中古のSIMフリーiPhoneを激安で購入するには?使い方と注意点も解説

中古のSIMフリーiPhoneを激安で購入するには?使い方と注意点も解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

MVNOで運用する場合や、海外渡航時に現地SIMを利用する場合はSIMフリーのスマホが必要です。

そのなかでも、せっかくならiPhoneを利用したいと考えている人も多いかもしれません。

また、新品のiPhoneは高価なので中古iPhoneを安く購入したいと考えることもあるでしょう。

そこで、この記事では中古のSIMフリーiPhoneを激安で購入する方法を紹介します。

より安くiPhoneを購入して使いたいと考えている人は必見です。

安くiPhoneを購入する方法を覚えておけば、大きく節約できるかもしれません!

トップ画像引用元:iPhone – Apple(日本)

中古SIMフリーiPhoneを激安で購入したい場合に使える方法

iPhone
中古のSIMフリーiPhoneをなるべく安く購入したい場合、オススメの購入手段は以下の通りです。

中古のSIMフリーiPhoneを安く購入する方法
  • 中古スマホ販売店を利用する
  • 個人間売買(ebayなど)を利用する
  • MVNO経由で販売されているものを購入する

それぞれの方法にメリット・デメリットが存在しているので、あらかじめしっかりチェックしておきましょう。

中古スマホ販売店を利用して中古iPhoneを購入する

iPhone

画像引用元:iPhone(アイフォン)スマートフォン 商品一覧│中古スマホ販売の【イオシス】

中古のSIMフリーiPhoneを購入したい場合、最も簡単な方法が中古スマホ販売店を利用するというものです。

中古スマホを販売している有名な販売店は以下の通りです。

  • イオシス
  • GEO mobile
  • ソフマップ
  • ドスパラ

こうしてチェックしてみると、中古スマホを専門で取り扱っている販売店もあるものの、PCショプや家電量販店でも販売されていることがわかります。

もちろん、これら以外にも中古iPhoneを販売している店舗はいくつかあるので、近くに販売店がある人はぜひ覗いてみてください。

中古スマホ販売店でSIMフリーiPhoneを購入するメリット

中古スマホ販売店を利用するメリットは以下の通りです。

  • 故障に対する保障があるショップがある
  • 赤ROM保障を行っているショップがある
  • 動作確認済みのiPhoneが多い

基本的に中古スマホ販売店は動作確認をしてから販売しているため、すでに壊れているものを購入してしまう危険性を減らせます。

ただし、パーツ取り用のジャンク品なども取り扱われているので購入前に表示を隅々までチェックするのを忘れないでください。

また、購入時はいざという時に備えて赤ROM保障があるショップで購入するのがオススメです。

赤ROMを購入してしまうと使えないので、保障があると安心できるでしょう。

なお、赤ROMについては後述するのであわせて参考にしてください。

中古スマホ販売店でSIMフリーiPhoneを購入するデメリット

中古スマホ販売店で購入する場合に考えられるデメリットは次の通りです。

  • 個人間売買より価格が高め
  • いい加減なショップが存在している

中古スマホ販売店は動作確認を行っていたり、いざという時の保障がついていたりする分個人間売買などと比べて価格が高めです。

そのため、できる限り安く購入したいと考えている人にとってはデメリットといえるかもしれません。

また、一部のショップは故障時や赤ROMに対する保障がついていなかったりするため、購入前には約款などをしっかり読むようにしてください。

個人間売買(ebayやメルカリなど)を利用して中古iPhoneを購入する

ebay

画像引用元:Apple iPhone XS – 64GB – (Unlocked) – Works Great (#141) 190198790392 | eBay

