どんなときもWiFiとネット固定回線を徹底比較|契約するならどっち?

どんなときもWiFiとネット固定回線を徹底比較|契約するならどっち?

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

1台でドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア全ての4G LTEに接続できるポケットWiFiサービス「どんなときもWiFi」。

これまでのポケットWiFiにない便利さやお得さから、いろんなところで話題になっています。

「でも、始まったばかりでよくわからないサービスだし、ネット固定回線とどっちにしようか迷う」。

そんな方に向けて、これから回線契約するなら、どんなときもWiFiと、光回線などのネット固定回線のどっちが良いのか、それぞれの月額料金やエリア、通信速度などを中心に比較しました。

どんなときもWiFiがおすすめな人

どんなときもWiFi

光回線などのネット固定回線についてはご存知の方も多いと思うので、まずはどんなときもWiFiがどんな人におすすめかをまとめました。

どんなときもWiFiの特徴
  • 光回線エリア対象外で使いたい人
  • 自宅外や海外でも自由にインターネットを使いたい人
  • 容量無制限のポケットWiFiサービスを探している人
  • 工事にかかる費用と手間を節約したい人
  • すぐにインターネット環境が必要な人
  • 月額料金が安いインターネット回線にしたい人

詳しい特徴とネット固定回線との料金やエリア、通信速度などの比較結果はこの後解説していきます。

どんなときもWiFiとは

どんなときも
どんなときもWiFiは、株式会社グッド・ラックが2019年3月から運営を開始した月額定額3,480円~で利用可能なポケットWiFiサービスです。

株式会社グッド・ラックは、「Next mobile」など大容量かつ低価格のポケットWiFiサービスを提供してきた実績を持つ会社です。

ポケットWiFiサービスは、上記のNext mobileのように他にも色々ありますが、どんなときもWiFiは従来のサービスにはなかった画期的な特徴から今注目を集めています。

1台でドコモ・ au・ ソフトバンクのLTE回線利用可

一般的なポケットWiFiサービスでは、1台のモバイルルーターに付属のSIMカードを差すことで、特定の回線を使用することになります。

契約時にドコモ回線用端末を選んだらドコモ回線しか使えない、という感じです。

そうすると、ドコモ回線がカバーしていないエリアではインターネットが使えなくなるという問題がありました。

一方、どんなときもWiFiのモバイルルーターは、1台でドコモ・au・ソフトバンク全ての4G LTE回線が利用できます。

どんなときもWiFiのSIMカードはクラウドサーバー上で管理されており、現在地に合わせて最適なSIMカード情報を適用してくれるので、1台で複数回線が利用できるんです。

日本国内であればドコモ・au・ソフトバンク全てのLTE対応エリアで通信できるので、1回線だけしか利用できないポケットWiFiよりも外出先で使える範囲が広くなります。

場所に合わせて 最適なWiFiを自動選択

どんなときもWiFiの2つ目の特徴的な機能は、ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線のうち、現在いるエリアで一番強い電波を自動で選択してくれる点です。

例えば、ドコモとソフトバンク2つのLTE回線が利用できるエリアにいる時、ドコモの方が繋がりやすい状態なら、自動でドコモ回線を使えるようにしてくれます。

ある回線が繋がりにくいエリアがあっても、他の繋がりやすい回線を選択してくれるので、いつでも快適にインターネットを利用できます。

回線切り替えを自分でする手間もいりません。

容量無制限

どんなときもWiFi
ポケットWiFiサービスの中には、月間7GBまたは3日間10GBのデータ通信量制限にかかると、低速通信しかできなくなるところもあります。

しかし、どんなときもWiFiでは基本的にこの通信容量制限がなく、常に一定の通信速度(下り:150.0Mbps / 上り:50.0Mbps)で利用できます。

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信」をした場合や「不正利用」を行った場合は、通信制限(最大384Kbps)が課される場合もあるようですが、常識の範囲内での利用であれば気にする必要はありません。

「通信費を安く抑えるためネット固定回線からポケットWiFiサービスに変えたは良いけれど、通信制限がストレスになった」という方にとっても使いやすいサービスになります。

海外でも利用できる

どんなときもWiFiは、アジア・ヨーロッパ・北米・アフリカなど世界107の国で利用できます。

しかも、海外利用時に渡航先用のSIMカードを差したり、プラン変更をする必要はありません。

利用対象となっている国でモバイルルーターの電源をオンにすれば、その国で利用可能なSIMカードを自動で適用し、通信可能な状態にしてくれます。

いつも使用しているモバイルルーターをそのまま様々な国で使えるため、急な出張にも対応しやすいです。

また、複数の国をまたがる旅行の時も、エリアごとに対応SIMカードを購入する手間を省くことができるというメリットがあります。

なお、海外で利用する際は、通常の月額料金(3,480円~)に加え、下記の利用料が日ごとにかかります。

利用国エリア海外利用料 / 日
(非課税)
データ通信容量
アジア・オセアニア
ヨーロッパ・北米
(69ヶ国)
1,280円1GB / 日
(※1)
中東・南米
アフリカ
(37ヶ国)
1,880円

※1 当日9:00~翌8:59の間 / 超過した場合は384Kbpsの通信速度で通信可

ただし、利用料がかかるのはモバイルルーターの電源をオンにした日のみで、電源をオフにしておけば上記の海外利用料は発生しません。

また、上記の海外利用料には、海外利用時の「盗難・紛失」補償も含まれています。

1つだけ注意したいのが、どんなときもWiFiは利用する国のインターネットの規制に従う点です。

インターネットに関する規制や監視が強い国で利用すると、特定のサイトやSNSが利用できなくなったり、インターネット上に書き込んだ内容が政府または当局に監視される可能性があるので、日本にいる間に現地のインターネットに関する規制について調べた上で、注意して利用しましょう。

海外でも完全無制限!どんなときもWiFiの利用エリアと旅行でかかる料金

次のページでは、『どんなときもWiFi』と『ネット固定回線』のメリット・デメリットを比較しました。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
yuu5yoshikawa
yuu5yoshikawa
関西在住のお茶をこよなく愛するライター。得意ジャンルはWebサービス・ガジェット・アプリのレビュー、日常のお役立ち情報など。長年タブレット+ガラケー2台持ちだったが、ようやくスマホ(ZenFone 5)を購入を決意。買ったからにはとことん役立てようと探求中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