hi-ho GoGo Wi-Fiの全て|速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

  • 2019年12月4日
  • by 
hi-ho GoGo Wi-Fiの全て|速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

「hi-ho GoGo Wi-Fi」の速度や評判、料金に触れ、更にメリット、デメリットについても解説していきます。

hi-ho GoGo Wi-Fiは、どんなときもWiFiやよくばりWifiなどと同様のクラウドSIMを採用したポケットWi-Fiです。

パッとみた限り端末も同じに見え、違いがいまいちわからないと感じるかも知れません。

hi-ho GoGo Wi-Fiについて、これら全てバッチリ解説しますので、参考にしてください!

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

hi-ho GoGo Wi-Fiってどんなサービス?

hi-ho GoGo Wi-Fi

hi-ho GoGo Wi-Fiは、2019年11月21日からサービスを開始した、クラウドSIMを採用したポケットWi-Fiです。

利用場所に合わせてドコモ・au・ソフトバンク回線を自動的に切り替えて通信を切り替えることで、常に1番いい電波状況で通信できます。

また、月間データ量の制限や3日10GBの制限も気にせず「完全無制限」で使えるのが最大の特徴ですね!

さらに、日本国内だけでなく海外でも多くの国に対応!

渡航先で電源を入れるだけですぐ繋がり、国内と同じ感覚で使えます。

海外利用は完全無制限とはいきませんが、海外旅行・出張がある方でもそのまま持ち出せるので楽ですね!

hi-ho GoGo Wi-Fiの特徴まとめ
  • クラウドSIMで利用場所を選ばず快適通信
  • 最新トレンドの「完全無制限」だから安心!
  • 国内・海外問わず電源を入れるだけですぐ使える!

hi-ho GoGo Wi-Fi公式サイトはこちら

hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プラン

hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プラン
hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プランは、オプションなしの「通常プラン」と複数のオプションがパックになった「インクルードプラン(セレクトG)」の2つが用意されています。

hi-ho GoGo Wi-Fiの国内料金

項目通常プランインクルードプラン
月額料金3,355円4,255円
契約期間初回2年間
以降1年自動更新
申込みhi-ho GoGo Wi-Fi 公式サイト

hi-ho GoGO Wi-Fiの通常プランは他のクラウドWi-Fiより少し安く利用できますね!

3年目からの月額料金も一律なので、ずっと安く安心して利用できます。

一方、インクルードプランは端末補償に加え、データバックアップ等の3つのオプションから選んだサービスがコミコミです。

端末補償だけなら通常プラン+補償補償オプションの方が安いのですが、残りの選べるオプションに必要性を感じるならインクルードオプションを選びましょう。

インクルードプランのオプション
  • データバックアップ:容量無制限でスマホやPCのデータバックアップ
  • お財布サポート:大量のクーポンが利用できるサービス
  • データ復旧:スマホやPCのデータ復旧

特にスマホで写真・動画をたっぷり撮影する方は、無制限のデータバックアップが嬉しいサービスになりますね。

なお、hi-ho GoGo Wi-Fiの契約期間は2年間と、他のクラウドWi-FIと同じです。

しかし、途中解約の違約金が少し安くなっていることと、2年経過後は1年更新になるので、今後乗り換える可能性がある方は1番安心して使えますね。

hi-ho GoGo Wi-Fiの初期費用と違約金

項目通常プランインクルードプラン
事務手数料3,000円
解約金0~11ヶ月目 :18,000円
12~23ヶ月目 :9,500円
25ヶ月目以降 :9,500円
更新月(24ヶ月目、36ヶ月目):0円

ここまでの料金内容構成を考えると、クラウドWi-Fiの中でもhi-ho GoGo Wi-Fiはコスパ重視のサービスと言っていいでしょう。

海外利用の料金

エリア地域利用料金
利用エリア1アジア
ヨーロッパ
北米
970円
(1日1GB)
利用エリア2中東
中米
南米
アフリカ
1,600円
(1日1GB)

※利用エリア1・2の具体的な対応国はこちら

hi-ho GoGo Wi-Fiを海外で利用する場合は、渡航先の国によって利用料金が異なり、課金タイミングは日本時間での1日単位です。

日本で日付をまたぐ時に使っているだけで2日分になることに注意したいですね。

また、1週間以上の渡航ではレンタルWi-Fiより高くなるので、渡航期間によってはレンタルサービスを選んだ方がいいでしょう。

通常プランなら端末補償オプションは加入した方がいい!

hi-ho GoGo Wi-Fi端末補償
hi-ho GoGo Wi-Fiの通常プランで契約する場合、とりあえず端末補償は加入しておいた方がいいでしょう。

端末補償は月額500円のオプションサービスで、hi-ho GoGo Wi-FiのモバイルWi-FIルーターが故障した場合、年間2回まで交換対応してくれる補償サービスです。

