Apple Music(アップルミュージック)の月額料金やお得な使い方を解説!無料で3ヶ月のお試しも

Apple Music(アップルミュージック)は、約7,000万曲が聞き放題の音楽配信サービスです!個人プランは月額980円から利用可能で、学生プランやファミリープランならもっとお得になります。まずは3ヶ月お試しで使ってみてください!

  • 2020年11月25日
  • by.a-sato

Apple Musicロゴ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Apple Music(アップルミュージック)は、約7,000万曲が聴き放題の音楽配信サービスです。

個人向けプランだけでなくファミリーや学割用のプランがあるのも嬉しいポイントです。

今回は、そんなApple Musicの月額料金やダウンロードなどの使い方、登録・解約方法について詳しく解説していきます。

また、他社音楽アプリともサービスを比較してみたので、音楽アプリ選びで迷っている人も是非参考にしてください。

Apple Musicまとめ
  • 個人プランは月額980円で使える
  • 学生プランやファミリープランも充実
  • AndroidスマホやPCでも使える
  • 3ヶ月無料のトライアル期間がある
  • 広告非表示・オフライン再生などストレスフリーで音楽が楽しめる
※本記事中の価格は全て税込み表示

トップ画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

Apple Musicとは

Apple Musicアイコン

画像引用元:‎「Apple Music」をApp Storeで

Apple Musicの基本情報は下記の通りです。

Apple Musicの概要
月額料金個人:980円
ファミリー:1,480円
学生:480円
楽曲数約7,000万曲
App Store評価なし
Google Play評価★★★★☆
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグラウンド再生
広告非表示
無料お試し期間3ヶ月間
申し込みApple Musicの無料トライアルを申し込むアップルミュージック

Apple Musicは、iPhoneやiPadでお馴染みのAppleが運営している有料の音楽配信サービスです。

7,000万曲もの楽曲が聴き放題で、広告非表示・オフライン再生可能など、ストレスフリーで快適に音楽を楽しむことができるアプリです。

Apple IDがあればiPhoneはもちろん、AndroidスマホやPCでも利用することができます。

Apple Musicの特徴
  • Appleが取り扱っている音楽アプリ
  • 聴ける楽曲数は約7,000万曲
  • プランは個人・学生・ファミリーの3種類
  • 広告非表示・オフライン再生などストレスフリーで音楽が聴ける

Apple Musicの月額料金

Apple Music

画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

次に、Apple Musicの月額料金について解説していきます。

Apple Musicには3つのプランがあるので、プランごとにそれぞれ詳しく紹介します。

Apple Musicの月額料金
  • 個人プラン:980円
  • 学生プラン:480円
  • ファミリープラン:1,480円

個人プラン

個人プランは月額980円で利用でき、最もスタンダードなプランです。

Apple Musicを利用するほとんどの人が個人プランに加入するのではないでしょうか。

学生プラン

学生プランは480円と、個人プランよりもかなり安く利用できます。

またApple Musicの学生プランは、専門学生・高等専門学生・大学生が対象です。

学生プランと聞くとつい中学生や高校生を対象としていると考えがちですが、高校生以下は利用することができません。

UNiDAYSというシステムを使用し在学証明を行うことで、最長48ヶ月間加入することができます。

ファミリープラン

ファミリープランは月額1,480円で、最大6アカウントまで利用できる家族向けプランです。

アカウントはそれぞれ作ることができるので、家族全員のダウンロードした音楽が混ざってしまうこともありません。

家族複数人で使う場合、1番お得なのはファミリープランです。

どのプランを選択しても、3ヶ月無料のトライアルから体験できます!

