Wi-Fiがハッキングされた・乗っ取り被害にあった場合の対策や対処法

Wi-Fiがハッキングされるとスマホやパソコンの個人情報や機密情報が盗まれる可能性があります。盗まれた個人情報が売買されたり、アカウントを悪用されると第三者にも被害が及ぶ危険性もあります。この記事ではWi-Fiが乗っ取られた場合の対処法とハッキング調査ができる業者を紹介しています。
  • 2022年11月17日
  • by.bitdds

Wi-Fi ハッキング

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「知らないWi-Fiに勝手に接続される」「スマホに不審なアプリが入っている」「パソコンや携帯の動作が遅い」

これらの不具合が発生した時は、Wi-Fiがハッキングされたことが原因で端末にトラブルが起きている可能性があるため、機器の対処ばかりをしても問題を解決できないことがあります。

Wi-Fiを乗っ取られたまま放置して、攻撃者に情報の閲覧、盗み出し、ウイルスの送信をされると、最悪の場合犯罪などの危険に巻き込まれてしまうかもしれません。

この記事では、Wi-Fiが乗っ取られた場合の被害事例や症状、ハッキング調査の方法について解説していきます。

ハッキングされているか心配・より詳細にハッキングされた証拠を手に入れたい方は、フォレンジック調査業者に依頼しましょう。

Wi-Fiが乗っ取られた、ハッキングされた場合のまとめ
  • スマホやパソコンがハッキングされているのはWi-Fiが乗っ取られていることが原因の可能性がある
  • パスワードの特定でWi-Fiが乗っ取られることが多い
  • 被害の例として高額請求やアカウントの悪用、個人情報の漏洩がある
  • フリーWi-Fiは極力使用しない
  • Wi-Fiのパスワードは定期的に変更する
  • ハッキングされているか、被害の程度を知るには業者への依頼が必要
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!
目次

Wi-Fiの乗っ取り、ハッキングとは

Wi-Fiハッキング

ハッキングとは、一般的に悪意のある攻撃者が第三者の端末に侵入し、データを盗み取るなどの不正にアクセスする行為のことで、Wi-Fiがハッキングされると、端末の情報が不正に傍受される危険があります。

ネットワークの侵入がしやすい無線LAN(Wi-Fi)や有線LANを経由して、他人の端末(PCやスマホなど)をハッキングします。

ネットワークの脆弱性を突いた攻撃によって情報などを盗み出し、「ダークウェブ上で売買する」「身代金などを要求する」ことが主な目的です。

ハッキングの種類

ハッカーは不審な広告やサイトから、あらゆる手段を使ってユーザーを騙しハッキングをします。

ハッキングソフトウェアを用いたハッキングには、以下ようなものが存在します。

キーロギング

攻撃者はキーの入力を記録でき、端末でどういった情報が入力されたか情報を取得することができます。

機器で文字を入力したり画面を操作、通話している際に機器から情報を盗み出します。

トロイの木馬

これはマルウェアの一種であり、機器に侵入して口座番号や連絡先、機密情報などの重要なデータを盗み出します。

パソコンが急に落ちたり、ブラウザが再起動が頻繁に起きるのであれば、トロイの木馬で遠隔操作をされている可能性があります。

勝手にCPUの使用率が上下している場合も、何らかのソフトが動作している可能性が高く、トロイの木馬が疑われます。

クリプトマイナー

被害者のパソコンのCPUやGPU、メモリなどを利用し、勝手に暗号資産のマイニング(取引内容を承認)するプログラムです。

中にはトロイの木馬と同様に、機器に侵入してクレジットカードの口座情報や個人情報などのデータを盗み出すマルウェアもあると言われています。

パソコンやネットワークを勝手に使われるため、負荷がかかるだけでなく、ブラウザによって見に覚えのないWebサイトが開かれた場合は注意する必要があります。

Wi-Fiの乗っ取り、ハッキングされた場合の被害事例

Wi-Fiがハッキングされた場合の乗っ取り被害の事例を紹介します。

ハッキングされているにもかかわらず放置すると、紹介する被害事例のようなトラブルに巻き込まれる可能性が高いため、不安な方は専門業者に調査を依頼しましょう。

Wi-Fiの乗っ取り、ハッキングされた場合の被害事例
  • 決済情報が盗まれ、高額請求が来る
  • パスワードが盗まれアカウントが悪用される
  • ウイルスに感染しデータの暗号化や機器に遠隔操作が加わる
  • 会社の機密情報や個人情報が盗まれる

