Amazonプライムビデオの月額料金を他社と比較して価値があるか検証

  • 2019年8月26日
  • by.a-sato

Amazonプライム

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Amazonと聞くと通販サイトのイメージが強いと思いますが、実は動画アプリサービスを運営していることはご存じでしょうか。

Amazonプライムビデオと呼ばれるアプリで、Amazonが提供する人気の映画やドラマ、アニメを観ることができます。

そんなAmazonプライムビデオの特徴は下記の通りです。

Amazonプライムビデオとは
  • 月額料金500円で使える
  • Amazonが運営している動画アプリサービス
  • Amazonプライム会員に含まれる特典の1つ
  • 作品数は非公開で一部追加課金が必要

Amazonプライムビデオは、数ある動画アプリサービスの中でも特に月額料金が安いことに定評があります。

また、洋画やミニオンなどのアメリカ3Dアニメーションに定評のあるイルミネーション・エンターテインメントの作品も数多く観ることができます。

今回は、そんなAmazonプライムビデオのサービス内容や他社サービスとの比較をした結果などを紹介していきます。

TOP画像引用元:Prime Video: 初めてのお客様へ

Amazonプライムビデオのサービスの特徴

プライムビデオ

画像引用元:「Amazon プライム・ビデオ」をApp Storeで – iTunes – Apple

まず、Amazonプライムビデオのサービスの特徴について解説をします。

Amazonプライムビデオは、月額料金が他社サービスと比べてもかなり安い点が大きな特徴でありメリットでもあります。

視聴可能な作品数に関しては少ない傾向にあるものの、価格相応といったところでしょうか。

筆者も実際に使用していますが、洋画をたくさん観ることができるなという印象があります。

一時期「ウォーキングデッド」が1シーズンから無料だったのでまとめて観てしまったこともありました。

そんなAmazonプライムビデオの特徴について1つ1つ詳しく見ていきましょう。

アップルストア グーグルプレイ

月額料金は500円

Amazonプライムビデオの月額料金は500円です。

他社サービスが大体800円~2,000円である中でも、Amazonプライムビデオの月額料金はかなり破格といって良いでしょう。

支払いはクレジットカードだけでなく、VISAデビットやプリペイドカードにも対応しています。

クレジットカードを持っていない人でも気軽に使うことができる点も嬉しいですね。

月額料金がかなり安いという点から、Amazonプライムビデオ1本に絞るのではなく、複数のサービスを併用することも可能です。

dTVやビデオパスなど、500円台で使える他社サービスと合わせて使えば、他の1,000円台の他社サービスと同額で利用することが可能です。

視聴可能な作品の傾向をチェックして、使い分けるのも1つの方法です。

Amazonプライムビデオで観れる作品の傾向

基本的に、ワイルドスピードやウォーキングデッド、007シリーズなどの洋画・海外ドラマが多い傾向にあります。

また、ミニオンが大人気の怪盗グルーシリーズなど、イルミネーション・エンターテインメントの3Dアニメーション映画も多いです。

日本アニメや映画は課金対象になるものが多いです。

1話のみ無料というものもあれば、期間によっては全話無料で観れる場合もあります。

これはどのサービスも共通ですが、ディズニー作品はほぼすべてが課金対象です。

作品によって追加課金あり

アマゾンプライム

画像引用元:Amazon.co.jp: どこでも視聴: Prime Video

作品によって追加課金があるのはどのサービスも同じですが、Amazonプライムビデオも例外ではありません。

こちらにも課金しないと観られないレンタルの作品があります。

ただし、時期によって無料で観られるようになることもあるので、そのタイミングを待つというのも1つの方法です。

1作品につき金額は平均してレンタル金額は400~500円程度で、2日~3日ほどレンタルすることが可能です。

ディズニー作品でもない限り、いつかは無料で観れる日が来るのでそのタイミングを狙う方が良いかもしれません。

Amazonプライム会員の特典に含まれる

Amazonプライムビデオは、実はAmazonプライム会員の特典に含まれているサービスです。

Amazonでのネットショッピングで送料が無料になったり、翌日配達サービスを利用できるなどの特典があります。

年会費は約5,000円程で、筆者もAmazonプライム会員になっています。

Amazonプライム会員は、ネットショッピングの他にも、サービスをお得に利用できる特典がいくつもあります。

Amazonプライム会員特典のサービスだと考えると作品数がそこまで少ないことも頷けますし、あくまでAmazonプライム会員のサービスに付随したサービスだということがわかります。

