スマホが乗っ取られた?よくある症状と確認方法、適切な対処法

スマホが乗っ取られた可能性がある場合の確認方法や対処法を詳しく解説しています。スマホが乗っ取られると被害の大きさは計り知れません。スマホがハッキングされているか正確に調査したい、経緯や被害状況を明らかにしたいという場合のおすすめ業者も紹介しています。
  • 2022年9月12日
  • by.bitdds

スマホ乗っ取り

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、スマホが乗っ取られてしまったときの、原因や症状、確認方法や対処方法を詳しく解説します。

「メッセージに添付されてきた不審なURLにアクセスしてしまった」「スマホのカメラが勝手に起動していることがある」「身に覚えのないアプリがダウンロードされている」

このような場合には、スマホが乗っ取られている可能性があります。

最近はスマホでネットバンキングやクレジットカード情報など、重要なデータ管理する事が増えました。

そんな重要なデータが詰まったスマホをハッキングされてしまったら、被害は計り知れないものです。

スマホが乗っ取られているかどうかを確認する方法や、対処方法を知り、スマホの乗っ取りによる被害の拡大を防ぎましょう。

スマホが乗っ取られた場合のまとめ
  •  スマホが乗っ取られると個人情報や位置情報が洩れることがある
  • アプリやリンク、Wi-Fiなど様々な場所に乗っ取られる可能性が存在している
  • 身に覚えのないアプリのインストール、操作、通信履歴がある場合は乗っ取られている可能性がある
  • セキュリティソフトを使って乗っ取られているか確認できる
  • 対処としてアプリのアンインストールやパスワードの変更を行う
  • 周りに被害が拡大しないよう連絡先を知っている人に周知する
  •  乗っ取られた場合はプロに相談する
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!
目次

スマホの乗っ取りとは?

スマホ乗っ取り

すべてのスマホユーザーに起こり得る「スマホの乗っ取り」ですが、あまりピンとこない人が多いかもしれません。

スマホの乗っ取りとは、悪意を持った第三者によってスマホをハッキングされ、遠隔操作や情報抜き取り、なりすましなどが行われる状態を指します。

スマホの乗っ取りの目的

スマホを乗っ取る目的には、以下のようなものがあります。

スマホの乗っ取りの目的
  • 情報の窃盗
  • 金銭の窃盗
  • ストーカー、いやがらせ
  • SNSアカウントの不正利用
  • データの改ざん

スマホが乗っ取られると、金銭的な被害に発展する可能性や、個人情報を流出される恐れがあります。

スマホの乗っ取りの被害

実際にスマホを乗っ取られてしまうと、以下のような被害が起こると報告されています。

スマホ乗っ取りの被害事例
  • 遠隔操作
  • 個人情報漏洩
  • 位置情報特定
  • 端末のロック
  • アカウント乗っ取りや不正利用
  • なりすましメッセージ送信

スマホは生活に欠かせないツールであり、日々多くの人とのコミュニケーションや情報のやり取り、ネットバンキングの管理などに使われています。

そのため、スマホは、情報を狙う攻撃者にとって魅力的な攻撃対象であり、狙われやすいのです。

スマホが乗っ取られる原因

スマホが乗っ取られる原因はたくさんありますが、今回はよくある原因7つを紹介します。

スマホを利用する中では、あまりリスクに感じていなかった行為でも、スマホを乗っ取られる原因になっているかもしれません。

スマホが乗っ取られる原因
  • メッセージに添付の不審なリンクへアクセス(フィッシング・スミッシング)
  • 不審なアプリのダウンロード
  • フリーWi-Fiへのアクセス・Bluetoothによる侵入
  • SNSのアプリ連携
  • LINEの友達検索機能を用いた乗っ取り・総当たり攻撃(ブルートフォースアタック
  • ゼロデイ攻撃
  • ショルダーハッキング

メッセージに添付の不審なリンクへアクセス(フィッシング・スミッシング)

