【arrows ケータイ VS GRATINA】徹底比較|最高のケータイはどっち!?

【arrows ケータイ VS GRATINA】徹底比較|最高のケータイはどっち!?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

富士通コネクテッドテクノロジーズの「arrows ケータイ F-03L」と、京セラの「GRATINA KYF39」。

ともに2019年発売の4G LTEケータイであり、この2機種のデザイン・スペック・価格・カメラなどを徹底比較しました。

果たしてどっちが最高のケータイなのでしょうか!?

トップ画像引用元:GRATINA KYF39 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

arrows ケータイとGRATINAどっちが買いか

アロウズケータイ

画像引用元:arrows ケータイ F-03L – 携帯電話 – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

最初に、arrows ケータイ F-03LとGRATINA KYF39の違いを簡単にまとめてみました。

arrows ケータイ F-03LとGRATINA KYF39の違い
  • 取扱いキャリア
  • 充電ケーブルの種類
  • 防水・FeliCa・ワンセグ・LINE対応など人気の機能の有無

詳しい違いとそれぞれのスペック・機能については、この後紹介していきます。

1 arrows ケータイとGRATINAのキャリア

グラティーナ

画像引用元:使いやすいデザイン | GRATINA KYF39 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

arrows ケータイ F-03LとGRATINA KYF39のスペックや機能を比較する前に、それぞれの取扱いキャリアと発売日を確認しておきましょう。

項目発売日キャリア
arrows ケータイ F-03L2019年
7月上旬
ドコモ公式ショップ
GRATINA KYF39発売中au公式ショップ

arrows ケータイ F-03Lはドコモから2019年7月発売予定、GRATINA KYF39はauにて発売中。

それぞれ、取扱いキャリアの公式オンラインショップからも購入可能です。

2 arrows ケータイとGRATINAのデザイン

アロウズケータイ

画像引用元:arrows ケータイ F-03L デザイン – 携帯電話 – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

まずは、arrows ケータイ F-03LとGRATINA KYF39の大きさやカラーなどのデザイン面を比較します。

デザイン・サイズarrows ケータイ
F-03L
GRATINA
KYF39
サイズ
(W×H×D)
約51×113×15.8mm約51×112×17.4mm
重さ約133g約125g
ディスプレイ約3.4インチ約3.4インチ
TFT液晶
ディスプレイ
解像度
フルワイドVGA
(854×480)
フルワイドVGA
(854×480)
カラーシルバー
ブラック
レッド
薄水色
桜色
綿雪
紺碧

サイズを比較すると、横幅はどちらも同じで、長さはarrows ケータイ F-03Lの方が1mm上、厚さはGRATINA KYF39の方が1.6mm上です。

重さはarrows ケータイ F-03Lの方が約7g重くなっています。

ディスプレイの大きさと解像度に違いはありません。

それぞれのデザインの特徴について、個別に詳しく紹介します。

2-1 arrows ケータイのデザイン

画像引用元:arrows ケータイ F-03L – 携帯電話 – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

arrows ケータイシリーズとしては、2015年以来の最新機にして、初の4G LTE対応機となるarrows ケータイ F-03Lですが、外観は前モデルの「arrows ケータイ F-05G」と同じ折りたたみ式のケータイです。

参考として、arrows ケータイ F-05Gとのサイズとも比較してみました。

デザイン・サイズarrows ケータイ
F-03L
【比較用】
arrows ケータイ
G-05G
サイズ
(W×H×D)
約51×113×15.8mm約51×113×15.8mm
重さ約133g約129g
ディスプレイ約3.4インチ約3.4インチ
ディスプレイ
解像度
フルワイドVGA
(854×480)
フルワイドVGA
(854×480)

arrows ケータイ F-03Lのサイズはarrows ケータイ F-05Gと同じ、重さは約4gほど増加しています。

また、こちらもarrows ケータイ F-05Gと同じく、側面にワンプッシュで本体を開くボタン付きです。

arrows ケータイ F-03Lにもあった、3つの「お気に入り機能ボタン」も健在です。

折りたたみ時に、時刻などを表示する約0.8インチのサブディスプレイもあります。

このように、デザイン面・操作性でarrows ケータイ F-05Gと共通しているところも多く、arrows ケータイ F-05Gを使っている人なら、操作を覚えやすいというのも強みです。

カラーはシルバー・ブラック・レッドの全3色となります。

2-2 GRATINAのデザイン

画像引用元:GRATINA KYF39 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

GRATINA KYF39も、折りたたみ式のケータイです。

GRATINAシリーズの従来機と、デザイン・ハードウェア面で比較します。

大きな変更点
  • 充電コネクタがUSB Type-Cに
  • スピーカーがレシーバーと一体型となり前面に

充電コネクタがUSB Type-Cになったことで、充電時にケーブルの表裏を気にする必要がなくなりました(※)。

1つ1つが大きく、文字色と本体色のコントラストが効いた、見やすく押しやすいボタンも特徴です。

また、スピーカーがレシーバー(受話部分)と一体となり、発話部分と同じ前面に付いたことにより、従来のGRATINAシリーズよりもハンズフリー会話時も相手の声が聞き取りやすくなっています。

カラーは、日本の自然をイメージした全5色。

※卓上ホルダ及びACアダプターは別売り。

3 arrows ケータイとGRATINAの基本スペック

続いて、arrows ケータイ F-03Lと、GRATINA KYF39の基本スペックを比較します。

基本スペックarrows ケータイ
F-03L
GRATINA
KYF39
CPUMSM8909
1.1GHz/4
クアッドコア
MSM8909
1.1GHz/4
クアッドコア
RAM1GB1GB
内蔵
ストレージ
8GB8GB
バッテリー1,680mAh
※電池パック取り外し可
1,500mAh
※電池パック取り外し可
連続待受時間
(LTE)
未公表約530時間
連続通話時間未公表約610分
外部
ストレージ
最大32GB
microSDHC
最大32GB
microSDHC
通信規格4G LTE4G LTE
VoLTE対応
充電コネクタmicroUSBUSB Type-C
Wi-FiIEEE 802.11
b/g/n
(2.4GHz)
IEEE802.11
b/g/n
(2.4GHz)
BluetoothVer.4.2Ver.4.1

デザインのところでも書きましたが、GRATINA KYF39の充電ケーブルが、USB Type-C対応になっている点が大きな違いになります。

その他、CPUやRAMなどの処理性能に関わる部分ではあまり違いがありません。

また、arrows ケータイ F-03LとGRATINA KYF39の共通点をまとめてみました。

共通点
  • 4G LTEの高速通信 / VoLTEの音声通話を利用可
  • 2.5GHzのWiFi接続可
  • Blutooth接続可(※対応Verに違いあり)

なお、両機ともそれぞれの販売キャリアの3Gプランでは利用できません。

そのため、3Gケータイから機種変更する場合は、契約プランの変更も必要となります。

au ケータイとりかえ割の特典は機種代金割引&充電器プレゼント

次のページでは、arrows ケータイとGRATINAのカメラについて比較してみます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
yuu5yoshikawa
yuu5yoshikawa
関西在住のお茶をこよなく愛するライター。得意ジャンルはWebサービス・ガジェット・アプリのレビュー、日常のお役立ち情報など。長年タブレット+ガラケー2台持ちだったが、ようやくスマホ(ZenFone 5)を購入を決意。買ったからにはとことん役立てようと探求中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