【機種変更先取りプログラム VS 半額サポート】お得なのはどっちか比較

【機種変更先取りプログラム VS 半額サポート】お得なのはどっちか比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

以前はMNPをするとスマホはお得になり、機種変更をすると月々の料金があがってしまうというのが一般的なイメージではなかったでしょうか?

最近ではユーザー離れなどもあり、機種変更をしても高くならないよう機種変更用のキャンペーンをドコモ・au・ソフトバンクでは用意しています。

今回の記事では、ソフトバンクで機種変更を考えている人であれば絶対に知っておきたい、〈半額サポート〉と〈機種変更先取りプログラム〉の違いについて徹底解説していきます。

この2つを詳しく知ることでお得に機種変更が可能です!

ソフトバンクの半額サポートと機種変更先取りプログラムとは?


画像引用元:ソフトバンク公式サイト

冒頭にも登場した、〈半額サポート〉と〈機種変更先取りプログラム〉。

これらのサービス内容を知らずにショップに行ってしまうと、店員さんに言われるがまま機種変更してしまい、損をしてしまうなんてことも…。

「だって知らなかったから」と後悔しないためにも、まずはそれぞれの特徴や仕組み、対象機種などを詳しくチェックしておきましょう!

1-1 半額サポート=48回分割払い


画像引用元:ソフトバンク公式サイト

まずは、半額サポートについてご紹介します。名前からして「何かが半額になる」ということは、なんとなくイメージができますよね。

「24回払い」から「48回払い」に

これまで、スマホの機種代金は24回の分割払いで2年間支払い続けるのが一般的でした。

しかし、半額サポートでは、支払い期間を48回払いに延長することにより、今までかかっていた月々の機種代金を半額にすることが可能となったのです。

「半額っていうより、単に払う期間が伸びただけじゃないの?」と思うかもしれません。

ところが、半額サポートでは48回の分割払いを払いきる必要がないのです。

2年目以降の機種変更で残額の支払いが不要になる

半額サポートが適用されると、2年目以降に新しいスマホに変えた場合、残りの機種代金の支払いが不要となります。

また、このプログラムは月額使用料金が無料で、加入条件などもありません。48回の分割払いであれば、自動的に適用されます。

1-2 半額サポート対象スマホは6機種

「半額サポート for iPhone/Android」というサービス名称なので、全部のiphoneとAndroidが対象スマホのように思うかもしれません。

しかし実際は、半額サポート対象となるスマホは限られているのでご注意ください。

対象機種は以下の通りです。

  • iphone 8
  • iphone 8 plus
  • iphone X
  • Xperia XZ1
  • AQUOSR
  • HUAWEI Mate 10 pro

の6機種です。

半額サポートを検討している方は、自分のほしいスマホが対象になっているのか確認しておきましょう。

1-3 機種変更先取りプログラムは最短1年で機種変更可能


画像引用元:ソフトバンク公式サイト

続いて機種変更先取りプログラムについてです。

機種変更先取りプログラムは、対象スマホを12ヶ月使用すれば、残りの機種代金が最大7ヶ月分、実質無料になるといったプログラムです。

ソフトバンクで機種変更前に使用していたスマホを査定・回収に出すことによって、機種代金の割引が適用されます。

ここで注意したいのが、機種変更先取りプログラムは「実質」無料になるというだけであって、分割支払い代金が全額なくなるわけではないという点。

分割支払金は発生するものの、旧スマホを回収に出すことによって、機種代金にあてられる割引が発生するため、「実質」無料で購入できるというシステムなのです。

1-4 機種変更先取りプログラム対象機種は機種変更前と機種変更後で違う

半額サポートの対象機種が6種類という点から見れば、機種変更先取りプログラムの対象機種はかなり豊富と言えるでしょう。

ただし注意すべきなのは、

対象機種=機種変更先取りプログラムに加入した時の機種=下取りに出せる機種

という点です。

下取りに出せる機種

現段階では、iPhone 6s以降のiPhoneは全機種が対象、Androidは19機種以上が対象となっています。

機種変更できる対象機種

次の機種に機種変更が可能です。

iPhoneの場合は、iPhone 6s以降の機種が対象となっています。

Androidに関しては、17機種以上が対象です。

いずれにしても、今後の新機種の発表に伴って、対象機種も増えていくことでしょう。

ソフトバンクの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

次の章では、半額サポートと機種変更先取りプログラムのメリットについて解説します。

知っておきたい!半額サポートと機種変更先取りプログラムのメリットとは?

