【どんなときもWiFi VS JPWiMAX】徹底比較|どっちがいい?その理由

【どんなときもWiFi VS JPWiMAX】徹底比較|どっちがいい?その理由

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

2019年3月に提供開始し、完全容量無制限で使える点と幅広いエリアに対応している、どんなときもWiFi

そして、WiMAXプロバイダの中でも格安でデータ容量無制限プランを利用できる、JPWiMAX

これからWiFiサービスを利用するなら、果たしてどっちを選べばいいのか悩みますよね。

そこで、どんなときもWiFiとJPWiMAXの

  • 料金プラン
  • 速度
  • 通信エリア
  • 通信制限

など気になる情報を徹底比較しました。

更に、比較した結果からどっちがどんな人におすすめなのかもまとめているのでWiFiサービス選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

【制限なし】どんなときもWiFiは本当にお得?メリット5つとデメリット2つ

トップ画像引用元:【公式】JPWiMAX | WiMAX(ワイマックス)業界初のキャンペーンを

どんなときもWiFiとJPWiMAXどっちがいい?

モバイルWiFi

まずは、どんなときもWiFiとJPWiMAX、それぞれを選ぶことでどんなメリットあるかを簡単にまとめました。

どんなときもWiFiのメリット
  • JPWiMAXよりも対応エリアが広い
  • 地下鉄などでも使える
  • 日本国内で通信制限なしの完全データ容量無制限
  • 手続きやSIMカード入れ替えなしで海外でも利用可(※海外利用料が別途発生)
JPWiMAXのメリット
  • 月額料金が安い
  • 1台の端末で6台以上の機器をインターネットに繋げられる
  • 25ヶ月間利用後は解約時に端末がもらえる

どんなときもWiFiには、1台の端末で幅広いエリア使える点と通信制限なし&データ容量無制限で使える点という2つの大きなメリットがあります。

一方のJPWiMAXは、割引&キャッシュバックのWキャンペーンで数あるWiMAXのプロバイダの中でも屈指の安さという魅力があり、どっちが良いかは使う人によって変わってくると言えます。

より詳しい特徴や比較を詳しく説明していきます。

どんなときもWiFiの特徴

どんなときもWiFiとは、2019年3月にサービスを開始したばかりのモバイルWiFiサービスです。

その最大の特徴は、日本国内では月間データ容量無制限&通信制限なしで使えることです。

「WiMAXの容量無制限プランにしても頻繁に3日間で10GBの制限にひっかかってしまう」とお困りの方でも、どんなときもWiFiなら通信制限を気にせずに使えます(※)。

もう1つの特徴は1台の端末で、SIMカードの入れ替えなしにドコモ・au・ソフトバンクの4G LTE回線が利用できるため、日本全国スマホが繋がるエリアであれば、ほぼどこでも接続することができます。

しかも、現在位置で2つ以上の利用可能なキャリアがあるなら、繋がりやすいキャリアを自動選択してくれるので、いつでも快適な通信速度で利用可能です。

更に、海外に端末を持って行けばそのまま現地のキャリアに接続してインターネットに接続できるので、端末のレンタルやSIMカードの購入の手間もいりません。

これだけ使い勝手が良いにもかかわらず、月額料金は3,000円台と他社のWiFiサービスとあまり変わらないため、コスパが非常に良いWiFiサービスとして登場時から人気を集めています。

※「著しくネットワークを占有するレベル」で大容量の通信を行った場合は通信制限(最大384Kbps)が課されることがあります。

どんなときもWiFiの特徴
  • 1台の端末でドコモ・au・ソフトバンクの4G LTEが使える
  • 日本国内では完全データ容量無制限
  • 1台の端末が世界107ヶ国で手続きやSIMカード入れ替えなしで使える(※別途使用料発生)
  • エリアに合わせて1番繋がりやすい回線に自動で切り替え

JPWiMAXの特徴

JPWiMAXは、UQコミュニケーションズのWiMAX回線をレンタルしてサービスを提供するWiMAXプロバイダの1つです。

WiMAXプロバイダは、大本のUQ WiMAXと回線の品質や対象エリアは変わりませんが、それぞれ独自のキャッシュバックや割引、サービスを提供することで差別化を行っています。