激安でSIMフリーiPhoneを購入したい場合、ebayやメルカリ、ヤフオクなどを利用して個人間売買で購入するのもいいでしょう。

前述の中古スマホ販売店を利用する方法より安く購入できることが多いので、ぜひチェックしてみてください。

個人間売買で中古iPhoneを購入するメリット

個人間売買を利用して中古のSIMフリーiPhoneを購入するメリットは次の通りです。

  • 格安で購入できることがある
  • すでに販売終了しているiPhoneが流通している

最大のメリットは「中古販売店などより安く購入できることがある」というもので、激安購入を狙っている人にとって個人間売買は見逃せない手段の1つです。

また、すでに販売を終了しているiPhoneも数多く流通しているので、特定のモデルのiPhoneを狙っている人にもオススメといえるでしょう。

個人間売買で中古iPhoneを購入するデメリット

個人間売買は安く購入できる手段である反面、大きなデメリットもあるのであらかじめチェックしておきましょう。

主なデメリットは次の通りです。

  • 詐欺リスクがある
  • 動作保証がついてないことが多い
  • 故障品や赤ROMを掴まされる可能性がある

個人間売買における最大のデメリットは「動作保証がなく、故障していたり赤ROMだったりした場合にどうしようもない」というものです。

個人売主で動作保証していることはほぼないので、購入した中古iPhoneが故障していが場合は購入代金がそのまま損失になるので注意してください。

また、購入したiPhoneが赤ROMだった場合も保障されないのでこちらも注意が必要です。

MVNO経由で中古iPhoneを購入する

mineo_iPhone

画像引用元:iPhone|端末|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

中古のSIMフリーiPhoneを購入する方法にはMVNO経由があり、こちらもうまく使えばとてもオススメの方法です。

特に、契約したいMVNOで中古iPhoneを販売している場合は、購入と契約を同時に行えるのでとても便利です。

MVNOで運用することを考えている人は、自分が使いたいMVNOでiPhoneを販売していないかをチェックしてみてください。

MVNO経由で中古iPhoneを購入するメリット

MVNO経由で中古SIMフリーiPhoneを購入する主なメリットは次の通りです。

  • iPhoneの購入と契約手続きを同時にできる
  • 動作保障・故障時の保障がある
  • 品質のいい中古iPhoneを購入できる

MVNO経由で中古iPhoneを購入する場合、最大のメリットは「品質のいい中古iPhoneを保証付きで購入できる」というものです。

購入したMVNOで故障時の保障を提供していることが多いため、うまく活用してください。

また、赤ROMの心配をしなくても済むので安心して使いたい人にオススメです。

MVNO経由で中古iPhoneを購入するデメリット

MVNO経由でiPhoneを購入する場合、以下のデメリットがあるので注意しましょう。

  • 他の購入方法に比べて価格が高いことが多い
  • 契約したいMVNOで販売されているとは限らない
  • 在庫が少ないことが多い

MVNOでの販売価格は中古スマホ販売店や個人間売買に比べて高いことが多く、価格面では大きなメリットがありません

また、在庫が少なくすぐに完売することも多いので注意してください。

使いたいMVNOでうまく販売されていたらラッキーくらいに思っておくのがいいかもしれません。

このように、中古のSIMフリーiPhoneを購入する手段はいくつかあり、それぞれにメリット・デメリットが存在しています。

自分が何を重視するかに応じて最適なものを選びましょう。

中古スマホの購入ならここ!おすすめの販売店と通販サイトを紹介

次の章では中古のSIMフリーiPhoneを購入する際に覚えておきたい注意点をチェックしていきます。

中古のSIMフリーiPhoneを購入する場合の注意点

中古のSIMフリーiPhoneを購入する場合に注意すべきポイントは以下の通りです。

場合によっては使えないiPhoneを購入してしまう可能性もあるので、あらかじめ注意点をしっかりチェックしておきましょう。

赤ROMに注意する

Network

画像引用元:ネットワーク利用制限保証 | 中古スマホ・タブレット格安販売の【イオシス】

赤ROMとは、盗品を始めとする不正取得されたスマホのことで、キャリアの回線に接続できないように処理されたものです。

基本的にキャリアで販売されたiPhoneをSIMロック解除し、SIMフリーiPhoneとして中古市場に流れているものに紛れている可能性があります。

赤ROMを購入してしまうと使用できないので、SIMロックが解除されたキャリア版のiPhoneを購入する場合は、以下の方法で購入前に確認しましょう。

IMEIを確認してキャリアのサイトでチェックする

赤ROMを購入しないためにできることは、キャリアのサイトで購入したいiPhoneのIMEIをチェックし、赤ROMであるか(または赤ROMになる可能性があるか)をチェックしておくことです。

赤ROMのチェックは以下のサイトで行ってください。

キャリア名確認サイト
ドコモネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
auネットワーク利用制限携帯電話機照会
ソフトバンクネットワーク利用制限

結果の確認方法は以下の通りです。

結果意味
ネットワーク利用制限に
なる可能性はほぼない
分割支払中などで支払いが滞ると
赤ROMになる可能性がある
すでにネットワーク制限が
かかっているデバイス(利用不可)
-IMEIの入力ミスや
システムに登録されていないデバイス

SIMロック解除されたキャリア版の中古iPhoneを購入する場合は、あらかじめチェックして「◯」になっているものを選びましょう。

赤ROM保障のあるショップで購入する

中古スマホ販売店では赤ROM保障を提供している所があるので、そのようなショップを利用するのがオススメです。

赤ROM保障がある場合、購入したスマホが赤ROMになった場合に交換や返金の対応が受けられるので安心できるでしょう。

ショップによっては赤ROM永久保証がついているので、購入前にしっかり確認してください。

白ロムと赤ロムの違い|新中古スマホの売買で失敗しないための知識

アクティベーションロックに注意する

アクティベーションロック

画像引用元:「iPhone を探す」のアクティベーションロック – Apple サポート

iPhoneにはアクティベーションロックという機能があり、これが有効になっている状態で強制ファクトリーリセットをかけるとApple IDとパスワードを入力するまで使えなくなります。

こうなってしまうと前所有者に連絡してiCloud.com経由で解除してもらわなければならず、手間がかかるので注意してください。

中古スマホ販売店から購入するときはショップに、個人間売買では売主にアクティベーションロックが確実に解除されているかを確認してから購入しましょう。

詐欺に注意する

あまり知られていないショップや個人間売買の場合、詐欺に引っかかる可能性もあるので注意しましょう。

代金を支払ったのにiPhoneが届かない、偽物が届いたなどが考えられるので、信頼できる業者や売主から購入するようにしましょう。

激安購入を狙っている場合、価格だけをチェックしがちですがショップや売主の情報もしっかりチェックするのがオススメです。

次の章では中古SIMフリーiPhone購入後の使い方をチェックしていきます。

中古SIMフリーiPhoneの使い方

iPhone8

続いて中古のSIMフリーiPhoneを購入した後の使い方をチェックしていきます。

初めて購入する人は、あらかじめしっかりチェックしておきましょう!

基本的な流れは次の通りです。

中古SIMフリーiPhoneを利用するための手順
  1. 購入したiPhoneを受け取る
  2. SIMを挿し替えてAPNを設定する
  3. 今まで使っていたスマホからデータを移行する
  4. 初期設定をする
  5. 利用開始

それぞれの手順の詳細は次のとおりです。

購入したiPhoneを受け取る

iPhone

iPhoneを購入したらまずは受け取ります。

赤ROMでないことやアクティベーションロックがかけられていないことを確認していた場合は、ここで心配することはほぼないでしょう。

SIMを挿し替えてAPNを設定する

SIMカード

次にSIMを挿し替えてAPN設定を行います。

すでに利用しているキャリア・MVNOのSIMを利用する場合はそのまま挿し替えましょう。

新たに契約したキャリア・MVNOを利用する場合はそちらのSIMを挿入します。

もし、今まで使っていたSIMと購入したiPhoneのSIMの種類が異なる場合は変更手続きが必要なので、注意してください。

SIMを挿入したらAPNの設定を行います。

iPhoneの場合は構成プロファイルをダウンロードしなければならないため、Wi-Fiを利用できる環境が必要です。

Wi-Fi環境を準備したら、利用したいキャリアの構成プロファイルをダウンロードしてインストールしましょう。

インストールが完了するとモバイル回線経由でインターネットに接続できるようになります。

今まで使っていたスマホからデータを移行する

Move to iOS

画像引用元:Move to iOS

続いて今まで使っていたスマホからデータを移行します。

移行元のスマホに応じて、以下の手段でデータ移行をしてください。

移行元方法
iPhoneiCloudを利用して移行元のデータをバックアップし、復元する
AndroidMove to iOSを利用してWi-Fi経由で移行する

この方法を利用すれば移行元のスマホに保存されていた画像・音楽・メール・テキストファイルなどを簡単に移行できます。

ただしアプリのデータは移行できないので、アプリごとに個別に移行作業を行ってください。

なお、Move to iOSは以下からダウンロード可能です。

グーグルプレイ

初期設定をする

データの移行が終わったらそのまま初期設定を完了させましょう。

基本的に画面に表示される指示に従って操作するだけなので、迷うことはありません。

初期設定が完了したら利用開始です!

激安購入した中古iPhoneで快適なiPhoneライフを楽しみましょう。

中古のSIMフリーiPhoneを激安で購入する方法まとめ

今回は中古のSIMフリーiPhoneを激安購入し、使う方法について詳しくみていきました。

中古でもいいからiPhoneを安く購入したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

今回チェックしたポイントをまとめると次の通りです。

中古のiPhoneを購入する方法
  • 中古スマホ販売店で購入する
  • 個人間売買を利用して購入する
  • MVNO経由で販売されているものを購入する

価格を重視する人は個人間売買、いざというときの保障を求める人は中古スマホ販売店がオススメといえるでしょう。

また、利用したいMVNOで中古iPhoneが販売されている場合はそちらを購入するのもオススメです。

中古のSIMフリーiPhoneはさまざまなところで販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

中古SIMフリーiPhoneを購入する際に注意すべきポイント
  • 赤ROMに注意する
  • アクティベーションロックが解除されているものを購入する
  • 詐欺や偽物に注意する

中古iPhoneならではの注意点もいくつかあるので、購入する前には必ずチェックしてください。

また中古iPhoneは新品とは異なり、故障時の保障も充実していないことが多いのでこちらも注意が必要です。

購入したiPhoneは赤ROMだったりアクティベーションロックがかけられていたりしない限り、そのまま利用できます。

複雑な手続きも必要ないので、問題なく利用できるでしょう。

コストを削減したい人には中古のSIMフリーiPhoneがオススメなので、ぜひ使ってみてください!

SIMフリーiPhoneを中古で購入してSIMロックされていた時の解除方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