HISモバイルのかけ放題プランを評価レビュー|どんな人におすすめ?

  • 2021年4月18日
  • by.araki

HISモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事では、HISモバイルの「格安かけ放題プラン」について解説します。

HISモバイルの格安かけ放題プランは、2020年8月27日から提供開始されました。

他の通信サービスにはなかなかない、珍しい内容のプランとなっています!

通話かけ放題が欠かせない方は要チェックです。

格安かけ放題プランまとめ
  • 月額2,728円で3GB+24時間かけ放題
  • 24時間かけ放題付きとしては安い
  • 最大30GBまで使える
  • ただしデータ量が増えると割高になる
人気記事

本記事ではHISモバイルの評判やメリット・デメリットを紹介していきます。 2021年6月28日から新プランが始まったこともあって、注目を集めています。 通信速度が安定していて、非常に使いやすい格安SIMなので、格安SIMを検討し[…]

AQUOS sense5G

トップ画像引用元:HISモバイルのおトクな格安SIM&海外通信 | HISモバイル

HISモバイルの格安かけ放題プラン料金

HIS Mobileのロゴ

画像引用元: HISモバイルのおトクな格安SIM&海外通信 | HIS Mobile

格安かけ放題プランは、月額2,728円で3GB使え、音声通話は24時間かけ放題のプランです。

3GBを超えた場合、1GBごとに275円の追加料金が発生します。

最大30GBまでなので、最大月額は10,153円(2,728+275×27)となりますが、データ量の上限は自分で設定できます。

このプランの最大の特徴は、やはり24時間かけ放題が付いてきて2,728円で使えることです。

データ量が3GBというのも、格安SIMユーザー(MVNO)にとって少なすぎず多すぎない、かなり現実的なデータ量です。

格安かけ放題プランのメリット・デメリット

HISモバイルのかけ放題プラン

画像引用元:格安かけ放題プラン | HIS Mobile

それでは格安かけ放題プランのメリットとデメリットを整理して見てみましょう。

格安かけ放題プランのメリット
  • 24時間かけ放題としては安い
  • 専用アプリ不要
  • ドコモ回線を利用している
格安かけ放題プランのデメリット
  • データをたくさん使う場合は高い
  • データ通信重視なら他プランのがお得
  • 混雑時の通信速度に不安がある

メリット1:24時間かけ放題付きとしては安い

まずはメリットからです。

3GB+24時間かけ放題で月額2,728円というのは、他の通信サービスと比べて非常に安い価格です。

一例として、UQモバイルとワイモバイルの3GBプランに24時間かけ放題オプションを付けた場合の価格と比較してみましょう。

3GB+24時間かけ放題
  • HISモバイル:2,728円
  • UQモバイル:3,498円
  • ワイモバイル:4,048円

このように、同じ3GB+24時間かけ放題なのに、HISモバイルの格安かけ放題プランが頭一つ抜けて安いことがわかります。

ちなみにUQモバイルもワイモバイルも、24時間かけ放題オプションは+1,870円となっています。

24時間かけ放題オプションなしの3GBプラン価格
  • UQモバイル:1,628円
  • ワイモバイル:2,178円

メリット2:専用アプリ不要

格安SIM(MVNO)では、かけ放題オプションに加入しても、その通信サービスの専用アプリから発信しなければ料金がかかってしまうのが一般的です。

そのせいで、うっかり通話料金を払うはめになってしまったということも珍しくありません。

しかしHISモバイルの格安かけ放題プランであれば、iPhoneやAndroidスマホ標準の電話アプリからかけたものも無料になります!

逆に専用アプリを使うほうが良いという場面は「ない」と断言しても良いくらいです。

メリット3:ドコモ回線を利用している

HISモバイルでは、ドコモ回線を借りて使っています。

そのため対応エリアはドコモとまったく同じになります。

ドコモ回線は今でも、ソフトバンクや楽天モバイルと比べると全国で繋がりやすいと評判です。

auと比較しても「auのほうが良い」という声はほとんど聞きません。

もちろん、ドコモ回線は繋がらなくて他の回線なら繋がる場所も存在しないわけではありませんが。

デメリット1:データをたくさん使う場合は高い

次にデメリットです。

格安かけ放題プランは最大30GBまで使うことができますが、データをたくさん使うほど割高になっていきます。

格安かけ放題プランの料金
  • 3GBまで:2,728円
  • 4GB:3,003円
  • 5GB:3,278円
  • 6GB:3,553円
  • 7GB:3,828円
  • 8GB:4,103円
  • 9GB:4,378円
  • 10GB:4,653円
  • 11GB:4,928円
  • 12GB:5,203円
  • 13GB:5,478円
  • 14GB:5,753円
  • 15GB:6,028円
  • 16GB:6,303円
  • 17GB:6,578円
  • 18GB:6,853円
  • 19GB:7,128円
  • 20GB:7,403円
  • 21GB:7,678円
  • 22GB:7,953円
  • 23GB:8,228円
  • 24GB:8,503円
  • 25GB:8,778円
  • 26GB:9,053円
  • 27GB:9,328円
  • 28GB:9,603円
  • 29GB:9,878円
  • 30GB:10,153円