その数あるプロバイダの中でも、JPWiMAXは大幅な割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンを同時に行うことでWiMAXプロバイダの中でも格安の料金でサービスを提供していることで有名です。

2019年8月現在は、Amazonギフト券10,000円分キャッシュバックと月額料金を3年間合計44,580円も割引するキャンペーンを実施しています。

また、JPWiMAXは料金の安さだけではなく、キャッシュバックキャンペーンの受け取りやすさにも定評があります。

WiMAXのキャッシュバックの中には、手続きが複雑だったり、受け取りまでの期間が長かったりするものもありますが、JPWiMAXの場合は簡単な手続きのみで最短端末受け取り日にAmazonギフト券を発行してもらえます。

JPWiMAXの特徴
  • WiMAXプロバイダの中でも格安
  • 月間データ容量無制限3年プランのみで料金がわかりやすい
  • 合計44,580円割引とAmazonギフト券10,000円分キャッシュバックのWキャンペーン実施中
  • キャッシュバックが受け取りやすい
  • モバイルルータータイプでも10台までスマホ・パソコンを同時接続できる

次の章では、いよいよどんなときもWiFiとJPWiMAXの利用料金から比較していきます。

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

料金プランの比較

どんなときもWiFi
まずは、どんなときもWiFiとJPWiMAXの国内利用時の料金プランを比較してみました。

どんなときもWiFiの料金プラン

どんなときもWiFiの料金プランは1種類のみで、支払い方法を「クレジットカード払い」にするか「口座振替」にするかでやや月額料金が変わるだけというシンプルなものになっています。

まずは、初期費用と端末代、そして最低利用期間である24ヶ月目までの月額料金を合計した2年間の総費用をまとめた下記の表をご覧ください。

1年ごとの費用クレジットカード払い口座振替
初期費用3,000円3,000円
機種代金0円0円
端末発送月
(0ヶ月目)
3,480円
(日割り)
3,980円
(日割り)
1~24ヶ月目3,480円3,980円
2年間合計
(※1)
90,000円102,500円
実質月額料金
(※2)
3,600円4,100円

※1 初期費用 + 機種代金 + 端末発送月~24ヶ月目の月額料金
※2 2年間合計 / 25

クレジットカード払いの場合、初期費用も含めて考えても、実質月額料金3,600円で2年間利用できます。

このどんなときもWiFiの実質月額料金は、UQ WiMAXの実質月額料金(割引・キャッシュバック込み)よりも安い金額になります。

なお、最初の更新月である25ヶ月目以降は下記の料金になります。

どんなときもWiFiクレジットカード払い口座振替
25ヶ月目以降3,980円4,410円

JPWiMAXの料金プラン

JPWiMAXの料金プランも1種類のみで、支払い方法もクレジットカード払いのみになります。

初期費用と端末代、そして最低利用期間である36ヶ月目までの月額料金を合計した3年間の総費用は下記の通りになります。

JPWiMAXギガ放題プラン
初期費用3,000円
機種代金0円
端末発送月
(1ヶ月目)
2,800円
(日割り)
2~3ヶ月目2,800円
4~24ヶ月目3,500円
25~36ヶ月目4,100円
キャッシュバック-10,000円
3年間合計(※1)124,100円
実質月額料金(※2)3,448円

※1 初期費用 + 機種代金 + 端末発送月~36ヶ月目の月額料金 - キャッシュバック
※2 3年間合計 / 36

2019年8月現在、JPWiMAXでは月額割引キャンペーンとAmazonギフト券10,000円分キャッシュバックキャンペーンを同時に行っており、実質月額料金はWiMAXプロバイダの中でも屈指の安さとなっています。

JPWiMAXのキャッシュバック受け取り方法

JPWiMAXでは、下記の4ステップだけでキャッシュバックを受け取れます。

  1. 公式Webサイトから新規申し込み
  2. 「ギフト券申請URL」を記載した申し込み完了メールが登録したメールアドレス宛に届く
  3. 端末と一緒に届く契約書面に記載の「契約ID」を手順2の「ギフト券申請URL」で入力
  4. 登録したメールアドレス宛にAmazonギフト券のコード(16桁)が送られてくる

