STAR WiFiとネット固定回線を徹底比較|契約するならどっち?

STAR WiFiとネット固定回線を徹底比較|契約するならどっち?

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

STAR WiFiとネット固定回線の比較

STAR WiFiは外にも持ち運べるモバイルWiFiルーターで、ネット固定回線は自宅など屋内施設で利用できる方法です。

料金・エリア・速度・ゲーム利用の4つの項目に分けて2つを比較してみます。

ネット固定回線の種類

現在、ネット固定回線の主流となっているのは『光回線』です。

光回線を提供している主要事業者を3つ紹介します。

光回線事業者とプロバイダー
回線
サービス名
NTT回線
フレッツ光
KDDI回線
auひかり
So-net回線
NURO光
プロバイダー光コラボレーションau one netNURO光

NTT回線

NTT回線では提携プロバイダーをまとめて『光コラボレーション』と総称しています。

提携しているBIGLOBEやOCNなど中から、好みのプロバイダーを選べるシステムです。

プロバイダー料金は提携先によって異なります。

KDDI回線

auひかりというサービス名で提供しています。

提携プロバイダーはau one net以外もありますが、プロバイダ込みの料金プランを提供しているので代表してau one netを記載します。

So-net回線

So-net回線もNURO光以外のプロバイダーを選択できますが、人気があるNURO光で料金を調査しています。

では、上記3つの事業者とSTAR WiFiを比べてみましょう。

料金

STAR WiFi 料金

画像引用元:完全定額格安レンタルWi-Fi STAR WI-FI 契約縛り無しで完全定額、大容量のモバイルWiFiルーター

料金は下記の条件を設定して調査しています。

  • 契約期間のしばりがないプランを選択
  • オプションの追加なし
  • クーポン・割引サービス・キャンペーンの利用なし

契約期間のしばりやクーポン、割引サービスを利用すると料金の変動が生じるので、今回は利用なしの料金と比較してみます。

項目STAR
WiFi
NTT回線
フレッツ光
KDDI回線
auひかり
So-net回線
NURO光
戸建

集合
住宅
持ち
運び
可能
戸建集合
住宅
戸建集合
住宅
戸建

集合
住宅
プロ
バイ
ダー

コラボレーション
au one netNURO光
月額
費用
4,380〜
4,480円
3,700〜
7,100円
3,100〜
6,350円
6,300〜
7,580円
3,400〜
5,000円
5,243〜
7,124円
初期
費用
5,960円
or
7,960円
18,800円15,800円40,500円33,000円43,000円
or
63,000円
合計10,340〜
12,440円
22,500〜
25,900円
18,900〜
22,150円
46,800〜
48,080円
36,400〜
38,000円
48,243〜
68,743円

初期費用を比べるとSTAR WiFiの料金設定が低価格というのが一目でわかりますね。

モバイルWiFiルーターとネット固定回線では、ネット環境を整える準備(接続機器など)に違いがあるので、初期費用で差が出ます。

NTT回線は戸建・集合住宅ともに3,000円台が最安値ですが、インターネットを使った分だけ料金が上がるタイプもあるので、一概に一番安いとはいえません。

エリア

エリアとはインターネットがつながる環境の範囲で、基地局の数によっても異なります。

項目STAR WiFiNTT回線
フレッツ光
KDDI回線
auひかり
So-net回線
NURO光


48都道府県48都道府県48都道府県18都道府県

ソフトバンク

エリアで
つながる
NTT東日本
・西日本
のエリアで
つながる
auのエリアで
つながる、
プランにより
異なる
東京、神奈川
埼玉、千葉
茨城、栃木
群馬、愛知
静岡、岐阜
三重、大阪
兵庫、京都
滋賀、奈良
福岡、佐賀
でつながる

STAR WiFi、NTT回線、KDDI回線は48都道府県をカバーしています。

詳細な提供エリアは公式サイトから確認が可能です。

So-net回線のNURO光は、一部の都道府県しかエリアの対象になっていません。

現在提供エリアを拡大中なので、今後カバーされる範囲が広がる可能性があります。

速度

速度とはインターネット通信をするとき、データの送受信の量や速さの値です。

『●Kbps』『●Mbps』『●Gbps』と表示されることが多く、●の中には数字が入ります。

数字の値が大きいほどデータ送受信ができる量が増え、送受信する速さも上がります。

また、速度表示に『下り』『上り』と表示されることがありますが、下記のような違いがあります。

  • 下り:インターネットや動画の閲覧、メールの受信を行うときの速度
  • 上り:画像や動画のアップロードやメールの送信を行うときの速度
  • 表示なし:下り・上りともに同じ

ネット利用は主にインターネットサーフィンやSNSのチェック、YouTubeの閲覧という人は下りの速度の大きさを重視して選ぶと、ネット環境のストレスが少なくなります。

項目速度
STAR
WiFi
【4G】
下り最大612Mbps
上り最大13Mbps
【4G LTE】
下り最大350Mbps
上り最大37.5Mbps
NTT
回線
フレッツ
【フレッツ光ライト】
最大100Mbps
【フレッツ光ネクスト】
最大1Gbps
KDDI
回線
au
ひかり
【auひかりホーム10GB】
最大10Gbps

【auひかりホーム5GB】
最大5Gbps

【auひかりホーム1GB】
最大1Gbps
【auひかりマンション】
最大100Mbps
〜1Gbps
So-net
回線
NURO
【NURO光】
下り最大2Gbps
上り最大 1Gbps

