Googleフォトで使える容量とかかる料金を他サービスと比較してみた

Googleフォトで使える容量とかかる料金を他サービスと比較してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「Googleフォトの容量や料金は他サービスとどんな違いがあるの?」

このような方向けにこの記事を書いています。

Googleフォトは、Googleが提供している写真保存アプリです。

クラウド上に写真を保存することができ、データのバックアップやスマホの本体容量の節約に重宝されています。

実際にGoogleフォトを愛用している筆者が、Googleフォトの使える容量や料金、他サービスとの違いについて解説します。

Googleフォトの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • Googleフォトの容量と料金
  • iCloudやLINEとの違い
  • Googleフォトの便利な使い方

トップ画像引用元:Google フォト – 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

Googleフォトの使える容量・料金について

画像引用元:‎「Google フォト」をApp Storeで

まず、Googleフォトの料金や容量について解説します。

Googleフォトの料金は基本的に無料です。

追加課金で利用できる機能もありますが、大半の人は無料で満足に使えると思われます。

Googleフォトは容量無制限!料金は無料

Googleフォトは、無料で容量無制限です。

多くの写真保存アプリは、無料で使えるのは5GBのみであったりなど容量に制限があります。

容量が上限を達した際、ユーザーが容量容量を追加購入することによって収益をあげているからです。

しかし、Googleフォトは容量無制限で無料で使えるということでかなり良心的です。

最大1,600万画素の写真と1,080pの動画で保存することができる

容量無制限で無料ですが、1つだけ気をつけなければいけません。

それは、写真の画質は最大1,600万画素になり、動画は1,080pになるということです。

一部の超高性能カメラを搭載したスマホや、一眼レフなどで写真を撮った場合は多少画質が落ちた状態で保存されます。

しかしながら「1600万画素ってどのくらいの画質かわからない」という方も多いですよね。

参考までに最も人気の高いスマホの1つであるiPhoneを例に挙げます。

この記事を書いている2019年8月時点で、最新のiPhoneの画素数は1200万画素です。

十分にきれいな写真がとれるiPhoneですら1200万画素なので、1600万画素を超えてくるとというのはかなり高画質であることがわかると思います。

元の画質で保存したい場合は15GBまで無料

Googleフォトは1600万画素を超える写真は保存できないのか、と言うとそうではありません。

元の画質で保存することも可能です。

オリジナルの画質のまま保存する場合は、無料で使える容量は15GBです。

15GB以上の容量を使うとなると、100GB/250円からの課金が必要になります。

Googleフォトのポイント
  • 1600万画素までの写真は容量無制限、料金は無料
  • 元の画質で保存したい場合は15GBまで無料で利用可能

Googleフォト/iCloud/LINEを比較|料金重視ならGoogleフォトがおすすめ

次に、Googleフォトを同じ写真保存サービスが使えるiCloudとLINEとで比較していきます。

結論から書くと、やはりGoogleフォトに軍配があがると思います。

iCloudとLINE、それぞれ解説していきます。

iCloud:無料で使えるのは5GBまで

iCloudでスマホのコンテンツを同期

画像引用元:iCloud – Apple サポート 公式サイト

iCloudは5GBまで無料で容量を使うことができます。

ただし、iCloudではアプリデータのバックアップなど写真以外もバックアップの対象となります。

写真以外のデータも含めて5GBなので、必然的に写真が使える容量は5GB以下となるでしょう。

追加容量を購入するには50GB/130円からの費用が必要。

無料で使える容量が少ないという点が難点ですね。

iCloudのポイント
  • 無料で使える容量は5GBまで
  • 5GBのという容量の中には写真以外のバックアップ対象も含まれている
  • 50GB/130円から追加容量の購入が可能