上記の通り、「ギフト券申請URL」が届くのは登録したメールアドレスで、更に端末が届いたらその日に即キャッシュバックの申請ができるので、受け取りを忘れる心配がありません。

3年目までの料金を比較

どんなときもWiFi(クレジットカード払い)とJPWiMAXの料金プランから、1年ごとにかかる費用を比較しました。

1年ごとの費用どんなときもWiFi
(クレジットカード払い)
JPWiMAX
1年目の費用
(※1)
48,240円32,900円
2年目の費用41,760円42,000円
3年目の費用47,760円49,200円
3年間累計137,760円(※2)124,100円

※1 初期費用 + 機種代金 + 端末発送月~12ヶ月目の月額料金 – キャッシュバック
※2 利用期間2年。3年目以降も継続する場合、次の更新月は48ヶ月目(4年)

上記の通り、2年目・3年目の費用はどんなときもWiFiの方が安いですが、1年目の割引とキャッシュバックが大きいため3年間の累計費用はJPWiMAXの方が13,660円分安くなります。

単純に料金プランの安さだけなら、JPWiMAXが有利です。

ただし、どんなときもWiFiは最低利用期間2年、JPWiMAXは最低利用期間3年という違いもあるので、実際に選ぶ時は同じインターネット回線を使い続ける期間のことも含めて考えた方が良いでしょう。

解約金の比較

最低利用期間の話が出たところで、どんなときもWiFiとJPWiMAXの解約金についても比較したいと思います。

利用期間どんなときもWiFiJPWiMAX
~12ヶ月19,000円30,000円
~24ヶ月14,000円25,000円
~36ヶ月9,500円25,000円
上記以降9,500円9,500円
更新月0円
25ヶ月目(※1)
以降2年ごと
0円
37ヶ月目(※2)
以降3年ごと

※1 契約月の翌月を1ヶ月目
※2 契約月を1ヶ月目

JPWiMAXは解約金が高いのが特徴です。

この解約金の金額は、UQ WiMAXや他のWiMAXプロバイダの3年プランと比べても割高です。

とはいえ、もちろん更新月に解約すれば解約金0円なので、更新月まで使い続ける場合は心配する必要はありません。

端末の返却について

どんなときもWiFiとJPWiMAXを解約する際に気をつけておきたいのが、端末の返却についてです。

というのも、この2社は場合によっては解約時に端末を返却する必要があり、返却し忘れると余計に費用がかかることがあるからです。

どんなときもWiFiの端末はレンタル扱いのため、解約後には必ず「本体・USBケーブル・取り扱い説明書・個装箱」を解約月の翌月5日までに返送する必要があります

もし、返却期限までに返送しなかった場合などは機器損害金として『18,000円』が請求されることがあるので、解約したら忘れずに返却しましょう。

一方、JPWiMAXの端末も24ヶ月目まではレンタル扱いとなっており、24ヶ月以内に解約した場合は端末を返却する必要があります。

もし返却しなかった場合は『契約月残数×1,600円』の端末違約金が発生するので、24ヶ月以内の解約時は忘れずに返却しましょう。

ただし、JPWiMAXの契約を25ヶ月以上継続した場合は、端末を返却する必要はありません。

通信エリアの比較

JPWiMAXの通信エリアは、本家であるUQ WiMAXのエリアと同じです。

WiMAXの通信エリアは日本全国に展開していますが、山間部などはエリア対象外になっていることもあります。

また、WiMAXの電波は障害物に弱く、対象エリア内でも地下鉄や窓から遠い建物の内部などでは繋がりにくいという特徴があります。

そのため、利用予定地が対応エリアに入っているかどうか、契約前にUQ WiMAX公式サイトからチェックしておきましょう。

一方、どんなときもWiFiはドコモ・au・ソフトバンクの4G LTE回線を使用できるため、それらいずれかのスマホが繋がるエリアならどこでも使用できます。

しかも、4G LTEの電波は地下鉄や建物内部でも繋がりやすいため、どんなときもWiFiはJPWiMAXよりも利用できるエリアがかなり広いと言えます。

通信速度の比較

どんなときもWiFiとJPWiMAXの通信速度を比較するにあたり、まずはそれぞれの端末の最高通信速度を見てみましょう。

どんなときもWiFiの端末「D1」と、JPWiMAXで利用できる端末のうち最新のモバイルWiFiルーター「W06」との最大通信速度を比較しました。

端末どんなときもWiFiJPWiMAX
端末名D1W06
最大通信速度下り150Mbps
440Mbps~1.2Gbps
上り50Mbps30Mbps
(※1)
WiFiIEEE802.11
b/g/n
IEEE802.11
a/b/g/n/ac

