ホームルーターとモバイルルーターの違いは何?比較して解説します

工事不要ですぐにインターネットを使うなら、ホームルーターかモバイルルーターが定番です。ただこの2つの違いがわからない、どちらを選べば良いのか迷う方も多いはず。本記事はホームルーターとモバイルルーターの違いやおすすめ品をわかりやすく徹底的に解説しました。
  • 2021年6月17日
  • by.Iris777

Speed Wi-Fi Home 5G L11

各キャリアの回線を使ってさまざまなデバイスをインターネットに接続する方法には、ホームルーターとモバイルルーターの2種類があります。

ホームルーターとモバイルルーターにはどのような違いがあるのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、これら2つのルーターの違いとそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう。

ホームルーターとモバイルルーターのどちらを選べばいいのかで迷っている人は、ぜひ参考にして自分にピッタリのものを探してみてください。

ホームルーター・モバイルルーターとは何か
  • ホームルーター: 契約先住所に設置して使う固定回線代わりのインターネット接続サービス
  • モバイルルーター: 外出時に使う持ち運び型のインターネット接続サービス
30日間お試し0円キャンペーン中
※記事中に記載されている金額は全て税込です

トップ画像引用元:UQ WiMAX(wifi/ルーター)【公式】

ホームルーター・モバイルルーターとは

MUGEN WiFi

画像引用元:【Mugen WiFi】月額3,718円!業界最安級のWiFiルーター

ホームルーター・モバイルルーターの概要
  • ホームルーター: 宅内に固定設置して使うルーター
  • モバイルルーター: 持ち運んで使うルーター

ホームルーターとモバイルルーターの用途を簡単に説明すると上記のとおりです。

簡単に説明すると、自宅で固定回線代わりに使うものがホームルーター、屋外に持ち出してスマホの回線のように使うのがモバイルルーターといえます。

これからより詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ホームルーターとモバイルルーターの違い・比較

 ホームルーターモバイルルーター
電源AC100V~240V内蔵バッテリー
電波強度強い弱い
利用回線大手キャリアの5G/4G
WiMAX2+
WiMAX+5G
大手キャリアの5G/4G
WiMAX2+
WiMAX+5G
最大接続数多い少ない
用途宅内での通信屋外での通信

ホームルーターとモバイルルーターの主な違いを一覧でチェックすると、上記のとおりです。

これからそれぞれの違いを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

電源

ホームルーターは内部にバッテリーを搭載しておらず、コンセント(AC100V~240V)から電力を供給する必要があります。

そのため、電源がない所では使用できません。

一方のモバイルルーターは内部にバッテリーを搭載しています。

あらかじめ充電しなければなりませんが、電源がない場所でも問題なく使えるのがメリットです。

電波強度

ホームルーターは電波強度が強い傾向があります。

設置場所からある程度離れた所でPCやスマホを使いたい場合、モバイルルーターでは電波が届かなくてもホームルーターなら問題なく電波が届く可能性があります。

利用回線

利用する回線は、ホームルーターもモバイルルーターも以下のいずれかです。

利用する回線の種類
  • 大手キャリアの4G/5G回線
  • WiMAX2+/WiMAX+5G

日本国内のホームルーターやモバイルルータは、いずれも上記の回線のいずれかを利用します。

通信品質や利用できるエリアはどこのキャリアの回線を使用しているかに依存するので、事前にサービスエリアを確認してから契約しましょう。

最大接続数

最大接続数(1台のルーターに接続できるデバイスの上限数)は、製品によって異なります。

しかし、ホームルーターは多く、モバイルルーターは少なめの傾向があります。

用途

ホームルーターとモバイルルーターでは、根本的に用途の違いがあります。

それぞれの用途は以下のとおりなので、契約する前に自分のニーズに合っているか確認しましょう。

それぞれの利用用途
  • ホームルーター: 自宅で利用するインターネット回線
  • モバイルルーター: 外出中に利用するインターネット回線

自宅の固定回線代わりに使いたい人はホームルーターを、外で利用してスマホの通信量を節約したい人はモバイルルーターを選ぶといいでしょう。

ホームルーターとモバイルルーターのメリット・デメリット

home 5G

画像引用元:home 5G | NTTドコモ

次に、ホームルーターとモバイルルーターそれぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分の使い方に合ったほうを選ばないと契約してから後悔する可能性があります。

