Hadoop構築の実践学習4(HBSE)

Hadoop構築の実践学習4(HBSE)

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

概要

Hadoop構築の実践学習3(HDFS)の続きになります。
※Hadoop、Zookeeperの設定が完了していることが前提になります。

HadoopファミリーのHBaseの冗長化を進めていきます。
立ち上げればホットスタンバイになると思いますが、実際に切り替わるのかどうか確認していきます。

準備

パッケージのインストール
マスターノード2台

スレーブノード2台

クライアントノード

次にHDFSにHBase用のディレクトリを用意
クライアントノードで行う(どこからでも可能)

作成されたことを確認

設定

マスター側から設定
全サーバで以下を追加 ※の中に記述

image10

hdfs-site.xmlのリンク作成

リージョンサーバのホスト名を記述

確認

実際にhbaseが機能しているのか確認
マスターノード2台で実行

スレーブノード2台でリージョンサーバ起動

マスター、スレーブノード各2台でerrorがなければ問題ないと思う

次にhbase shellでつないで確認
クライアントノードで行う(どこからでも可能)

まだ作成していないのでテーブルはない

tbl1テーブルが作成されることを確認
問題ないことがわかった。

次にzookeeperでActive/Standbyの確認
zookeeper-client ※zkCli.shとかかもしれない

image12

hadoop-masterがアクティブ
次にスタンバイの確認

image11

hadoop-master2がスタンバイ

試しにhadoop-masterを落としてみる
hadoop-masterで行う

image16

18942をkillする

image15

クライアントノードで行う
zookeeper-client

image19

hadoop-master2がアクティブ

image11

なにも表示されない

image13

再度確認

image18

hadoop-masterがスタンバイになりました。

まとめ

zookeeperシェルの確認方法はあってるか自信はないです。。。
ただ、表示されている情報からHMasterの切り替えはうまくいっていると思ってます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

パソコンの処分・廃棄方法まとめ|買取/データ消去で安全にお得に... 新しいパソコンを購入する際に不要となるいままで使っていたパソコン。この処分については気をつけないといけないことがあります。 パソコンは資源有効利用促進法が適用されており、通常の家電製品などと同じように粗大ゴミに出すことができません。 ...
LINEのMac専用アプリ|インストール・ログインから使い方まで解説... スマホを所持している方は、必ずダウンロード・インストールしていると言っても過言ではないコミュニケーションアプリ「LINE」。 その「LINE」にMac専用が存在することをご存知でしょうか? 仕事等でパソコンを利用している時に、並...
Macbook Proレビュー|iPhoneと相性抜群のハイスペックプロ向けPC... これまでMacBook Proを愛用してきたという人もいるかもしれません。 MacBook ProはハイスペックなノートPCなので、PCでハードな処理をするグラフィックデザイナーなどに人気です。 中にはこれからMacBook P...
高性能ノートパソコン紹介!デスクトップ並み最強スペックモデル... スマホとタブレットを中心に使う方が増えていますが、ゲームや動画編集などまだまだパソコンが必要な場面は多いですよね。 最近ではデスクトップ並の高性能なノートパソコンも増えた事で、今まで以上に選択肢が増えました。 そこで今回はデスク...