Honor 8X Maxレビュー|7.12インチの大画面スマホの使い心地

  • 2018年11月1日
  • by.nuko

2db6dad886486f8cc673e4e0b19136e2

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

HUAWEIのHonorシリーズは、格安SIMで人気の低価格モデルです。

日本でも多くのモデルが発売されていますが、Honer 8X Maxなど一部のモデルは海外モデルのみ展開されています。

とはいえ、最近では海外モデルもショッピングサイトで販売されることもあり、気になっている人も多いようです。

そこで今回は人気の高い海外モデルHUAWEI Honer 8X Maxをレビューします。

超大型スマホが欲しい方にはオススメのモデルなので、この記事で特徴や買い方をバッチリ押さえてくださいね!

今回の流れ
  • Honor 8X Maxのスペックや機能
  • Honor 8X Maxの特徴や注意点
  • Honor 8X Maxはこんな人におすすめ!
  • Honor 8X Maxの価格や購入方法

トップ画像引用元:荣耀8X Max配置 | 图片 – 荣耀官网

1 Honor 8X Maxのスペックや機能


画像引用元:荣耀8X Max配置 | 图片 – 荣耀官网

まずHonor 8X Maxの基本スペックを確認しましょう。

Honor 8X Maxの基本スペック

項目スペック詳細
本体サイズ高さ:177.6 mm
幅:86.3 mm
厚さ:8.1 mm
重さ210g
SoC(CPU)Snapdragon 636
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)64GB/128GB
メモリ(RAM)4GB/6GB
画面サイズ7.12インチ IPS
2,244 × 1,080(Full HD+)
メインカメラ約1,600万画素+約200万画素デュアルカメラ
インカメラ約800万画素

1-1 SoCはSnapdragon 636でパフォーマンス抜群!


画像引用元:荣耀8X Max配置 | 图片 – 荣耀官网

HUAWEI Honor 8X Maxは、他のHUAWEI製品とは異なりクアルコムのSnapdragon 636を搭載しています。

そのためミドルレンジクラスの標準的な処理性能ではありますが、普通に使うなら全く困ることはないでしょう。

ベンチマークアプリAnTuTuで計測しても、それなりにいいスコアをマークしてくれます。

AnTuTuの計測結果
  • Honor 8X Max;約11万スコア

あまり高負荷なゲームアプリには向きませんが、Web検索など一般的な利用用途では困ることのない性能ですね。

1-2 タブレットに次ぐ7.12インチのディスプレイ!


画像引用元:荣耀8X Max配置 | 图片 – 荣耀官网

Honor 8X Maxの最大の特徴は、7.12インチの広大なディスプレイ領域です。

小型タブレットであるiPad mini2に次ぐディスプレイ領域があるため表示領域は圧倒的です。

タブレットより縦長になっていることで、スマホ向けの表示ではスクロール回数が少なくなるメリットがあります。

また、全体的にベゼル幅が少ないので、スペック以上に画面領域が広く感じるのも使う側としては嬉しいポイントでしょう。

1-3 流行りのデュアルカメラ搭載!


画像引用元:荣耀8X Max配置 | 图片 – 荣耀官网

Honor 8X Maxでは、メインカメラにデュアルレンズを採用しています。

メインのレンズは1,600万画素の高解像度で、さらに200万画素のモノクロカメラで陰影を正確に捉えるつくりです。

光源の乏しい室内やコントラストの少ない薄暗い場所でも正確に撮影できるので、今までのスマホカメラで満足出来なかった方もHonor 8X Maxに任せられるでしょう。

2 Honor 8X Maxの特徴や注意点

続いてHonor 8X Maxの特徴や購入にあたっての注意点をまとめます。

特に注意点は購入後に困る可能性もあるので、あなたの用途に合うかしっかりチェックしておきましょう。

2-1 Honor 8X Maxはスマホよりタブレット

スペックの解説でもお伝えしましたが、Honor 8X Maxの最大の特徴は7.12インチのディスプレイでしょう。

ディスプレイが大型ではありますが、ベゼルのほとんどないデザインで本体サイズは抑えてあります。

しかし、それでもかなり大きいと感じるでしょう。

Xperia XZ Ultraなど、ファブレット好きな方にはオススメの1台ですが、今まで小型スマホを利用していた方には使いにくい可能性もあります。

大画面のメリット
  • 映画やドラマなど動画コンテンツの臨場感がある
  • Web検索など1度に表示できる情報量が多い
  • テキストの拡大をしてもスクロール量が少なくて済む

画面が大きいことのメリットは非常に多いのですが、普段から持ち運ぶメインスマホとして利用するには「大きすぎること」にも気を配ってくださいね!