Apple Musicの使い方

Apple Music

画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

次に、Apple Musicの使い方について紹介します。

この章では、Apple Musicで使える5つの機能の特長について触れていきます。

Apple Musicの5つの機能
  • ライブラリ
  • For You
  • 見つける
  • Radio
  • 検索

ライブラリでできること

「ライブラリ」は、Apple Musicで追加した楽曲はもちろん、「ミュージック」に既にダウンロードしている楽曲を同期することができます。

つまり、同じApple IDでダウンロードした楽曲は、全てこのライブラリで聴くことができるということです。

また、ライブラリは

  • アーティスト
  • 曲名
  • ダウンロード済みの楽曲

など、さまざまな方法で並べ替えることができます。

楽曲数が多い時に整理しやすいという点も嬉しいポイントです。

For Youでできること

Apple Musicの使い方

上記画像の「始める」をタップすると、好きな音楽のジャンルやアーティストを選ぶページに切り替わります。

「For You」は、その時に選んだアーティストやジャンルを参考にして、Apple Musicがおすすめの楽曲やアーティストを提案してくれる機能です。

自分の普段聴く音楽や好きなアーティストの傾向を基に新たな楽曲を提案してくれるので、自分好みの曲やアーティストを見つけやすくなります。

新しい曲やアーティストを発掘したいという人にぴったりの機能ではないでしょうか。

「見つける」でできること

Apple Musicの使い方

「見つける」では、Apple Musicでよく聴かれている曲やアーティスト、時間帯や季節に合ったプレイリストなどをチェックすることができます。

ランキングもあるので、どの曲が今人気なのか簡単に調べることができます。

7,000万曲も収録されているアプリですから、「どの曲を選べば良いのかわからない」と思った時にとりあえず見てみると良いでしょう。

Radioでできること

Apple Musicの使い方

Apple Musicには「Radio」機能もあります。

文字通りラジオが聴けて、曜日や時間帯によってさまざまな番組が放送されています。

番組ごとに取り扱っている音楽が異なるので、自分の好きなジャンルの音楽を取り扱うラジオを選ぶと良いでしょう。

検索でできること

Apple Musicの使い方

「検索」を使えば、歌詞や曲名・アーティスト名で楽曲を検索できます。

また、映画やドラマなどのタイトルでも検索できるので、「あの映画のテーマソングが聴きたい」という時にも見つけやすいですよね。

特定のアーティストの楽曲をダウンロードしたい時は是非活用しましょう。

Apple Musicの登録方法

次に、Apple Musicを登録する時の手順をそれぞれ解説します。

これからApple Musicを使おうと考えている人は是非チェックしてください。

Apple Musicの登録方法
  • iPhoneから登録
  • Androidから登録
  • PCから登録

iPhoneでの登録方法

まず、iPhoneでApple Musicを登録する方法について解説していきます。

筆者もiPhoneを使用しているので、実際に操作してみました。

なお、画像は無料トライアルに申し込む場合の手順です。

  1. ここをタップして「ミュージック」を開く
  2. 「すべてのプランを表示」をタップする
    アップルミュージックの登録
  3. 登録したいプランを選択して「トライアルを開始」をタップする
    アップルミュージックの登録
  4. 支払い画面に切り替わるので、認証する
    アップルミュージックの登録

3ヶ月無料のトライアルの案内画面が表示されない場合は、アプリトップ画面下部にあるナビゲーションバーの「For You」をタップすると、次の画面にトライアルの案内バナーが表示されます。

そのバナーをタップすれば手順2の画面に切り替わるので、案内画面が表示されない場合は是非試してみてください。

Androidスマホでの登録方法

AndroidスマホでもApple Musicを使うことができます。

プリインストールされているiPhoneと異なり、Androidスマホの場合はApple Musicをインストールする必要があります。

  1. Google Playで「Apple Music」をインストールする
  2. アプリを開く
  3. トライアルの案内ボタンをタップして無料期間を開始する
  4. サブスクリプション(個人・学生・ファミリー)を選択する
  5. Apple IDとパスワードを入力する
  6. 有効な支払い方法を追加して「登録」をタップする
  7. 利用規約に同意すれば完了

支払い方法は必ず追加しなければいけないわけではなく、支払い情報の追加画面が表示される場合とされない場合があるようです。

表示された場合は、支払い方法を追加するようにしてください。

PCでの登録方法

PCでApple Musicを使う時の手順は下記の通りです。

  1. Apple Musicを開く
  2. トライアルの案内ボタンをクリックして無料期間を開始する
  3. サブスクリプション(個人・学生・ファミリー)を選ぶ
  4. Apple IDでサインインする
  5. 有効な支払い方法を追加して「登録」をクリックする
  6. 利用規約に同意すれば完了

PCでApple Musicを使う場合も、基本的にスマホとほぼ手順は同じです。

また、支払い方法の追加画面も、Androidスマホと同様に表示される場合とされない場合があります

Apple Musicの解約方法

次に、Apple Musicを解約する時の手順について解説します。

登録方法の章と同じく、iPhone、Androidスマホ、PC別にそれぞれ手順を説明するので、是非チェックしてください。

iPhoneでの解約方法

iPhoneでApple Musicの解約をする場合の手順は下記の通りです。

  1. 「ミュージック」を開いて「For You」をタップする
    Apple MusicをiPhoneで解約する方法
  2. 画面右上のアカウントのアイコンをタップする
    Apple MusicをiPhoneで解約する方法
  3. 「サブスクリプションの管理」をタップする
    Apple MusicをiPhoneで解約する方法
  4. 「登録をキャンセルする」をタップする
    Apple MusicをiPhoneで解約する方法

