Google Pixel3レビュー|超シンプルなピュアAndroidの真価とは?

  • 2018年12月9日
  • by 
Google Pixel3レビュー|超シンプルなピュアAndroidの真価とは?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Googleが開発したAndroidGoogle Pixel3が発売になりました!

実機が手に入ったので、Google Pixel3を様々な観点からレビューします。

Google Pixel3は「ピュアAndroid」と言われており、メーカーによるカスタマイズがされていないプレーンな端末です。

そんなGoogle Pixel3のスペックや性能、機能を徹底解説します。

この記事を読めば、あなたもGoogle Pixel3が欲しくなるかもしれません。Google Pixel3はドコモ・ソフトバンクから発売中です。

それでは細かくみていきましょう!

Google Pixel3開封の儀! 入手したカラーはジャストブラック

画像引用元:Google Pixel 3 – 日本 – 世界を見る新しい方法 – Googleストア

今回入手したGoogle Pixel3のカラーはジャストブラックです。ベゼル側と端末側ともに黒で統一されています

端末裏の上部以外は、「ソフトタッチガラス」特有のマットな質感です。

Google Pixel3には他にクリアリーホワイトとノットピンクがあり、どちらもベゼル側は黒で統一されています。(電源ボタンなどは別の色)

Google Pixel3の中身をチェック!

Google Pixel3の中身をみていきましょう。

  • 使用上の注意
  • 取り扱い説明書
  • ステッカー
  • 電源アダプターとコード
  • Quick Switchアダプター
  • イヤホン接続アダプター

電源コードはUSB-typeCに対応しています。

その他、イヤフォンやQuick Switchアダプター、USB-typeCに対応していないイヤホンを接続するためのアダプターなどが入っています。

Quick SwitchアダプターはiPhoneからの乗り換えに便利なツールで、接続することでデータ移行をスムーズにしてくれます。

Google Pixel3の外箱はしっかりとした厚い紙でできており、高級感があります。

外箱の裏面はグリーンでお洒落なデザイン。

ハッシュタグの「#teampixel」が印字されています。こういった部分にGoogleのこだわりを感じますね。

Google Pixel3のスペックをチェック!

項目/機種Pixel 3Pixel 3 XL
発売日2018年11月1日
SoCSnapdragon 845
OS(発売時点)Android 9.0(Pie)
RAM容量4GB
ストレージ(ROM)64GB/128GB
ディスプレイ解像度1,080 x 2,1601,440 x 2,880
ディスプレイサイズ5.5インチ
フレキシブルOLED
6.3インチ(OLED)
フレキシブルOLED
バッテリー容量2,915 mAh3,430 mAh
アウトカメラ12MP
インカメラ8MP(標準)
8MP(広角)
購入ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップ

まずはGoogle Pixel3スペックを簡単に解説します。

と、その前にGoogle Pixel3にはサイズの大きなGoogle Pixel3 XLが存在します。

大きな違いはディスプレイサイズ、ノッチの有無です。

今回レビューするのはサイズの小さいGoogle Pixel3です。

Snapdragon 845を搭載しておりAndroidでは最先端のCPU。

ディスプレイは5.5インチFHD+(2,160 x 1,080)のフレキシブルOLEDです。

最近流行りの有機ELではないところは注意が必要です。

2018年12月10日修正:お詫び
上記において「有機ELではない」と誤ったを表記しておりました。OLED = 有機ELでございます。
間違った情報をお伝えし、大変申し訳ございませんでした。

OSは当然、最新のAndroid 9を搭載しています。

防水、FeliCa、指紋認証などガラパゴス機能もしっかり装備しています。

ここからは各項目ごとにGoogle Pixel3を細かくチェックします。

Google Pixel3チェックポイント1:デザイン面は特徴的?

Google Pixel3は上記の画像をみてわかる通り、ノッチがありません。

その分、ベゼルレス感は薄いですが、それでも画面の比率は高くなっています。

ディスプレイサイズは約5.5インチという大画面でありながら端末サイズはとてもコンパクト

大型化が進むスマホ業界において、小型端末と呼べるほど持ちやすい印象です。

Google Pixel3の背面は特殊な加工が施されている

デザイン面で目を引くのは背面のデザインです。

上部はアルミ素材ですが、その大部分はソフトタッチガラスで構成され、艶消しされた品のある質感・デザインとなっています。

このマットな背面がグリップした時に滑りにくさを生み出しており、とても持ちやすいです。

背面に指紋がつきやすい?

Google Pixel3の背面はツヤのないマットな質感で通常のガラス素材より暖かみがあります。

ツートンカラーはとてもポップで素敵なのですが、多少指紋がつきます。

ティッシュなどで指紋を拭き取ろうとしましたが、素材の影響か中々綺麗に拭き取ることが出来ませんでした。

防水仕様なので、水でさっと流すと綺麗になるかもしれませんが、少し面倒ですね。

せっかくのグリップ感もケースを付けると勿体無いので、指紋が気になる場合はホワイトやピンクを選択するのもアリかもしれません。

Google Pixel3チェックポイント2:コンパクトは正義!

Google Pixel3はディスプレイサイズが5.5インチと小型です。

おきまりの比較タイムです。
上記の画像はiPhone XRとGoogle Pixel3を比較した画像です。

左からiPhone XR、Google Pixel3。

ディスプレイサイズ

  • Google Pixel3:5.5インチ
  • iPhoneXR:6.1インチ

iPhone XRは片手でグリップしやすいギリギリのラインです。

一方、Google Pixel3は余裕でグリップでき、背面の質感のおかげで滑りにくく持ちやすい印象です。

Google Pixel3にはノッチがないため、すっきりした見た目も良いですね。

ホームボタンはなく、ディスプレイの下部を押すことでホームに戻るなどの操作が行えます。

Google Pixel3のチェックポイント3:あらゆる角度からみてみる

Google Pixel3を様々な角度からチェックしてみましょう。

ノッチもホームボタンもなく、とてもシンプルな仕上がり。角は多少、丸みを帯びています。

Google Pixel3の右サイドをチェック

右サイドは上部に電源ボタンがあります。
中央やや上に音量ボタンがあり、どちらも片手で軽々と操作できます。

Google Pixel3の左サイドをチェック

Google Pixel3の左サイドは何もありません。左右に色々なボタンを振り分けると操作が複雑になりますからこの潔さは素敵です。

Google Pixel3の上部は?

Google Pixel3の上部には操作可能なボタンなどは一切ありません。

Google Pixel3の下部は?

Google Pixel3の下部は、USB type-C接続端子があります。

充電を行ったり、イヤホンの変換、テレビのアンテナケーブルを差し込んだりに使用します。また、画面では見辛いですが、SIMカードトレイもあります。

Google Pixel3の背面は?

背面にはカメラとフラッシュ、指紋認証が配置されています。

下部には「G」マークのみで、キャリア名や品番などないすっきりした見た目です。
iPhoneと同じでデザイン面のローカライズはないようです。

Google Pixel 3/3 XLのスペック・価格・発売日|日本人向けにFeliCa対応

次のページでは「Google Pixel3のチェックポイント4:ディスプレイはどうか?」を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