Apple Payと銀行系デビットカードの併用が便利|iPhone設定とお得な使い方

Apple Payと銀行系デビットカードの併用が便利|iPhone設定とお得な使い方

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Apple Payは、iPhoneユーザーならその大半が使用している支払い方法です。

iPhoneをレジや改札口でかざすだけでクレジットカードによる支払いが完了してしまうので、本当にスムーズで便利な支払い方法だといえます。

でも、クレジットカードを持てない学生や、クレジットカードは使わないという人はApple Payを利用できないのでしょうか?

今回は、Apple Payで銀行系デビットカードを設定するやり方とその使い勝手について解説していきます。

実はデビットカードもApple Payで使えるよ!
  • Apple Payを使うメリット
  • Apple Payでデビットカードを設定する裏技
  • Apple PayでSuica(デビットカード)を使う利点
  • Suicaで使うおすすめ銀行系デビットカード

Apple Payに登録するおすすめ銀行系デビットカードと設定方法

Apple Payを使うメリットとは


画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

そもそも、Apple Payを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか?Apple Payは電子マネーを複数管理・使用することができるシステムです。

Apple Payが対応している電子マネーは以下の3つになります。

Apple Payが対応している電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • Suica

これらの電子マネーをApple Payに設定して支払いに利用することで、次のようなメリットが得られます。

買い物時や交通機関利用時の支払がとても簡単になる

買い物をする時に現金払いをすることはよくあるでしょう。でも細かい小銭を財布から取り出すのに苦労したり、お金が足りなくて焦ったりということも、多くの人は経験があるかもしれません。

Apple Payを使って支払する場合は、専用読み取り機にiPhoneをかざすだけで支払い完了してしまうため、その間わずか2秒程度です。

財布を取り出して小銭入れのチャックを開ける、という動作だけで2~3秒くらいかかりますから、Apple Payがいかに素早くスムーズに支払いができるかが分かって頂けると思います。

今さら聞けないApple Payの使い方|操作方法・セキュリティ・利用方法

次の章ではApple Payを使うメリットを具体的に解説します。

クレジットカードを持ち歩く必要がない


財布の中にクレジットカードやプリペイドカード、ポイントカードなどが何枚も入っているため、財布が分厚くなってしまったり、目的のカードを見つけるのに時間がかかったりすることもあるのではないでしょうか?

Apple Payにクレジットカードを紐づけておくことで、カードとしてのクレジットカードは必要なくなります。クレジットカードにポイント機能があれば、Apple Payでちゃんとポイントも貯まります。

財布もスマートになりますし、もはや財布を持ち歩かなくてもiPhoneさえあれば買い物や交通機関が利用できるわけです。

クレジットカード盗難のリスクがない


さらに、クレジットカードを持ち歩くと紛失や盗難に遭って無断使用されてしまうというリスクがありますが、クレジットカードを持ち歩く代わりにApple Payを使えば、リスク対策も万全です。

Apple Pay自体にはクレジットカード番号や暗証番号といった個人情報は記録されていません。Apple Payにクレジットカードを設定する際には、Apple独自の固有番号が割り当てられます。

支払の際にはその固有番号が用いられるため、iPhoneからクレジットカードの個人情報が流出するということはないんです。

Apple Pay利用時にはFace ID(顔認証)Touch ID(指紋認証)が必要ですので、万が一iPhoneを紛失したり盗まれたとしても他人がApple Payを利用することはできません。

そしてApple IDのアカウントページにアクセスすることで、遠隔からApple Payの利用を停止することもできるので安心です。

後払い方式ならチャージしなくていい


Apple Payは前払い方式と後払い方式の両方に対応しています。プリペイドカードを使えば前払いになるため、使いすぎる心配が要りません。

ただしチャージする必要があり、その際には現金が必要になるというデメリットもあります。

それに対してクレジットカードなどの後払い方式であれば、チャージする手間もいらないので簡単で便利です。もちろん使い過ぎには注意しないといけませんが。

Apple Watchを使えばさらに便利


画像引用元:Watch – Apple(日本)

iPhoneユーザーにとって快適度が格段に上がるガジェットがApple Watchです。このApple WatchでもApple Payが使えて、さらに便利になるんです。

たとえば電車を利用する時に改札口でApple PayのSuicaを使うとします。iPhoneをかざすしてもいいのですが、両手が荷物などでふさがっていたりするとiPhoneをポケットから取り出すのも面倒ですよね。

そんな場合でも、腕にはめたApple WatchをかざすだけでSuicaが使えるというのは超便利!という声は多いんです。

Apple Payのメリット
  • 支払がとても簡単になる
  • クレジットカード盗難のリスクがない
  • チャージしなくていい
  • Apple Watchを使えばさらに便利

次はApple Payのデメリットについてです。

Apple Payのデメリットとは


使いやすくて本当に便利なApple Payですが、デメリットもあります。いくつかのデメリットを見たうえで、実際にApple Payを使うかどうか判断するといいでしょう。

