません。

両手がふさがっていても使えますし、まだスマホを持っていない子どもや高齢者でも利用できるのが大きいですね。

スマホやPCでの検索と違うのはディスプレイがないことですが、音声だけで答えられるものであればほとんど対応してくれます。

ユーザーの情報を登録しておけば、職場までの交通情報なども調べてくれるのです。

Googleの検索機能と言えば日本でももっとも信頼されており、「グーグル先生」や「ググる」なんて造語もお馴染みですが、その検索機能がスマートスピーカーにそのまま落とし込まれています。

2-2 音声で指示して音楽を再生できる

画像引用元:Google Home – スマート スピーカー&ホーム アシスタント – Google ストア

Google Play MusicやSpotify、うたパスといった音楽サービスと連携すれば、音声で指示することで好きな曲を流してもらうことも可能です。

これは非常にスピーカーらしい機能ですね。音量や音質も、オーディオ機器として十分なレベルにあります。

また、再生中に曲名を聞けば答えてくれます。音楽サービスによるランダム再生やオススメ曲の再生中に役に立ちます。

再生可能なサービスはGoogle Play MusicやSpotify、うたパスだけではありません。

Chromecast対応アプリをAndroidスマホまたはiPhoneからGoogle Homeに直接ストリーミングすれば、それを再生することもできます。

2-3 音声のみでタスク管理ができる

画像引用元:Google Home でできること|Google Home|au

Google Homeではタスク管理を音声のみで行うことも可能です。

例えば、「5分のタイマーをセットして」なんて簡単なものから、「牛乳をショッピングリストに追加して」なんてお願いにも対応してくれます。

派手な機能ではありませんが、タイマーセットなどは調理中に役立ちそうですね。目が離せなかったり手が汚れていたりしても問題ない、かゆいところに手が届く機能です。

2-4 家電など家のデバイスを音声だけで操作できる

画像引用元:Google Home でできること|Google Home|au

Google Homeは、家電など家のデバイスと連携することで、それらを音声のみで操できるようになります。

エアコンの温度設定や照明のオンオフ、テレビの操作などの他、Chromecastに接続すればテレビで動画サービスを再生することも可能です。

Chromecastを介して再生可能なサービスとしては、ビデオパス、YouTube、NETFLIXなどが挙げられます。

寝転がりながらエアコンを操作したり照明を切ったり、テレビを消したりなど、とても便利そうですね。ただ、この機能はau Homeなどの別サービスありきでもあります。

何ができて何ができないのかは、ユーザーごとの利用サービスにもよるのでご注意ください。

次のページでは、Google Homeと連携できるサービスについて解説します。

Google Home miniでできること|設定や使い方、Google Homeとの違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

Clova Waveでできること|価格や音質、赤外線リモコンについて調査... Googleの開発したGoogle Home、Amazonが提供しているEchoなど今、音声で様々な事を指示できるスマートスピーカーが注目を集めています。 多くのIT企業が開発と販売をしている中、SNS大手のLINEも『Clova W...
Amazon Echoの『Dot/Plus/Spot』比較!それぞれの特徴と違いは?... 最近注目されているスマートスピーカーですが、Amazonでは2014年11月にすでに最初のスマートスピーカーの販売を開始しています。 その後、他社でも開発が行われ、続々と新製品が登場し現在に至ります。 Amazonがスマートスピ...
新型「Air Pods」の新機能と旧型との違い|価格・発売日・カラーまとめ... ついに新型「Air Pods」が登場です。 iPhoneとの親和性抜群で、とにかく使いやすいしか感想が出てこないアップル純正Bluetoothイヤフォンである「Air Pods」。 旧型が発売になったのは2016年12月13日、...
Google Home/Amazon Echo/LINE Clovaの特徴を比較してみた... 国際的に、スマートスピーカーの開発が盛んになってきています。日本でもCMが流れるなど、少しずつですが認知されてきていますね。 しかしスマートスピーカーはスマホなどと違って、まだ馴染みがないのも事実です。スマートスピーカーで何ができるの...