端末補償の概要

項目詳細
申込み条件同時契約のみ
利用回数年間2回まで
補償対象メーカー保証外の自然故障
破損・全損・水濡れ
※盗難紛失は対象外
交換費用1回目:無料
2回目:3,000円

年間1回目までの故障なら無償交換してくれるので、毎日持ち歩く方でも安心ですよね。

なお、端末補償未加入で故障や水濡れがあると、端末交換に14,000円の費用がかかります。

端末補償オプションは契約と同時加入のみで、後から契約もオプション解約後の再契約もできません。

このあたりの仕組みはスマホの端末補償と全く同じですね。

そのため、hi-ho GoGo Wi-Fi契約時には、とりあえず端末補償には加入しておいて、使いながら必要か判断することをおすすめします。

料金まとめ
  • 通常プランの利用料金はずっと3,355円
  • 違約金も他のクラウドWi-Fiより安い!
  • 海外利用は短期渡航向けの1日課金タイプ
  • 端末補償(月額500円)の加入は契約時のみ

hi-ho GoGo Wi-Fi公式サイトはこちら

次の章では、hi-ho GoGo Wi-Fiの速度やメリット・デメリットについて解説します。

hi-ho GoGo Wi-Fiの速度は速い?ネットの口コミ・評判をチェック!

続いてhi-ho GoGo Wi-Fiの速度について確認しましょう。

今回はスペック面と利用者の口コミの両方でチェックしていきます。

hi-ho GoGo Wi-Fiの端末「U2s」スペック

U2s

項目スペック
サイズ高さ:127 mm
幅:65.7 mm
厚さ:14.2 mm
重さ151g
下り速度最大150Mbps
上り速度最大50Mbps
バッテリー3,500mAh
連続使用12時間

hi-ho GoGo Wi-Fiの端末は、他のクラウドWi-Fiと同じU2sを利用します。

クラウドSIMでドコモ・au・ソフトバンク回線を切り替えて利用しますが、端末自体の最大速度が150Mbpsであることに注意したいですね。

とはいえ実効速度が10Mbps〜30Mbps程は出るスペックなので、Web検索やYouTube等の動画は問題なく利用できるでしょう。

一方、スマホアプリのダウンロードやパソコンのOS更新など、あまり大きなデータ量の利用には不向きです。

電池持ちは連続使用12時間とかなり長いので、使い方によっては充電器の持ち運びは不要でしょう。

つまり、動画や音楽で完全無制限を大いに活用する様な使い方に向いている端末といえますね!

なお、付属品にUSBケーブルはありますが、ACアダプタは別売りです。

2.0AのACアダプタでないと充電が遅くバッテリー劣化が激しくなるので、ACアダプタを探す時は出力をしっかりチェックしたいですね。

hi-ho GoGo Wi-Fiの利用者の口コミ・評判は?

hi-ho GoGo Wi-Fiは2019年11月21日開始の新しいサービスです。

そのため、まだネット上の口コミが出揃っていない状態ですね。

先にお伝えした通り、利用する端末が他のクラウドWi-Fiと同じなので、通信速度に関しては他サービスと同じ水準であると予想されます。

速度の目安として、現時点で利用者の多い「どんなときもWiFi」の速度測定の口コミを見てみましょう。

Twitterでの速度測定では結構優秀!

実際の速度測定結果を見ると、どんなときもWiFiは20〜30Mbps出ることが多いようです。

WiMAX2+や光回線と比べてしまうと遅く感じてしまいますが、普通にネットを使う・動画を見るなら気にならない速度でしょう。

hi-ho GoGo Wi-Fiもスペック上は同じ速度が出るはずなので、安く使い放題のポケットWi-Fiを探している方にぴったりのサービスですね!

hi-ho GoGo Wi-Fiのメリット・デメリット

続いてhi-ho GoGo Wi-Fiのメリットとデメリットをチェックしましょう。

ここまでの解説で触れた部分もありますが、hi-ho GoGo Wi-Fiを検討している方は契約前にチェックしてくださいね!

hi-ho GoGo Wi-Fiのメリット

hi-ho GoGo Wi-Fiのメリットは、クラウドSIMの性質によるものが中心です。

主なメリットは…
  • 完全無制限でたっぷり使える
  • 圏外・電波が弱い場所が少ない
  • クラウドWi-FIの中でも月額料金が最安値!

適用されているSIMカードのデータ量を使いすぎても、適宜他のSIMに切り替わることで快適な通信速度が維持できます。

1日中音楽や動画を流し続けるといった従来のポケットWi-Fiに向かない使い方も、hi-ho GoGo Wi-Fiなら気にせずできますね!