決済情報が盗まれ、高額請求が来る

Wi-Fiが乗っ取られると攻撃者は無許可でパソコンやスマホに侵入できるため、個人情報が盗まれやすい状態になります。

そこからクレジットカード番号などの決済情報を盗み、勝手に利用されることがあります。

身に覚えのない請求が来たらWi-Fiの乗っ取り、機器のハッキングを疑い、直ちにカード会社などに問い合わせ、いつから情報が洩れていたのかをハッキング調査ができる業者に相談しましょう。

パスワードが盗まれ、アカウントに不正アクセスされる

WebサービスやSNSのIDやパスワードを盗まれると、アカウントに不正にアクセスされてしまう可能性があります。

不審なサイトのURLを貼ったメッセージを、ユーザーの知り合いに勝手に送信されたり、投稿されたりします。

また、アカウントを悪用し、第三者への批判や金銭盗取のメッセージを送信されると周りにも被害が広がる危険性があります。

このケースは第三者を巻き込む可能性も高いため、乗っ取られていないデバイスから周知するようにしましょう。

ウイルスに感染しデータの暗号化や機器に遠隔操作が加わる

不正アクセスを通じてデバイスがウイルスに感染すると、データの暗号化やデバイスの凍結されてしまうなどの被害が起こります。

保存していたデータを加工し暗号化されてしまうと、対処を誤ると二度とデータが取り出せなくなる可能性があります。

データの暗号化は専門のエンジニアでないと復旧はほとんど不可能なため、ハッキング専門業者に依頼しましょう。

また、ウイルスに感染すると機器に遠隔操作が加わる恐れがあります。

自身でインストールした覚えのないアプリが入っている、開けないファイルがある、カメラの起動音や決済音など異常な音が鳴る場合は、スマホの遠隔操作を疑いましょう。

遠隔操作されている場合はまずインターネットを切断し、セキュリティソフトのスキャンを実行するか、プロの業者に検査してもらいましょう。

会社の機密情報の漏洩や個人情報の流出

デバイスのデータに不正アクセスされると、会社の機密情報や個人情報などが盗まれる可能性があります。

顧客情報や会社の機密情報が洩れると、攻撃者にダークウェブなどで転売されるなどの深刻な問題に繋がる可能性があります。

ハッキングされたらなるべく早く業者に相談し、被害を最低限に抑えるようにしましょう。

SNSが乗っ取られ、なりすましによる被害が発生する

ハッキングされているWi-Fiに端末を接続していると、攻撃者は端末を閲覧、情報の抜き取りができ、SNSが乗っ取られる可能性があります。

SNSが乗っ取られると、なりすましで身に覚えのない投稿がされたり、アカウントの乗っ取りから個人情報が流出する場合があります。

また、自分のアカウント被害だけでなく、他のアカウントにウイルスが入ったメッセージなどを送り、被害が拡大してしまうかもしれません。

自分のSNSのアカウントに異変があるときには、ハッキングが疑われるため、不正アクセスしている痕跡がないかを調べる必要があります。

不審なメールやSMSで脅迫される

連絡先を教えていない相手から、メールやSMSが届くことがありますが、添付されているURLなどから端末がハッキングされてしまう可能性があります。

不審なメールやSMSは基本的にURLにアクセスしなければ問題ないですが、繰り返し送付されてくることもあり、キリがありません。

また、メールやSMSの内容は、一度開いてみたくなるような見出しや文章の構成になっている可能性が高く、一度アクセスすると、ウイルス感染や不正アクセスされる危険があります。

