LINEモバイルの料金プラン|通話料も含めて月額料金を抑える方法

LINEモバイルの料金プラン|通話料も含めて月額料金を抑える方法

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

4 LINEモバイルの諸費用・契約期間・契約解除料

次に、LINEモバイルの初期費用や契約期間について解説をします。

LINEモバイルだけでなく、使い慣れた会社から他社へスマホを乗り換えする時に1番気になるのは初期費用や契約期間です。

格安SIMは契約期間がないといわれていますが、大半の格安SIMでは最低利用期間というものが設けられています。

契約期間がないと思った状態で契約するのは非常に危険です。

LINEモバイルも、事前に契約時にかかる費用や契約期間、解約した場合の契約解除料などをしっかりと知っておくべきでしょう。

項目費用
契約事務手数料3,000円
SIM発行手数料400円
12ヶ月以内の契約解除料9,800円

4-1 LINEモバイルで発生する諸費用

LINEモバイルで発生する初期費用に関してですが、契約事務手数料の3,000円とSIM発行手数料の400円となります。

つまり、最初に3,400円は必ず必要になります。

たまに契約事務手数料が無料になるキャンペーン等も実施しているので、キャンペーン開催時を狙うのも1つの方法です。

また、MNP転出手数料やSIMカード変更手数料、回線変更手数料でも3,000円発生するので注意しましょう。

ワイモバイルバナー

4-2 LINEモバイルの契約期間と契約解除料

LINEモバイルには「この期間だけは最低でも使ってね」という最低利用期間が設けられています。

期間は12ヶ月間で、最低利用期間以内に解約をすると契約解除料が発生します。

しかし、キャリアのような自動更新は無いので、12ヶ月を過ぎた後はいつでも無料で解約ができるようになります。

ちなみに、12ヶ月以内に解約をすると9,800円の契約解除料が請求されます。

かなり高額なので、最低でも12ヶ月は利用することをおすすめします。

5 SNSをたくさん利用する人はLINEモバイルに乗り換えるのがおすすめ!

最後に、LINEモバイルにおける初期費用や契約期間、契約解除料についてまとめます。

LINEモバイルの初期費用や契約期間について

  • LINEモバイルの初期費用は契約事務手数料3,000円とSIM発行手数料400円
  • LINEモバイルの最低利用期間は12ヶ月
  • 12ヶ月以内に解約をすると契約解除料として9,800円発生する
  • MNP転出手数料やSIMカード変更手数料、回線変更手数料で3,000円発生する

LINEモバイルの大きな特徴は、3つの基本プランの全てに、特定のアプリのデータ通信量がノーカウントになるサービスが含まれているという点です。

非常にわかりやすくシンプルな料金プランである上に、今までよりも料金が安くなることが間違いないと思えるくらいにリーズナブルなのも魅力です。

LINEモバイルで如何に安く使うかは、自分のスマホへのニーズをしっかりと把握してプランを選ぶことにかかっています。

LINEモバイルの契約を検討中の人は、是非今一度自分のスマホの用途を見直してみてはいかがでしょうか。

LINEモバイルの評判|料金・速度を他社と比較した時のデメリット

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