Apple Payに対応していない店舗では使えない


Apple Pay対応のお店は全国にあり、主なコンビニチェーンやファーストフード店、大型スーパーやガソリンスタンドに電化製品店と、使える場所は沢山あります。

ただ、個人経営のレストランや商店などはApple Payに対応していない場合が多いです。

自分が普段の生活の中でどこの店を主に利用しているか把握することで、Apple Payのメリットを活かせるかどうかが分かるでしょう。

ついついお金を使いすぎてしまうことも


Apple Payはすごく簡単に支払いができてしまいます。コンビニや自動販売機でかざしてあっという間に支払い完了ですから、気を付けていないとついついお金を使い過ぎるということもあり得ます。

Apple Payは支払の履歴も見れますので、当月幾ら位お金を使ったかをこまめにチェックするのがおすすめです。

クレジットカード/プリペイドカードしか登録できない

このデメリットが、この記事の要点とも関係がある部分になります。日本での場合になりますが、現時点でApple PayにはiD/QUICPay対応のクレジットカードか、Suicaしか設定できません。

これは、iPhoneのWalletアプリがデビットカードには対応していないからです。

記事冒頭でも触れたように、クレジットカードを持っていない、またはクレジットカードを使いたくないという人で、銀行口座から直接支払えるデビットカードを使いたくてもApple Payに直接デビットカードを設定することはできないのです。

クレジットカードがなくても、SuicaをApple Payに設定して現金をチャージしながら使用することはできますが、そうすると現金を持ち歩く必要が出てきますので、Apple Payの利便性が多少損なわれてしまいます。

おサイフケータイからApple Payに乗り換えてわかったApple Payのいいところ・不便なところ

次はいよいよApple Payでデビットカードを設定する裏技です。

Apple Payでデビットカードを設定する裏技とは


デビットカードをApple Payで使いたいという声は多いようです。じつは、Apple Payでデビットカードを利用することは可能です。

Apple Payとデビットカードを直接紐づけることは不可能ですが、その両者の間の橋渡し役となるのがSuicaなんです。詳しく見てみましょう。

Suicaは前払いも後払いも可能な万能電子マネー


画像引用元:Apple PayのSuica:JR東日本

SuicaはJR東日本が発行する電子マネーで、カード形式でもモバイル端末形式でも使えます。

すでにSuicaカードを持っている人はそのカードをiPhoneのApple Payに取り込むこともできますし、まだSuicaを持っていない人は最初からモバイル端末でSuicaを発行することもできます。

そしてSuicaが便利なのは、クレジットカードで後払いすることもできれば、現金でチャージつまり前払いすることもできる点です。クレジットカードとプリペイドカードの両方のメリットを持っているわけですね。

手持ち現金があれば現金チャージ、なければクレジットカードでチャージという使い方ができるのは大きな利点です。

Suicaはデビットカードでチャージすることが可能


画像引用元:Apple PayのSuica:JR東日本

モバイルSuicaのチャージ(入金)の方法は、クレジットカードか現金ということに表向きはなっています。

ですが、クレジットカードとしてデビットカード番号を登録すると、問題なくデビットカードが使えるようになります。

このようにすることで、Apple Payで支払うけれども実際にはデビットカードを通して銀行から直接引き落とされるわけです。

Suicaにデビットカードを設定してApple Payで使う方法


画像引用元:Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaを使う>SF(電子マネー)>入金(チャージ)

Apple Payでデビットカードを使うにはモバイルSuicaにクレジットカードの代わりにデビットカードを設定すればいいことは分かりました。

でも、ここで結構な人が陥ってしまう落とし穴があります。そこをきちんと理解していないと「デビットカードが設定できない!」ということになってしまいます。

Apple PayにSuicaを紐づけた後、Suicaにチャージするための設定では次の2つの方法があります。

  • Walletアプリに設定したクレジットカードでチャージ
  • Suicaアプリに登録したクレジットカード(デビットカード)でチャージ

WalletアプリというのはiPhoneに最初から入っている電子マネー登録用のアプリケーションです。Apple Payの支払用に使うクレジットカードなども基本的にはこのWalletアプリに設定することになります。

ただし、WalletアプリにはiDかQUICPay対応のクレジットカードしか設定できません。

デビットカードの設定をいくら試みても無理ですので、間違えないようにしましょう。

デビットカードをApple Payで使いたいなら、Suicaのモバイルアプリである「モバイルSuica」にクレジットカードのように見せかけてデビットカードを登録する必要があります。ここがポイントです。

Apple Payでデビットカードを設定する裏技
  • 橋渡し役となるのがSuica
  • Suicaにデビットカードを設定してApple Payで使う
  • 「モバイルSuica」にクレジットカードとして登録