メールやSMS、SNSのDM(ダイレクトメッセージ)などで送られてきたURLにアクセスしたことが原因で、スマホが乗っ取られることがあります。

身に覚えのない送信者からのメッセージはもちろんですが、最近では、「知人からURLが突然送られてきて、それを開いたら乗っ取られてしまった」という被害が多発しています。

この場合、送り主の知人のスマホが乗っ取られ、なりすましでメッセージが送られ、乗っ取り被害が拡散されているため、少しでも不審に感じたらリンクにアクセスしないようにしましょう。

不審なアプリのダウンロード

App StoreやGoogle Play以外からアプリをダウンロードしたり、警告画面や不審なメッセージに添付されたURLに誘導されてアプリをダウンロードした場合には、そのアプリが原因でスマホが乗っ取られている可能性があります。

このようなアプリは「不正アプリ」と呼ばれます。

内部に不正なプログラムが組み込まれており、インストールされたスマホを、ユーザーが気づかないうちに、遠隔操作や情報の窃盗が行われてしまいます。

フリーWi-Fiへのアクセス・Bluetoothによる侵入

パスワードを必要としない公共ネットワーク・出所が不明確なネットワークや、Bluetoothを経由してサイバー攻撃を仕掛けられ、スマホを乗っ取られてしまうことがあります。

スマホの設定画面上でネットワークやBluetoothを選択する際には、よく分からない接続先には安易に繋がないようにしましょう。

SNSのアプリ連携

InstagramやTwitter、Facebookなどの「アプリ連携」を通じてスマホが乗っ取られてしまうことがあります。

アプリ連携には、プロフィール情報やフォローリストへのアクセス権限が含まれます。

よって、SNS上で、スマホを乗っ取られた本人になりすまして、ウイルスが仕組まれたURLを添付したDM(ダイレクトメッセージ)が送られ、それをクリックした人に乗っ取り被害が拡散するという現象が起こります。

LINEの友だち検索機能を用いた乗っ取り・総当たり攻撃(ブルートフォースアタック

攻撃者が、LINEの友だち検索機能でランダムに数字を打ち込み、電話番号がヒットしたアカウントになりすますことで、LINEを乗っ取られてしまうことがあります。

また、これと類似して、「総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)」というものもあります。

攻撃者が、ログイン画面でIDとパスワードを総当たりで打ち込み、合致したアカウントにログインすることで、アカウントを乗っ取られてしまいます。

ゼロデイ攻撃

アプリやOSの脆弱性を攻撃され、スマホが乗っ取られてしまうことがあります。

ゼロデイ攻撃は、脆弱性の公表からすぐに行われるものであるため、使用しているアプリやOSの脆弱性が公表されたら、すぐに更新し、古いバージョンを使い続けないようにしましょう。

ショルダーハッキング

「ショルダーハッキング」とは、「ソーシャルエンジニアリング」とも呼ばれ、情報通信技術を使用せずに、パスワードなどの秘密情報を得る方法です。

具体的には、背後から秘密情報を盗み見る、なりすましによって秘密情報を聞き出す、などといった手法がこれに当たります。

人目につく場所では秘密情報を扱わない、安易に秘密情報を明かさないなど、秘密情報の取り扱いには注意しましょう。

スマホが乗っ取られた際の症状

スマホが乗っ取られていても、実際には気づきにくいものだと言われています。

以下のような症状が見られる場合には、スマホが乗っ取られている可能性が高くなります。

スマホが乗っ取られた際の症状
  • 勝手に再起動する
  • 動作が重い・熱を持つ
  • 身に覚えのない操作・通信履歴がある
  • 勝手にアプリがインストールされている
  • 身に覚えのない請求が届く
  • 身代金を要求される
  • 身に覚えのないSNSの動きがある

