【Google Pixel 3 VS AQUOS sense2 】どっちが買いか?その理由

【Google Pixel 3 VS AQUOS sense2 】どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

2018年秋冬モデルのスマホの中でも注目機種となるGoogle Pixel3AQUOS sense2

Google製スマホでようやく、日本初上陸となるPixelシリーズの最新機種のGoogle Pixel3。

対して、格安のスタンダードモデルスマホとして圧倒的な販売台数を誇ったAQUOS senseの後継機種となるAQUOS sense2。

今回は秋冬モデルの中でも注目度の高い2機種を徹底的に比較し、どちらが買いか検討していきましょう

トップ画像引用元:Google Pixel 3 – 日本 – 世界を見る新しい方法 – Googleストア

1 Google Pixel3とAQUOS sense2のスペックを比較

それでは、まずGoogle Pixel3とAQUOS sense2の比較をしていきましょう。

項目Google Pixel3Google Pixel3 XLAQUOS sense2
OSAndroid9.0Android9.0Android8.1
CPUSnapdragon845Snapdragon845Snapdragon450
RAM4GB4GB3GB
ROM64GB/128GB64GB/128GB32GB
メインカメラ1,220万画素1,220万画素1,200万画素
インカメラ800万画素×2800万画素×2800万画素
バッテリー容量2,915mAh3,430mAh2,700mAh
サイズ145.6×68.2× 7.9mm158×76.7×7.9mm71×148×8.4mm
重さ148g184g155g
価格64GB:95,000円
128GB:107,000円
(Googleストア)
64GB:119,000円
128GB:131,000円
(Googleストア)
32,400円
(au)

スペックをそれぞれ、詳しく紹介します。

2 Google Pixel3のスペック

画像引用元:Google Pixel 3 – NTTドコモ

Google製スマホの「Pixel」シリーズの第3世代となるGoogle Pixel3

第3世代にして日本では初めての販売となります。

Androidスマホは様々なメーカーから発売されていますが、OSとメーカーが同一になる純粋なAndroidスマホは少なく貴重な存在です。

キャリアからは11月1日にドコモとソフトバンクの2社から販売開始となりました。

2-1 Google Pixel3は2つのサイズから選べる

画像引用元:Google Pixel – 新しいスマートフォンがやってくる。

Google Pixel3シリーズは、

  • 5.5インチの「Google Pixel3」
  • 6.3インチとより大画面の「Google Pixel3 XL」

の2つのラインナップで展開されています。

5.5インチでも十分大画面と言えますが、より大きなディスプレイを搭載したPixelを選ぶこともできるようになっています。

5.5インチの「Google Pixel3」は標準的なディスプレイなのに対して、6.3インチの「Google Pixel3 XL」ではノッチ(画面上部の切り欠き)があるのが特徴です。

「Google Pixel3」と「Google Pixel3 XL」では、ディスプレイの大きさやノッチの有無といった違いがありますが、その他の機能的な違いはほとんどありません

手頃なサイズが良ければ「Google Pixel3」、より大画面でスマホのコンテンツを楽しみたい人は「Google Pixel3 XL」といった選び方になるでしょう。

ドコモキャンペーンバナー

2-2 有機ELを使った高精細ディスプレイ

画像引用元:Google Pixel 3 – NTTドコモ

「Google Pixel3」と「Google Pixel3 XL」は共にディスプレイに有機ELを採用しています。

最近のハイスペックスマホでは主流になってきた有機ELディスプレイで、

  • 写真や動画の視聴
  • 高機能化するスマホ・ゲーム

などの多様化するスマホコンテンツをより高精細なディスプレイで楽しむことができるようになっています。

2-3 Androidの最新機能をいち早く利用できる

画像引用元:Android(TM) 9 Pie | お客様サポート | NTTドコモ

Google Pixel3では、最新のAndroid OSとなるAndroid9.0がプリインストールされています。

これは他のAndroidスマホに先立っていち早く最新のOSに対応した格好となっています。

また、OSのアップデートも3年間保証されています。

他のAndroidスマホでは販売されるキャリア毎の設定で最長でも2年間となっているので、相当長い期間の保証となっています。

これから長く使い続けたいという人にもおすすめです。

その他にもGoogle製の純粋なAndroidスマホとして、Androidで実装される機能を「Google Pixel3」ではいち早く利用することができるようになっています。

