【arrows U VS LG K50】徹底比較|どっちが買いか?その理由

【arrows U VS LG K50】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年夏モデルスマホの発表も終わり、機種変更や乗り換えなど、夏に向けて新モデルにしようと考えている人は多いのではないでしょうか?

しかし、いざ購入しようと思ってもどれが良いか分からない、という人もいます。

そこで今回は、「arrows U VS LG K50」としまして、夏モデルの2機種を徹底比較して紹介します。

1 arrows UとLG K50のスペック比較

エルジーケイ50

画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

今回紹介するarrows UとLG K50は、ソフトバンクの2019年夏モデルとして発表された機種で、富士通のarrows Uの発売は6月下旬、LGエレクトロニクスのLG K50は7月となっています。

いずれも未発売のスマホではあるのですが、スペック等は既に発表されているので、比較するためにもまずは両機種のスペックを下記の表にまとめました。

項目arrows ULG K50
サイズ
縦・横・厚み
149×72×8.7mm
161×77×8.7mm
重量165 g172 g
ディスプレイ5.8 インチ/FHD+6.26 インチ/HD+
CPUSnapdragon 450
オクタコア 1.8GHz
MT6762
オクタコア 2.0GHz
メモリRAM:3GB
ROM:32GB
RAM:3GB
ROM:32GB
外部ストレージ最大400GB最大512GB
バッテリー2,880mAh3,500mAh
カメラアウト:1,310万画素/500万画素
イン:800万画素
アウト:1,300万画素/200万画素
イン:1,300万画素
対応機能防水防塵
おサイフケータイ
生体認証
カラーブラック
ホワイト
ブルー
プラチナシルバー
スペースブルー
販売ソフトバンク公式ショップ

上記の表を見るだけでも、かなりの違いがあるということがわかりますが、違いがそのままスペックの差ではないというのは、最早スマホにおいては当たり前といえます。

また、ユーザーのライフスタイルも重要です。

近年ではスマホは暮らしの一部と化していて、プライベートのみならず仕事にも大いに活用されるため、ユーザーのライフスタイルとスペックの親和性は無視できません

そこで次項より、詳細なスペック比較を紹介していきます。

2 外観の比較

アロウズユー

画像引用元:arrows U デザイン – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

arrows UとLG K50の外観的比較を一言で言うと、arrows Uはコンパクトで高画質、LG K50は大画面ディスプレイです。

サイズでいえば、arrows Uは5.8インチディスプレイにフルHD+となっていて、LG K50は6.26インチディスプレイにHDプラス、という分かりやすい差ですが、厚みに関しては同じとなっているのが特徴的です。

とはいえ、厚みが同じだとしても、全体の大きさでいえばLG K50の方が大きいので、重量に関しても当然LG K50の方が重い仕様となっています。

また、スマホの外観について忘れてはいけないのがイヤホンジャックの有無ですが、最近ではイヤホンジャックが廃止されるスマホも多い中で、arrows UとLG K50はどちらも対応してます。

加えて、外観面といえばカラーですが、

  • arrows Uがブラック、ホワイト、ブルーの3色
  • LG K50はプラチナシルバーとスペースブルーの2色

です。

基本的なカラーを抑えてあるarrows Uに対して、LG K50のカラーには若干の物足りなさを感じてしまいます。

2-1 外観で選ぶ時のポイント

arrows UとLG K50を外観的に選ぶのなら、やはり大小どちらが好みかという点に収束します。

スマホのサイズというのはそのまま取り回しやすさに直結する項目で、普段からポケットなどに入れて持ち歩く人はコンパクトスマホ、大き目なサイズのスマホを利用する人はバック、という傾向もあります。

とはいえ、それほど大きな差というわけではないので、イヤホンジャックも同様に採用されているarrows UとLG K50の場合、外観で選ぶのなら他の要因も絞っていくのが賢明です。

また、サイズとカラーにおいて違いのあるarrows UとLG K50ですが、デザイン的に見た場合、arrows Uが全体的に丸みを帯びたフォルムで、LG K50は全体的にシャープな仕上がりとなっています。

3 処理速度などの基本スペックの比較

エルジーケイ50

画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

スマホにおいて根幹ともいえる基本スペックに、arrows UとLG K50においてはそれほど大きな違いはありません

スマホの処理能力を決めるCPUですが、

  • arrows UがSnapdragon 450 オクタコア 1.8GHz
  • LG K50はMT6762 オクタコア 2.0GHz

を採用しています。

一見すると違いがあるような2つのCPUですが、スペック的な差は殆どないものと言えます。

また、メモリについてもarrows UとLG K50は、どちらもRAM3GBにROM32GBと同様のスペックです。

外部ストレージに関しては、arrows U最大400GBと、LG K50最大512GBと、多少の違いがありますが、どちらもAndroid端末である以上は、足りなくなった場合でも付け替えることが可能なので、誤差と言えます。

唯一、スペック面で大きな違いがあるのがバッテリー面で、arrows Uは2,880mAhで、LG K50は3,500mAhと、大きな開きがあります。

3-1 LG K50はインドアユーザー向け?

エルジーケイ50

画像引用元:LGK50 | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

arrows UとLG K50の基本スペックに関しては、バッテリー容量以外で大きな差というものはありませんが、バッテリー容量は、ユーザーの使用スタイルによって大きく変わってきます。

バッテリーを多く使うユーザーというのはアウトドアユーザーと考えがちですが、スマホにおけるバッテリー消費は、動画視聴やゲームといったインドア使用の方が高くなっています。

その点を踏まえて、arrows UとLG K50を比較すると、LG K50の方がインドア向けの機種であるといえます。

LG K50の場合は、arrows Uと比較した場合、ディスプレイの大きさからも動画視聴やゲームといったインドア使用に向いています。

また、LG K50はディスプレイの解像度が低い関係か、バッテリー消費に関しても優れていますし、高い容量に高いバッテリー維持性能と、インドア使用を抜きにしても、バッテリー面においてはLG K50が優秀です。

しかしバッテリー面においては優秀なLG K50ですが、充電コネクタで考えると、microUSBを採用しているLG K50よりも、次世代充電コネクタであるUSB Type-Cを採用しているarrows Uの方が優秀といえます。

また、他のハイエンド機種と比較した場合、arrows UとLG K50のどちらもCPU的に高いわけではないので、3Dゲームなどをするのには向いていないので注意が必要です。

ソフトバンクおすすめ最新スマホ機種ランキング【2019夏モデル】

次のページでは、arrows UとLG K50をカメラなどの機能面で比較します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
n-fujii
n-fujii
東京都市部出身。本業の傍らライター業を営んでいたが、徐々にライター業の比率を増やして現在に至る。ネット回線とスマホが無いと生きていくのが困難な人。iPhoneアンチというわけではないが、スマホは専らAndroid派。愛用しているのはAQUOSシリーズ。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