LINEモバイルの料金プランを徹底解説|失敗しない選び方とシミュレーション

LINEモバイルの料金プランを徹底解説|失敗しない選び方とシミュレーション

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

2020年2月19日より、LINEモバイルの料金が一新されました。

LINEモバイルといえば、SNSアプリのデータ消費量がゼロになる「データフリー機能」が魅力的ですが、新料金プランではより使いやすい形に。

また、料金も旧プランに比べてお得になっています。

本記事では、登場したばかりのLINEモバイル新料金プランを徹底解説していきますよ。


基本的には旧プランとそれほど変わりません。

トップ画像引用元:料金プラン|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルとは

LINEモバイル

画像引用元:料金プラン|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルとは格安SIM(MVNO)の1つで、回線はドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しています。

大人気アプリ「LINE」を運営している会社が提供する格安SIMだけあり、LINEをはじめとしたSNSアプリにはかなり強いです。

LINEモバイル最大の特徴は、対象のアプリで発生するデータ消費量を「0」にするデータフリー機能。

2020年2月18日以前までは、下記の3つのプランでデータフリー機能の対象アプリが異なりました。

これまでのLINEモバイル
  • データフリー:LINEのみデータフリー機能対象
  • コミュニケーションフリー:LINE・Twitter・Facebook・Instagramがデータフリー機能対象
  • MUSIC+:LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSICがデータフリー機能対象

しかし、2020年2月19日以降はこのプランが変更されます。

では、LINEモバイルの新料金プランを見ていきましょう。

LINEモバイルの新料金プランを解説

LINEモバイル 端末保証オプション

画像引用元:オプションサービスの紹介|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

まずは新料金プランの月額基本料金から見ていきましょう。

月額基本料金

LINEモバイルの新料金プランは、「SIMタイプ」と「データ容量」によって月額基本料金が変わります。

LINEモバイル新料金プランの基本となるベーシックプラン

SIMタイプデータ容量月額基本料金
音声通話SIM500MB1,100円
3GB1,480円
6GB2,200円
12GB3,200円
データSIM
(SMS付き)
500MB600円
3GB980円
6GB1,700円
12GB2,700円

SIMは音声通話SIMとデータSIMの2種類で、これまでと変わりません。

一方、データ容量には下記のような変化がありました。

旧プランと新プランのデータ容量の変化
  • 旧プラン:1GB・3GB・5GB・7GB・10GBの5種類
  • 新プラン:500MB・3GB・6GB・12GBの4種類

新プランでは旧プランよりもデータ容量の幅が広くなりました。

また、アプリの通信量がカウントされなくなるデータフリーは、新料金プランでは「データフリーオプション」として、ベーシックプランに追加する形となっています。

データフリーオプション

オプション毎にデータフリー機能の対象アプリが異なります。

オプション名月額料金データフリー機能対象アプリ
LINEデータフリー+0円LINE
SNSデータフリー+280円LINE・Twitter・Facebook
SNS音楽
データフリー
+480円LINE・Twitter・Facebook・
Instagram・LINE MUSIC

基本的には旧プランとそれほど変わりませんが、「SNSデータフリー」は要注意です。

旧プランのコミュニケーションフリープランによく似ていますが、対象アプリからInstagramが削除されています。

では、これらのオプションを適用した場合の月額料金を見てみましょう。

データフリーオプション適用後の月額料金

SIM
タイプ
データ
容量
LINE
データフリー
SNS
データフリー
SNS音楽
データフリー
音声
通話
SIM
500MB1,100円1,380円1,580円
3GB1,480円1,760円1,960円
6GB2,200円2,480円2,680円
12GB3,200円3,480円3,680円
データ
SIM
(SMS付き)
500MB600円880円1,080円
3GB980円1,260円1,460円
6GB1,700円1,980円2,180円
12GB2,700円2,980円3,180円

オプション料金0円のLINEデータフリーなら、大手キャリアの最安プラン並みの料金で12GBのデータが利用できます。

格安SIMで人気の6GBプランも2,200円とかなり安めの料金設定ですね。

【2020年】LINEモバイルおすすめスマホ端末ランキング|人気機種を比較

LINEモバイルの料金プランの選び方

では、ここからはLINEモバイル料金プランの選び方を見ていきます。

LINEモバイル料金プランのチェックポイント
  • SIMタイプ(データ・音声通話)
  • データ容量(500MB・3GB・6GB・12GBG)
  • データフリーオプション(LINE・SNS・SNS音楽)
  • オプションの変更可否

