LINEモバイルの料金プランを徹底解説|失敗しない選び方とシミュレーション

  • 2020年1月13日
  • by 
LINEモバイルの料金プランを徹底解説|失敗しない選び方とシミュレーション

今回はLINEモバイルの料金プランの解説と、利用方法別に料金シミュレーションをして失敗しない選び方についてお伝えします。

格安SIMはキャリアより安い料金で様々なデータ量のプランを提供しています。

LINEモバイルは、安さに加え特定のアプリのデータ量がノーカウントになるため、他の格安SIMより安くできる可能性が高いです。

ここでLINEモバイルの料金プランと使い方別にいくらになるのかチェックして、ぜひ参考にしてくださいね!

トップ画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルの料金プランは大きく分けて3種類!

LINEモバイルの料金

画像引用元:料金プラン|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

まずはLINEモバイルの料金プランをチェックしましょう。

LINEモバイルでは、データ量がノーカウントになるSNSサービス別に3種類のプランが用意され、それぞれ毎月のデータ量によって料金が分かれています。

LINEモバイルのプラン
  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+

対応するSNSサービスとデータ量を確認して、用途にあったプランを選ぶといいでしょう。

なお、データ量を使い切っても対象サービス利用時の通信速度は制限されないのもポイントですね。

LINEフリープラン

LINE Pay

画像引用元:「LINE」をApp Storeで

LINEフリープランは、LINEトークとLINEでの音声通話・ビデオ通話などの主要機能でデータカウントがないプランです。

LINEフリープランの月額料金

データ容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

選べるデータ量は1GBのみですが、ほぼLINEしか利用しないという方にはぴったりのプランと言えるでしょう。

なお、LINEアプリでの通信でも、機能によってデータ消費するものがあります。

データ消費の無いLINE機能
  • トークでの送受信
  • 音声通話・ビデオ通話
  • タイムライン
  • 友だち一覧・友だち追加
  • ニュースのトップ・カテゴリ画面
  • ウォレットトップ画面
  • スタンプ・着せ替えのダウンロード
  • アカウント設定
データ消費のあるLINE機能
  • グループでのLive機能
  • ニュースの詳細表示
  • スタンプショップ・着せ替えショップの検索・プレビュー
  • オープンチャット
  • LINE連携の他アプリ利用
  • 外部リンクの表示

特にスタンプショップや着せ替えショップの閲覧やニュースの詳細表示は画像が多く、頻繁に利用すると月々1GBでは足りないことも。

データ消費のある機能を頻繁に利用する方は、少し注意した方がいいかもしれませんね。

LINEの音声通話・ビデオ通話のデータ消費量は?

最近は「長電話をするならLINEを使う」という方が多いですよね。

LINEモバイルはどのプランも、LINEアプリでの通話はデータカウントがゼロです。

そのため、通話が多い方ほどお得になるということですね。

LINEアプリでの音声通話・ビデオ通話のデータ消費量目安は次の通りです。

LINE通話のデータ消費目安

時間音声通話ビデオ通話
1分0.3MB5.1MB
10分3MB51MB
30分9MB153MB
1時間18MB307MB

音声通話なら1GBで約57時間も利用できます。

こうして見ると、結構通話の多い方でも1GBで足りる可能性があるということですね!

コミュニケーションフリープラン

LINEモバイル コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランは、LINEアプリに加え主要なSNSでもデータカウントゼロで使えるプランです。

選べるデータ量も他の格安SIMと同じような構成になっています。

コミュニケーションフリープランの月額料金

データ容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
500MB
3GB1,260円1,760円
6GB1,980円2,480円
12GB2,980円3,480円

LINE以外にも複数のSNSサービスでデータカウントが無いので、SNS中心の利用方法なら他の格安SIMより安くなる可能性大ですね!

コミュニケーションフリープラン対象アプリは
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

なお、LINE以外のSNSはサービス毎にデータカウント無しになる機能が異なります。

基本的なタイムライン・フィードの閲覧・投稿といった普通の使い方ならデータカウントされませんね。

また、アプリをインストールしていない場合でも、Webブラウザ版でもデータカウントゼロです。

一方、タイムライン・フィードに投稿されたYouTube等の動画を再生するとデータカウントされるので注意しましょう。

MUSIC+プラン

MUSIC+プラン

MUSIC+プランでは、LINEや主要SNSに加え、LINE MUSICのデータカウントがゼロになるプランです。

月額料金はコミュニケーションフリープランより高く設定されていますが、1日中音楽を聴きながら過ごす方にはぴったりですね!