上記の画像は「無料トライアルをキャンセルする」ですが、課金中の場合は「登録をキャンセルする」という文言に変わります。

課金中の場合は解約しても次回課金日まで使えますが、無料トライアル期間中の場合はキャンセルするとすぐに使えなくなってしまうので注意が必要です。

Androidスマホでの解約方法

Androidスマホからも解約は可能です。

手順は以下の通りです。

  1. Apple Musicを開く
  2. 右上のメニューボタンを押して「アカウント」をタップする
  3. 「メンバーシップを管理」をタップする
  4. 下部にある「登録をキャンセル」をタップする

Androidスマホも同様に、「登録をキャンセルする」という文言は、無料トライアル期間中だと「無料トライアルをキャンセルする」に変わります。

トライアル中にキャンセルするとすぐに使えなくなるのもiPhoneと同じなので、まだ使う予定がある場合はキャンセルしないようにしてください。

一度キャンセルすると、同じアカウントでは二度と無料トライアルを利用することはできません。

PCでの解約方法

最後に、PCでの解約方法です。

今回はApple Musicを使用して解約する方法をご紹介します。

  1. Apple Musicを開く
    Apple MusicのPC解約方法
  2. 画面右上にあるアカウントアイコンをクリックして「設定」を選択する
    Apple MusicのPC解約方法
  3. スクロールし「サブスクリプション」の項目にある「管理」をクリックする
    Apple MusicのPC解約方法
  4. 「サブスクリプションをキャンセルする」をクリックする
    Apple MusicのPC解約方法

スマホと同じく、トライアル期間中だとキャンセルした時点ですぐに使えなくなってしまいます。

課金中であれば、次の課金開始日まで引き続き利用することができます。

Apple Musicのメリット

アップルミュージック

画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

次に、Apple Musicのメリットについて解説していきます。

月額料金がかかるApple Musicですが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

Apple Musicのメリット
  • ファミリーや学割などさまざまなプランが選べる
  • 3ヶ月間の無料トライアルがある
  • 曲をダウンロードすればデータ容量が気にならない

ファミリーや学割などさまざまなプランが選べる

6アカウント作れるファミリープランや、通常よりも安く使える学生プランなど、さまざまなニーズに合ったプランを取り扱っている点がApple Musicの大きな魅力です。

家族内・複数人で使う場合は、間違いなくそれぞれ個人で加入するよりもファミリープランの方がお得です。

また、学生にとっては通常料金の半額で使えるのはかなり嬉しいですよね。

ダウンロードできるのでデータ容量も気にする必要がない

ダウンロードした楽曲はオフラインで再生できます。

そのため、データ容量を気にせずに音楽が聴けます。

Wi-Fiに接続した際にたくさんダウンロードしておけば、モバイル通信を使う必要もほとんどないでしょう。

3ヶ月間の無料トライアルがある

3ヶ月間は無料で使えるので、気軽に試しやすいというのもApple Musicのメリットです。

無料期間中にキャンセルすれば料金は発生しません

もしサービスが自分に合わなかったとしても損することはないので、とりあえず試してみるのがおすすめです!

Apple Musicのデメリット

アップルミュージック

画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

一方で、Apple Musicにはメリットしかないというわけではありません。

この章では、Apple Musicを使う上でのデメリットについて触れていきます。

Apple Musicのデメリット
  • 不具合・バグの報告がある
  • トライアル中にキャンセルすると即時使えなくなる

不具合・バグの報告がある

ライブラリにアルバムが追加されない・同期したはずの曲が表示されないなど、不具合やバグの報告がかなり多いのが気になります。

アプリやスマホの再起動で改善されることもあるようですが、不具合やバグが発生することでストレスを感じて使いにくいと思う人も多いようです。

トライアル中にキャンセルすると即時使えなくなってしまう

他の音楽アプリの中には、無料期間中に解約手続きをしてもトライアル終了日まで使えるものもあります。

しかし、Apple Musicはトライアル中にキャンセルするとすぐに使えなくなってしまうので、「忘れないうちにキャンセル処理だけしておこう」というのができなくなります。

トライアル後課金をしたくない人は、遅くてもトライアル終了日の前日までにはキャンセル手続きをするようにしてください。

Apple Musicをさらに使いこなすコツ

アップルミュージック

画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

次に、Apple Musicをさらに使いこなすにはどのような機能を使えば良いのか解説していきます。

ダウンロードやmp3変換など、よりApple Musicを快適に使えるコツがたくさんあるので是非チェックしてください。

Apple Musicをさらに使いこなすコツ
  • 曲をダウンロードする
  • 音質を良くする
  • ハンズフリーで再生する
  • 曲をMP3に変換する

曲をダウンロードする

前述の通り、曲をダウンロードすれば常にオフラインで聴けるようになります。

通信料を気にせずにたくさん音楽を聴きたいという人は、楽曲のダウンロードを忘れないでくださいね。

ダウンロード方法は下記の通りです。

  1. 曲名の横にある「+」をタップ
    Apple Musicダウンロード方法
  2. ライブラリに追加された後に横にあるダウンロードアイコンをタップ
    Apple Musicダウンロード方法
  3. ダウンロードが終わったら完了
    Apple Musicダウンロード方法

曲をダウンロードできない時は?

