マンションのおすすめ光回線(固定回線)を3つ厳選してご紹介します

  • 2021年4月19日
  • by.araki

BBexcite 光Fit

この記事では、マンションのおすすめ光回線について解説します。

そもそも光回線とは何だという話から、具体的にどの光回線がおすすめなのかまでしっかり紹介しますので、特に初心者の人は是非参考にしてみてください。

光回線について
  • 固定回線の一種
  • 建物に物理的な回線を引く必要がある
  • モバイル回線より高速で安定する
  • 無制限に使える
関連記事

固定回線の種類はとても多いですが、速度と価格、安定性のバランスを考えると「光回線」がおすすめです。 ただ光回線はたくさんの会社が提供しており、どの会社を選ぶべきなのか悩んでいる方は多いと思います。 そこで本記事では、光回線の選び[…]

固定回線 おすすめ

トップ画像引用元:光回線が驚きの価格から「BB.excite光 Fit」 | BB.exciteインターネット

光回線(固定回線)とは

auひかりの引き込み工事

画像引用元:工事内容 | auひかり ホーム1ギガ:インターネット回線 | au

光回線とは、固定回線の一種で、光ファイバーを利用したインターネット回線のことです。

固定回線は、物理的な回線を建物に引くことでインターネットを使えるようにする接続方式のこと。

光回線は従来の電話回線を利用したインターネット回線よりも、高速で安定しやすいという特徴があります。

また、固定回線には他にも「ケーブルテレビ回線」や「ADSL」といったものもあります。

ただ一般的には、光回線のほうが優れているため、あえてそれらを選ぶ理由は乏しいでしょう。

細かいことはさておき、とりあえず「光回線が一番良い」と覚えておけば大きな間違いはありません。

固定回線の対義語は「モバイル回線」

Rakuten WiFi Pocket

画像引用元:Rakuten WiFi Pocket | 楽天モバイル

固定回線以外の回線としては、モバイル回線があります。

モバイル回線は、固定回線と違って物理的な回線を建物に引く必要がありません。そのため、外でも通信できるというメリットがあります。

例えばドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・格安SIM(MVNO)の通信がこれに当たります。

この仕組みを利用して、固定回線を引かずに、自宅でもスマホのテザリングやポケットWi-Fiだけでインターネットを利用している人も少なくありません。

なお、スマホのテザリングでも、ポケットWi-Fiでも、通信の仕組みは同じです。SIMカードを入れている端末が、スマホなのかモバイルWi-Fiルーターなのかの違いになります。

モバイル回線のデメリットは、固定回線と比べて速度や安定性で劣ることが多く、使えるデータ量も限られている場合が多いことです。

記事作成時点では、本当の意味で「無制限」に使えるモバイル回線の料金プランは、ドコモの「5Gギガホ プレミア」(月額7,315円)しかありません。

各サービスの「無制限プラン」の制限
  • ドコモ:制限なし
  • au:テザリングで30GB超えると速度制限
  • ソフトバンク:テザリングで30GB超えると速度制限
  • 楽天モバイル:1日10G超えると速度制限

2020年までは格安SIM(MVNO)のポケットWi-Fiでも「無制限」を謳うところが多かったのですが……残念ながら嘘だらけだったことが発覚したため、なくなっています。

それでも「100GBで月額6,578円」とかのサービスはまだ多いので、例えば「5Gギガホ プレミアの月額7,315円は高い」と考える人などにとっては選択肢になるかもしれません。

光回線の選び方

DTI光

画像引用元:DTI 光|今なら実質工事費無料!!最低利用期間なし、違約金なしで安い!

ここからは光回線を選ぶ上で重視したいポイントを紹介します。

すべて一般論でもありますので、多くの人に当てはまることだと思います。

選び方のポイント
  • ライトユーザーは従量制料金プランのある回線が良コスパ
  • スマホとセット割できる光回線は料金がお得
  • 最低利用期間・契約解除料は必ずチェック
  • 速度重視ならIPv6対応の光回線を選ぶ

ライトユーザーは従量制料金プランのある回線が良コスパ

光回線は無制限に使える定額制であることが一般的ですが、中には使ったデータ量に応じて支払うプランを用意しているところもあります。

具体的には「BB.excite光 Fit」などです。

BB.excite光 Fitの料金プランについては詳しく後述します。

スマホとセット割できる光回線は料金がお得

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光などは、契約すると携帯電話の利用料金が割引されるサービスを実施しています。

ドコモなら、ドコモ光も契約していると「ドコモ光セット割」が適用されます。

auではauひかりの契約しで「auスマートバリュー」、ソフトバンクならソフトバンク光の契約で「おうち割 光セット」の適用が可能です。

これらはどれも携帯電話の利用料金が毎月最大1,100円割引されるサービス。

そのため、ドコモ・au・ソフトバンクのユーザーであれば、なるべくドコモ光・auひかり・ソフトバンク光を選ぶのが無難と言えます。

ただし、オンライン専用ブランド/プランのahamo・povo・LINEMOでは、こういった割引は適用されません

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光以外では、「DTI 光 × auセット割」のあるDTI 光もあります。

