【HDD診断】トラブル解決・早期発見のためのHDD診断方法を紹介

HDDなどに異常を感じたら、機器の診断を行うことによって致命的な障害の発生を防げる可能性が高くなります。また、データ復旧などをする際にもより適切な対処をすることができます。自力での診断が不安な方はデータ復旧業者に相談しましょう。
  • 2022年9月30日
  • by.bitdds

HDD中身

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

HDD(ハードディスク)やPCを使用していると、時折データの読み書きが遅いことやうまく認識できないということはありませんか?

現状では特に支障がないからと見逃してしまいがちですが、HDDに障害が発生していることに気づかず使用し続けることによって状態が悪化してしまうと、故障したりデータが復旧できる可能性が低くなってしまいます。

HDDを診断することで、HDDに発生している障害を特定し、適切な対処をすることができるため、1番最悪な「データの消失」や「HDDの障害の重篤化」の対策できる可能性が高くなります。

本記事では、HDDの診断をすべき症状と注意点、HDDを自力で診断する方法に加え、編集者が本当におすすめする診断・データ復旧業者を紹介していきます。

HDDを診断する方法まとめ<
  • HDDの動作音で確認する
  • ディスクの管理で確認する
  • S.M.A.R.T.情報を確認する
  • チェックディスク(CHKDSK)を実行する
  • 専門業者のHDD故障診断を受ける
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

HDDに発生する症状とは

複数HDD

HDDには寿命があるため、使用し続けると動作が重くなったりデータやファイルが読み込めなくなってしまう場合があります。

このように、HDDの状態は症状によって様々であるため、自力で診断可能な場合もあれば、診断業者に依頼したほうがいい症状もあります。

今回は自力で診断可能できる症状と専門業者で診断すべき症状を2つに分けて紹介します。

自力でHDDを診断できる症状

HDDを診断する上で、自力で診断可能な症状というのは「個人で解決できる可能性が高い症状」を指します。

自力で診断できる症状は以下のケースがあります。

自力で診断可能な症状
  • 何か異常を感じるがデータそのものに問題がない(バックアップがある)
  • ファイルシステムの破損などのシステムエラー
  • 軽度な動作不良

これらはあくまで一例ですが、以下で紹介する専門業者で診断すべき症状に当てはまらない軽度な症状であれば、個人で診断することが可能です。

ただし、個人での診断は場合によってはPCの知識が必要になったり、誤った診断方法を行ってしまうと、症状が悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。

専門業者で診断すべき症状

専門業者で診断すべき症状として、HDD自体が故障していたり、発生している障害が物理的な要因によって発生している場合など、「診断の難易度が高い症状」を指します。

専門業者で診断すべき症状は以下が挙げられます。

専門業者で対処すべき症状
  • フリーズや応答なしが頻発する
  • フォーマット要求される
  • HDDから異音がする
  • バックアップがない
  • ディスクの管理で、HDDが認識されない
  • S.M.A.R.T.情報で、赤色が表示される
  • チェックディスク(CHKDSK)が終わらない
  • 上記の症状によりデータを見ることが出来ない

これらの症状は物理的な障害であったり、重度の論理的な障害が発生している可能性が高いため、個人で診断しようとすると症状の悪化やデータの消失につながる場合があります。

上記の症状が発覚した場合にはHDDの使用を停止し、データ復旧業者で診断まで行っている業者に診断を依頼しましょう。

HDD(ハードディスク)診断をする際の注意点

HDDに何らかの異常が発生している場合位は、やみくもに作業したり誤った対処をしてしまうとHDDに負荷を与えてしまい、最悪の場合データが2度と取り出せなくなる可能性があります。

HDDを診断する際には、以下の点に注意しながら作業を行うようにしましょう。

HDDを診断する際の注意点
  • HDDを分解しない
  • 故障時に通電しない/電源のオンオフを繰り返さない

HDDを分解しない

HDDは精密機器ですので、少しの衝撃や異物の混入などによって故障してしまう可能性が高くなります。

HDDを分解して診断するためには、ゴミや塵が入らない環境であるクリーンルーム(クラス100で手術室のような環境)での作業をする必要があります。

自力で分解した結果HDDに悪影響を与えてしまい、データ復旧業者であっても症状の診断やデータの取り出しができなくなる可能性があります。

個人作業でHDDを解体するのは絶対にやめましょう。

通電・電源のオンオフを繰り返さない

HDDがうまく認識しないときや故障してしまった時に、認識させようと通電や電源のオンオフを繰り返してしまうことがありますが、実際はHDD自体に大きな負荷を与えてしまう作業です。

障害が発生しているにもかかわらず、これらの動作を繰り返してしまうと症状が悪化したり、内部の部品に負荷を与えてしまいます。

最悪の場合には、データ復旧業者であってもデータの取り出しができなくなってしまうので、通電や電源のオンオフを繰り返すのはやめ、確認する場合は一度限りにしましょう。

HDD(ハードディスク)の障害・故障を診断する方法

HDDの障害・故障を診断する方法として、個人でできる方法と業者の診断に分けて紹介していきます。

障害・故障を診断する方法
  • 個人で診断する方法
  • 専門業者で故障診断を受ける

個人で診断する方法

個人で故障・障害を診断するためには、PCに搭載されている機能を使う必要があります。

個人での診断作業は症状を悪化させるリスクがあるので、心配な方や確実に診断したい方はデータ復旧業者に相談しましょう。

個人でできる故障・障害を診断する方法は以下のとおりです。

個人でできる故障・障害を診断する方法
  • HDDの動作音で確認する
  • ディスクの管理で確認する
  • S.M.A.R.T.情報を確認する
  • チェックディスク(CHKDSK)を実行する

