イオンモバイルの取り扱い端末|使えるiPhoneとおすすめAndroid

イオンモバイルの取り扱い端末|使えるiPhoneとおすすめAndroid

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

イオンリテール株式会社の「イオンモバイル」は業界最安級の月額料金を誇る格安SIMです。

全国のイオンの店舗でも契約可能で、初めてスマホを使う方や大手キャリアから初めて格安SIMに乗り換える方でも安心して利用できる点も魅力です。

しかし、いざ契約しようとすると端末選びで悩む方も多いはず。

そこで、イオンモバイルで使えるiPhoneとイオンモバイルで販売中の中からおすすめAndroidを紹介します。

トップ画像引用元:イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

▽安さ重視ならイオンモバイル!おすすめのキャンペーン情報はこちら
イオンモバイル

イオンモバイルの取り扱い端末は?

イオンモバイルで取り扱いのnova lite 3

画像引用元:イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルで使えるiPhoneとおすすめAndroidをまとめました。

使えるiPhoneとおすすめAndroid
  • iPhone 3GS以降のモデルが使える回線あり
  • おすすめ1 : HUAWEI nova lite 3
  • おすすめ2 :AQUOS sense2 SH-M08
  • おすすめ3 :HUAWEI Mate 20 Pro
  • おすすめ4 :ASUS Zenfone Live(L1) イオンモバイル限定モデル

回線ごとに利用できるiPhoneやおすすめAndroidの詳細については、この後紹介していきます。

1 イオンモバイルのSIMの種類について

SIMカード

イオンモバイルで使えるスマホについて紹介する前に、イオンモバイルで契約可能なSIMについて知っておきましょう。

というのも、イオンモバイルでは複数のSIMが提供されていますが、契約するSIMによって使えるスマホが変わってきます

また、SIMによって通信速度や音声通話の可否も変わるので、SIM選びは慎重にしましょう。

イオンモバイルで契約可能なSIMには、

  • タイプ1(au回線)
  • タイプ1(ドコモ回線)
  • タイプ2(ドコモ回線)

の3種類があります。

それぞれの違いをまとめました。

SIMカードタイプタイプ1
(au回線)
タイプ1
(ドコモ回線)
タイプ2
(ドコモ回線)
対応エリアau
4G LTEエリア
※3Gエリア対象外
NTTドコモ
LTE/3Gエリア
対応プラン音声
データ
シェア音声
音声
データ
シェア音声
データ
SMS音声:無料

データ・シェア追加データ:
無料
音声:無料

データ・シェア追加データ:
月額140円
月額140円
SIMサイズマルチSIM
(標準・マイクロ・ナノ対応)
標準
マイクロ
ナノ
高速時の通信速度(※1)下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
高速時通信制限6GB / 直近3日間なし
低速時の通信速度最大200kbps
低速時(200kbps)
通信制限
366MB / 直近3日間なし
初月データ通信容量日割あり日割なし
高速容量追加購入1GB 480円
(回数上限なし)
1GB 480円
(月6回まで)

※ベストエフォート方式による提供。実際の速度とは異なる場合があります。

ドコモ回線のタイプ1とタイプ2には、

  • タイプ1は音声通話SIM選択可 / タイプ2はデータ通信SIMのみ
  • タイプ1には低速時の通信制限有 / タイプ2には低速時の通信速度制限がない
  • タイプ1は申込初月日割り計算有 / タイプ2は初月日割計算なし
  • 利用できるスマホの種類

などの違いがあります。

まず、音声通話が必要ならタイプ1のSIMのどちらかを選びましょう。

タイプ1同士を比較すると、ドコモ回線の方が最大通信速度が速かったり、高速データ通信時の制限がなかったりと優遇されています。

そのため、au回線でしか使えないスマホを使用するのではない場合は、タイプ1(ドコモ回線)の方がおすすめです。

タイプ2(ドコモ回線)は、データSIMしか契約できない代わりに、低速時(200kbps)はいくら使用しても通信制限されることがありません。

ただし、タイプ2(ドコモ回線)は初月日割り計算されないため、月の半ば~月末に申し込むと損をすることになります。

2 イオンモバイルで使えるiPhone

iPhone

イオンモバイルではiPhoneの販売は行っていませんが、イオンモバイルで契約したSIMを手持ちのiPhoneに差して使用することは可能です。

イオンモバイル公式サイトの「動作確認端末一覧」をもとに、各回線で使えるiPhoneを表にしました。

iPhoneタイプ1
(au回線)
タイプ1
(ドコモ回線)
タイプ2
(ドコモ回線)
iPhone XRドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
SIMフリー
iPhone XS Maxドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
SIMフリー
iPhone XSドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
SIMフリー
iPhone Xドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
ドコモ
SIMフリー
iPhone 8・8 Plusドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
ドコモ
SIMフリー
iPhone 7ドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
iPhone 7 Plusドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
ドコモ
SIMフリー
iPhone SEドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
iPhone 6sドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
iPhone 6s Plusドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー
ドコモ
SIMフリー
iPhone 6SIMフリードコモ
SIMフリー
iPhone 6 PlusSIMフリードコモ
SIMフリー
iPhone 5s・5c
×ドコモ
SIMフリー
iPhone 5・4s×SIMフリー
iPhone 4×SIMフリー※1SIMフリー
iPhone 3GS
×SIMフリー※2×

※ドコモ・au・ソフトバンク版iPhoneは事前にSIMロック解除が必要な場合があります。

※1 アンテナピクトは「圏外」表示。通信は可能です。

※2 テザリング機能Wi-Fi未対応。iOS 6使用時は「圏外」表示(通信は可)

ざっくりまとめると、利用可能なのは、

  • タイプ1(au回線):iPhone 6以降
  • タイプ1(ドコモ回線):iPhone 3GS以降
  • タイプ2(ドコモ回線):iPhone 4以降

ということになります。

ただし、同じモデルでもキャリア版・SIMフリー版で利用できるかどうか違ってきます

特にタイプ2(ドコモ回線)では、最新のiPhone XSやiPhone XRはSIMフリー版しか動作確認されていないのでご注意ください。

実際に契約をする際は、イオンモバイル公式サイトの「動作確認端末一覧」で手持ちのiPhoneが契約予定の回線で対応しているかどうかを必ずチェックしましょう。

イオンモバイルの評判|料金・速度を他社と比較した時のデメリット

次のページでは、イオンモバイルで販売中の端末の中から、おすすめAndroidを紹介します。

▽安さ重視ならイオンモバイル!おすすめのキャンペーン情報はこちら
イオンモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
yuu5yoshikawa
yuu5yoshikawa
関西在住のお茶をこよなく愛するライター。得意ジャンルはWebサービス・ガジェット・アプリのレビュー、日常のお役立ち情報など。長年タブレット+ガラケー2台持ちだったが、ようやくスマホ(ZenFone 5)を購入を決意。買ったからにはとことん役立てようと探求中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