※1 下り最大1.2Gbpsはハイスピードエリアプラスモードおよびハイパフォーマンスモード、4×4MIMO設定オンで利用時。一部エリアで提供。

JPWiMAXの端末はスペック上は下り最大通信速度に幅がありますが、1.2Gbpsは対象エリアが狭いなど条件が厳しいため利用できる場面は少なく、ほとんどの場合は下り最大440Mbpsで通信することになります。

それでもどんなときもWiFiの「D1」よりも最大下り通信速度は速いのですが、これはあくまで理論上の値になります。

実際に使用する際の通信速度は、回線の混雑具合や周囲の環境などにも左右されるため一概にJPWiMAXの方が速いとは言えません。

なお、どんなときもWiFiの通信速度に関する口コミでは「動画を見る程度なら全く気にならない」「夜間でも通信速度が安定している」とまずまずの評価になっています。

この通り、実際に利用されている方も、動画を視聴するぐらいの使い方であれば、どんなときもWiFiの通信速度でも問題ないと感じているようです。

通信制限の比較

続いて、通信制限について比較します。

どんなときもWiFiの通信制限

特徴のところでも書いた通り、どんなときもWiFiは、国内では月間データ容量無制限
で使えます。

WiMAXのように3日間で10GBを超えると通信制限が課されるということもありません。

WiMAXの無制限プランを使っていても、連休中に何時間も動画を見ていたら通信制限に引っかかってしまったという方は通信制限のないどんなときもWiFiが使いやすいでしょう。

なお、海外で利用する際は、1日1GBを超える通信を行うと通信制限(最大384Kbps)が課されます。

JPWiMAXの通信制限

JPWiMAXでは次の2つの条件のいずれかに当てはまると通信制限(最大1Mbps)が課されます。

  • 直近3日間で10GBを超える
  • 当月中1度でもハイスピードエリアプラスモードにした後、月間7GBを超える

制限が適用された後の速度制限の期間などは次の通りになります。

制限内容10GB / 3日間を
超えた場合
ハイスピード
プラスエリアモード後
月間7GB超えた場合
制限時速度最大1Mbps
制限期間直近3日間で
10GB未満になるまで
月末まで
制限時間18時~2時常時

直近3日間で10GBの通信制限について

直近3日間で10GBの制限については、本家UQ WiMAXや他のプロバイダと同じ内容です。

3日間で10GBを超えても、通信制限が行われる夜18時~2時までの間以外の時間は通常通りの通信速度で利用できます。

また、直近3日間で10GBを下回れば、通信制限は解除されます。

ハイスピードエリアプラスモード後の月間7GB制限について

WiMAXの端末では、「ハイスピードモード」と「ハイスピードエリアプラスモード」と呼ばれる2種類のモードを切り替えて使うことができます。

  • ハイスピードモード:WiMAX回線のみで通信を行う通常モード
  • ハイスピードエリアプラスモード:WiMAX回線 とau 4G LTEの回線で通信を行うモード

ハイスピードエリアプラスモードは高速かつ通信エリアも広くなる便利なモードですが、データ容量無制限プランでも月間7GBを超えると通信制限が課されるというデメリットがあります。

しかも、JPWiMAXのハイスピードエリアプラスモードの通信制限については、本家UQ WiMAXや多くのプロバイダとは扱いが違うので注意が必要です。

制限内容(※1)UQ WiMAX
(容量無制限プラン)
JP WiMAX
(容量無制限プラン)
HS+Aのデータ容量月間7GB
HS+A利用時に制限
された場合
HS時も月末まで通信制限される
HS+Aで通信制限
されずにHSに
戻した場合
月間容量無制限のまま月間容量7GBに変更
(月末まで)