Apple Musicで曲がダウンロードできない時は、いくつか原因が考えられます。

「ライブラリを同期」がオフになっていたり、インターネット接続に問題がある場合が多いです。

慌てずゆっくり対処してみてください。

音質を良くする

Apple Musicの音質を良くしたい・変えたい場合は設定アプリから操作します。

「イコライザ」では、こだわりの音質に変更できます。

  1. 設定を開く
  2. アプリ一覧から「ミュージック」を選択する
    イコライザを設定する
  3. 「イコライザ」をタップする
    イコライザを設定する
  4. 自分の好みの音質に変更する
    イコライザを設定する

イコライザでは、ボーカルの声を際立たせたい・低音を響かせたいなど、自分の好みに合わせて音質を変えることができます。

音楽を再生しながら、是非聴き比べて自分の好みの音を見つけてくださいね。

ハンズフリー

Apple MusicはSiriと連携しています。

また、同じくApple製品の完全ワイヤレスイヤフォンである「AirPods」もSiriと連動しています。

AirPodsからSiriに「〇〇を再生して」と指示をすれば、完全ハンズフリーで音楽の再生が可能となります。

ジョギングなどのワークアウト中にも非常に便利です。

MP3に変換する

Apple Musicの音源はデジタル著作権保護がついているM4Pファイルなので、Apple Musicで音楽が聴き放題でもユーザーに曲の所有権はありません。

そのため、Apple Musicを解約したらダウンロードしていた楽曲も一切聴けなくなってしまいます。

曲を所有するためにはApple Musicの楽曲をMP3に変換する必要がありますが、「Apple Music Converter」と呼ばれる専用ソフトを使えば変換が可能です。

ただ、Appleとは全く関係のない外部のソフトなので、利用する際は自己責任でお願いします。

Apple Musicと他のサービスの月額料金を比較

Apple Musicバナー

画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

次に、同じ音楽アプリである「Spotify」・「Amazon Music」とサービスを比較してみました。

項目Apple MusicSpotifyAmazon Music
月額料金980円980円
※プライム会員:780円
プランの種類個人
学生
ファミリー
個人向け
学割プラン
ファミリー
個人
学生
ファミリー
楽曲数7,000万曲4,000万曲6,500万曲
オフライン再生
オンデマンド再生
バックグランド再生
広告非表示
無料お試し期間3ヶ月3ヶ月3ヶ月
無料プランの有無×
(Amazonプライム会員専用)
支払い方法クレジットカード
デビットカード
キャリア決済
(3キャリア対応)
iTunesカード入金
iTunes Pass
クレジットカード
プリペイドカード
キャリア決済
(3キャリア対応)
コンビニ払い
ATM
銀行振込
オンラインバンキング
PayPal
Spotifyギフトカード
クレジットカード
デビットカード
キャリア決済
(ドコモ・au)

無料プランの有無や楽曲数に多少差はありますが、基本的にはどのサービスも大きく違う点はなさそうです。

既にiPhoneに入ってる曲もそのまま聴けるのでiPhoneユーザーの方ならApple Musicが始めやすいでしょう。

どのアプリも3ヶ月間の無料トライアル期間があるので、それぞれを無料期間で試してみてから有料に移行するのもいいかもしれませんね。

まずは3ヶ月無料でApple Musicを試してみよう!!

最後に、Apple Musicのポイントについてまとめます。

Apple Musicまとめ
  • 個人プランは月額980円で使える
  • 学生プランやファミリープランも充実
  • AndroidスマホやPCでも使える
  • 3ヶ月無料のトライアル期間がある
  • 広告非表示・オフライン再生などストレスフリーで音楽が楽しめる

Apple Musicは個人だけでなく、学生やファミリーなどさまざまなプランがあるので、幅広いニーズに応えることができます。

使い方を工夫すれば、データ容量を気にせずにオフラインで楽しめたり、音質変更やハンズフリーなどさらに快適に使えるようになります。

3ヶ月間の無料期間もあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

他の音楽アプリにも無料期間があるので、それらも是非有効活用してそれぞれ使い比べてみてくださいね。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