ソフトバンクのHUAWEI Mate 20 Proに機種変更|お得に購入する完全ガイド

ソフトバンクのHUAWEI Mate 20 Proに機種変更|お得に購入する完全ガイド

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

注目のHUAWEIの最新モデルHUAWEI Mate 20 Pro。

前機種のHUAWEI Mate 10 Proに引き続きソフトバンクからの発売が決定されました。そこで気になるのが価格です。

HUAWEIスマホのフラッグシップモデルということで、今回も高額の機種となっています。

今回はそんなHUAWEI Mate 20 Proをお得に機種変更する方法について紹介いたします。

HUAWEI Mate 20 Proをお得に購入するためのポイント

  • 「半額サポート for Android」で最大半額
  • 機種変更なら引き止めポイントは要チェック
  • 料金プランを見直して月額料金もお得に

トップ画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro | HUWAEI Japan

1 HUAWEI Mate 20 Proのお得な購入方法とは

HUAWEI Mate 20 Proの販売価格は120,960円となっています。

本体価格は新規・MNP(他社からの乗り換え)・機種変更ともに変わりはありません

なのでこの価格を一括か分割かで支払うことになります。

一昔前のように乗り換えたからといって、特別に安くなるというわけでは無いようです。その代わりに、機種代金の負担を軽減できる新しい購入方法が登場しています。

1-1 ソフトバンクの48回の分割購入で機種代金が最大で半額になる

画像引用元:半額サポート | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクでは「半額サポート for Android」という本体の購入方法を導入しており、その名の通り本体代金が最大半額で購入できるというものです。

スマホを48回の分割で購入した場合、購入から25ヶ月目以降で次の機種に機種変更をすれば残った分割金の支払いが不要になるというものです。

これを利用すれば、ちょうど2年経ったタイミングで機種変更をすることで機種代金の半額分の支払いが免除されます。

この「半額サポート for Android」は、分割支払い金の残額の支払いを免除するという仕組み上、高額機種ほど恩恵を受けられるようになっています。

特にHUAWEI Mate 20 Proは120,960円という非常に高額の機種ですので免除金額も大きく、実質60,000円程度で購入することが可能です。

ソフトバンクバナー

1-2 「半額サポート for Android」の注意点

高額なスマホでも実質半額で購入できるなら、これほどお得な購入方法はないでしょう。

しかしながら、「半額サポート for Android」には、1つ注意しなくてはならない点があります。

それは、機種変更時に旧機種が回収されてしまうという点です。半額サポートを利用して、スマホを購入した場合には、手元に旧機種を残しておくことはできません。

また、故障や画面割れのある場合には査定条件を満たさず、追加料金として20,000円が必要となります。

ただし、「あんしん保証パック」などソフトバンクの保証サービスに加入していれば、2,000円に減額されます。

ですから、半額サポートでのスマホ購入をする場合には保証もセットにしておいたほうが良いでしょう。

【機種変更先取りプログラム VS 半額サポート】お得なのはどっちか比較

2 HUAWEI Mate 20 Proをさらにお得に購入する方法

「半額サポート for Android」の利用により最大半額でHUAWEI Mate 20 Proを購入するできるということがわかりました。

この他にお得に購入できる方法はないのでしょうか。

もし、あなたがソフトバンクユーザーなら、電話1本だけで本体代金を大幅に下げることができるかもしれません。

ソフトバンクユーザーなら、MNP転出用の電話窓口に電話をするとMNP引き止めポイントがもらえる場合があるからです。

引き止めポイントとは、どういったものでしょうか。

ソフトバンクの引き止めポイント

MNP引き止めポイントは、MNP予約番号発行用の電話窓口に電話をするともらうことができる機種変更用のポイントです。

最大で30,000円分のポイントをもらえたという報告も上がっています。

電話するだけで30,000円も安くなるなら電話しない手はありません。

ただし、誰もがもらえるポイントではなく、契約状況によってはもらえない場合もあるので注意が必要です。

引き止めポイントの基準ですが、これに関しては一切公表されていません

そもそも引き止めポイントというのは、公式なキャンペーンでないので、

  • 条件
  • 金額やポイント額

に関しては一切公表されていません。

自分が引き止めポイントをもらえるのか、もらえたとして何ポイントになるのかは実際に電話をしてみないことにはわかりません。

ソフトバンクMNP引き止めポイント|ウロウロポイントとの違いと貰い方

ではここからは、引き止めポイントをもらうための手順について紹介します。

2-1 引き止めポイントをもらうための手順

簡単ですが、手順を紹介します。

  1. ソフトバンクのMNP予約番号発行窓口(*5533または0800-100-5533)に電話
  2. 音声ガイダンスが流れるので、音声に従ってMNP予約番号の発行へと進む
  3. オペレーターに繋がると、契約内容の確認や他社乗り換えの意向について聞かれるため、auやドコモなど他社に乗り換えをしたい旨を伝える
  4. ここで契約状況に応じて引き止めポイントの提案をされる場合がある。引き止めポイントを利用して機種変更をすると伝えれば、MNP予約番号の発行はされずにポイントの発行のみの手続きとなる。
  5. 引き止めポイントが発行されれば、ソフトバンクショップなどの店頭やオンラインショップでの機種変更時に利用することができる

他社への乗り換えに関しては抽象的ではなく、より具体的に話をしたほうが良いようです。

  • どの携帯会社へ乗り換えを考えているか
  • 乗り換え先での端末はなにを考えているか
  • 乗り換え先での具体的な料金プラン、月額料金

などです。

具体的にこちらが乗り換えを検討していることをアピールするほうが良いようです。

2-2 引き止めポイントをもらえなかった場合

引き止めポイントは誰もがもらえるポイントではありません

なので、引き止めポイントが発行されない場合には、電話口でそのままMNP予約番号が発行されてしまうことになります。

MNP予約番号が発行されても、その場で解約になるわけではなく今まで通り使うことは可能です。

ただし、MNP予約番号の有効期間である15日間は機種変更などの手続きができなくなってしまいます

電話でMNP予約番号の取り消しも可能ですが、本当にMNPをするつもりがなければ手間が増えるだけなので、発行自体しないほうが良いでしょう。

もし、MNP予約番号の発行窓口で引き止めポイントが提案されずに、すんなり予約番号が発行されるようであれば中断しましょう。

【全キャリア別】MNP予約番号の取得方法。手数料と手段を比較してみた

ソフトバンク × Yahoo! Japanカード(ヤフーカード)の組み合わせはお得!

ソフトバンクユーザーやソフトバンクへのりかえを考えているならYahoo! Japanカードがオススメです。

入会審査が最短3分、年会費無料のうえ、ソフトバンクの通話通信の利用料金(税込)1,000円につきTポイントが5ポイント、クレジット利用ポイントで100円につき1ポイント貯まります。

Tポイントは、ソフトバンクの支払いにも使えるので、ソフトバンクユーザーにとってオススメのカードです。

話題のPayPay連携で入会キャンペーンやポイント還元が効果的なのも特長です。

▼要チェック!ワイモバイルアウトレット▼

次のページでは、最適なプランで月額料金をお得にする方法を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー