iPhoneの緊急SOSの使い方|誤作動や間違えて発信した時の対処法

体調不良や事故など、緊急事態が発生した時はiPhoneの緊急SOS機能を使いましょう。FaceIDや指紋認証、暗証番号によるロック解除ができなくても、110番や119番など緊急連絡先と通話できます。いざという時に備えて、何か大変なことが起きる前に、使い方を確認して下さいね。
  • 2021年8月8日
  • by.araki

緊急SOSの使い方

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、iPhoneの緊急SOSについて解説します。

iPhoneの緊急SOSとは、ダイヤル入力なしで110番(警察)、118番(海上保安庁)、119番(消防署)に発信することができる機能です。

緊急SOSとは
  • 初期状態から使える機能
  • どの画面からでも110番などに発信できる
  • 普通の手順で発信するより楽
  • 連絡先を追加することも可能

緊急SOSの使い方

iPhoneの緊急SOSは、最初から使えるようになっています。設定でわざわざオンにする必要はありません。

使い方は、iPhone 8以降の機種かiPhone 7以降の機種かで微妙に異なります。

iPhone 8以降の機種の場合

2017年9月に発売されたiPhone 8/8 Plus以降の機種では、以下の手順で緊急SOSできます。

  1. サイドボタンと音量ボタンのいずれかを押し続ける
    緊急SOSの使い方
  2. 緊急SOSスライダを右にドラッグ
    緊急SOSの使い方
  3. 「110」「118」「119」のいずれかをタップ
    緊急SOSの使い方
  4. 選択した番号に発信されて完了

iPhone 7以前の機種の場合

2016年9月に発売されたiPhone 7/7 Plus以降の機種では、以下の手順で緊急SOSできます。

  1. サイドボタンを素早く5回押す
    緊急SOSの使い方
  2. 緊急SOSスライダを右にドラッグ
    緊急SOSの使い方
  3. 「110」「118」「119」のいずれかをタップ
    緊急SOSの使い方
  4. 選択した番号に発信されて完了

アプリから詳細な設定も可能

以下の手順から、緊急SOSに関する設定を行うこともできます。

  1. 「設定」アプリを起動
    緊急SOSの使い方
  2. 「緊急SOS」をタップ
    緊急SOSの使い方
  3. この画面から任意に設定できる
    緊急SOSの使い方

おすすめの設定などは特にないため、初期設定のままで問題なければ無理にいじることはありません。

緊急連絡先を追加する方法

設定画面から、以下の手順で知り合いなどを緊急連絡先に追加することもできます。

  1. 「”ヘルスケア”で緊急連絡先を設定」をタップ
    緊急SOSの使い方
  2. 「編集」をタップ
    緊急SOSの使い方
  3. 「緊急連絡先を追加」をタップ
    緊急SOSの使い方

これで「連絡先」内の番号を緊急連絡先に追加できます。

ここで追加した番号には、「メディカルID」をスライドすることで発信可能です。

緊急SOSの使い方

間違えて緊急SOSを作動してしまった場合

誤ってサイドボタンと音量ボタンを長押しするなど、意図せず緊急SOSを呼び出してしまうこともあるでしょう。

しかし発信前であれば、「キャンセル」をタップすれば大事にはなりません。

緊急SOSの使い方

もし間違いが重なって緊急連絡先に本当に発信してしまった場合、間違えただけで事件などはないことを素直に伝えましょう。

警察や消防署からしたら迷惑でしょうが、謝って許してもらうしかありません。

いざという時のために使い方は覚えておこう

以上、iPhoneの緊急SOSについてでした。

緊急SOSとは
  • 初期状態から使える機能
  • どの画面からでも110番などに発信できる
  • 普通の手順で発信するより楽
  • 連絡先を追加することも可能

緊急SOSを使えば、110番や118番、119番などへすぐに発信できます。iPhoneのロックを解除して、電話アプリを起動して、番号を入力して……という通常の手順は必要ありません。

どのiPhoneでも簡単な手順で使えます。細かな設定は不要なので、いざというときのために手順を覚えておきましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。