LINE:メッセージアプリでアルバム作成をすることができる

スマホのLINEアプリ

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

LINEのメッセージアプリでもアルバム作成が可能です。

1アルバムにつき最大1,000枚まで保存することができます。

アルバム作成数の上限は100です。

つまり1トークあたり10万枚の写真を保存することができます。

画質については、あまりにも容量の大きな写真については自動的に圧縮されます。

難点としては、友達との共有が必要になってしまうことです。

また、アルバムは全て手作業で作成しなければいけないので少々手間がかかります。

LINEのポイント
  • 友達とのトーク内にアルバムを作成できる
  • 1アルバムに最大1,000枚の写真を保存可能
  • アルバム作成数の上限は100

無料で簡単により多くの画像を保存したい場合はGoogleフォトがおすすめ

簡単に多くの画像を無料で保存するという場合はGoogleフォトが適しています。

画質が落ちるといわれていますが、iPhone Xのカメラが1200万画素ということを考えれば、1600万画素まで保存可能というのは十分のように思います。

実際にこれまで筆者が体感した範囲では画質劣化が気になることはありませんでした。

次の章ではGoogleフォトの便利な使い方について解説していきます。

Googleフォト使い方まとめ|アルバム作成から共有・バックアップ方法

Googleフォトの便利な使い方

カメラを片手に笑顔でいる男性

画像引用元:Google フォト – 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

次に、Googleフォトの便利な使い方について解説します。

写真保存アプリとして定評のあるGoogleフォトですが、写真を保存してバックアップをとる以外にも便利な機能がたくさんあります。

簡単に使い方を解説しつつ、それぞれの便利な使い方について紹介するので是非参考にしてください。

Googleフォトの便利な使い方
  • iPhone⇔Androidスマホの機種変更の時もGoogleアカウントさえあればバックアップできる
  • パートナーと写真の共有ができる
  • Googleアシスタントが自動的に写真の加工をしてくれる
  • 容量を気にせずに画像を保存できる
  • Googleアシスタントがアルバムの作成をしてくれる
  • 編集ツールで明るさやコントラストの調整、エフェクトをつけることができる
  • 「この日の思い出」で1年前の同じ日の写真を見れる

iPhone⇔Androidスマホの機種変更の時も簡単に写真がバックアップできる

iPhoneからAndroidスマホに機種変更する時、写真の移行には手間がかかります。

しかし、GoogleフォトはGoogleアカウントさえあればどのスマホ間の写真の同期も可能なので、iPhone⇔Androidスマホ間の写真のバックアップ・同期にも重宝されています。

Googleフォトで写真を同期させる方法は下記の通り。

バックアップには写真の量にもよりますが、時間とデータ通信量がかなりかかるのでWi-Fi環境下で行うことをおすすめします。

Googleフォトで写真を同期させる手順
  1. 事前に今使っているスマホでGoogleフォトをインストールする
  2. GoogleフォトにGoogleアカウントでログインをして写真をバックアップする
  3. 機種変更したスマホでもGoogleフォトをインストールする
  4. GoogleフォトにバックアップをとったGoogleアカウントと同じものを入れてログイン
  5. バックアップが完了するまで待つ

パートナーと写真の共有ができる

Googleフォトでパートナーと共有

画像引用元:Google フォト – 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

パートナーをGmailで連絡を取った相手や連絡帳から選び、写真を共有させることも可能です。

また、共有写真は撮影日や特定の人物写真で絞ることができるので、共有すると言ってもすべての写真が自動的に共有されるわけではありません。

もちろん全ての写真を共有することもできるので、家族との共有にもぴったりです。

Googleフォトで写真を共有する手順は下記の通り。

Googleフォトで写真を共有する手順
  1. Googleフォトを開く
  2. 左上の三本線をタップ
  3. 設定をタップ
  4. 「共有ライブラリ」を選択
  5. パートナーを選ぶ
  6. 共有する写真を日付や人物などで選ぶ
  7. 完了