SIMタイプを選ぶ

LINEモバイルのSIMタイプは下記の2種類です。

  • データSIM
  • 音声通話SIM

データSIMはデータ通信のみが可能なSIMで、電話番号を利用した音声通話はできません。

ただし、LINEの通話機能など、データ通信を利用した通話機能は利用できるので、「通話はLINEだけでOK」という方はこちらのSIMもアリです。

対する音声通話SIMでは、電話番号を使った音声通話にも対応しています。

格安SIMの利用が初めてで、スマホを無難に利用したい方は、音声通話SIMを選ぶと良いでしょう。

データ容量を選ぶ

データ容量は4種類に分かれています。

SIMタイプデータ容量月額基本料金
音声通話SIM500MB1,100円
3GB1,480円
6GB2,200円
12GB3,200円
データSIM
(SMS付き)
500MB600円
3GB980円
6GB1,700円
12GB2,700円

一般的に、特に人気があるとされているのは3GBと6GBです。

LINEモバイルの最小容量は500MBですが、これではあまりにも少ないので、「スマホを不便なく使いたいけれど、料金は抑えたい」という方には、3GBがぴったりでしょう。

また、6GBのプランもかなり魅力的です。

今回初めて格安SIMを利用する方は、まず3GBか6GBのプランから始めてみてはいかがでしょうか。

実際に使ってみて、「やっぱり違うプランの方が良いかも」と思ったら、変更手続きをすれば良いだけです。

データフリーオプションを選ぶ

オプション名月額料金データフリー機能対象アプリ
LINEデータフリー+0円LINE
SNSデータフリー+280円LINE・Twitter・Facebook
SNS音楽
データフリー
+480円LINE・Twitter・Facebook・
Instagram・LINE MUSIC

データフリーオプションは、自分が最も利用するアプリが含まれているものを選びましょう。

例えば、InstagramやLINE MUSICは、データ量が大きくなりがちなアプリですが、これらのアプリのためにより容量の大きなプランに変更するのは、良い選択ではありません。

「SNS音楽データフリー」を利用した方がコスパが良いです。

オプションはコスパ良し!
  • 3GB→6GBへ変更:月額+720円
  • SNS音楽データフリー適用:月額+480円

また、これはSNSデータフリーにも言えます。

自分のアプリの使用状況がわからない場合は、とりあえずLINEデータフリーを適用してみましょう。

そして、指定のデータ容量を毎月超えてしまうのであれば、カウントフリーオプションを別のものに変更してみてください。

これでも解決に至らない場合は、データ容量の増量を検討すると良いでしょう。

LINEモバイルのプランやオプション変更は無料?

結論から言うと、プラン・オプション変更は無料です。

これらの変更は、LINEモバイル契約時に作成するマイページから簡単でき、変更したプランは翌月1日の朝7時から15時の間に順次適用されます。

ただし、「音声通話SIM」から「データSIM」への変更など、SIMそのものを変更することはできないので注意してください。

新料金プランと旧料金プランを比較

これまで新料金プランを紹介してきましたが、結局のところ、旧料金プランに比べてどのように変わったのでしょうか。

ここからは、両プランの変化について見ていきます。

新料金プランと旧料金プランの比較
  • LINEデータフリーが様々なデータ容量で選べるように
  • SNSデータフリーはInstagramが対象外になりやや改悪
  • SNS音楽データフリーは月額で最大400円もお得に
  • オプション等は特に変更なし

新旧プランの料金比較!

