【GMOとくとくBB VS JPWiMAX】徹底比較|どっちがいい?その理由

【GMOとくとくBB VS JPWiMAX】徹底比較|どっちがいい?その理由

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

WiMAXのプロバイダの特徴

GMOとくとくBB キャンペーン

画像引用元:【公式】GMO とくとくBB|WiMAX(ワイマックス)キャッシュバックキャンペーン

これまでGMOとくとくBBとJPWiMAXのサービス内容やキャンペーンについて解説しましたが、2つのプロバイダを比較する前にWiMAXのプロバイダの特徴について説明します。

WiMAXのプロバイダは、格安SIMと同じような立ち位置であり、UQWiMAXの回線を借りてWiMAXとして通信サービスを運営しています。

しかし、WiMAXのプロバイダは格安SIMのように通信品質を考慮して選ぶ必要がありません。

何故なら、WiMAXのプロバイダによって通信速度やエリアがほとんど変わらないからです。

エリアがプロバイダによって変わらない

WiMAXはプロバイダによってエリアが変わることはありません。

そのため、どのプロバイダを選んでも同じように利用することができます。

通信速度もプロバイダによって変わらない

通信速度も、プロバイダによって変わることはありません。

実際には多少変わるそうですが、使っていく上で実感できる程の違いはないようです。

そのため、どのプロバイダを選んでも同じように快適に使えます。

プロバイダによって異なるのは月額料金やキャンペーン等

プロバイダによって異なるのは、月額料金やキャンペーンです。

今回紹介したGMOとくとくBBとJPWiMAXのように、月額料金やキャンペーンがプロバイダによって大きく異なります

WiMAXのプロバイダによって通信速度やエリアが変わることはないので、月額料金やキャンペーンのお得さを重視してプロバイダを選ぶことができます。

WiMAXキャッシュバックを比較|トータル最安料金と確実にもらう方法

GMOとくとくBBとJPWiMAXを比較した結果

ここまでGMOとくとくBBとJPWiMAXのサービス内容とキャンペーンについて解説しました。

では、GMOとくとくBBとJPWiMAXを比較し、どちらが良いのか検証してみました。

結論、どちらも36ヶ月間の総額はそこまで変わらないということがわかりました。

しかし、キャンペーンによる還元をキャッシュバックで受け取るのか、月額割引で受け取るのかによってどちらを選ぶべきか変わります。

キャッシュバックの振込みまでしばらく待つ・キャッシュバックの手続きが手間だという人は、JPWiMAXの方がおすすめです。

キャンペーンによる還元総額を36ヶ月目の料金から差し引くとそこまで変わらない

GMOとくとくBBは、最大31,500円のキャッシュバックを36ヶ月間の総額から差し引くと、120,660円になりました。

また、JPWiMAXの36ヶ月の総額からAmazonギフト券の10,000円を差し引くと、125,300円となります。

GMOとくとくBBはあくまで最大31,500円なので、機種によって還元額が異なります。

GMOとくとくBBの機種によって異なるという点をふまえても、どちらも年間実質120,000円台で利用できるサービスということになります。

すぐにAmazonギフト券をもらえるのはJPWiMAX

JPWiMAXでは、契約後送られてくるURLにアクセスし、申込みをすればすぐにAmazonギフト券が発行されます。

そのため、キャッシュバックまで長期間待つ必要がありません

10,000円と金額は少ないように思えますが、その分月額の割引がかなり多いです。

割引重視でキャッシュバックに手間をかけたくない人はJPWiMAXがおすすめです。

キャッシュバックの振込みまでに12ヶ月程度かかるのがGMOとくとくBB

キャッシュバックの金額は最大31,500円と大きいですが、振込みまで12ヶ月程度かかるのがGMOとくとくBBです。

また、11ヶ月目に送られてくるURLにアクセスし、振込み先の情報などを送信しないといけないので手間がかかります。

契約から11ヶ月も経過していると、忘れている可能性も高いです。

キャッシュバックの金額重視の人ならGMOとくとくBBがおすすめですが、キャッシュバックまで待てない・手続きが面倒という人は不向きでしょう。

auやUQモバイルの割引をふまえるとGMOとくとくBBの方がお得

auやUQモバイルとセットで利用すると、割引が適用されるのはGMOとくとくBBです。

auだと最大1,000円の割引が適用されるので、年間で12,000円お得になります。

36ヶ月となると36,000円お得になります。

そのため、auやUQモバイルを現在使っている人はGMOとくとくBBの方が、よりお得に利用することができるでしょう。

プロバイダによって違うキャンペーンや月額料金でお得な方を選ぼう!

最後に、GMOとくとくBBとJPWiMAXを比較した結果についてまとめます。

GMOとくとくBBとJPWiMAXを比較した結果
  • キャンペーンによる還元総額を差し引くと36ヶ月間の総額はあまり変わらない
  • GMOとくとくBBのキャッシュバックは振込みまで12ヶ月程度かかる
  • JPWiMAXはすぐにAmazonギフト券をもらえる
  • キャッシュバックの手間がかからないのはJPWiMAX
  • auやUQモバイルユーザーならGMOとくとくBBの方がお得に使える

GMOとくとくBBとJPWiMAXは、キャンペーンによる還元総額をふまえると、36ヶ月間の総額があまり変わらないということがわかりました。

ただ、還元方法が大きく異なります

  • キャッシュバックとして還元して欲しい人はGMOとくとくBB
  • 月額料金を安くする割引として還元して欲しい人はJPWiMAX

が、おすすめです。

また、auやUQモバイルを契約している人は、セットで割引が適用されるGMOとくとくBBの方がお得に利用できるようになる可能性は高いです。

WiMAXのプロバイダは、プロバイダによって通信速度やエリアが一切変わりません。

だからこそ、自分にとって1番お得なものを選ぶようにしましょう。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

どんなときもwifi

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