月額料金とAmazonプライム会員の年会費を考慮すると、Amazonプライム会員になってAmazonプライムビデオを利用する方がお得ではないでしょうか。

Amazonのサービスを普段から頻繁に使っている人におすすめです。

Amazonプライムビデオのサービスの特徴
  • 月額料金は500円
  • Amazonプライム会員はAmazonプライム会員の年会費に利用料金が含まれている
  • 視聴可能な作品数は不明
  • 作品によっては追加課金が必要になる

次の章では、他社サービスの特徴・比較をしてみます。

他社サービスの特徴・比較

次に、Amazonプライムビデオと他社サービスの中でも人気のある4社のサービスを比較してみました。

今回比較したのは下記の4社です。

  • dTV
  • U-NEXT
  • Netflix
  • Hulu

簡単にそれぞれのサービスについて表にしてみたので是非チェックしてみてください。

動画
視聴
アプリ
HuludTVU-NEXTAmazonプライムビデオNetflix
月額
料金
933円500円1,990円500円800円
視聴
可能
作品数
(推定)
5万本以上12万本以上13万本以上不明不明
追加
課金

有無
オン
ライン
再生
オフ
ライン
再生
無料
お試し
期間
2週間31日間31日間30日間1ヶ月間
支払い
方法
キャリア決済
クレジットカード
Yahoo!ウォレット
Huluチケット
iTunes Store決済
など
ドコモユーザー
キャリア決済

ドコモ以外
クレジットカード
キャリア決済
Amazon支払い
クレジットカード
クレジットカード
VISAデビットカード
プリペイドカード
クレジットカード

Amazonプライムビデオは、この中で月額料金が安く、Amazonプライム会員であれば追加課金無しで利用できるサービスです。

ただしその分、他社サービスと比べて追加課金をして観なければいけない作品などもあります。

比較対象の4社のサービスの特徴についても簡単にまとめたので、是非チェックしてみてください。

dTV

dtv

画像引用元:「dTV」をApp Storeで

dTVの特徴は下記の通りです。

  • 月額500円でリーズナブル
  • 120,000本以上の作品数だが追加課金有り
  • 31日間の無料お試し期間がある
  • ドコモユーザーはキャリア決済が可能だが、ドコモユーザー以外はクレジットカードのみ

dTVは名前の通りドコモが運営しているサービスです。

月額500円と非常にリーズナブルで、尚且つ120,000本以上の作品を観ることができます。

ただし、課金が必要な場合もあるので、120,000本のうち一体いくつの作品が無料で観れるかはわかりません。

31日間のお試し期間があるので、興味がある人は是非使ってみてください。

ドコモユーザー以外の人はクレジットカード支払いのみなので、クレジットカードを持っていない人は利用することができません。

ドコモ dTVの月額料金を他社と比較して価値があるか検証

アップルストア グーグルプレイ

U-NEXT

U-NEXT

画像引用元:「U-NEXT」をApp Storeで

U-NEXTの特徴は下記の通りです。

  • 月額1,990円と他社に比べて高い
  • 130,000本が無料で見放題
  • 20,000本が追加課金でレンタルできる
  • 31日間の無料お試し期間がある
  • キャリア決済やクレジットカード決済に対応している

U-NEXTは月額料金がかなり高いものの、無料で観れる作品数とレンタル対象作品の数がしっかりと明確に表記されている点が嬉しいですね。

月額料金は高いものの、130,000本が無料で見放題というのはかなりお得です。

また、31日以内に解約すれば料金は発生しないので、無料お試し期間を利用することをおすすめします。

キャリア決済にも対応しているので、クレジットカードを持っていない人・使いたくない人にもぴったりです。

アップルストア グーグルプレイ

Netflix

Netflix

画像引用元:「Netflix」をApp Storeで – iTunes – Apple

Netflixの特徴は下記の通りです。

  • 月額800円で利用できる
  • 作品数は不明
  • 追加課金は無いので全ての作品が見放題
  • 無料お試し期間は1ヶ月間
  • クレジットカードのみ対応

Netflixは作品数が不明であるものの、追加課金がないので全ての作品が見放題です。

作品数が不明なので、一体どのような作品が観れるのかはわかりませんが、1ヶ月間のお試し期間があるので、その間に見極めるのも良いでしょう。

比較的月額料金は安い方なので、動画サービスに月1,000円程度費やしても問題ないのであれば、Amazonプライムビデオと併用するのもありです。

ただし、支払いはクレジットカードのみなので注意しましょう。

アップルストア グーグルプレイ

Hulu

hulu

画像引用元:「Hulu / フールー」をApp Storeで – iTunes – Apple

Huluの特徴は下記の通りです。

  • 月額料金は933円
  • 作品数は50,000本以上
  • 追加課金なしなので50,000本が見放題
  • 無料お試し期間は2週間と短め
  • キャリア決済、クレジットカード、Yahoo!ウォレットなどさまざまな支払い方法を選べる