MUSIC+プランの月額料金

データ容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
500MB
3GB1,460円1,960円
6GB2,180円2,680円
12GB3,180円3,680円

なお、上記の月額料金に加え、LINE MUSIC(月額750円)をオプション契約する必要があります。

また、Apple MusicやGoogle Play Music等、他の音楽配信サービスは対象外なので注意しましょう。

LINE MUSICを選ぶ理由|料金/無料期間/使い方/解約まで詳しく解説

LINEモバイルのオプションサービス

LINEモバイル オプション

画像引用元:オプションサービスの紹介|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルでは、メインプランに加えて便利なオプションサービスも用意されています。

LINEモバイルの主要オプション
  • 10分電話かけ放題オプション:月額880円
  • 端末保証オプション:月額450円(持ち込み端末は月額550円)
  • Wi-Fiオプション:月額200円

どのオプションも任意加入となっているので、使い方に合わせて適宜加入してくださいね。

10分電話かけ放題オプションについて

10分電話かけ放題オプションは、LINEアプリではなく専用の「いつでも電話」アプリを利用することで、1回10分まで無料で通話できる月額880円のオプションサービスです。

1回10分を超過した分も10円/30秒で利用できるので、通常の電話アプリの半額で利用できます。

単純計算で、普通の電話アプリで毎月22分以上通話するなら、10分かけ放題オプションを使った方がお得です。

仕事等で通常の電話アプリを使う方は、10分電話かけ放題オプションも使った方がお得になりますね!

端末保証オプションについて

LINEモバイル 端末保証オプション

画像引用元:オプションサービスの紹介|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルの端末保証オプションは、LINEモバイルで利用している端末が故障・水濡れ・破損した場合の交換費用・修理費用を軽減してくれるオプションサービスです。

保証内容や月額料金はLINEモバイルの提供端末か持ち込み契約の端末かで異なり、LINEモバイルの端末の方が優遇されています。

端末保証オプション概要

項目LINEモバイル端末持ち込み端末
月額料金450円500円
交換・修理費用1回目:5,000円
2回目:8,000円
1回目:4,000円
2回目:8,000円
交換までの期間約2日約2週間
保証上限-最大50,000円

なお、端末保証オプションは契約時のみ加入できるオプションです。

後から加入も再加入もできないので、迷っている方はとりあえず加入しておくことをおすすめします。

Wi-Fiオプションについて

LINEモバイル WiFiオプション

画像引用元:Wi-Fiオプション|オプション・料金|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

Wi-Fiオプションは、駅や喫茶店など全国約49,000ヶ所のWi-Fiスポットが利用できる月額200円のオプションサービスです。

Wi-Fiスポット設置場所例
  • JR・私鉄各駅
  • ローソン
  • セブンイレブン
  • スターバックス

LINEモバイルで少ないデータ量を契約して月額料金を節約する場合、自宅にWi-Fiが無いとアプリのダウンロードやOS更新が必要な時に困ってしまいます。

LINEモバイルだけで運用するなら、こうした大きな通信のためにWi-Fiオプションを契約した方がお得に使えますよ!

次の章ではLINEモバイルの初期費用・解約費用を解説します。

LINEモバイルの初期費用・解約費用

続いてLINEモバイルを契約する時の初期費用と、解約する時の費用についてチェックしましょう。

LINEモバイルの初期費用は3,400円

項目費用
契約事務手数料3,000円
SIM発行手数料400円

LINEモバイルでは、一般的な契約事務手数料に加えてSIM発行手数料で3,400円必要になります。

他キャリア・他格安SIMでは事務手数料だけのことが多いので、LINEモバイルの初期費用はほんの少し高めですね。

LINEモバイルの解約費用

格安SIMは契約期間が無いと思われがちですが、LINEモバイルは音声契約のみ12ヶ月間の最低利用期間があります。

この最低利用期間内にLINEモバイルの音声契約を解約すると、所定の解約費用がかかるので注意しましょう。

なお、解約費用はLINEモバイルの利用開始時期によって異なります。

利用開始時期と解約費用

利用開始時期解約費用
2019年9月30日まで9,800円
2019年10月1日以降1,000円

2019年9月末までに利用開始(開通)した方は、約1万円の解約費用がかかるので十分に注意してくださいね。

LINEモバイルの利用シーン別料金シミュレーション

LINE

画像引用元:LINE : Free Calls & Messages

続いて、利用シーン・目的別にLINEモバイルの料金シミュレーションをしていきましょう!