DTI 光の料金プランについては詳しく後述します。

最低利用期間・契約解除料は必ずチェック

光回線では未だに、最低利用期間と契約解除料を設定しているところが少なくありません。

例えばドコモ光では「2年定期契約」という契約方法があり、更新月以外に解約すると戸建てなら14,300円、マンションなら8,800円の契約解除料を請求されてしまいます。

契約・解約の際には、必ず内容を確認しましょう。

ちなみに後述するおすすめの光回線は、すべて最低利用料金・契約解除料なしのものです。

速度重視ならIPv6対応の光回線を選ぶ

IPv6とは、日本では2012年頃から普及し始めている、インターネットプロトコルの規格です。

それまで主流だったのはIPv4でしたが、IPv4だとIPアドレスが約43億個しか用意できないという問題がありました。

インターネットがまだ一般的でなかったうちは43億個でも十分だったものの、今ではそれだと足りません。

世界中の人や組織が、当たり前にインターネットを使うようになっていますからね。

それを解決するために誕生したのがIPv6で、約340澗(かん)のIPアドレスが用意できるようになりました。

「澗」は数字の単位で、万、億、兆、京、垓、じょ(のぎへんに予)、穣、溝の後に来るものです。

つまり約340澗というのはほとんど無限のような数字であり、これでIPアドレス不足の問題は完全に解決したとされています。

ちなみに地球の人口は約80億人です。

またIPv6だと、従来のPPPoE方式による接続より速いIPoE方式による接続に対応しているため、「IPv6なら速くなる」と言うこともできます。

ただ、今はIPv6に対応しているのが当たり前でもあります。

後述するおすすめ光回線も、すべてIPv6対応です。

マンションにおすすめの光回線3社

MEC光

画像引用元:12ヶ月間月額割引キャンペーン | エキサイトMEC光

最後に、マンションにおすすめの光回線を具体的に3つ紹介します。

おすすめ3選
  • BB.excite光 Fit
  • DTI 光
  • excite MEC光

この3つはすべてフレッツ光の回線を借りた「光コラボレーション」ですので、使っている回線そのものは同じです。

通信速度は最大1Gbpsで、IPv6に対応しています。

また、どれも戸建てよりマンションでの料金のほうが安くなります!

BB.excite光 Fit

BB.excite光

画像引用元:光回線が安い!IPv6 IPoEで速度を快適に。従量制の光コラボは、BBエキサイト光 Fit

BB.excite光 Fit」は、最低利用料金・契約解除料なしで利用できる光回線です。

また、毎月利用した分だけ支払う従量制料金プランであることが特徴です。

ただし、最大月額はこのあと紹介する2社のほうが安くなります。

BB.excite光 Fitのマンション料金
  • 30GB未満:2,640円
  • 200GB未満:3,410円
  • 500GB未満:4,180円
  • 500GB以上:同上
BB.excite光 Fitの戸建て料金
  • 30GB未満:3,520円
  • 200GB未満:4,290円
  • 500GB未満:5,060円
  • 500GB以上:5,830円

DTI 光

DTI光料金

画像引用元:DTI 光|今なら実質工事費無料!!最低利用期間なし、違約金なしで安い!

DTI 光」も、最低利用料金・契約解除料なしで利用できる光回線です。

DTI 光の料金
  • マンション:月額3,960円
  • 戸建て:月額5,280円

さらにDTI 光はauとセットで契約していると、月額が最大1,320円も割引される「DTI 光 × auセット割」があるのが特徴です。

割引されるのはDTI 光の月額で、割引後は戸建てが月額3,960円、マンションが月額2,640円と相当安くなります。

excite MEC光

excite MEC光

画像引用元:光回線は、IPv6 IPoEで速度を快適に!速いインターネットならエキサイトMEC光

excite MEC光」も、最低利用料金・契約解除料なしで利用できる光回線です。

excite MEC光の料金
  • マンション:月額3,850円
  • 戸建て:月額4,950円

「DTI 光 × auセット割」が適用されない場合のDTI 光より安いのが特徴です。

無制限に使いたくてauユーザーでもないなら1番おすすめになります!

「無制限」を求めるなら光回線が最高!

以上、マンションのおすすめ光回線についてでした。

光回線について
  • 固定回線の一種
  • 建物に物理的な回線を引く必要がある
  • モバイル回線より高速で安定する
  • 無制限に使える

光回線は固定回線の一種ですが、他の「ケーブルテレビ回線」や「ADSL」より一般的に高速です。

固定回線の対義語はモバイル回線で、例えばドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・格安SIM(MVNO)の通信がモバイル回線に当たります。

モバイル回線は外でも使えるというメリットがあるものの、速度や安定性で固定回線より劣ることが多いです。

また「無制限」に使えるモバイル回線の料金プランは、記事作成時点ではドコモの「5Gギガホ プレミア」(月額7,315円)しかありません。

光回線なら、月額4,000円程度で無制限に使えます!

ストレスフリーにインターネットを利用したいなら、光回線に勝るおすすめのものはありません。

この記事を書いた人
araki
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。