Huluは、月額933円で50,000本以上の作品数を追加課金なしで観ることができます。

ただし、無料期間は2週間と少し短めなのがデメリットです。

課金前に解約したい場合は解約の期限を間違えないように気をつけましょう。

アップルストア グーグルプレイ

テレビで『Hulu』を見るには|簡単・低コストな視聴方法を解説!
4つの他社サービスとAmazonプライムビデオを比較した結果
  • 月額料金はAmazonプライムビデオが1番安い
  • 作品数はAmazonプライムビデオが1番少ない
  • HuluやNetflixが追加課金無しだがAmazonプライムビデオは追加課金有り
  • 無料お試し期間の日数は動画アプリの平均レベル

Amazonプライムビデオを使う価値はある?

Amazonプライムビデオは、筆者も実際に使っていますが、かなり頻繁に使っていると「あれ…ほとんど観たことあるやつばかりだな」という印象がございます。

期間によって無料で観られる作品も異なりますし、新作の映画やドラマも取り扱われるので、いつも全く同じというわけではありません。

なので、頻繁に映画を観ている人にとっては物足りないと思うかもしれません。

では、Amazonプライムビデオにはどのような価値があるのでしょうか。

あくまでAmazonプライム会員に付随する特典と考えるべき

Amazonプライムビデオは、元々Amazonプライム会員特典のサービスです。

それがAmazonプライム会員の特典として単独となり、月額500円の動画サービスとして提供されるようになったのです。

ただ、前述の通り、映画が好きで頻繁に観るような人には少し物足りない可能性もあります。

Amazonプライムビデオの月額料金と、Amazonプライム会員の年会費を比較しても、他のサービスも色々使えるという点を含めると、確実にAmazonプライム会員になった方がお得です。

それはAmazonプライム会員であれば、プライムビデオは追加料金なしで楽しめるからです。

そのため、AmazonプライムビデオはあくまでAmazonプライム会員に付随した特典であると思った方が良いかもしれません。

Amazonプライムビデオをメインで使うのは物足りないと思われます。

基本的に洋画が多いので洋画好きの人におすすめ

Amazonプライム

画像引用元:Amazon.co.jp: どこでも視聴: Prime Video

Amazonプライムビデオは洋画が多い傾向にあります。

そのため、洋画好きの人にはAmazonプライムビデオがおすすめです。

また、海外ドラマも多数取り揃えているので、海外のドラマが好きだという人にもAmazonプライムビデオは向いているでしょう。

月額料金が安いので複数の動画サービスと一緒に使い分けるのもおすすめ

月額500円と動画サービスの中では最安値といっても良いくらいに安いので、複数の動画サービスと一緒に使い、必要に応じて使い分けることをおすすめします。

前述の通り作品が少なく、それでいて追加課金が必要になるサービスではあるので、がっつり動画を楽しみたいという人には物足りないでしょう。

Amazonプライム会員のサービスが目的だったものの「特典で使えるから」という程度で、Amazonプライムビデオを使う人であれば単体利用でも問題ないと思います。

しかし、映画やドラマをたくさん観たい!と考えている人にとって、Amazonプライムビデオは単体利用に向いていません。

Amazonプライムビデオは単体で利用するよりも、複数の動画サービスと一緒に使うことをおすすめします。

Amazonプライムビデオは単体利用よりも複数の動画サービスと併用

最後に、Amazonプライムビデオのメリット・デメリットについてまとめます。

Amazonプライムビデオのメリット・デメリット
  • 月額料金が安い
  • 洋画が多いので洋画好きの人におすすめ
  • 時期によって無料で観られる作品が変わる
  • 月額料金は安いが、一部の作品は追加課金が必要

Amazonプライムビデオは、月額500円と動画サービスの中ではかなり安いです。

また、洋画や海外ドラマが多いので、普段から洋画を良く観る人や海外ドラマ好きな人にもぴったりです。

しかし一方で、一部追加課金が必要な作品も多いことから、がっつり映画やドラマを楽しみたい人には物足りない可能性もございます。

以上の内容から、Amazonプライムビデオは単体利用よりも複数の動画サービスと併用する方が快適に使えるのではないかという結論に至りました。

自分で動画サービスに使う予算を決めて、その予算に合うように複数の動画サービスに登録することをおすすめします。

特に、dTVなど月額料金の安いサービスと併用すれば月額料金も安く済みます。

必要に応じてそれぞれの動画サービスを使い分ければ、それぞれの動画サービスでしか観られない作品が観られるなどより快適に楽しむことができるでしょう。

Amazonプライムビデオも初回30日間は無料お試し期間なので、是非一度気軽に試してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