※1 HS+A:ハイスピードプラスエリアモード / HS:ハイスピードモード

UQ WiMAXや多くのプロバイダでは、1度ハイスピードエリアプラスモードで通信制限が課せられると、その後ハイスピードモードに切り替えても月末までは通信速度が制限されたままになります。

とはいえ、UQ WiMAXなどではハイスピードエリアプラスモード利用中に7GBを超えなければ、ハイスピードモードに切り替えた後は再び月間データ容量無制限で利用できます。

そのため、地下鉄などWiMAX回線が届きにくい場所でのみハイスピードエリアプラスモードに切り替え、7GBを超えないように気をつけながら使用するという使い方も可能です。

一方、JPWiMAXでは月の途中で1度でもハイスピードエリアプラスモードに切り替えると、ハイスピードモードに戻した後も月末まで月間データ容量の上限が7GBのままになってしまいます。

JPWiMAXに申し込みたい方は容量無制限プランを格安で使いたい方がほとんどだと思いますので、1度使うだけで当月中はデータ容量が月間7GBに変更されるハイスピードエリアプラスモードは実質使用できない、と考えた方が良いでしょう。

最初からハイスピードエリアプラスモードを使うつもりがないという方は気にしなくても大丈夫ですが、地下鉄などWiMAX回線が届きにくいエリアで少しでもWiFiを使いたい方はずっと容量無制限で使える、どんなときもWiFiがおすすめです。

同時接続台数の比較

WiFiと男
家族でWiFiを使う方や複数のスマホやゲーム機を同時にWiFiに接続したい方は、端末の同時接続台数にも注目です。

同時接続台数は、その端末に同時に何台までスマホやパソコン、ゲーム機などの端末を接続してインターネットに繋げられるかを示しています。

どんなときもWiFiの「D1」とJPWiMAXの「W06」の同時接続台数は次の通りです。

項目どんなときもWiFiJPWiMAX
端末名D1W06
同時接続台数5台10台

どんなときもWiFiのD1は、最大5台までしか同時に接続できません。

4人家族で全員がスマホをWiFiに同時接続したら、後1台分しか空きがなくなります。

一方、JPWiMAXのW06は最大10台まで接続可能です。

大人数で使う方や沢山の機器を同時に接続したい方は、JPWiMAXの方がおすすめです。

便利などんなときもWiFi、安いJPWiMAX

ここまで比較した内容から、それぞれどっちがどんな人におすすめかをまとめました。

どんなときもWiFiをおすすめする人
  • WiMAXのエリア判定で対象エリア外だった人
  • 3日間10GB以上の大容量通信を行う人
  • 地下鉄でもWiFiを使いたい人
  • 渡航時にWiFiレンタルや現地でのSIMカード購入の手間を省きたい人
  • 2年ごとにインターネット回線を見直したい人
JPWiMAXがいい人
  • 3年間格安でWiFiを使いたい人
  • 3日間10GBの制限は気にならない人
  • 地下鉄ではWiFiが使用できなくても大丈夫な人
  • 同時に6台以上の端末をWiFiに繋げたい人
  • 25ヶ月間利用後の解約時に端末をもらいたい人(※)

※24ヶ月以内の解約時は返却

どんなときもWiFiは月間データ容量無制限&通信制限なしに海外含めた幅広いエリアで利用できるという便利さがあります。

一方のJPWiMAXは月額料金の割引とキャッシュバックで実質月額3,448円で利用可能という安さが強みです。

そのため、どっちがいいかはWiFiサービスに何を求めているか、どんな使い方をするかでも変わってきます。

迷ったら、自分がWiFiを利用したい環境や同時に接続する台数、データ通信量も踏まえて選ぶと失敗しませんよ。

月額3,000円以下で無制限!ポケットWiFi・WiMAXおすすめランキング

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
yuu5yoshikawa
yuu5yoshikawa
関西在住のお茶をこよなく愛するライター。得意ジャンルはWebサービス・ガジェット・アプリのレビュー、日常のお役立ち情報など。長年タブレット+ガラケー2台持ちだったが、ようやくスマホ(ZenFone 5)を購入を決意。買ったからにはとことん役立てようと探求中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