まず気になるのは料金の変化ですよね。

ここでは音声通話SIMを選んだ場合の料金を比較してみます。

LINEデータフリーの比較

最も使い勝手が向上したのはこのプランです。

LINEデータフリー

データ容量新プラン旧プラン
500MB1,100円-
1GB-1,200円
3GB1,480円-
6GB2,200円-
12GB3,200円-

旧プランでは1GBしか選べなかったため、「SNSはLINEがあれば十分」という方にとっても、LINEモバイルは使いにくいという実態がありました。

しかし、新プランでは表のように豊富な選択肢が用意されているので、SNSはLINEのみという方は、LINEモバイルが最適解の1つとなるでしょう。

SNSデータフリーの比較

次は、LINE・Twitter・Facebookがデータフリーの対象となる「SNSデータフリー」オプションを利用した場合の比較です。

旧プランでは「コミュニケーションフリープラン」が比較対象となりますね。

SNSデータフリー

データ容量新プラン旧プラン
500MB1,380円-
1GB--
3GB1,760円1,690円
5GB-2,220円
6GB2,480円-
7GB-2,880円
10GB-3,220円
12GB3,480円-

はっきり言ってしまうと、こちらは新プランの方が総合力で劣っています。

まず、旧プランでデータフリー対象だった「Instagram」が、新プランでは消えているので、この時点で単純に旧プランの方が上に。

しかも、料金面でも旧プランの方が優れています。

かなり改善されたLINEデータフリーに比べると、こちらは少々残念な結果ですね。

SNS音楽データフリーの比較

最後は、5つのアプリがデータフリー対象となる「SNS音楽データフリー」オプションを利用した場合です。

旧プランでは「MUSIC+プラン」が比較対象となります。

SNS音楽データフリー

データ容量新プラン旧プラン
500MB1,580円-
1GB--
3GB1,960円2,390円
5GB-2,720円
6GB2,680円-
7GB-3,280円
10GB-3,520円
12GB3,680円-

まず目につくのが3GBの料金です。

新プランは旧プランより約400円も安くなっています。

旧プランの「MUSIC+」は、ワンランク下の「コミュニケーションフリー」に比べてかなり料金が高くなるので、利用しにくい面がありました。

一方、新プランでは、「SNSデータフリー」と「SNS音楽データフリー」の差額は200円。

以前よりも気軽に利用できるようになりましたね。

また、人気の6GBプランも大手キャリアの最安料金(2,980円)より安く、使いやすい容量帯となっています。

その他の変更点

料金プラン以外の変更点は、基本的にはありません。

LINEモバイルで従来から提供している人気のオプションも、下表のとおり従来どおりです。

オプション

オプション名月額
料金
オプション内容
10分電話かけ放題880円10分以内の国内通話が
回数無制限で無料。
端末保証450円端末のトラブル時に、
1回目5,000円、2回目8,000円で端末を交換できるオプション。
購入した端末のみ対象で、
iPhoneは対象外。
持込端末保証550円端末のトラブル時に、1回目4,000円、2回目8,000円で端末を交換できるオプション。
持ち込みした端末対象で、
iPhoneは修理のみ受付。

また、契約にかかる初期費用や手数料などもこれまでどおりとなります。

初期費用や手数料

手数料名料金額備考
ウェブ登録事務手数料3,000円新規契約で発生
SIMカード発行手数料400円SIMカード発行時に発生
SIMサイズ変更手数料3,000円SIMサイズ変更時に発生
回線変更手数料3,000円ドコモ・au・ソフトバンク回線を変更する場合に発生
MNP転出手数料3,000円MNPで乗り換えする場合に発生
データ容量の追加購入500円からデータ追加時に発生

LINEモバイルオンラインショップで機種変更6つのメリットとデメリット

より使いやすくなったLINEモバイル新プラン!

今回は、LINEモバイルの新料金プランについて解説しました。

LINEモバイル新料金プランまとめ
  • 新料金プランは2種類
  • データフリー機能は「オプション」で追加する形に
  • データフリーオプションは「LINEデータフリー」「SNSデータフリー」「SNS音楽データフリー」の3つ
  • 新料金プランでは「LINEデータフリー」オプションを選んでも、データ容量が選べる
  • 旧プランの「MUSIC+」と新プランの「SNS音楽データフリー」を比べると、新プランの方が安い
  • その他のオプションや事務手数料には変更なし

総合的に見ると、新料金プランは旧プランよりかなりわかりやすく、使い勝手もアップしました。

LINEモバイルは、SNSアプリを多用する方に一押しの格安SIMです。

「携帯料金を安くしたい」と悩んでいる方は、ぜひ検討してみてくださいね。

【2020年7月】格安SIMおすすめランキング|人気10社を料金と速度で徹底比較!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