ホームルーターはコンセントに挿すだけですぐに使える

ホームルーターは、機器を自宅のコンセントに接続するとすぐに使えます

回線に接続するのに必要な設定はすでに行われているので、届いてから何らかの設定をする必要はありません。

なお、デバイス側にはSSIDとPWを入力してルーターに接続できるようにする必要があります。

こちらは一般的なWi-Fiとかわりません。

ホームルーターは電波が強い

ホームルーターにはモバイルルーターより大型のアンテナが搭載されているため、電波強度が強い傾向があります。

モバイルルーターでは電波が届かなかったり弱すぎたりするエリアでも、ホームルーターなら問題なく通信できる可能性があります。

モバイルルーターの電波強度が弱いのは、携帯性及び省エネルギー性能を重視してアンテナを小型化しているためです。

ホームルーターは同時接続台数が多い

ホームルーターはモバイルルーターより同時接続台数が多いのもメリットの1つです。

宅内ではPC・スマホ・ゲーム機などのさまざまなデバイスを接続します。

そのようなときに最大接続台数をオーバーすると特定のデバイスがインターネットにつながらなくなるので、余裕があるホームルーターを選ぶのがおすすめです。

具体的な同時接続台数は製品によって異なるので、契約前にきちんとチェックしましょう。

ホームルーターは容量が無制限のものもある

ホームルーターには、通信容量が無制限で通信制限の心配をせずに使えるものがあります。

一例として、容量制限がないホームルーターは以下のとおりです。

容量制限がないホームルーターの例
  • ドコモ: home 5G
  • ソフトバンク: SoftBank Air
  • モバレコエアー

ホームルーターで有名なWiMAX2+には10GB/3日といった短期制限があるので、無制限を求める人は注意してください。

モバイルルーターは外に持ち出せる

モバイルルーターはバッテリーを搭載しており、あらかじめ充電していれば外に持ち出して使えます。

持ち出し先は回線を提供しているキャリアのサービスエリア内に限られるので、事前にチェックしておきましょう。

モバイルルーターは充電が必要

モバイルルーターはバッテリーを搭載している都合上、定期的に充電しなければなりません。

きちんと充電していないと使おうとしたときに使えなくなってしまうので、こまめに充電してください。

モバイルルーターには30日間お試しできるサービスがある

モバイルルーターを提供している企業によっては、お試しサービスとして30日の利用期間を設けているところがあります。

「本当に使えるのかわからない」「契約して速度が遅かったら困る」などの不安がある人は、お試しサービスを使用して使い勝手をチェックするといいでしょう。

モバイルルーターは契約期間の縛りがないサービスもある

モバイルルーターには契約期間の縛り(定期契約)がないサービスもあるので、短期間利用を考えている人にもおすすめです。

中には定期契約が存在するサービスもあるので、本当に定期契約がないかチェックしてから契約しましょう。

また、定期契約ありが基本で、オプション料金を支払うと定期契約なしに変更できるサービスもあります。

ホームルーターを選ぶべき人

HR01

画像引用元:home 5G HR01 | home 5G | NTTドコモ

ここまでの情報をチェックして、ホームルーターとモバイルルーターのどちらを選べばいいのかある程度理解できた人も多いのではないでしょうか?

