Googleマップの「現在地の共有」でリアルタイムの位置情報を相手に伝える

  • 2019年2月17日
  • by 
Googleマップの「現在地の共有」でリアルタイムの位置情報を相手に伝える

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回はGoogleマップの「現在地の共有」の使い方を解説します。Googleマップをはじめ、スマホ向けの地図アプリは数多くあります。

ただ、カーナビだけではなく、家族や友人の現在地が知りたいこともありますよね。

ここで紹介するGoogleマップの現在地の共有を使えば、指定した人とお互いの居場所がリアルタイムで共有できます。

なお、Googleマップの現在地の共有は、お互いにGoogleマップをインストールしておく必要があります。

まだGoogleマップアプリを持っていない方は、以下からインストールしておいてください。

「Googleマップ」は下記よりダウンロード!

‎「Google マップ - 乗換案内 & グルメ」をApp Storeで マップ - ナビ、乗換案内 - Google Play のアプリ

待ち合わせの時にも、はぐれた時にも便利なので、ぜひ使い方をマスターしてくださいね!

今回の流れ

  • Googleマップの「現在地の共有」機能でできること
  • 現在地の共有の使い方
  • 相手のGoogleアカウントが分からなければLINEでも共有できる!
  • 待ち合わせにぴったり!到着時刻を共有する方法
  • 現在地の共有が更新されない時の対処法

1 Googleマップの「現在地の共有」機能でできること

Googleマップの「現在地の共有」機能でできること

Googleマップの現在地の共有では、指定した相手に現在地の情報が送れます。

相手がGoogleアカウントを持っているか否かで共有方法は少し異なりますが、Googleマップアプリがあればリアルタイムで位置情報が共有できます。

現在地の共有方法

  • Googleアカウント有り:Googleマップアプリ内で直接共有できる
  • Googleアカウント無し:LINEやメールなどでURLを送信して共有

共有相手がGoogleアカウントも持っていない、または相手のGoogleアカウントを知らなくても、LINEやメール、SMSなど他の連絡手段があれば現在地の共有に問題ありません。

また、現在地ではなくどこかに集合する場合は、Googleマップのナビ機能を共有するのも便利です。

ナビ機能の共有項目

  • 到着予定時刻
  • 移動経路と現在地

この機能があれば、「あと何分で着く」といったやり取りをしなくても、お互いが相手の動きを把握できて楽ですよね。

なお、現在地を共有するのが怖いと感じる方もいますが、Googleマップの位置情報共有は時間指定になっています。

意図的にOFFにするまで永続的な共有もあるので、目的に合わせて使い分けましょう。

複数のスマホ・複数のGoogleアカウントを持っている方は、永続的に現在地の共有を設定しておけば、万が一紛失した時に役立ちますね。

現在地の共有機能についてまとめ

  • 指定した相手に現在地を共有できる
  • 移動経路や到着予定時刻も共有できる
  • 共有可能時間が指定できるので、意図せず居場所が知られる心配はない
  • Googleアカウントを持っている相手はGoogleマップだけで共有OK
  • Googleアカウントを持っていない相手はLINEやメールなど他の方法で共有可能
  • 複数のスマホを使う方は、永続的に共有すればスマホ紛失時に探しやすくなる

2 現在地の共有の基本的な使い方

現在地の共有の基本的な使い方

それではGoogleマップの現在地の共有方法を見ていきましょう。

今回はiPhone版のGoogleマップの画面で解説しますが、Androidでもやることは同じです。

>相手のGoogleアカウントがわからない場合はこちら
>集合場所までの道のりを共有する場合はこちら

2-1 現在地の共有リクエストを送る側の手順

1Googleマップを開く

Googleマップを開く

2画面上部の検索バー左にある「≡」をタップ

画面上部の検索バー左にある「≡」をタップ

3「現在地の共有」をタップ

「現在地の共有」をタップ

4「使ってみる」をタップ

「使ってみる」をタップ

5共有する時間を決める

共有する時間を決める

6「ユーザーを選択」から共有相手を選択「共有」をタップ

「ユーザーを選択」から共有相手を選択「共有」をタップ

7以下の画面になったら、相手が承認するまで待つ

以下の画面になったら、相手が承認するまで待つ

これで指定した相手にGoogleマップからの通知が入ります。

相手が共有を受け入れれば、お互いの位置情報がマップ内に表示されるので確認してください。

2-2 現在地の共有リクエストを受ける側の手順

1Googleマップを開く

Googleマップを開く

共有リクエストを受け取る側は、Googleマップを開くと現在地の共有リクエストが表示されます。

アプリを直接開いてもいいですし、リクエストがあるとGoogleマップの通知もあるのでわかりやすいですね。

2画面下のボタンをONにして現在地の共有を開始する

画面下のボタンをONにして現在地の共有を開始する

これでお互いのGoogleマップ内に相手の現在位置が表示されるようになります。

次のページでは相手のGoogleアカウントがわからない場合の現在地共有方法を解説します。

地図アプリ無料おすすめ人気ランキング|さよなら方向音痴【2019年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