hi-ho GoGo Wi-Fiの全て|速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

  • 2019年12月4日
  • by 
hi-ho GoGo Wi-Fiの全て|速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

「hi-ho GoGo Wi-Fi」の速度や評判、料金に触れ、更にメリット、デメリットについても解説していきます。

hi-ho GoGo Wi-Fiは、どんなときもWiFiやよくばりWifiなどと同様のクラウドSIMを採用したポケットWi-Fiです。

パッとみた限り端末も同じに見え、違いがいまいちわからないと感じるかも知れません。

hi-ho GoGo Wi-Fiについて、これら全てバッチリ解説しますので、参考にしてください!

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

hi-ho GoGo Wi-Fiってどんなサービス?

hi-ho GoGo Wi-Fi

hi-ho GoGo Wi-Fiは、2019年11月21日からサービスを開始した、クラウドSIMを採用したポケットWi-Fiです。

利用場所に合わせてドコモ・au・ソフトバンク回線を自動的に切り替えて通信を切り替えることで、常に1番いい電波状況で通信できます。

また、月間データ量の制限や3日10GBの制限も気にせず「完全無制限」で使えるのが最大の特徴ですね!

さらに、日本国内だけでなく海外でも多くの国に対応!

渡航先で電源を入れるだけですぐ繋がり、国内と同じ感覚で使えます。

海外利用は完全無制限とはいきませんが、海外旅行・出張がある方でもそのまま持ち出せるので楽ですね!

hi-ho GoGo Wi-Fiの特徴まとめ
  • クラウドSIMで利用場所を選ばず快適通信
  • 最新トレンドの「完全無制限」だから安心!
  • 国内・海外問わず電源を入れるだけですぐ使える!

hi-ho GoGo Wi-Fi公式サイトはこちら

hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プラン

hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プラン
hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プランは、オプションなしの「通常プラン」と複数のオプションがパックになった「インクルードプラン(セレクトG)」の2つが用意されています。

hi-ho GoGo Wi-Fiの国内料金

項目通常プランインクルードプラン
月額料金3,355円4,255円
契約期間初回2年間
以降1年自動更新
申込みhi-ho GoGo Wi-Fi 公式サイト

hi-ho GoGO Wi-Fiの通常プランは他のクラウドWi-Fiより少し安く利用できますね!

3年目からの月額料金も一律なので、ずっと安く安心して利用できます。

一方、インクルードプランは端末補償に加え、データバックアップ等の3つのオプションから選んだサービスがコミコミです。

端末補償だけなら通常プラン+補償補償オプションの方が安いのですが、残りの選べるオプションに必要性を感じるならインクルードオプションを選びましょう。

インクルードプランのオプション
  • データバックアップ:容量無制限でスマホやPCのデータバックアップ
  • お財布サポート:大量のクーポンが利用できるサービス
  • データ復旧:スマホやPCのデータ復旧

特にスマホで写真・動画をたっぷり撮影する方は、無制限のデータバックアップが嬉しいサービスになりますね。

なお、hi-ho GoGo Wi-Fiの契約期間は2年間と、他のクラウドWi-FIと同じです。

しかし、途中解約の違約金が少し安くなっていることと、2年経過後は1年更新になるので、今後乗り換える可能性がある方は1番安心して使えますね。

hi-ho GoGo Wi-Fiの初期費用と違約金

項目通常プランインクルードプラン
事務手数料3,000円
解約金0~11ヶ月目 :18,000円
12~23ヶ月目 :9,500円
25ヶ月目以降 :9,500円
更新月(24ヶ月目、36ヶ月目):0円

ここまでの料金内容構成を考えると、クラウドWi-Fiの中でもhi-ho GoGo Wi-Fiはコスパ重視のサービスと言っていいでしょう。

海外利用の料金

エリア地域利用料金
利用エリア1アジア
ヨーロッパ
北米
970円
(1日1GB)
利用エリア2中東
中米
南米
アフリカ
1,600円
(1日1GB)

※利用エリア1・2の具体的な対応国はこちら

hi-ho GoGo Wi-Fiを海外で利用する場合は、渡航先の国によって利用料金が異なり、課金タイミングは日本時間での1日単位です。

日本で日付をまたぐ時に使っているだけで2日分になることに注意したいですね。

また、1週間以上の渡航ではレンタルWi-Fiより高くなるので、渡航期間によってはレンタルサービスを選んだ方がいいでしょう。

通常プランなら端末補償オプションは加入した方がいい!

hi-ho GoGo Wi-Fi端末補償
hi-ho GoGo Wi-Fiの通常プランで契約する場合、とりあえず端末補償は加入しておいた方がいいでしょう。

端末補償は月額500円のオプションサービスで、hi-ho GoGo Wi-FiのモバイルWi-FIルーターが故障した場合、年間2回まで交換対応してくれる補償サービスです。

端末補償の概要

項目詳細
申込み条件同時契約のみ
利用回数年間2回まで
補償対象メーカー保証外の自然故障
破損・全損・水濡れ
※盗難紛失は対象外
交換費用1回目:無料
2回目:3,000円

年間1回目までの故障なら無償交換してくれるので、毎日持ち歩く方でも安心ですよね。

なお、端末補償未加入で故障や水濡れがあると、端末交換に14,000円の費用がかかります。

端末補償オプションは契約と同時加入のみで、後から契約もオプション解約後の再契約もできません。

このあたりの仕組みはスマホの端末補償と全く同じですね。

そのため、hi-ho GoGo Wi-Fi契約時には、とりあえず端末補償には加入しておいて、使いながら必要か判断することをおすすめします。

料金まとめ
  • 通常プランの利用料金はずっと3,355円
  • 違約金も他のクラウドWi-Fiより安い!
  • 海外利用は短期渡航向けの1日課金タイプ
  • 端末補償(月額500円)の加入は契約時のみ

hi-ho GoGo Wi-Fi公式サイトはこちら

次のページでは、hi-ho GoGo Wi-Fiの速度やメリット・デメリットについて解説します。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

どんなときもwifi
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