不審なメールやSMSは開かないようにし、繰り返し送られてくる場合にはブロック設定することをおすすめします。

おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

スマホやパソコンがハッキングされていると考えられる症状

ハッキングソフトウェアがスマホやパソコンに侵入すると、以下のような現象が発生します。

機器の動作に不具合が発生する

機器の動作に遅れが生じたりWebサイトやアプリなどのデータの読み込みが遅くなったり、バッテリーの消費が著しく早くなることがあります。

動作の不具合はバックグラウンドでマルウェアが稼働し、メモリ容量などを大量に消費されている可能性があります。

機器が熱を帯びる

動作の不具合が起きると同時に、機器の温度が上昇することがあります。

バックグラウンドで稼働しているマルウェアは、データを過剰に消費することで機器に熱が帯びます。

機器の動作が遅くなったり温度が頻繁に上昇する場合には、注意しましょう。

怪しい広告のポップアップが表示されたり、設定変更がある

スパムのようなポップアップが表示されたり、機器の画面や設定が変更されている場合もマルウェアの侵入が疑われます。

覚えのない設定変更は、ハッキングされているかの大きな手がかりになります。

もしこのような症状が見られる場合は、ハッキング調査ができる業者に依頼しましょう。

Wi-Fiの乗っ取り、ハッキングの手口

Wi-Fiの乗っ取りはネットワークに侵入しやすい脆弱性を利用しています。

ハッキングの手口としては以下の通りです。

Wi-Fiの乗っ取り、ハッキングの手口
  • パスワードを解除してWi-Fiに侵入する
  • 攻撃者がルーターのファームウェアを使用する
  • 偽物のWi-Fiで侵入
  • 直接ネットワークに入り込んで情報を盗む

パスワードを解除してWi-Fiに侵入する

Wi-Fiには管理者パスワードが設定されていますが、そのパスワードを突破して乗っ取る手口です。

管理者パスワード:Wi-Fiに接続する際に使用するパスワードではなく、ルーターの管理画面にログインして設定を変更する際に使用するパスワードを指します。

管理者パスワードを初期設定から変更せずに使用している場合は、簡単に予測できてしまい非常に危険です。

Wi-Fiの管理画面は誰でも簡単にアクセスでき、初期設定のパスワードは推測されやすいものになっています。

Wi-Fiのパスワード認証に回数制限はないため、パスワードを総当たりでハッキングする攻撃手法も存在します。

管理者パスワードを初期設定のままにしていることが、Wi-Fiの乗っ取りやハッキングが起きてしまう最大の原因として挙げられるため、初期設定のままにしないようにしましょう。

攻撃者がルーターのファームウェアを使用する

攻撃者がWi-Fiのルーターを支配下に置くことで、ユーザーがWebサイトアクセスした際に、別の不審なサイトを読み込ませることができます。

ここで表示される不審なサイトにユーザーが誤って個人情報を入力してしまうフィッシング詐欺の被害が増加しています。

機器のOSをアップデートしていないことや、Wi-Fiに脆弱性がある場合、このようなトラブルが起きる危険性があります。

偽物のWi-Fiで侵入(偽のアクセスポイント構築)

攻撃者が自前のWi-Fiルーターを持ち込み、本物のネットワーク名とパスワードを作ります。

これを「偽アクセスポイント」と言います。

一見区別がつかずユーザーが接続することにより、機器の盗聴やのぞき見、端末の遠隔操作が加わり、個人情報が筒抜けになってしまいます。

フリーWi-Fiに類似した、偽アクセスポイントへのアクセスが増えると、多くの人の情報が盗まれる可能性があります。

直接ネットワークに入り込んで情報を盗む(スニッフィング)