しかし、まだどちらにするか決めかねている人は、これから紹介する情報もあわせて参考にしてください。

これからホームルーターがおすすめの人を紹介します。

以下の条件に該当する人は、ぜひホームルーターをご検討ください。

ホームルーターがおすすめの人
  • 外でインターネットを使わない人
  • 少しでも電波を安定させたい人
  • 容量を気にしたくない人

それぞれの項目をより詳しくみていきましょう。

外でインターネットを使わない人

インターネットを利用するのが自宅のみの人は、モバイルルーターより通信が安定しやすいホームルーターがおすすめです。

なお、これには外出中はスマホの回線を利用するのでモバイルルーターが必要ない人も含まれます。

少しでも電波を安定させたい人

少しでも電波を安定させたいと考えている人にも、ホームルーターがおすすめです。

大型アンテナを搭載していて電波強度が強く、より安定した通信を実現できるでしょう。

なお、電波を安定させるには大本になっている回線の電波強度も大切です。

契約時には、どこのキャリアの回線を使っているのか、通信の安定性はどうなのかもチェックしてください。

容量を気にしたくない人

通信容量の心配をしたくない人は、「容量無制限」と明記されたホームルーターを契約しましょう。

Softbank Airやhome 5Gなど、1ヶ月あたりの容量制限と短期制限のいずれも存在しないものがあります。

このようなサービスを選べば、安心してインターネットを使えます。

モバイルルーターを選ぶべき人

Raakuten WiFi Pocket

画像引用元:Rakuten WiFi Pocket | Wi-Fiルーター/周辺機器 | 製品 | 楽天モバイル

モバイルルーターがおすすめの人は、以下に該当する人です。

モバイルルーターがおすすめの人
  • 外出先でWi-Fiを使いたい人
  • スマホのデータ通信量を減らしたい人

それぞれの項目についてもっと詳しくみていきましょう。

外出先でもWiFi(インターネット)を使いたい人

外出先でもWi-Fiを使ったインターネットを使用したいなら、持ち運びできるモバイルルーターを選びましょう。

モバイルルーターなら、サービスエリア内ならどこに持ち運んでもインターネットに接続できます。

スマホのデータ通信量を減らしたい人

スマホのデータ通信量を減らして節約したい人にもモバイルルーターがおすすめです。

外出時のデータ通信をできるだけモバイルルーター経由にすれば、スマホの契約容量を減らせます。

ただし、節約を目的としている場合は、モバイルルーターの料金と節約できるスマホの料金の差しっかり計算することが大切です。

場合によっては逆に高くなるケースもあります。

おすすめホームルーター

Broad WiMAX

画像引用元:WiMAX(ワイマックス)5G対応プラン | 【公式】Broad WiMAX

ここからは、ホームルーターを契約したい人に向けておすすめのサービスを紹介します。

今回紹介するサービスは以下の2つです。

おすすめのホームルーター
  • Broad WiMAX
  • モバレコエアー

これからそれぞれの特徴を紹介するので、比較・検討して自分にピッタリのほうを選びましょう。

速度重視の方におすすめしたいBroad WiMAX

サービス名Broad WiMAX
初期費用20,743円
料金4,413円/月
最大通信速度2.2Gbps
月間通信容量なし
短期制限10GB/3日
定期契約3年
お試し期間なし
備考ギガ放題プラン

Broad WiMAXは、KDDIが提供しているWiMAX2+/WiMAX+5Gを利用したホームルーターです。

そのため最大通信速度も2.2Gbpsと高速です。

大本の回線がWiMAXなので、10GB/3日の容量制限があることや3年定期契約があることに注意してください。

長期利用を予定しているなど、定期契約がデメリットにならない場合におすすめできます。

契約するときは、短期制限と契約期間に問題ないか、WiMAXのサービスエリア内かどうかをチェックしましょう。

データ容量重視の方におすすめしたいモバレコエアー

サービス名モバレコエアー
初期費用3,300円
料金5,368円/月
最大通信速度962Mbps
月間通信容量なし
短期制限なし
定期契約2年
お試し期間なし
備考モバレコエアーのみ契約時

モバレコエアーはソフトバンクが提供している「Softbank Air」を使って提供しているサービスです。

そのため、基本的な使用はSoftbank Airに準じます。

前述したBroad WiMAXと比較すると、短期通信制限がないのが大きなメリットです。

しかし、2年間の定期利用があるので十分に注意してください。

Broad WiMAXと同様に、長期利用を検討している人におすすめできます。

おすすめモバイルルーター

AiR-WiFi

画像引用元:【公式】 AiR-WiFi  (エアワイファイ) 契約期間なしでも業界最安級のモバイルWiFi!