半額サポートと機種変更先取りプログラムには、それぞれいくつかのメリット・デメリットがあります。

「メリットばかりに目がいき、損をしてしまった!」なんてことにならないよう、しっかりとメリット・デメリットについて把握しておきましょう。

まずはメリットをご紹介していきます。

2-1 半額サポートのメリット


画像引用元:ソフトバンク公式サイト

半額サポートのメリットは、24回分割払いだった機種代金が48回分割払いになることで、月々の負担額が半額になるという点です。

48回分割払いにはなりますが、決して4年間使用しないといけないわけではありません。

途中で機種変更した場合、最大で24回分の分割払いが免除になります。

そのため、2年ごとに新しい機種に買い替えたい人にとっては、お得なプログラムです。

例えば、iPhoneは1年おきに新しい機種が発表されるので、半額サポートを利用していれば、お得に新しいiPhoneに機種変更することができます。

また、機種変更予定がなかったとしても、月々の実質負担額も半額になるため、毎月のスマホ代も安く抑えることが可能です。

データ定額に加入し、48回分割払いで購入すれば自動的に適用されるため、加入条件も厳しくありません。

また、月々の費用が発生しない点も魅力的です。

半額サポートのメリット
  • 実質負担額が少なく、最大24回分割払いが免除になる
  • 実質負担額が少ないため、月々のランニングコストが抑えられる
  • 月々のオプション料金は発生しない

2-2 機種変更先取りプログラムのメリット

機種変更先取りプログラムの1番のメリットは、最短1年で機種変更できるということです。

最近、店舗などでは、「機種変更先取りプログラムに加入しませんか?」と言われることが増えてきました。

そのため、「名前くらいは聞いたことがある」という方も多いかもしれません。

機種変更先取りプログラムでは、使用していたスマホを下取りに出すことで、最大7ヶ月分の機種代金を実質負担0円にすることができます。

コロコロと新しい機種に変更したいという方にとっては、メリットのあるシステムです。

同じスマホを約2年間使っていればメリットを得られる半額サポートに対し、こちらは「そんなに待てない」という方向けのプログラムとなっています。

機種変更先取りプログラムのメリット
  • 最大7ヶ月分の機種代金が実質無料になる
  • どんどん新しい機種に買い替えたい人に最適

ソフトバンクの機種変更|最新iPhone/Androidをお得にゲットする方法(後編)

次の章では、半額サポートと機種変更先取りプログラムのデメリットについて解説します。

半額サポートと機種変更先取りプログラムにデメリットはある?

とてもお得な半額サポートと機種変更先取りプログラムですが、デメリットもあります。

それを知らずに何となくプログラムに申し込んでしまうと、逆に損をしてしまうこともあるので気を付けてください。

メリットよりも詳しく知っておくべき、半額サポートと機種変更先取りプログラムのデメリットについて詳しくご紹介していきます。

3-1 半額サポートの条件とデメリット

半額サポートは、48回分割払い(=4年間)にすることで、月々の実質負担額を減らせるというシステムです。

また、24回目の支払い以降に機種変更をした場合、残りの分割支払い分は免除してもらうことが可能です。

ただし、半額サポートにはいくつかの適用条件が存在します。

半額サポート適用条件
  • 13ヶ月以上、同じ機種を使用すること
  • 次回、機種変更する際には、〈半額サポート〉〈機種変更先取りプログラム〉に加入する必要があること
  • 機種変更前のスマホはソフトバンクに回収してもらうこと

これらが半額サポートを受けるための条件となっています。

【条件 1】13ヶ月以上、同じ機種を使用すること

この部分をデメリットと感じる方は少ないのではないでしょうか。

なぜなら半額サポートは、24ヶ月使用することで最大半額になるシステムだからです。13ヶ月未満で機種変更してしまうと、月々割りがなくなり、実質負担額が増えてしまいます。

【条件 2】機種変更時に〈半額サポート〉〈機種変更先取りプログラム〉に加入すること

次回、機種変更する際に、〈半額サポート for iPhone〉〈半額サポート for Andoroid〉、または今回取り上げた〈機種変更先取りプログラム〉に加入する必要があります。

この時、半額サポートの対象機種の少なさはデメリットとなることでしょう。

【条件 3】機種変更前のスマホはソフトバンクに回収してもらうこと

1番の落とし穴がコレです。機種変更する際に、現在使用しているスマホはソフトバンクに回収されます。

このプログラムは、機種変更する際にスマホを下取りに出すことによって、最大24ヶ月分の機種代金を実質0円にできるというものです。

そのため、スマホは手元に残りません。〈下取りプログラム〉は使用できなくなりますし、買い取りに出すこともできないので要注意です。

また、機種変更時にスマホの状態があまりにも悪い場合は、20,000円の費用が発生することもあるので、普段からスマホの使い方には気を付けておく必要があります。

ソフトバンクの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

【その他】実質4年縛りになることも覚えておこう!