【NURO光10G】
下り最大10Gbps
上り最大 2.5Gbps
【NURO光10Gs・6Gs】
最大10Gbps
または6Gbps

STAR WiFiよりネット固定回線の方が速度の最大値が高く、高速通信ができる可能性が高くなります。

理由として挙げられるのはインターネット環境の安定性です。

  • モバイルWiFiルーター(STAR WiFiなど):基地局からモバイルWiFiルーターまでは無線でつながっている
  • ネット固定回線:基地局から自宅までは有線でつながっている

基地局からの電波が無線/有線かでは、有線の方が安定したネット環境を提供できます。

また、公式サイトが発表している速度の数値は『最大』です。

例えばSTAR WiFiの4Gの下り利用では、常に612Mbpsの速度になっているわけではありません。

接続機器の仕様やネット回線の混雑状況によって大幅に低下することが多いので注意しましょう。

ゲーム利用

ネットが普及している現在では、オンラインで利用するゲームも増えています。

オンラインゲームをストレスなく利用するために必要なのが、上記で紹介した速度です。

一般的に下りで30Mbpsあればスムーズにオンラインゲームができるとされています。

実際にネットを利用するときは、公式サイトで発表している速度より大幅に低下が予想されます。

ゲーム利用をメインに考えている人は、ネット固定回線の方が安定して利用できる可能性が高いです。

STAR WiFiとネット固定回線を選ぶ基準

ここまでSTAR WiFiの特徴とネット固定回線との比較を紹介しました。

どちらを選ぶべきなのか大まかな基準を解説します。

月額料金や初期費用を抑えたい⇒STAR WiFi

STAR WiFiは月額4,380〜4,480円なので、消費税を含めても1ヶ月5,000円以内に収まります。

接続機器もモバイルWiFiルーター1つだけなので、初期費用も10,340〜12,440円とネット固定回線に比べて安くおすすめです。

外出先のネット利用にお金を発生させたくない⇒STAR WiFi

STAR WiFiは外に持ち運べるモバイルWiFiルーターでネット接続する方法なので、外出先でWiFiスポットを探す必要がなく、どこで使っても月額4,380〜4,480円です。

ネット固定回線は自宅でのみ利用できるネット接続なので、外出先では無料WiFiスポットを探すか、WiFiスポット利用に課金する必要があります。

利用できるエリアの範囲が広い⇒STAR WiFiまたは一部の固定回線

STAR WiFiとNURO光を除くネット固定回線は、48都道府県で利用が可能です。

ネットがつながっているエリアの詳細は、事業所によって異なるので、自宅がカバーされているかは公式サイトで確認するのが良いでしょう。

データ容量を気にせずにネットを利用したい⇒ネット固定回線

STAR WiFi

画像引用元:完全定額格安レンタルWi-Fi STAR WI-FI 契約縛り無しで完全定額、大容量のモバイルWiFiルーター

STAR WiFiは3日間で10GBを超えても制限されないモバイルWiFiですが、使用量によっては、回線もとのソフトバンクが制限をかける場合があります。

データ容量を気にせずにネットを利用したい人は、ネット固定回線を契約した方が安心です。

安定したネット環境を求めている⇒ネット固定回線

ネット固定回線は、STAR WiFiに比べると速度の最大値が高く、ネットサーフィンや動画閲覧、ゲーム利用時も「速度が遅い!」と感じることは少ないでしょう。

また、自宅までは有線で回線がつながっていることもあり、ネット接続に安定感が出ます。

契約期間にしばられたくない⇒STAR WiFi

STAR WiFiには最低利用期間などの契約期間は設定されていないので、いつ解約しても解約金などが発生しません

ネット固定回線は回線事業者やプロバイダーごとに最低利用期間が設定されていることが多いです。

STAR WiFiとネット固定回線はユーザーの求めるサービスでおすすめが変わる

今回はSTAR WiFiの特徴とネット固定回線との比較を解説しました。

もう1度ポイントをまとめます。

STAR WiFiの特徴

  • 1ヶ月5,000円以内で利用できる
  • ソフトバンク回線だから使える範囲が広い
  • 3日間で10GBを超えても制限がない
  • セキュリティなどはオプションで追加できる
  • 契約期間にしばりが無い
  • 7日お試しプランがある

STAR WiFiとネット固定回線の比較したときのポイントは以下のようになります。

STAR WiFiとネット固定回線の比較
  • 料金⇒初期費用も合わせるとSTAR WiFiの方が安い
  • エリア⇒どちらも48都道府県をカバーしている(一部を除く)がSTAR WiFiは外出先でも使える
  • 速度⇒ネット固定回線の方が速く安定している
  • ゲーム利用⇒ネット固定回線の方が安心して使える

STAR WiFiはモバイルWiFiによくある『3日間/10GBの利用で速度制限』がない、珍しい特徴をもっています。

契約期間にしばりがないのも嬉しいメリットですね。

ネット固定回線と比較すると、ユーザーの求める内容によってどちらが良いかは異なります。

7日お試しプランもあるので、使い勝手を確かめてから契約するのもおすすめです。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
sunsun
sunsun
高校の頃からdocomoユーザー。スマホは電子マネーが使えるSHARP、SONYと渡り歩き、現在は片手で持てるSONYのXperia Compactシリーズを愛用。なのにPCはMacBook Airを活用しているのでスマホとPCに互換性がなく、接続時のトラブルによく遭遇している。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