今回はLINEモバイルを検討する方に多い次の利用シーンを想定しました。

料金シミュレーション条件は…
  1. とにかく月額を安く使いたい人
  2. SNSをいっぱい使う人
  3. 動画も音楽もたっぷり使う人
  4. LINEと電話が中心の人

とにかく月額を安く使いたい人

項目月額料金
LINEフリープラン1,200円
Wi-Fiオプション200円
合計1,400円

月額料金をとにかく安く利用するなら、LINEフリープランを利用しましょう。

LINEフリープランでデータカウントゼロになるのはLINEのみなので、Web検索や他のアプリを利用するとデータ量を消費します。

また、アプリ更新等の大きな通信はWi-Fi環境が必須になります。

そのため、自宅にWi-Fi環境が無い方は、Wi-Fiオプションを付けておけばコンビニや駅のWi-Fiが利用できて安心ですね。

SNSをいっぱい使う人

項目月額料金
コミュニケーション
フリープラン(3GB)
1,690円
端末保証オプション500円
Wi-Fiオプション200円
合計2,390円

SNS中心に使う方は、コミュニケーションフリープランを契約すればデータカウントゼロで使えます。

その他のアプリやWeb検索が多少多い方でも、3GBあれば大抵足りますね。

とはいえ、タイムラインやフィードの動画視聴やアプリ更新のために、Wi-Fiオプションもあった方がより安心です。

また、LINEモバイルでの購入でも持ち込み契約でも、万が一の故障に備えて端末保証オプションも契約した方がいいでしょう。

動画も音楽もたっぷり使う人

動画も音楽もたっぷり使う人

項目月額料金
MUSIC+(10GB)3,520円
LINE MUSIC
オプション
750円
端末保証オプション500円
Wi-Fiオプション200円
合計4,970円

動画・音楽をたっぷり利用するなら、MUSIC+プランを10GBとLINE MUSICオプションを契約しましょう。

MUSIC+プランなら、LINE MUSICのデータカウントゼロでたっぷり楽しめます。

ただ、動画視聴はデータ量を消費するので、10GBで不安な方はWi-Fiオプションを付ければ外でも安心ですね。

LINEと電話が中心の人

項目月額料金
LINEフリープラン1,200円
10分電話かけ放題オプション880円
合計2,080円

スマホの用途が電話中心の方は、LINEフリープランと10分電話かけ放題オプションで通話料金が大幅に節約できます。

特に仕事で通話が多い方は、1回の通話が10分を超えることは少ないですよね。

万が一10分を超過しても、通常の電話アプリの半額で使えます。

LINEモバイルの料金プランまとめ

LINEモバイルエントリーパッケージ

画像引用元:エントリーパッケージ|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

今回はLINEモバイルの料金プラン解説と、利用シーン別に料金シミュレーションをしてみました。

LINEモバイルの料金プラン
  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+

LINEモバイルの料金プランは、データカウントゼロになるSNS別に3種類用意されています。

LINEフリープランのみ1GBしかありませんが、他の2プランは一般的なデータ量は網羅していましたね。

あなたのよく利用するSNSに合わせて、最適なプランを選べば他の格安SIMよりお得に利用できるでしょう。

また、今回料金シミュレーションしたパターンを見ると、LINEモバイルは次の条件の方が選べば失敗はないと言えます。

LINEモバイルで失敗しない人は
  • LINE通話中心に使う人
  • SNSをたっぷり利用する人

逆に動画サービスをたっぷり利用する方はWi-Fiオプションを活用する必要があり、4G通信だけで使うのは少し辛いと言っていいでしょう。

LINEモバイルを検討している方は、今回の解説を参考にあなたの用途に合うかしっかりチェックして契約してくださいね!

LINEモバイルの評判は悪い?|契約前に知っておきたいメリット・デメリット!
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