Foodie-無料カメラアプリの使い方|おすすめフィルターとロゴの消し方

Foodie-無料カメラアプリの使い方|おすすめフィルターとロゴの消し方

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

SNS映えする写真を撮影したり、普段の思い出をよりキレイに輝かせるために活用する「加工アプリ」。

最近では一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラよりも、スマホのアプリを活用してフィルターをかけられる「Foodie」のようなカメラアプリが人気です。

スマホでの写真撮影が人気な理由に、スマホのカメラ機能が充実したからという理由もありますが、何よりカメラアプリを使って簡単に写真を加工が出来るからという理由が大きいです。

スマホアプリを使って撮影をすれば、アプリの機能を使ってそのまますぐにSNSにシェアすることも出来ます。

そこでこちらでは、カメラアプリの中でも注目の「Foodie」というカメラアプリについて、使い方やおすすめのフィルターなどをご紹介します。

1 食べ物が「盛れる」Foodie


画像引用元:FoodieをApp Storeで

「Foodie」は食べ物の撮影に特化したカメラアプリです。

人物を撮影することに特化したカメラアプリや風景を撮影することに特化したカメラアプリはたくさんありますが、中でも「Foodie」は食べ物に特化しています。

食べ物をより美味しそうに撮影することを可能としてくれるため、ご自分で作った料理をTwitterやInstagramにシェアするときも色味などを「盛る」ことが出来ます。

また、レストランやカフェに行った際に可愛いデザートを撮影する時にも「Foodie」のフィルターや機能を使うことでより可愛く美味しそうに撮影できます。

「Foodie」の機能は中々の優れもので、例えば雰囲気のあるレストランやカフェなどではカメラのシャッター音が気になりますが、「Foodie」であればサイレントモードに設定することも可能です。

1-1 FoodieはsnowやB612とは姉妹アプリ


画像引用元:snowをApp Storeで

「Foodie」は、カメラアプリでおなじみの「snow」や「B612」を提供している「SNOW INC」が手がけているため、「snow」や「BB612」とは姉妹アプリということになります。

人気のカメラアプリと姉妹アプリで、使い方や機能も似ているため、これまで「snow」や「BB612」を活用していいた方であれば簡単に使いこなすことが出来ます。

1-2 Foodieで食べ物をキレイに撮ってSNS映えを狙う

何気ない毎日でも、欠かさずに行っているのが食事です。

シェアするコンテンツが見つからないという方でも、食べ物の写真をよりキレイに撮影してシェアすることで日々がより楽しくなります。

普段生活をしていて、SNS映えするシーンを撮影するというのは中々難しいことです。

ですが、食べ物であればより鮮やかに写真を撮ることでSNSをキレイに彩ってくれます。

そういったSNS映えするという意味でも、食べ物の撮影に特化した「Foodie」はおすすめのカメラアプリです。

2 Foodieの使い方

まずは、「Foodie」の使い方について紹介します。

「Foodie」でも、他のカメラアプリと同じように既にある写真を加工するモードと「Foodie」を使って写真を撮影するモードの2種類があります。

それぞれ若干使い方が異なるので、それぞれに分けて使い方を見ていきましょう。

2-1 Foodieで既にある写真を加工する場合

既に撮影してある写真を加工する場合は、画面左の写真アイコンをタップして加工したい写真を選びます。

フィルターをかけたるなどの加工をしたい写真を選択したら、画面下部中央の加工マークをタップします。

タップすると「Foodie」のフィルターをかける事が出来る画面が表示されたり明るさなどの調整を出来るメニューが画面下部に表示されます。

左が「Foodie」の30種類以上あるフィルターをかけられるアイコンとなっていて、中央は写真の明るさや彩度やコントラストを調整できるアイコンとなっています。

右は、撮影した写真をレシピとして保存することが出来るため、ご自分で作った料理を保存しておきたいときのレシピ写真として有効的に活用できます。

2-2 Foodieでこれから写真を撮影する場合

続いて、これから「Foodie」を使って写真の撮影を行う場合の使い方について紹介します。

「Foodie」では、写真だけでなく動画も撮影することが可能です。

どちらの場合も、画面下部中央のシャッターアイコンをタップすることでシャッターを切ることが出来ます。

ですが、初めにあることを行うと写真をもっと彩ってくれます。

2-2-1 初めにフィルターを設定しよう

「Foodie」を使って写真を撮影するときは、写真撮影時にあらかじめフィルターを設定することが出来ます。

はじめにフィルターを設定しておくことで、撮影後の加工が必要なくなるため作業が簡単になります。

おすすめのフィルターについては後述しますが、フィルターを通して写真を撮影すると見える世界がまったく違ったものになり、写真撮影がこれまでよりも楽しくなります。

また食べ物も美味しくしてくれるフィルターで撮影すると、これから食べる時の楽しみも増えます。

そのため、「Foodie」で写真を撮影するときは、あらかじめフィルターを設定してから撮影すると良いです。

料理を撮るならコレ!人気のおすすめカメラアプリ【Android/iPhone対応】

次のページでは、Foodieで使える機能を徹底的に紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

フリマアプリ『メルカリ』の使い方!購入から出品・発送、受取まで... CMで見かける機会が多いメルカリ。 「そんなに簡単に出品できるなら、自分もやってみたい!買ってみたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか? しかし、いくら簡単とはいえ、商品の購入方法や発送方法、コメントの仕方がわからない...
Amazonでは日用品を買うのが便利!忙しい人や比較したい人におすすめ... 画像引用元:Amazonショッピングアプリ : アマゾン公式アプリ | 商品がよく分かる。気持ちよく買える。 忙しい家庭でも店舗に行かなくていいので便利 女性 34歳・事務職 現在利用しているキャリア:ソフ...
7Pay(セブンペイ)の使い方・使える店|他社のモバイル決済との違い... 7Pay(セブンペイ)は、セブンイレブンが新たに導入するモバイル決済です。 この記事では、7Payの使い方や使える店、すでに利用されているnanacoとの違いと、7Payのメリットについて解説します。 この機会にスマホ決済を使っ...
+メッセージ(プラスメッセージ)が話題!使い方とメリット紹介... 電話番号でメッセージのやり取りができるSMSには、140文字(全角なら70文字)の字数制限があるものの、短文でのやり取りなど簡単な連絡をするのにはとても便利なサービスですよね。 ところで、このSMSが進化して、「+メッセージ」というサ...