2-2 Honor 8X Maxのデメリット1:Google Playがない


画像引用元:Google Play

Honor 8X Maxでは、Androidのアプリ入手先であるGoogle Playがインストールされていません。

HUAWEIが提供するAppGalleryというアプリがインストールされていますが、日本語環境では正常に動作しないようです。

そのため、利用できるアプリに多少制限があると考えたほうがいいでしょう。

Google Play以外のアプリ入手方法
  • プリインストールアプリを利用する
  • Amazonアプリストアなどを代用する
  • 野良アプリをインストールする

Web検索など基本的な利用用途で困ることはないでしょうし、メジャーなアプリはAmazonアプリストアでもある程度入手できます。

しかし、利用したいアプリによっては不便に感じる可能性もあるので、事前に利用したいアプリがインストールできるかチェックしたほうがいいかも知れませんね!

2-3 Honor 8X Maxのデメリット2:国内キャリアの対応周波数に注意!

Honor 8X Maxは、国内キャリアが利用する周波数の一部が対応していません。

Honor 8X Maxが非対応の周波数
  • ドコモ:4GのBand19
  • au:Band26、18

ドコモやドコモ系の格安SIMでは4GのBand19以外は問題なく利用できます。そのため、都市部近郊で利用するには問題ないでしょう。

ただ、地下やトンネル内はBand19を利用することが多いので、こうした場所では利用できないかも知れませんね。

また、auは4Gで主に利用されるBand26、Band18が非対応です。

UQ mobileを含めてau系の回線を利用する方は、Honor 8X Maxは合わないので気をつけてください。

RAM6GB以上の高性能Androidスマホおすすめランキング【2020年最新版】

次の章ではHonor 8X Maxがとんな人にぴったりなのかと価格や購入方法を解説します。

3 Honor 8X Maxはこんな人におすすめ!

前のページでHUAWEI Honor 8X Maxのスペックや特徴、注意点を解説しました。

Honor 8X Maxのスペック・特徴まとめ
  • Snapdragon 636搭載のミドルレンジモデル
  • 12インチの超大画面
  • Google Play非搭載
  • ドコモとauの一部の周波数が使えない

こうしたスペック・特徴から、Honor 8X Maxは次のような方におすすめです。

  • プリインストールアプリだけで楽しめる方
  • Web検索やYouTubeが中心の方
  • 自宅中心で時々持ち出すサブ端末として利用する方

ライトユーザーの方なら困ることなくコスパの高いモデルなので、使い方にぴったりという方はぜひ購入を検討してくださいね!

なお、ルート化できる技術がある方なら、Google Playをインストール可能です。

ソフトウェアの改造をすると保証対象外になるため自己責任ですが、価格の安いモデルです。

自信のある方はGoogle Playをインストールすれば、国内販売のスマホと遜色なく利用できるでしょう。

4 Honor 8X Maxの価格や購入方法

Honor 8X Maxは日本で未発売のモデルです。そのため購入にあたっては個人輸入や並行輸入品を手に入れる必要があります。

4-1 Honor 8X Maxの価格

Honor 8X Maxの価格は購入するサイトによって多少差があります。

とはいえ、どの購入方法でも64GBが3万円前後で手に入るので、かなりコスパの高いモデルと言えるでしょう。

Honor 8X Maxの購入方法
  • 中国のショッピングサイトで購入
  • 個人輸入サイトで購入
  • Amazonなど国内のショッピングサイトで購入

Honor 8X Maxの価格

販売サイト64GB128GB
中国のショピングサイト約22,700円約30,800円
米Amazon約36,600円約42,700円
Banggood約29,600円約36,600円
Geekbuying約31,340円約37,144円