上記以外で注意したいのが、4年間の分割支払い期間です。

半額サポートは、48回の分割払いによって月々の機種代金を半額にしているため、4年間の縛りが存在します。

今後もソフトバンクを使い続けて、2年のタイミングで機種変更するという方であれば、4年縛りは特に気にならないでしょう。

しかし、いずれかのタイミングで、ドコモやau、格安SIMなどに乗り換えを考えている場合は、デメリットとなり得ます。

ソフトバンク「半額サポート for iPhone」48回払いのデメリット

以上のことをまとめると、

  • ソフトバンクからの乗り換えを考えていない
  • 2年のスパンで新しいiPhoneやAndroidに変更したい

という方には、半額サポートはおすすめです。

3-2 機種変更先取りプログラムの条件とデメリット

機種変更先取りプログラムは、指定のスマホへ機種変更する際に、最大7ヶ月分の機種代金が免除されるという魅力的なプログラムです。

しかし、このシステムにもいくつかのデメリットがあります。

機種変更先取りプログラムの加入条件
  • 月額300円のプログラム利用料がかかる
  • 対象機種を2年の分割で購入すること
  • 機種変更後も〈機種変更先取りプログラム〉か〈半額サポート for iPhone〉〈半額サポート for Andoroid〉に加入すること
  • 機種変更の翌月までにソフトバンクにスマホを回収に出すこと

以上が機種変更先取りプログラムの主な条件です。

【条件 1】月額300円のプログラム利用料がかかる

機種変更先取りプログラムを使用するためには、月々300円がプログラム利用料として発生します。

「同じスマホを2年も使わずに、もっと早いスパンで機種変更したい」と考えている方であれば、月々300円を払ったとしてもメリットはあります。

ただ、2年前後は同じスマホを使い続けるという方には、月々のプログラム使用料がデメリットとなるでしょう。

ただし、プログラムを利用しなかった場合は、かかったプログラム料金は返金されます。

【条件 2】対象機種を2年の分割で購入すること

機種変更先取りプログラムを利用するには、機種代金を2年間の分割で購入しなくてはなりません。

つまり、半額サポートとの併用はNGとなります。そのため、実質の負担額が減ったりすることもありません。

【条件 3】機種変更の翌月までにソフトバンクにスマホを回収に出すこと

やはり、機種変更先取りプログラムも半額サポートと同様、機種変更前のスマホをソフトバンクに提出する必要があります。

そのため、半額サポートと同じく、使用していたスマホを自分で下取りに出したり、買い取りしてもらったりということはできません。

例えば、月々のスマホ代金が3,000円~4,000円で、7ヶ月分の残債が免除になった場合、最大28,000円が還元されることになります。

しかし、自分で買い取りに出せば、この金額よりも高値で買ってもらえるかもしれません。そう考えると、損になってしまう可能性もあると言えます。

次の章では、結局のところ半額サポートと機種変更先取りプログラムはどちらがお得になるのかについてまとめています。

結局、半額サポートと機種変更先取りプログラムではどちらがお得なの?

半額サポートと機種変更先取りプログラムについてご紹介してきましたが、結局のところ、どちらの方がお得なのでしょうか?

半額サポートのチェックポイント
  • 48回の分割支払いで購入することで、月々の機種代金が半額になる
  • 最大24回分の分割代金は免除される
  • 使っていたスマホは回収されるので手元には残らない
機種変更先取りプログラムのチェックポイント
  • 24回の分割払いで、最大7ヶ月分の機種代金が免除される
  • プログラムの使用料として月額300円が発生する
  • 半額サポートと同様、スマホは回収される

半額サポートと機種変更先取りプログラムは併用できません。また、途中でプログラムを変更することもNGです。

そのため、加入時に以下の点を踏まえて、よく検討してから契約するようにしてください。

契約前に押さえておくべきポイント
  • 今後もソフトバンクを使い続けるのか
  • どれくらいの期間、同じスマホを使用する予定なのか
  • 旧スマホを回収されても問題ないか
  • 今後、iPhoneを使用するのか、Andoroidを使うのか

後々、「前回の機種変更時にプログラムに入っておけばよかった」「こんなプログラム使用しないから必要なかった」などと後悔しないように、今回の記事を参考に検討してみてくださいね。

ソフトバンク2018年夏モデル6機種の発売時期とスペックのまとめ【新型Android】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