HDDの動作音で確認する

HDDから発生する音として、正常な場合に鳴る起動音と障害が発生しているときに鳴る異音に分けられます。

異音が発生している場合には、物理障害が発生していることが予測でき、診断・復旧作業・通常通り使用し続けることによって障害が悪化します。

異音がしている場合には直ちに作業をやめ、データ復旧業に復旧を依頼しましょう。

ディスクの管理で確認する

Windowsの標準ツール「ディスクの管理」を使えば、HDDがWindowsに適切な形で認識されているかを判断できます。これを開くには、以下の手順に従ってください。

ディスク管理で確認する方法
  1. 検索ボックスで「compmgmt.msc」というコマンドを実行する
  2. 「コンピュータの管理」内にある「ディスクの管理」という機能を表示する

正常時は下記のようにディスク(HDD)が通常どおり表示され、ドライブ容量などのHDDの状態を確認できます。

しかし、異常時はディスク自体が認識されず、WindowsはHDDを見失っており、物理障害が発生している可能性が高くなります。

物理障害が発生している時に個人による修復を行うと、データ・機器ともに破損する恐れがあります。

S.M.A.R.T.情報を確認する

HDDには、エラー回数などを含む40件以上の項目を診断できる「S.M.A.R.T.」という機能が搭載されています。

表示される項目は色によって障害の有無を確認でき、基本的に全て青なら問題ありません。

しかし、赤や黄色の場合は、HDDに故障の前兆がみられ注意が必要になります。

特に以下の項目が赤の場合、重度の物理障害が発生している可能性があります。

深刻な物理障害の可能性のある症状
  • リードエラー
  • 代替処理済のセクタ数

なお、S.M.A.R.T.で障害が起きたHDDはむやみに操作したり、データの移動を続けたりすると、状態がさらに悪化するため、通電および電源のオンオフは一度きりにしましょう。

チェックディスク(CHKDSK)を実行する

チェックディスク(CHKDSK)とは、Windowsに標準搭載されているエラーチェッカーで、ファイルシステムの破損を検出して自動修復する機能です。

しかし修復できる障害は軽度の論理障害に限られ、物理障害や重度の論理障害には対応が不可能になります。

障害が悪化する可能性があり、最悪の場合にデータが復旧できなくなってしまうため注意が必要です。

専門業者で診断を受ける

専門業者のHDD故障診断は、実績や設備が整っている業者であるほど診断項目や診断方法が豊富であるため、個人の故障診断と比べてより正確な状態を知ることができます。

特にデータ復旧業者で診断をすると、より具体的な障害の内容まで明確にできることや、何か異常があったときに診断結果から最適な方法でデータの取り出し作業に進むことができます。

データ復旧業者でのデータ復旧サービスを検討していく中で、業者によっては故障診断を無料で受けられるサービスをやっているので、依頼することをおすすめします。

HDD(ハードディスク)異常発生時のデータ復旧方法

HDDに障害が発生していたり、故障してしまった場合にデータだけでも取り出したい時にはデータ復旧をしましょう。

データ復旧の主な方法として以下があげられます。

データ復旧の手段
  • 復元ソフトを利用する
  • 専門業者に依頼する

復元ソフトを利用する

論理障害が発生している場合、データ復元ソフトを使用することでデータの取り出し(サルベージ)ができることがあります。

しかしエラー原因が、物理障害であったり、論理障害と物理障害が併発している場合には、データ復元ソフトによるデータのサルベージを行うことはできません。

このように物理障害が絡んでいるエラーの場合、データ復元ソフトを使用することで、更なる状態の悪化を引き起こすことがあります。

特に、CRCエラーでは、論理障害ではなく物理障害によって発生することが多いため、データ復元ソフトの使用はあまりおすすめすることはできません。

データ復旧の専門業者に依頼する

個人診断・対応が難しい、保存されているデータを確実に取りだしたい場合は、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

HDDのデータ復旧では、復旧の難易度が高く専門的な作業が伴うため、症状の診断結果によっては個人でのデータ復旧は難しいです。

ただし、データ復旧業者は国内に100社以上あり、業者ごとに対応できる症状や機種も異なっています。

業者によっては診断~見積もりまで無料で行っている業者もあるため、まずは無料相談を受け付けている、技術力の高いデータ復旧業者へ相談することをおすすめします。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と信頼できる実績があります。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応できる、官公庁・法人からの依頼実績も多数など、技術力の高さは間違いありません。

また相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

まとめ

今回は、HDDに発生する症状やHDDを診断する際注意点・対処法、データ復旧の手段について解説しました。

HDDの診断によって正確な症状の判断ができていなければ、その後のデータ復旧の手段を誤ってしまう可能性が高くなります。

個人で作業してしまうと、誤った作業などによってHDDの状態が更に悪化してしまい、最悪の場合2度とデータを復旧できなくなることも少なくありません。

確実にデータを取り出したい方や自力での作業が心配な方は、一度信頼できそうなデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。

HDDを診断する方法
  • HDDの動作音で確認する
  • ディスクの管理で確認する
  • S.M.A.R.T.情報を確認する
  • チェックディスク(CHKDSK)を実行する
  • 専門業者のHDD故障診断を受ける
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。