また、キャリアのポケットWi-FiやWiMAXでは、特定の場所では電波が届きにくいことも。

一方、hi-ho GoGo Wi-Fiなら、ドコモが届きにくくてもauやソフトバンクに切り替わるといった具合に、利用場所で最適なSIMに切り替えて圏外が避けられます。

利用できない場所が最も少ないポケットWi-Fiなので、様々な場所で利用する方にぴったりですね。

hi-ho GoGo Wi-Fiはこんな人にピッタリ!
  • 営業職や長距離トラックドライバーの方など、利用場所が一定ではない人
  • 動画や仕事のファイルで、外で大きなデータをやり取りしたい人

こんな使い方なら、hi-ho GoGo Wi-Fiがぴったりですね!

さらに、hi-ho GoGo Wi-Fiは、国内外問わず利用料金も同等サービスの中で最安値です!

クラウドWi-FI料金比較

利用場所hi-ho GoGo Wi-FiどんなときもWiFiよくばりWiFi
日本国内3,355円3,480円3,450円
海外
(利用エリア1)
970円1,280円1,250円
海外
(利用エリア2)
1,600円1,880円1,850円
申込みhi-ho GoGo Wi-Fi 公式サイトどんなときもWiFi公式サイトよくばりWiFi公式サイト

※利用エリア1・2の具体的な対応国はこちら

毎月の利用料金を少しでも安く使いたい方にとっても、hi-ho GoGo Wi-Fiが最適な選択肢になりますね!

hi-ho GoGo Wi-Fiのデメリット

hi-ho GoGo Wi-Fiのデメリットは、端末性能と利用者急増によるものがあります。

主なデメリットは…
  • WiMAXやキャリアより最大速度が遅い
  • 利用者激増のサービスのため、障害発生のリスクがキャリアより多いかも?

hi-ho GoGO Wi-Fiの端末スペックでもお伝えしましたが、端末自体の通信速度が最大150Mbpsです。

実際に利用する時の通信速度は、利用場所や時間帯など、様々な条件で変わります。

概ね30Mbps前後の実効速度があれば御の字といった具合ですね。

30Mbpsあれば、普通にWebサイトや動画を視聴するなら困ることはないでしょう。

一方、「PS4のゲームをダウンロードする」といった大容量通信は、かなり時間がかかります。

例えば、2019年11月時点でPS Storeのランキング上位にある「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」を見ると、61.87GBとかなりのデータ容量です。

61.87GBのダウンロード時間
  • 30Mbps:4時間42分
  • 100Mbps:1時間25分
  • 200Mbps:42分

30Mbpsの実効速度では、ダウンロード開始から5時間弱待たないと利用できませんね…。

他にもパソコンのOSアップデートや4K撮影した動画のアップロードなど、大容量通信を行うと待ち時間が大変なことになります。

Web検索や動画視聴なら光回線と同じ感覚で使える反面、こうした大容量データを取り扱う用途には全く向かないので気をつけましょう。

また、hi-ho GoGo Wi-Fiと同じクラウドSIMを採用しているサービスは、国内外で利用者が爆発的に増えています。

クラウドSIMはキャリアのSIMをクラウド管理するシステム上、どうしてもクラウド側のリソースが圧迫されがちです。

国内ではどんなときもWi-Fiが登場した2019年3月からの約半年で2回ほど、クラウドSIM側の障害で接続が不安定になることがありました。

利用者の拡大に伴ってクラウドSIM側のリソースも強化されているので、今後は障害発生頻度はグンと下がるはずです。

しかし、現状「キャリアやWiMAXより少し障害発生頻度が多い」ということは把握した上で利用した方がいいかも知れません。

hi-ho GoGo Wi-Fiについてまとめ

hi-ho GoGo Wi-Fiについてまとめ

今回は2019年11月21日から開始された新サービス「hi-ho GoGo Wi-Fi」について解説しました。

hi-ho GoGo Wi-Fiは、基本的なサービス内容は既存のクラウドWi-Fiと同等です。

hi-ho GoGo Wi-Fiの特徴はまとめ
  • クラウドSIMで利用場所を選ばず快適通信
  • 最新トレンドの「完全無制限」だから安心!
  • 国内・海外問わず電源を入れるだけですぐ使える!
  • 最大速度は遅いので、数十GB単位の通信は全く向かない

ただ、料金面で比較すると、hi-ho GoGo Wi-Fiは主要なクラウドWi-FIより安く利用できます!

速度面に関しては、hi-ho GoGo Wi-Fiは開始直後のサービスなので、まだ口コミが少ない状況ですね。

ただ、既存のクラウドWi-Fiがほとんど同じ実効速度で利用できていることから、どんなときもWi-Fi等の速度を参考にして問題ないでしょう。

今回の解説を参考に、1番安くデータ量完全無制限で使いたい方は、ぜひhi-ho GoGo Wi-Fiを試してくださいね!

hi-ho GoGo Wi-Fi公式サイトはこちら

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