ホームルーターではなくモバイルルーターを契約しようと考えている人には、以下の2サービスがおすすめです。

おすすめモバイルルーター
  • AiR-WiFi
  • Mugen WiFi

これからそれぞれのサービスの特徴を詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

AiR-WiFi

サービス名AiR-WiFi
初期費用3,300円
料金3,278円/月
最大通信速度150Mbps
月間通信容量100GB
短期制限非公開
定期契約1年
※契約期間なしオプションあり
お試し期間30日
備考サクッとプラン

AiR-WiFiは、ドコモ/au/ソフトバンクの3キャリアの4G回線に対応したモバイルルーターです。

3キャリアの回線に対応しているため、より広いエリアで通信できます。

なお、AiR-WiFiには1年間の定期契約がありますが、別途330円/月を支払って定期契約なしにすることも可能です。

つながりやすさに不安を感じている人は、30日お試しキャンペーンを活用して実際に使ってみることをおすすめします。

30日間お試し0円キャンペーン中

Mugen WiFi

サービス名AiR-WiFi
初期費用3,300円
料金3,718円/月
最大通信速度150Mbps
月間通信容量100GB
短期制限非公開
定期契約2年
※契約期間なしオプションあり
お試し期間30日
備考MUGENアドバンスプラン

Mugen WiFiもドコモ/au/ソフトバンクの3キャリアの4G回線に対応したモバイルルーターです。

こちらは契約期間が2年間ですが、別途660円/月を支払えば定期契約なしに変更できます。

また、2年後には最新端末への無償交換できることが保証されているので、5Gが浸透していても安心です。

最大速度は150Mbpsで、基本的な仕様はAiR-WiFiと同等です。

30日間のお試しも可能なので、エリアに不安がある人やちゃんと使えるか試したい人は、こちらを活用してください。

100GBで最安のポケットWiFi
30日お試し可!全額返金キャンペーン

ホームルーターとモバイルルーターの違いを理解して自分に合ったほうを選ぼう!

Wi-Fi STATION SH-52B

画像引用元:Wi-Fi STATION SH-52B

今回は、無線インターネットの世界でよく耳にするホームルーターとモバイルルーターの違いを詳しく解説しました。

これらの2つの通信サービスを簡単にまとめると、以下の通りです。

ホームルーター・モバイルルーターとは何か
  • ホームルーター: 契約先住所に設置して使う固定回線代わりのインターネット接続サービス
  • モバイルルーター: 外出時に使う持ち運び型のインターネット接続サービス

それぞれに特徴、メリット・デメリットがあるので、しっかり理解して自分に合ったほうを選ぶことが大切です。

それぞれどのような人に向いているのかを簡潔にまとめると次のとおりです。

ホームルーターが向いている人
  • 外出先では利用しない人
  • 少しでも安定したインターネット環境を構築したい人
  • 容量を気にせずに使いたい人
モバイルルーターが向いている人
  • 外出先でWi-Fi環境を使いたい人
  • スマホのデータ通信量を節約したい人

これらのWi-Fiサービスを契約するときは、自分が何を求めているのかをはっきりさせた上で適切なほうを選びましょう。

今回はホームルーター・モバイルルーターそれぞれのおすすめサービスを2つずつピックアップして紹介したので、どれを契約すればいいのか迷っている人はあわせて参考にしてください。

適したサービスを選んで契約すれば、便利で快適なインターネットを利用できるでしょう!

この記事を書いた人
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。