スニッフィングとは、ネットワークの特性を利用し、直接ネットワークに入り込んで情報を盗み出すハッキング方法です。

ネットワーク上では、本来全てのデータを受信できる仕組みになっていることから、個人情報や機密情報などが暗号化されず取引されていると、簡単に盗み出されてしまいます。

スニッフィングを防止するためには、情報を暗号化してやり取りし、ネット上でオープンにしないことが重要です。

Wi-Fiの乗っ取り・ハッキングが起きている場合の自力での対処法

不審なサイトにアクセスした、遠隔操作が加わっているなどの症状が見られるなど、機器に不具合がある場合はWi-Fiが乗っ取られている可能性があります。

Wi-Fiが乗っ取られている場合、機器を治す前にWi-Fiを対処する必要があります。

Wi-Fiがハッキングされている場合、まずは自力でできる以下の対処法を実行してください。

Wi-Fiの乗っ取り、ハッキングが起きている場合の自力での対処法
  • Wi-Fiの管理者パスワードを変更する
  • SSIDとそのパスワードを変更する
  • 二要素認証を取り入れる
  • MACフィルタリングを有効にする
  • 公共のフリーWi-Fiを使用しない
  • 不要な要求には応じない

Wi-Fiルーターの管理者パスワードを変更する

Wi-Fiルーターの管理者パスワードは初期設定のままであれば簡単に特定することができるため、初期設定のままの方は管理者パスワードが盗まれた可能性が高いです。

初期設定から変更している場合であっても、Wi-Fiが乗っ取られている場合は管理者パスワードを変更しましょう。

使用しているWi-Fiルーターの管理画面の開き方やパスワードの変更方法については、取扱説明書やメーカーのホームページで確認してください。

定期的に特定が難しいパスワードにすることで、ハッキングされるリスクを軽減することができます。

SSIDのパスワードを変更する

SSIDはWi-Fiを識別するために付けられたネットワーク名であり、Wi-Fiに接続するにはSSIDとそのパスワードが必要になります。

SSIDのパスワードが特定されネットワークに侵入されると、機器に保存しているデータやパスワードを盗まれる可能性があります。

管理者パスワードと同様、使用しているルーターのパスワード変更方法を調べて変更するようにしましょう。

不審なアプリ・ソフトウェアをアンインストール

端末内に、身に覚えのない不審なアプリやソフトウェアが存在しないかを確認しましょう。

不審なアプリ・ソフトウェアからハッキングしている場合には、これらをアンインストールすることによって解決することがあります。

不審なアプリ・ソフトウェアを削除したら、 提供元不明のアプリインストール許可設定をOFFにしておくと、今後勝手にインストールされる心配はないです。

注意点として、アプリを消せばその後のハッキング被害は解消されますが、消す前までに情報が流出している場合には何かしらトラブルが発生する可能性があります。

不安な方は、フォレンジック調査業者に依頼して、ハッキングした痕跡や持ち出した情報の痕跡を確認しましょう。

機器を初期化する

ハッキングの原因が分からず、どうしようもない場合には、ハッキングされている可能性のある機器を初期化しましょう。

機器を初期化することによって、ハッキングの為に利用していたアプリやソフトウェア事すべて削除されるため、ハッキング乗っ取りの被害を抑えることができます。

注意点として、機器を初期化してしまうと、データがすべて削除されてしまうので、バックアップを取ったりデータを取り出す必要があります。

初期化せずに対処したい場合には、フォレンジック調査業者に相談しましょう。

セキュリティソフトを使ってセキュリティ対策を行う

セキュリティソフトを使用して、Wi-Fiのセキュリティ対策を行うことができます。

上記の対処法を実行した後は、セキュリティソフトを利用して乗っ取り対策を取るようにしましょう。

Wi-Fiを安全に使用し、ネットワークを保護することで個人情報が洩れるのを防ぐことができます。

ハッキング調査の専門業者に依頼する

ハッキング調査ができる専門業者であれば、Wi-Fiの乗っ取りや機器がウイルスに感染しているかだけでなく、個人情報がいつどこで洩れたかを確認することができます。