Googleアシスタントが自動的に写真の加工をしてくれる

GoogleのAIであるGoogleアシスタントが、写真を選んで加工してくれる機能もあります。

写真にエフェクトをかけて良い感じにしたり、スライドショーを作ったり、コラージュも知らない間に作ってくれていたりします。

もちろん、編集前の写真もちゃんと残っています。

筆者が1番驚いたのは、ある景色を何枚か同じ位置から色々な方向で撮影したことがあるのですが、知らない間にパノラマ写真になっていたことです。

筆者が撮影した写真を自動で繋げてくれたのですが、それがあまりにも自然でiPhoneのパノラマ撮影が苦手な筆者はかなり重宝しました。

これは自動的にGoogleアシスタントがやってくれることなので、特に操作する必要はありません。

スマホの容量を気にせずに写真を保存できる

スマホの容量が少なくなっている

画像引用元:Google フォト – 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

Googleフォトはクラウドに写真を保存しますので、スマホ端末の容量は圧迫しません。

Googleフォトには、バックアップをとった写真を自動的にスマホ本体から削除してくれる機能があります。

この機能を利用することで、より効率よくスマホの空き容量を増やすことができるでしょう。

わざわざスマホ本体から写真を1つ1つ削除していく必要もありません。

バックアップした画像はGoogleフォトを開けばすぐに見られるので、今までと写真の扱いも変わりません。

スマホ容量を気にせず写真を保存できるのは嬉しいですよね。

ちなみに念のためクラウド上だけでなくスマホ端末にも保存しておきたいという方は、そういった方法も設定できます。

Googleアシスタントがアルバムの作成をしてくれるので整理しやすい

Googleフォトでの写真検索

画像引用元:Google フォト – 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

Googleアシスタントが自動的にアルバムを作成してくれるので、写真の整理も簡単です。

日付でまとめてくれたりするので、旅行の写真を整理したいときにもおすすめです。

Googleアシスタントはその他にも自動で編集をしてくれたり、パノラマ写真を作ってくれたりするので、自分で編集する暇が省けます。

編集ツールで明るさやコントラスト、エフェクトなどの細かい編集が可能

上記でAIでの編集が可能と書きましたが、もちろん自分で編集することも可能です。

明るさやコントラスト、エフェクトなど細かい編集が可能ですし、自分の好きなように写真を編集することができます。

「この日の思い出」で1年前の同じ日の写真を見ることができる

Googleフォトで振り返る思い出

画像引用元:Google フォト – 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

Googleフォトにはちょうど1年前の写真を通知してくれる機能があります。

「この日の思い出を振り返ってみませんか?」という通知が来て何かと思えば、ちょうど1年前の同じ日の写真が出てきました。

旅行に行った写真やどこかにでかけた時、飼っている猫が家に来た時の写真なども出てきて、一気に懐かしさが溢れたのを覚えています。

こうしたちょっとした嬉しい機能があるのも、Googleフォトの魅力ではないでしょうか。

家族や恋人との話のネタにもなりますよ。

まとめ:Googleフォトは無料で十分に使える!

画像引用元:‎「Google フォト」をApp Storeで

Googleフォトは、1600万画素までであれば容量無制限、なおかつ無料で写真の保存をすることができます。

また、元々の画質で保存したい場合も15GBまでは無料で使えるので、恐らく大半の人が無料で事足りるのではないでしょうか。

Googleフォトに写真を保存することで、写真で占められていたスマホの本体容量に空きを作ることができます。

また、Googleアカウント1つで簡単に写真のバックアップ・同期ができるので、iPhoneとAndroidスマホ間の写真の移行にもぴったりです。

写真を保存するまたはバックアップをとるアプリで迷っている人がいたら、是非Googleフォトを一度使ってみてはいかがでしょうか。

Googleフォトの容量・料金・特長まとめ
  • 1600万画素までなら無料で容量無制限
  • オリジナル画質の保存は15GBまで無料
  • 編集やAIによる提案機能も充実
  • スマホ端末の空き容量を気にせず利用可能
iPhoneの写真をバックアップする方法【iCloud/パソコン/iTunes】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