勝手に再起動する

スマホが何度も勝手に電源の入切を繰り返す場合には、スマホを乗っ取った第三者によって、不正な操作が行われている可能性があります。

しかし、これにはスマホの不調など複数の原因が考えられるため、これだけでスマホが乗っ取られていると断定するのは難しいです。

動作が重い・熱を持つ

スマホが乗っ取られると、遠隔操作によりアプリが稼働し続けたり、データを操作されたりする為、CPU使用率が過剰に消費され、動作が重くなります。

CPU:アプリを動かしたりデータを処理したりする部分

また、スマホはマルウェアに感染すると、多くのバッテリーを消耗する為、媒体自体が熱くなります。

身に覚えのない操作・通信履歴がある

カメラが勝手に起動したり、知らない電話番号に電話を掛けられている、勝手にメールが送信されている場合には、スマホが遠隔操作されている可能性があります。

また、ダウンロードした覚えのないアプリがインストールされることや、SNSを勝手に操作されることもあります。

スマホに、身に覚えのない操作履歴がないか、InstagramやTwitter、Facebookなどで疑わしい活動履歴やログイン履歴がないか、確認してみましょう。

身に覚えのない請求が届く

アプリやサービスから、身に覚えのない請求が来る場合には、スマホを乗っ取った第三者によって、勝手に購入・課金されている可能性があります。

直ちにサービスの運営元に問い合わせ、アカウントを停止しましょう。

身代金を要求される

スマホをロックされたり、データを暗号化され、解除に身代金を要求される場合には、「ランサムウェア」というマルウェアに感染している可能性があります。

身代金を支払っても、スマホのロックが解除されたり、データが戻る保証はないため、支払に応じないでください。

マルウェアに感染したスマホを解除するには、専門知識やツールを必要とし、個人で解決するのは難しいです。

また、データが暗号化されると、情報を抜き取られている可能性もありますが、どの情報が抜き取られたかを個人で確認するのも難しいです。

安全にスマホを解除し、情報流出の有無を確認する為には、ハッキング・不正アクセス調査のプロに相談することをお勧めします。

おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

スマホが乗っ取られたか確認する方法

スマホを乗っ取られているかどうかは、症状だけで判断できるものではありません。

以下の方法で、スマホが乗っ取られているかどうかを確認してみましょう。

スマホが乗っ取られたか確認する方法
  • セキュリティソフトにスキャンする
  • SNSやメールの使用履歴を確認する
  • 身に覚えのないアプリがないか確認する
  • データ通信量や電源の減りを確認する
  • 動作に異変がないか確認する
  • 専門家に調査してもらう

セキュリティソフトにスキャンする

スマホの乗っ取りは、ウイルス感染が原因であることがほとんどです。

セキュリティソフトにスキャンすることで、ウイルスに感染しているかどうかを確認することができます。

SNSやメールの使用履歴を確認する

スマホが乗っ取られると、SNSやメールを不正利用されることがあります。

身に覚えのないログイン履歴や、メッセージ履歴などがないかを、確認しましょう。

また、正しいIDやパスワードでログインできない場合には、不正ログインされて、勝手にパスワードを変更されている可能性もあります。

身に覚えのないアプリがないか確認する

ダウンロードした覚えのないアプリがある場合には、遠隔操作で勝手にダウンロードされている可能性があります。

不審なアプリを見つけた場合には、すぐに削除しましょう。

データ通信量や電源の減りを確認する

スマホが乗っ取られると、遠隔操作や不正アプリの稼働により、データ通信量が増えたり、電源の消耗が早くなりやすくなります。

通常の使用量と比べ、不自然にデータ通信量が増えている場合には、スマホが乗っ取られている可能性を疑いましょう。

動作に異変がないか確認する

スマホが乗っ取られると、勝手にカメラが起動したり、動作が重くなったりすることがあります。

iPhoneの場合、通話などでマイクを使用していない時に、画面右上にオレンジ色の点灯がある場合、盗聴されている可能性があります。

また、スマホは数年間使用していると、経年劣化やキャッシュデータの肥大化などにより動作が重くなったり、熱くなりやすくなったりしますが、購入してから年数を経ていない場合には、スマホが乗っ取られている可能性を疑いましょう。