Honor 8X Maxの価格は、中国のショッピングサイトが最安値になりますね。

しかし、購入するサイトによっては国内からの輸入手続きが難しいので、手間をかけてもいい方専用と考えたほうがいいでしょう。

一方、ショッピングサイトでは販売価格が高くなっています。

米Amazonは日本で購入するのと同じくらいの輸入コストをかけて仕入れているので、余計に高くなっていますね。

逆に日本でよく利用されるBanggoodやGeekbuyingなどの個人輸入サイトなら、128GBでも4万円弱で購入できます。

4-2 中国のショッピングサイトで購入

HUAWEI Honor 8X Maxは、中国のショッピングサイトで購入できます。

価格は64GB/RAM4GBで1,399元(約22,700円)からと、Snapdragon 636搭載機種としてはかなり安いですね。

しかし、Honor 8X Maxを取り扱うサイトのほとんどは、中国国内のみの配送です。
そのため購入にあたっては手元に届けるために何かしらの手配が必要になるでしょう。

中国から国内へ配送する方法
  • 個人輸入代行業者を利用する
  • 中国に行く機会に購入する
  • 現地の知人に代行で購入してもらう

こうした手配ができる方なら、HUAWEIが出品している中国のショッピングサイトで購入するのがコスパ最強となるでしょう。

4-3 個人輸入サイトで購入

BanggoodやGeekbyuingなどの個人輸入サイトからの購入は、中国国内で購入するより多少高くなっています。

しかし、配送先を日本国内に指定できるので、購入手続き+輸入手続きがまとめて行えるメリットがあります。

また、配送は無料配送と有料配送があり、有料配送の方が早く届くのでおすすめです。

無料配送と有料配送の違い
  • 無料配送:他の大多数の人の注文品と合わせて輸入するため20日前後かかる
  • 有料配送:個別または小さな単位で輸入するので10日前後まで短縮

有料配送にしても約1,000円のコストなので、Honor 8X Maxを早く手に入れるなら有料配送を選択してくださいね。

4-4 国内のショッピングサイトで購入

Honor 8X Maxは2018年9月に発売されたモデルなので、まだ国内のショッピングサイトにはそれほど入荷していません。

執筆時点ではAmazonにも出ておらず、ケースやフィルムしか見つかりません。

とはいえ、他のHUAWEIやASUSの海外版のみ発売モデルを見ると、おおよそ米Amazonと同程度の価格水準になると予想されます。

Honor 8X MaxのAmazon価格予想
  • 64GB/4GBRAM:36,000円前後
  • 128GB/6GBRAM:42,000円前後

国内のショッピングサイトで購入できるようになれば、1~2日で手に入るようになります。

何より輸入手続きが不要なので、手続きが簡単になるのが嬉しいポイントですよね。

まだ国内ショッピングサイトにはほとんど並ばないモデルなので、海外で購入するのが不安な方はもうしばらく待ってみましょう!

SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2020年版】

次の章で今回の内容をおさらいします。

5 Honor 8X Maxレビューまとめ

画像引用元:荣耀8X Max配置 | 图片 – 荣耀官网

今回はHUAWEIの海外向けモデルHonor 8X Maxをレビューしました。

国内モデルではありませんが、低価格かつ大画面モデルなので大きなスマホが好きな方にオススメの1台です。

Honor 8X Maxのスペック・特徴まとめ
  • Snapdragon 636搭載のミドルレンジモデル
  • 12インチの超大画面
  • Google Play非搭載
  • ドコモとauの一部の周波数が使えない

Snapdragon 636搭載のため、相当重いゲームでもなければ快適に使えるスペックがあります。

また、メモリは4GBまたは6GBから選べるので、常時起動するアプリが多い方も安心ですね。

ただ、日本国内で未発売モデルのため、周波数など多少の制約があることに注意しましょう。

Honor 8X Maxの購入方法まとめ
  • 中国のショッピングサイトで購入
  • 個人輸入サイトで購入
  • Amazonなど国内のショッピングサイトで購入

Honor 8X Maxは現在海外サイトで購入するしか方法がありません。
今後は国内Amazonなどでも並行輸入品が並ぶでしょうが、今買うなら個人輸入を狙いましょう。

低価格の大画面モデルを探している方は、今回の記事を参考にぜひHonor 8X Maxも選択肢に入れてくださいね!

【2020年版】6インチ以上の大画面スマホ最新おすすめランキング

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