次はApple PayでSuica(デビットカード)を使う利点です。

Apple PayでSuica(デビットカード)を使う利点とは


基本的にクレジットカード払いになるApple Payで、デビットカード払いのSuicaを使うメリットとは何でしょうか?次のようなメリットが挙げられます。

  1. 銀行口座にある金額分だけ支払える=借金をしないで済む
  2. その場で引き落とされるため出費の計算がしやすい
  3. デビットカード発行には審査がない
  4. デビットカードの種類によってはポイントも付く

1のメリットは、クレジットカードとの大きな違いです。クレジットカード支払いというのは要は借金です。

登録している銀行口座に50万円しかなくても、クレジットカードの利用枠が100万円なら100万円までのショッピングができてしまいます。

でも100万円を一括では支払えないため、分割払いやリボ払いをすることになり、多額の金利も支払わないといけなくなってしまうのです。

それに対してデビットカードであれば、銀行口座にある50万円以内の買い物しかできません。ですから、借金することがないわけです。

2のメリットは、家計簿をつけている人にとって特にメリットになります。クレジットカード払いだと、クレジット利用日から1~2ヵ月遅れで支払い日がやってきます。

そうすると、家計簿をつける際にも日にちにずれが生じてしまいます。

デビットカードだと、ショッピングに使ったその瞬間に銀行口座から引き落とされるため、家計簿上でも日にちがずれず計算がしやすくなります。

3デビットカードはクレジットカードと違って発行時に審査がありません。ということは、学生だったりクレジットカードを作れない主婦や無職の人でもデビットカードを作れるということになります。

4デビットカードは様々な銀行が発行しており、ポイントなどのメリットが付帯しているカードもあります。デビットカードを賢く選ぶことで、プラスアルファのメリットを享受することができるんです。

Suicaで使うおすすめ銀行系デビットカード


Apple Payでデビットカードを使うのであれば、なるべくお得なデビットカードを選びたいですよね。そこで、おすすめできるデビットカードをご紹介します。

具体的にApple Payでおすすめのデビットカードを見ていきましょう。

セブン銀行 デビット付きキャッシュカード(JCB)


画像引用元:デビット付きキャッシュカード | セブン銀行

セブンイレブンをよく利用する人に一押しなのが、セブン銀行の発行するデビットカードです。次のような特徴があります。

  1. 年会費無料
  2. セブンイレブンでの利用でnanacoポイントが1.5%還元
  3. JCB加盟店での利用でnanacoポイントが0.5%還元
  4. 海外でのショッピングにも使える
  5. 通帳アプリで支出管理も簡単

セブン銀行のデビットカードは、nanacoカードと一体型を選ぶこともできます。一体型を選ぶことで、Apple Pay支払い時にnanacoポイントも付くようになるのでお得です。

また、セブン銀行デビットカードは海外でのJCB加盟店でも利用できます。海外では、クレジットカード支払いをすると個人情報を抜き取られるリスクが日本国内よりも高くなります。

でもデビットカードであれば、万が一の場合でも銀行口座にある金額しかリスクにさらされません。安心できる一つのポイントといえます。

セブン銀行の通帳アプリを使って支出を管理することもできますし、全国のセブンイレブンにあるATMで口座に入金ができるのも便利です。

ソニー銀行 Sony Bank WALLET(VISA)


画像引用元:Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)|MONEYKit – ソニー銀行

ソニー銀行の発行するSony Bank WALLETは総合的に見てもかなりお得なデビットカードです。どのような特徴があるのでしょうか?

  1. 年会費無料
  2. カード利用金額の最大2.0%がキャッシュバック
  3. セブン銀行・イオン銀行ATMが無制限でATM手数料無料
  4. 他行あて振込手数料が月2回まで無料
  5. ショッピング補償が年間50万円まで付帯

キャッシュバック額が0.5~2.0%と、他の銀行系デビットカードに比べてかなり高くなっています。

また、セブン銀行とイオン銀行のATMが手数料無料で使えますので、セブンイレブンやイオン、マックスバリューなどをよく利用する人にとって使いやすいデビットカードといえます。

そして、年会費無料のデビットカードとしては珍しくショッピング補償が付いているのも大きなポイントです。

クレジットカードにはショッピング補償が付いているのが普通ですが、ソニー銀行のデビットカードなら50万円までの補償があるので、Apple Payで値段の張る商品を購入しても安心ですね。

Apple Payでデビットカードを使って安心を得よう

いかにApple Payがセキュリティ面で安全とはいえ「クレジットカードを使うのは怖い」「クレジットカードを作れない理由がある」という人にとって、デビットカードがApple Payで使えるというのは朗報です。

デビットカードなら銀行口座にある金額以上の買い物はできませんし、その場ですぐに引き落とされるのも分かりやすくて助かります。

Suicaを通してデビットカードをApple Payで使うことは、一言でいえば安心を得られるということなんです。

スマホ決済|今さら聞けないApple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