また、ハッキングされどの個人情報が盗まれ、どこまで広まったかも確認できるため被害の程度を知ることができます。

これらの調査は個人やソフトでは不可能なため、業者への依頼が必須になります。

Wi-Fiが乗っ取られている可能性が少しでもある場合は、専門業者に相談・依頼しましょう。

おすすめのデータフォレンジック業者

デジタル機器の調査を依頼する時には、フォレンジック調査業者に依頼することによって、より詳細にハッキングの経路や痕跡を解析することができます。

編集者がおすすめするデータフォレンジック業者は、デジタルデータフォレンジックです。

デジタルデータフォレンジック

ここで、編集部おすすめのハッキング調査ができる業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

ハッキング調査の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

DDFbitWave

デジタルデータフォレンジックは、国内売上NO.1のデータの復旧業者が提供しているフォレンジックサービスです。

マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、デジタル遺品、離婚問題など、幅広く調査をおこなっているため、フォレンジックサービスを行っている業者の中でもおすすめできる業者です。

調査専門のエンジニアとは別に、相談窓口としてフォレンジック調査専門アドバイザーが在籍しているため、初めて調査を依頼する方でも安心して相談することができます。

また、警視庁からの捜査依頼実績も多数あることから、実績面においても信頼ができる業者であるといえます。

さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

デジタルデータフォレンジックのおすすめポイント
  • 累計相談件数14,233件
  • 365日営業・24時間電話対応可能
  • 国内最大規模の最新設備
  • Pマーク、ISO27001のセキュリティ体制
  • 相談・見積無料
項目デジタルデータフォレンジック(DDF)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
費用初期診断・見積り無料 まずはご相談ください
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
調査対象PC、スマートフォン、サーバ、外付けHDD、
USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービスマルウェア・ランサムウェア感染調査、
サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、
社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、
パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、
データ改ざん調査、データ復元、デジタル遺品、
など
特徴
✓累計相談件数14,233件
✓法人限定の駆け付け対応サービスあり
✓11年連続国内売上No.1のデータ復元サービスの技術力を活用
✓ISO認証、プライバシーマーク取得
✓警視庁からの捜査協力依頼実績多数
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

Wi-Fiがハッキングされないための対策方法

Wi-Fiがハッキングされてしまうと、不正アクセスや情報流出など、様々なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので、事前の対策が一番大切になります。

ここでは、Wi-Fiがハッキングされないための対策方法を解説します。

Wi-Fiがハッキングされないための対策方法
  • Wi-Fiのセキュリティ認証を強化する
  • 二要素認証を取り入れる
  • MACフィルタリングを有効にする
  • 公共のフリーWi-Fiを使用しない
  • 不要な要求には応じない