専門家に調査してもらう

スマホが乗っ取られているかどうかをきちんと確認したい場合は、専門家に調査してもらいましょう。

スマホに異常を感じても、不具合が原因の可能性も高く、見極めが難しい為、スマホが乗っ取られているかどうかを個人で確認するのは難しいです。

専門家とは具体的に、ハッキング・不正アクセスの調査を行う専門業者です。

スマホの乗っ取りに関する専門知識や解析ツールを保有しており、スマホの乗っ取り状況を、経緯から被害範囲まで調査することが可能です。

普段から多くの秘密情報を扱うスマホが乗っ取られてしまうと、ネットバンクなど金銭に絡む被害に発展したり、連絡先を知る人にまで被害が広まるなど、被害は計り知れません。

的確な対処を行うためにも、専門家に相談することをお勧めします。

スマホが乗っ取られた際の対処方法

スマホが乗っ取られてしまったら、被害が拡大する前に早めに対処する必要があります。

乗っ取りの疑いがある場合には、以下の対処を実行しましょう。

スマホが乗っ取られた際の対処方法
  • 不審なアプリをアンインストールする
  • SNS等のパスワード変更・利用停止する
  • 連絡先を知っている人に周知する
  • スマホを初期化する
  • ハッキング・不正アクセス調査のプロに相談する

不審なアプリをアンインストールする

ダウンロードした覚えのないアプリが見つかった場合には、アンインストール(削除)しましょう。

また、App StoreやGoogle Playからダウンロードしたアプリでも、アップデートなどによって乗っ取りが行われていることもあります。

ダウンロードしてからスマホに異常を感じるようになったアプリがあれば、削除した方がいいでしょう。

SNS等のパスワード変更・利用停止する

SNSやネットバンク、クレジットカード、メールアカウントなどのパスワードの変更や、利用停止手続きを行いましょう。

手続きを行う際には、乗っ取られているスマホから操作すると、変更後の情報も盗まれてしまう可能性があります。

変更・利用停止の手続きは、パソコンや他のスマホなど、ように別の媒体から行うしましょう。

連絡先を知っている人に周知する

スマホが乗っ取られると、連絡先が登録されていたり、SNSで繋がりのある人に、なりすましメッセージが送信されることがあります。

なりすましメッセージには、乗っ取りを拡散させる効力のあるURLが添付されることが多く、知らずに開封してしまうと知人を通じて被害が広まってしまいます。

周囲に知らせる際には、乗っ取られてしまったスマホから行うと、乗っ取りを拡散させるリスクがあります。

パソコンや他のスマホなど、別の媒体から情報を発信するようにしましょう。

スマホを初期化する

スマホが乗っ取られた原因が不明な場合や、スマホがロックされてしまった場合には、スマホを初期化することで、乗っ取り状態を解消できる可能性があります。

しかし、初期化してしまうと、スマホに入っていたデータはすべて消え、乗っ取られた経緯も分からなくなってしまいます。

ハッキング・不正アクセス調査のプロに相談する

スマホのデータを失わずにスマホの乗っ取り状態を解消したい、乗っ取られた経緯を明らかにしておきたいという場合には、ハッキング・不正アクセス調査のプロに相談することをお勧めします。

相談する前に、スマホを初期化しないように注意してください。

スマホを初期化すると、データはすべて消え、乗っ取られた経緯も分からなくなってしまい、調査ができなくなってしまいます。

スマホをそのままの状態に保ち、乗っ取りの被害が大きくなる前に、早めに相談しましょう。

ハッキング調査会社とは?