3GBを超えてから1GBごとに275円追加されていきます。

いくら24時間かけ放題が付いているとは言え、9GBくらいからは他の通信サービスで24時間かけ放題オプションに加入したほうが安くなってきます。

これもUQモバイルとワイモバイルを例に比較してみましょう。

UQモバイルとワイモバイルには、3GBプラン以外に15GBプランと25GBプランがあります。

15GB+24時間かけ放題
  • HISモバイル:6,028円
  • UQモバイル:4,598円
  • ワイモバイル:5,148円
25GB+24時間かけ放題
  • HISモバイル:8,778円
  • UQモバイル:5,698円
  • ワイモバイル:6,028円

3GB+24時間かけ放題ではHISモバイルのほうが安かったのに、データ量が増えると完敗してしまっていますね。

デメリット2:データ通信重視なら他プランのがお得

格安弐拾

画像引用元:新料金プラン「格安弐拾」プラン提供開始のお知らせ | HIS Mobile

HISモバイルは、2021年2月24日に新料金プラン「格安弐拾」を提供しています。

これは月額2,178円で20GB使え、月間70分の無料通話も付いてくるプランです。

70分を超えると、30秒につき11円かかります。

格安かけ放題プランで20GB使うよりうんと安くなっています。

20GB同士で料金比較
  • 格安かけ放題プラン:7,403円
  • 格安弐拾:2,178円

格安かけ放題プランは3GBまでに抑えても2,728円なので、スタートから格安弐拾のほうが断然安いです。

もちろん、格安かけ放題プランは24時間かけ放題、格安弐拾は月間70分無料という違いはあります。

ただ、通話料金だけでこの金額差が覆ることは、そう多くないでしょう。

「格安弐拾」は他社と比較しても安い

少し話が逸れてしまいますが、格安弐拾は最近増えてきた他社の20GBプランと比較しても安いです。

NTTドコモの「ahamo」、KDDIの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO」、そして楽天モバイルで20GBまで使った場合と比較してみましょう。

サービスデータ量月額無料通話
HISモバイル20GB2,178円月間70分無料
ahamo20GB2,970円1回5分まで無料
povo20GB2,728円-
LINEMO20GB2,728円-
楽天モバイル~1GB
~3GB
~20GB
20GB~
0円
1,078円
2,178円
3,278円
24時間かけ放題

このように格安弐拾は、ahamo、povo、LINEMOより安いことがわかります。

楽天モバイルで3GB~20GB使う場合とほとんど同じというのは驚きですね。

ちなみに日本通信SIMの「合理的20GBプラン」とは同条件です。

格安弐拾は、先に発表された合理的20GBプランを強く意識したものではないかと思います。

デメリット3:混雑時の通信速度に不安がある

HISモバイルはドコモ回線を借りて使っていることをメリットとしてあげました。

しかし、使える帯域には限りがあります。

ドコモからすれば、自社サービスに帯域をたっぷり割り当てたいのは当然ですからね。

道路に例えるなら、ドコモは10車線持っていて、HISモバイルはそのうち1車線だけを借りているようなイメージになります。

そのためHISモバイルは混雑しやすく、12時や18時といったユーザーのアクセスが集中する時間帯には通信速度が遅くなりやすいという欠点を抱えています。

これは自社回線を持たない格安SIM(MVNO)では解決しようのない問題です。

通信速度の安定性を重視したいなら、キャリア(MNO)が直接運営している通信サービスがおすすめになります。

4キャリアとサービス

キャリア(企業名)サービス(正式名称は別の場合あり)
株式会社NTTドコモドコモ
ahamo
KDDI株式会社
(沖縄セルラー電話株式会社)
au
povo
UQモバイル
ソフトバンク株式会社ソフトバンク
LINEMO
ワイモバイル
楽天モバイル株式会社 
楽天モバイル
 

格安かけ放題プランはどんな人におすすめ?

格安かけ放題プランはずばり、月間70分を優に超えるほど通話しまくりつつ、データ量はほとんど消費しない人におすすめです。

そうでないなら新料金プラン「格安弐拾」や、他の通信サービスのほうがおすすめになってきます。

最低でも自身が毎月どのくらい通話しているのかは、契約前に必ず確認しておいたほうが良いでしょう。

LINEアプリなどで無料で済ませられることが多い現代においては、月間70分も通話していない人が大多数ではないかと思います。

通話時間はものすごいけどデータ消費はしない人におすすめ!

以上、HISモバイルの「格安かけ放題プラン」についてでした。

格安かけ放題プランまとめ
  • 月額2,728円で3GB+24時間かけ放題
  • 24時間かけ放題付きとしては安い
  • 最大30GBまで使える
  • ただしデータ量が増えると割高になる

格安かけ放題プランの3GB+24時間かけ放題で月額2,728円というのは、他ではあまり見られない珍しいプランです。

UQモバイルやワイモバイルの3GBプランに24時間かけ放題オプションを付けるよりも安くなります!

また、最大30GBまで使うこともできます。

ただ、3GBを超えてからは1GBごとに275円が追加されていき、どんどん割高になっていってしまいます。

そしてHISモバイルは、月額2,178円で20GB使え、月間70分の無料通話も付いてくるプラン「格安弐拾」も最近提供開始しました。

月間70分を優に超えて通話しまくる人でないなら、格安弐拾のほうがお得です。

格安かけ放題プランは「24時間かけ放題が絶対に必要で、かつデータ量はほとんどいらない」という人におすすめなので、向き不向きが明確であると言えるでしょう。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
araki
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。