Wi-Fiのパスワード設定を強化する

Wi-Fiのパスワード設定を強化することによって、Wi-Fiがハッキングされにくくなります。

パスワードを初期状態のままでWi-Fiを利用していると、パスワードの推測が容易にできてしまうので、ハッキングされる可能性が高くなってしまいます。

ただし、パスワードを変更したからといってハッキングされなくなるわけではないですが、こまめにパスワードを変更しておくとハッキングされにくくなるでしょう。

二要素認証を取り入れる

Wi-Fiが乗っ取られるとアカウント情報が盗まれると、アカウントを悪用されかねません。

パスワードを定期的に変更する他に「二要素認証」を取り入れることでセキュリティを強化することができます。

SNSアカウントだけでなく、オンライン決済やECサイトにも必ず設定するようにしましょう。

二要素認証の種類
  • 生体要素:指紋認証、顔認証など
  • 所有要素:証明書、許可証など
  • 知識要素:パスワード、合言葉など

通常のパスワード認証に加えて、セキュリティを強化することができます。

MACフィルタリングを有効にする

MACアドレスを登録する機能を有効にすることで、登録されていないデバイスによる不正アクセスを防止できます。

MACアドレスを利用し、Wi-Fiに接続できる機器を制御する機能として、Wi-Fiに搭載されているのが「MACアドレスフィルタリング」になります。

MACアドレスフィルタリングを有効にすることで、登録した端末とのみWi-Fiに繋ぐことができるため、セキュリティを高めることができます。

設定方法は機器によって異なるため、お使いのメーカーで調べてみてください。

公共のフリーWi-Fiを使用しない

公共の場所や飲食店でフリーWi-Fiを利用できる機会が増えていますが、フリーWi-Fiには利便性と同時に危険性も存在します。

フリーWi-Fiでは暗号化がされておらずセキュリティレベルが低いため、比較的簡単に通信内容を解析や表示、取得することができます。

送受信したメッセージや通信内容をのぞき見される可能性や、偽サイトに誘導するメールを送り付けウイルスに感染する場合も考えられます。

会社の機密情報や顧客情報が入っている場合、リスクを避けるためにも使用しないことをお勧めします。

不要な要求には応じない

攻撃者がハッキングをする一番の狙いは、個人情報の搾取や金銭の搾取です。

Wi-Fiをハッキングし、デバイスにウイルスを感染させデータを暗号化し、復元と引き換えに金銭を要求されることがあります。

クレジットカードの番号を盗んで不正利用をされるケースもありますが、このような要求には応じないようにしましょう。

金銭を支払っても暗号化されたデータが返ってくる保証はありません。

ハッキング調査ができる業者であれば、データが戻ってくる可能性があります。

不要な要求には従わずに、落ち着いて対処するようにしましょう。

Wi-Fiセキュリティの認証方式を設定する

Wi-Fiのセキュリティを高めるためには、セキュリティの認証方式を設定し、Wi-Fiセキュリティの暗号化をしましょう。

Wi-Fiセキュリティの暗号化とは、「元データを一定の計算手順で無意味な文字列に変換すること」で暗号キーとセットで用いることで、外部からのハッキングや不正アクセスを防止することができる仕組みです。

セキュリティの暗号化の種類は以下のようなものがあります。

セキュリティの暗号化の種類
  • WEP:Wired Equivalent Privacy
  • WPA:Wi-Fi Protected Access
  • WPA2:Wi-Fi Protected Access 2
  • WPA3:Wi-Fi Protected Access 3

WEP~WPA3にかけてセキュリティが強固になり、現状ではWPA3が最も高セキュアな認証方式といわれています。

Wi-Fiは電波を使ってデータ伝送するという性質上、常に情報漏えいや不正アクセスのリスクが大きいため、高いレベルでのセキュリティ対策をしておく必要があるでしょう。

Wi-Fiが乗っ取られた、ハッキングされた場合のまとめ

Wi-Fiが乗っ取られた場合すぐに発見することは難しく、スマホやパソコンの動作の異変でハッキングに気づくことがほとんどです。

機器の動作に異変を感じたり身に覚えのない動作が加わっている場合、個人情報やデータが洩れている可能性も高く、深刻な問題に発展している可能性があります。

今回紹介した自力でできる対処法は、あくまでハッキングを除去する方法になるため、ハッキングされているか確認したい、どの情報やデータがどこまで洩れたか不安な場合は、ハッキング調査ができる業者に依頼しましょう。

Wi-Fiが乗っ取られた、ハッキングされた場合のまとめ
  • スマホやパソコンがハッキングされている原因はWi-Fiが乗っ取られている可能性がある
  • パスワードの特定でWi-Fiが乗っ取られることが多い
  • 被害の例として高額請求やアカウントの悪用、個人情報の漏洩がある
  • フリーWi-Fiは極力使用しない
  • Wi-Fiのパスワードは定期的に変更する
  • ハッキングされているか、被害の程度を知るには業者への依頼が必要
おすすめはこちら↓
累積ご相談件数14,000件突破!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。