ハッキング調査会社とは、ハッキングの有無の調査、ハッキングの経路、ハッキングによる具体的な情報漏洩などの被害状況や、被害拡散の範囲の調査ができる業者です。

ハッキングされた可能性があり、正確な情報を調査したい時に利用できます。

ハッキング調査業者で調査してもらえること
  • ウイルス感染や不正アクセスの有無
  • いつどのような経路で不正アクセスされたのか
  • 情報漏洩などの被害状況
  • ハッキング・乗っ取り被害の範囲

上記のような項目を調査してもらえます。

スマホが乗っ取られているか心配で調査したいときやハッキングへの適切な対応が分からず不安なときに相談するとよいでしょう。

また、探偵事務所や興信所などの調査サービスは簡易的な調査である可能性が高いです。

専門業者のほうがしっかり調査してもらえるので、ハッキング調査会社に相談するのがおすすめです。

おすすめのスマホの乗っ取り調査専門業者

ここで、編集部おすすめのウイルス感染調査の特徴やサービス内容について解説していきます。

いつどこで感染したか、どこまで個人情報が洩れているか、ウイルスの感染調査を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータフォレンジック

DDFbitWave

デジタルデータフォレンジックは、国内売上NO.1のデータの復旧業者が提供しているフォレンジックサービスです。

デジタルデータフォレンジックの調査サービス
  • ハッキング・不正アクセス調査
  • スマホなどの乗っ取り調査
  • マルウェア・ランサムウェア感染調査
  • サイバー攻撃被害調査
  • パスワード解除
  • 労働問題・社内不正調査
  • デジタル遺品
  • 離婚問題

幅広い調査に対応していて規模が大きくおすすめの業者です。

知識に精通したコンサルタントが相談に乗り、希望の調査内容などを確認してくれるため、初めて調査を依頼する方でも安心して相談することができます。

また、警視庁からの捜査依頼実績も多数あることから、調査技術の実績面においても信頼ができる業者であるといえます。

さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

デジタルデータフォレンジックのおすすめポイント
  • 累計相談件数14,233件
  • 365日営業・24時間電話対応可能
  • 国内最大規模の最新設備
  • Pマーク、ISO27001のセキュリティ体制
  • 相談・見積無料
項目デジタルデータフォレンジック(DDF)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
費用初期診断・見積り無料 まずはご相談ください
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
調査対象PC、スマートフォン、サーバ、外付けHDD、
USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービスマルウェア・ランサムウェア感染調査、
サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、
社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、
パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、
データ改ざん調査、データ復元、デジタル遺品、
など
特徴
✓累計相談件数14,233件
✓法人限定の駆け付け対応サービスあり
✓11年連続国内売上No.1のデータ復元サービスの技術力を活用
✓ISO認証、プライバシーマーク取得
✓警視庁からの捜査協力依頼実績多数
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
おすすめは下記↓
累積ご相談件数14,000件突破!

スマホの乗っ取りに遭わない為に事前の対策を

今回は、スマホの乗っ取りについて、原因や症状、確認方法、対処方法を紹介しました。

スマホは日々の生活の中で、多くの情報を管理したり、多くの人とやり取りをするのに欠かせないツールです。

最近では、ネットバンキングやクレジットカードの管理をスマホで行う人も多く、様々な秘密情報と連携しています。

また、スマホの乗っ取りは、被害を拡散させる力も持ち、周囲の人に迷惑をかける恐れがあります。

スマホが乗っ取られることによる被害は計り知れないものである為、普段から対策を行うようにしましょう。

スマホがハッキングされているかどうか正確に調査したい、経緯や被害状況を明らかにしたいという場合には、ハッキング・不正アクセス調査のプロに相談することをお勧めします。

乗っ取りの被害が大きくなる前に、早めに相談しましょう。

スマホが乗っ取られた場合のまとめ
  •  スマホが乗っ取られると個人情報や位置情報が洩れることがある
  • アプリやリンク、Wi-Fiなど様々な場所に乗っ取られる可能性が存在している
  • 身に覚えのないアプリのインストール、操作、通信履歴がある場合は乗っ取られている可能性がある
  • セキュリティソフトを使って乗っ取られているか確認できる
  • 対処としてアプリのアンインストールやパスワードの変更を行う
  • 周りに被害が拡大しないよう連絡先を知っている人に周知する
  • 乗っ取られた場合はプロに相談する
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。