例えば、今後Androidのアップデートで対応する「Digital Wellbeing」もGoogle Pixel3では利用が可能です。

「Digital Wellbeing」はスマホの使いすぎを防止する機能で、

  • アプリ毎の利用時間を知ることができる
  • スマホの利用状況を把握できる

ことが特徴です。

また利用時間を追跡し、アプリのタイマーを設定することも可能です。

Google Pixel 3/3 XLのスペック・価格・発売日|日本人向けにFeliCa対応

次の章でも引き続き、「Google Pixel3のスペック」について詳しく紹介していきます。

2-4 AIをフル活用した高性能カメラ

画像引用元:Google Pixel 3 – NTTドコモ

「Google Pixel3」の最大の特徴と言ってもいいのが、このカメラ機能です。

最近のハイスペックスマホで多く取り入れられているデュアルレンズカメラですが、「Google Pixel3」ではシングルレンズカメラとなっています。

レンズを2つにすることで、よりディテールを表現した綺麗な写真を撮影できたり、背景をボカしたりできるようになっています。

しかし、「Google Pixel3」ではこれらの機能を得意のAIによる機械学習によってシングルレンズカメラで可能にしています。

その他にもAIを活用した「Google Pixel3」特有のカメラ機能があります。

では、「Google Pixel3」のカメラの特長について見ていきましよう。

2-4-1 ポートレート

最近のハイエンドスマホの多くで採用されているように、Google Pixel3のカメラではポートレート撮影機能によって背景をボカした撮影ができるようになっています。

他のスマホでは背景をボカすために2つのレンズを搭載したデュアルレンズを使用し、ボカしを作っています。

しかし、Google Pixel3ではシングルレンズながらAIによる機械学習によって被写体を識別しボカしを作ることが可能になっています。

最近でいえば、iPhoneXRでも同様の機能が搭載されています。

しかし、iPhoneXRのポートレートモードは人物の撮影以外では機能しないというデメリットがあります。

その点、Google Pixel3では人や動物、物など人物以外の撮影にも利用できるというところは優れたポイントでしょう。

さらに、AIを利用した撮影機能はこれだけではありません。

2-4-2 トップショット

Google Pixel3では、シャッターを押した前後を自動的に撮影しAIがその中のベストショットを見つけてくれるトップショットという機能が搭載されています。

笑顔の瞬間やピントの合った瞬間、被写体がフレームに収まった瞬間などのベストショットを切り取ってくれます。

シャッターを押すタイミングがずれてしまった時でもベストな1枚を残してくれるので、撮り直しの必要などもありません。

2-4-3 Night Sight

Google Pixel3の夜景撮影モードとして搭載されているのがNight Sightです。

  • 夜や夕暮れ時
  • 室内

などといった光の少ない状況でもAIによる補正で、これらの状況下でもフラッシュを使うことなく、明るく鮮明な写真を撮影することができます。

AIによる機械学習によって明るい状態の色を復元する方法によって驚くほど明るい写真を撮影することができるようになっています。

2-4-4 Play ground

Google Pixel3ではAR機能を使った一風変わった「Play ground」という撮影機能が搭載されています。

写真や動画の撮影時にキャラクターなどのアニメーションを追加することができるようになっています。

被写体となる人に合わせてアニメーションも変化するのが、このPlay groundの特徴となっています。

また、Marvelやスターウォーズといった人気作品のキャラクターも表示でき、カメラを通して見ると、本当にその場にキャラクターがいるかのような臨場感を味わうことができます。

2-4-5 超広角のインカメラ

画像引用元:Google Pixel 3 | NTTドコモ

Google Pixel3ではインカメラにデュアルレンズを搭載しており、超広角でのセルフィーが撮影できるようになっています。

セルフィー撮影時には画角の調整ができ、1人や2人での撮影時は通常の画角で撮影し、複数人で撮影する時には画角を広げて全員がフレームに収める撮影が可能です。

広角での撮影では、通常時と比べて最大184%広角での撮影をすることができます。

これで自撮り棒がなくても複数人でのセルフィーや背景をしっかり映したセルフィーの撮影が可能です。

2-4-6 Googleレンズ

これがGoogle Pixel3の1番の目玉機能です。

カメラで写したものを認識して、そのものの名前を教えてくれたり、そのままGoogleで検索をしてくれます

ウィキペディアのページもすぐに参照できるので、日常でちょっと気になったものを手軽に調べることができます。

また、文字を写した場合には、そのままテキストに変換してくれたり、翻訳をしたりすることができます。

翻訳は特に便利で、海外のサイトや文献を見ている時にわからない箇所があればGoogleレンズを利用して一瞬にして変換が可能です。

Googleレンズは、Googleの得意分野であるAIを最大限に活用した機能となっており、カメラ1つでスマホの可能性を大きく広げてくれる新機能です。

Google Pixel 3で高額キャッシュバックをもらってお得に乗り換える方法

3 AQUOS sense2のスペック

画像引用元:AQUOS sense2 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

「AQUOS sense2」は2017年秋に発売され、圧倒的販売台数を叩き出したAQUOS senseの後継機種として2018年秋に発売されます。

ハイスペックスマホとして最新機能を兼ね備えたGoogle Pixel3に対して、AQUOS sense2は3万円程度で手に入る手頃な価格です。

しかしながら、スペックが極端に低いというわけではなく、

  • スマホとして必要十分な機能
  • 使いやすさ
  • コスパに優れている

という点が最大の売りになっています。

性能面においては、間違いなくGoogle Pixel3の方が上でしょう。

しかしながら、充実した最新機能よりも必要十分な機能があれば良いと考える人にとっては、AQUOS sense2のコスパの高さはこれ以上ない魅力となるでしょう。

それでは、AQUOS sense2の特徴について見ていきましょう。

3-1 手頃な価格設定

AQUOS sense2は販売価格が各キャリアで3万円程度とGoogle Pixel3の約3分の1の価格になっています。

10万円前後になるハイスペックスマホと比べても格安で手に入れることができるのが特徴です。

最新機能を詰め込んだスマホは確かに魅力的な商品ではありますが、生活に欠かせない存在となったスマホにそこまでの金額をかけたくないと考える人も多いのではないでしょうか。

必要十分な性能で無駄を削ぎ落としたAQUOS sense2はそんな人にもおすすめできる1台となっています。

3-2 大画面の高精細IGZOディスプレイ

画像引用元:AQUOS sense2 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS sense2は流行りの縦長デザインを取り入れており、5.5インチの大画面となっています。

Google Pixel3とディスプレイサイズは変わらず、本体自体の大きさもほとんど変わりません。

そして、AQUOS sense2のディスプレイはフルHD+(2,160×1,080)となっており、AQUOS senseのフルHD(2,160×1,080)と比較して解像度が上がりました。

動画視聴にも適した、高精細で明るいディスプレイになっています。

またAQUOSシリーズに搭載されている、IGZO液晶ディスプレイの特徴として水濡れに強いという点が挙げられます。

防水対応のスマホといっても、濡れた手で操作するとタッチ操作がうまくできないということが多々ありますが、AQUOSのディスプレイは濡れた手でも快適にタッチ操作ができます。

3-3 スマホ初心者に配慮したかんたんモード

画像引用元:AQUOS sense2 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS sense2では、シニア向けのかんたんモードが搭載されています。

かんたんモードでは、かんたんホームというシンプルなホーム画面を利用することができます。

例えば、電話やメールなど利用頻度の高いアプリのアイコンを大きく表示することができるのでスマホ初心者でも便利に使えます。

また、最大3人までの連絡先をショートカットに登録してホーム画面からワンタッチで電話をかけたりメールをしたりすることができます。

かんたんホームは同じSHARPから販売されている「シンプルスマホ」と同じホーム画面になっているので、初めてスマホを持つシニア層なども安心して利用することができます。

また、フォントサイズも調整が可能で特大の文字サイズを選択することができます。小さな文字が見にくいというシニアの人でも安心して利用することができるでしょう。

さらにシンプルスマホでも人気だった機能のはっきりビューも利用することができます。

はっきりビューは年齢による色彩の見え方に合わせて画面の色彩調整をしてくれる機能で、WEBページなどを快適に見ることができるようになります。

それに合わせて、スマホの使用に伴う目の疲労感も軽減してくれます。また、キーボードも見やすく調整してくれます。

これらの機能は一括設定も可能なので、スマホデビューを考えているシニアの人にとっても強い味方となってくれるでしょう。

3-4 AIオート機能を搭載したカメラ

画像引用元:AQUOS sense2 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

ハイエンドモデルのスマホでは多くの機種で採用されているAIオート機能ですが、スタンダードモデルとなるAQUOS sense2にも搭載されています。

もちろん機能や写真の鮮明さなどを比較すると、Google Pixel3に軍配は上がりますがここでもAQUOS sense2は必要十分な機能を備えているという印象です。

それでは詳しく紹介していきます。

3-4-1 シーンに合わせたAIオート機能

AIオート機能では、撮影するシーンにぴったりのモードをAIが自動でセレクトするので、誰でも簡単にシーンに合わせた最適な色合いの写真を撮影することができます。

7つの被写体やシーンに対応しており、人/料理/花/夕景/花火/QRコード/白板・黒板を認識し自動で撮影モードを決定してくれます。

また、ハイスピードオートフォーカスにより、動きのある被写体にも瞬時にピントを合わせることができます。

子供の撮影や動物の撮影など動きのある被写体を撮影する時もブレなく綺麗な写真を撮影することができるでしょう。

3-4-2 美肌補正を搭載したセルフィー

AQUOS sense2のインカメラにも広角レンズが採用されています。

セルフィーを撮影するときに画角に人が収まらないといった問題を解消できたり、背景もしっかり取り入れた撮影ができたりと、よりセルフィーを楽しむことができようになります。

さらにインカメラの目玉となるのは、新機能の「AQUOS beauty」という美肌補正機能です。

AQUOS sense2のセルフィーでは美肌効果や小顔効果を調整して美しい写真を撮影できるようになっています。

AQUOS sense2のスペックと価格は!?AQUOS senseとの違いは何?

次の章では、「Google Pixel3」と「AQUOS sense2」はどちらが買いなのか、について詳しく紹介します。

4 「Google Pixel3」と「AQUOS sense2」どちらが買いなのか

ここまでそれぞれの機種の特徴について見てきました。

価格差が表すように、性能面では確実にGoogle Pixel3に軍配が上がります

しかし、低価格ながら必要十分な機能を利用できるAQUOS sense2のコスパの良さも見逃せないところでしょう。

ここからは、「Google Pixel3」と「AQUOS sense2」がそれぞれ、どんな人に向いているのか見ていきましょう。

4-1 「Google Pixel3」が向いている人

Google Pixel3はカメラの性能が他のスマホと比べても高性能で綺麗な写真を撮ることができます。

カメラをよく使うという人には間違いなくおすすめのスマホです。

またGoogle純正のスマホとなっているGoogle Pixel3は、OSも標準機能も親和性が高く、他のAndroidスマホと比べても処理が軽い印象があります。

ディスプレイも有機ELの高精細なディスプレイを採用しているので、動画の視聴やゲームをスマホでよくするという人はGoogle Pixel3を選ぶ方が良いでしょう。

全体的にGoogle Pixel3はAQUOS sense2と比べて高いスペックを備えているので、スマホをフルに活用したいという人にはGoogle Pixel3をおすすめします。

Google Pixel3はこんな人におすすめ
  • スマホカメラで綺麗な写真を撮りたい人
  • 動画視聴やゲームにスマホをよく利用する人
  • Androidの最新機能を利用したい人

4-2 「AQUOS sense2」が向いている人

AQUOS sense2を選ぶ最大のメリットは、低価格で機能の充実した国産スマホを利用できるという点です。

この価格帯のスマホでおサイフケータイや防水といった日本人向けの機能が利用できるのはAQUOS sense2の圧倒的な強みです。

価格はGoogle Pixel3と比べて約3分の1程度で購入することができるので、スマホ選びでコスパを優先したいという人にはAQUOS sense2をおすすめします。

スペックでは全体的にGoogle Pixel3の方が上とは言えども、AQUOS sense2にしかない機能もあります。

それが「かんたんモード」です。

スマホ初心者やシニアにも優しい画面設定ができるので初めてのスマホを検討しているという人は、AQUOS sense2の方が早く使いこなすことができるでしょう。

AQUOS sense2はこんな人におすすめ
  • 初めてのスマホを検討している人
  • コスパの良いスマホを求めている人

5 あなたにとってベストなスマホ選びを

今回は2018年の秋冬モデルとして注目を集める2機種のAndroidスマホについて紹介しました。

改めてそれぞれの違いについて振り返りましょう。

Google Pixel3とAQUOS sense2の違い
  • Google Pixel3の方が圧倒的に綺麗な写真を撮ることができる
  • Google Pixel3ではAndroidの最新機能が利用できる
  • AQUOS sense2はGoogle Pixel3と比べて3分の1程度の価格
  • AQUOS sense2はスマホデビューに最適なモードが用意されている

Google Pixel3はハイエンドモデルで、AQUOS sense2はエントリーモデルと性格の全く異なる機種になりますが、一概にどちらの機種が優れていると言えるものでもありません。

最新機能かコスパか、スマホ選びにおいて重視するポイントによって選ぶべき機種は変わってきます

機種選びに迷ったらぜひこちらの内容を参考に、自身のスマホ選びで重視したいポイントを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

ドコモおすすめ最新スマホ機種ランキング【2020年1月】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